HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




【空手を始めました。】富田 眞三先輩のお便りです。
早稲田の海外移住研究会の創世記の富田 眞三先輩は、現在アメリカのサンアントニオで日本食レストランのチーエン店を経営しておられる息子さんをお手伝いしながら悠々自適の生活をしておられるようですが、最近70の手習いで空手を習い始めたそうです。下記お便りと共に送って頂きました。
皆さん、元気なことと思います。ここサンアントニオは気候が良く、今も半そでで仕事をしています。Golfは半ズボンで未だOK. いい所です。さて、最近空手道場に入門、しかもアメリカでとは酔狂にも程がある、と自分でも思うのだが、皆さんに笑われるのを承知で空手体験談をリポートしたい。ご笑覧あれ。2006/11/23 富田眞三


空手を始めました
一月前息子に誘われて空手を習い始めた。70の手習いである。師匠は息子の友人のアメリカ人で、日本に武術の武者修行に五年間行っていた本格派だ。空手、合気道、剣道を極め、空手は拳正会の六段、教士の資格を持つ唯一の外国人だ。彼は拳正会米国支部を任されていて、米国の初段の昇級試験は彼が行っている。
クラスは週二回あるが、私は一回で勘弁してもらっている。昨日は6回目の稽古日だったが、私の空手の印象は、ダンスのステップに似ているな、と言うことだ。手と足の振りを覚えるのが実に難しい。3,4回目頃の稽古では今日が最後と、脱落しそうだったが何とか続いているのは「老骨としては上々」と自画自賛している。

アメリカ人たちが「集合、礼、黙想、始め、上段突き、蟹足、猫足等々」と上手に日本語を使うのには感心すると共に、嬉しくなってくる。稽古は文字通り「礼に始まり礼で終る」の純日本式を守り、しっかり正座して稽古の始めは黙想の後師範、上段者への礼から始まる。稽古の終わりも「集合」の号令のもと一同が正座して黙想の後、師範の講評を聞く。終りに弟子一同「有難う御座いました」と両手を揃え頭が畳に付くほど深くお辞儀をする。

習っている人たちは若い人が多いが、黒帯には年配の人もいる。女性も結構多く、私と同じ日に入門した5人組のうち二人は10代前半の可愛い女の子だった。女性の師範助手も黒帯が二人いるが、彼女たちは将に剣客商売の佐々木三冬の雰囲気を持った女空手家なので、老骨に鞭打って通う価値はあると言うものだ。
この道場は米国では名門として通っているので、他の流派の黒帯が新人として入門してくる。私と同じ頃入門したGIカットの青年はどう見ても白帯には見えないので、師範に訊いたところ、海兵隊の空手教官で三段だと言う。もう一人の金髪女性も白帯にしては型が格段にうまいので、他流の黒帯ではないかと思っている。

さて入門の際、空手、柔道を習ったことはないと告げると、師範はそんな日本人がいるとは信じられないと驚いていた。そこで当時日本は未だ米軍の占領下にあって、武術の稽古は占領軍によって禁止されていたことを説明したのだった。
それを聞いて「実に馬鹿げたことをしたものだ」と憤慨する師範に、私は昭和28年頃再開した空手、柔道道場に真っ先に駆けつけたのはGIたちだったと告げると、師範の機嫌が少し和らいだようだった。

我らの師範ウインスロウ・スワート教士は大学教授と空手道場経営の二足の草鞋を履いていたところ、五年前学究生活とコンサルタント業に専念すると言って、道場を閉めてしま
った。たまたま三年前息子の会社の幹部社員の教習のため、度々来社していた同氏が「空手五段」と知り話を聞くと、彼は外国人で始めての拳正会五段であることが分かった。私はすっかり忘れていたのだが、その時私が「経営学の先生は掃いて捨てるほどいるが、空手五段は数えるほどしかいない。君は日本文化も良く理解しているので、道場を閉めたのは実に惜しい。かつて日本には剣客商売と言う言葉があって武術はやり様によっては立派な商売になるのだ。」と私は池波正太郎氏の受け売りをビジネスの専門家の彼にしたのだそうだ。

これを真に受けたウインスロウ師範は再度日本に渡って空手の再訓練を行い、目出度く
6段に昇級して、去年道場再開に漕ぎ付けたのである。ひょうたんから駒とはこう言うことなのだろう。道場の開場式でテキサス選出の上院、下院議員が祝辞を述べた後、師範が上記の道場再開の秘話を語ったのだそうだ。
そして今回の訪米で息子はウィンスロウ師範は親父のお陰で道場を再開する決断が出来たと再三語っているので今度は是非入門して彼を喜ばしてやれよ、と口説かれて70の手習いとなった次第なのだ。
空手で習った型の練習、特に上、中段突き、四股立ちを毎朝するようになってからウエストが細くなり、身体のバランスがうまく保てるようになった。その影響はゴルフ・スイングにも及び飛距離が伸びたのには、自分で驚いている。
以上、70の手習いの一部始終である。
写真の方々は師範、師範助手の皆さんです。クリックで画像が拡大します。



アクセス数 4471307 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1232 segundos.