HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




美しきカナダ周遊6日間 An Ponmanさんの画像掲示板への書き込みから
『私たちの40年!!』の画像掲示板は、根強い人気があり既に72000件のアクセスが記録されていますが、先日関西にお住みの関西弁を核のがお上手な方から掲題のお便りを写真と共に書き込んで頂きました。
An Ponmanを名乗られる方からは、自己紹介的に『私は今のところ貧乏駆け足難民ツアーを繰り返す哀れな旅浪人でっさかい・・・過去5年間は百姓兼絵描きをやりながら兵庫県の田舎でくすぶってまして、それ以前は学生の頃からず〜っと長いこと大阪に住んで仕事はデザイナーをやってましてんわ。』とのことで『これからも話題がズレてもよろしければまた珍道中記を書き込みたいと思てまんねんけどどないでっしゃろ?』とのことですのでちょくちょく書いて頂けるかもしれませんね。楽しみにしています。


美しきカナダ周遊6日間(速報)・・・
★いやはや、アッちゅ〜まに行ってきましたけど南北含めてアメリカ大陸は私にとって初体験、なんぼなんでも6日間は短すぎるし3日目のトロント→カルガリーも空路でしたから旅費も割高。それにしては阪急旅行社上限の39名大所帯っちゅ〜わけでいったいど〜なることやら不安でしたけど、小柄な添乗員嬢は終始笑顔を絶やさず参加者もまたキッチリ時間を守るなどチームワーク良好、やっぱり誰かが運を分けてくれるのか雲は多かったもんの今回はほとんど雨に遭わずにすみました。この時期ロッキー山脈の残雪は少なめでしたが北風が冷たくウィンドブレーカを着込んでちょ〜どぐらい。治安はおそらく日本よりもよさそ〜でガラの悪い私にはちょびっと物足りんほどでしてんけど、超広大なカナダを正味3日のスケジュールでは満足を求めるほ〜が無理っちゅ〜もんでっさかい、2日目と3日目の夕方と4日目の終日は持参の14インチ豆チャリで自由行動させてもらいましてんわ。毎度のことながら「あんたがどないなっても知らんで!」っちゅ〜内容の離脱届けにはビビりまんな。ちゅ〜よ〜なわけで、今回は参加者の顔を半分も憶えられへんまま(当然話もでけへんまま)終わってしもたのはちょびっと残念。また、カナディアンロッキー観光の拠点となるバンフの町並みが大規模工事中だったのはお〜いに幻滅、さらにハイライトであるロッキーの宝石・ルイーズ湖をキャンセルしたのも痛恨の極みでしたけど、バンフから約25kmのリゾート地キャンモアの3姉妹山が気に入り観光最終日はそこに残ることにしましてん。いろんな人と交流できたこと以外に特筆するほどの漫遊記や収穫はおまへんでしたけど、バスの運ちゃんから高速道路を自転車で走れると聞いてたので10km前後の距離を試してみました。ちょびっと前に女性サイクリストが事故死したそ〜で私以外誰もポタってまへんでしたが、交通量はちょ〜ど日本の中国道ぐらいか左右の中央は起伏のある芝生地帯で自転車なら方向転換も可能、その足で観光遊覧ヘリポートに向かったもんの財布には95カナダドル(約12000円)残ってまへんでした。ほんでから、観光初日のナイアガラ大瀑布も残念ながら自分自身の想像よりはかなり小粒でしたけど、ホテルからも近く9時半まで明るいことを計算に入れて川上の自転車専用道を往復約25kmポタリング、川沿い(なんと対岸は米合衆国!)の贅沢な広さの舗装路はプチメープル街道っちゅ〜感じでおました。



アクセス数 4582849 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1555 segundos.