HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




「慶長遣欧使節の謎」 富田 眞三さんの連載(その4=最終回)
富田さんの力作「慶長遣欧使節の謎」の最終回と「慶長遣欧使節の謎に書き残したこと」を収録、井川さんのメーリングリストに寄せられたコメントも一緒に収録しました。井川さんのコメントの一部をお借りすると「先輩のこの文章は、歴史の一部を鮮やかに切り取った短編歴史小説としての面白さのほかに、ソテロおよび家康・政宗などの人物描写の巧みさをかんじました。 最も興味深く思ったのは、『聖なる偽り』です。これは、キリスト教のみならず、世界のあらゆる宗教に共通の、また、あらゆる時代に共通の、人間による人間に対する『最もあくどい欺瞞』の一つではないかと思います。」となります。確かに短編歴史小説としての面白みは有りますね。今後の富田さんの創作意欲に期待して行きたいと思いますます。
写真は、今年4月の新宿に於けるOFF会に帰国中の富田さんも参加されました。その時に撮らせて頂いた一枚です。


ローマ到着、哀れな末路
使節団はスペインを離れ、ローマ教皇との謁見に全てを賭けてイタリアに渡って行った。
ローマ教皇には奇跡的に謁見を賜ったが、これによっても事態は変わらず、ソテロが熱望した東日本司教区の新設も認められなかった。

失意の中にスペインに戻った使節団は、マドリードに立ち寄ることを許されず、セヴィーヤに直行した。支倉とソテロは国王の政宗宛返書を受け取らなければ出発しない、と同地に居座ったが、一年半後の1617年7月4日、ほぼ強制的にノヴィスパン行きの船に乗船させられて、セヴィーヤを退去させられた。
セヴィーヤ市当局は使節団が多数の人員を率いて旅しているにも係わらず、スペインに於ける全ての費用を市に負担させた事は、いかにも思慮に欠け、詐欺に等しいとソテロを非難した。
この非難は当然な話で、当初使節団はセヴィーヤ市から歓迎され、招待客として扱われたが、再度の滞在は一年半と期間があまりに永すぎた。それにしても、この使節団のノヴィスパン出航以降の旅は、ヒッチハイク其の物であった。政宗が使節たちに必要経費も渡さなかったのは、ノヴィスパン以降の旅はソテロ自身の野望の為の旅と認識していたのか、理解に苦しむ。
さて、使節団が最初にセヴィーヤに到着した時、団員は約30名を数えたが、ローマには15名位しか渡航しておらず、更にソテロ、支倉と共にノヴィスパンに戻った者たちは、5名であった。この数字を見ると、相当数の亡命志望のキリシタン等が同市近辺に居残ったものと推定される。事実セヴィーヤ近辺には、2,000人近くのJapon−ハポン−と言う苗字を持った住民が居住している。彼らは当地に残留した使節団員の末裔である可能性が高い。その末裔の一人がミス・スペインに選出されて評判になったのは、10年ほど前のことだった。
ノヴィスパンに戻った使節団員の足取りは次の通りである。
1618年(元和4年) 4月 2日  ソテロ、支倉一行アカプルコ出航    7月、マニラ着
1620年(元和6年) 9月22日  支倉、マニラより仙台着、ソテロはマニラに残留 
1620年       11月6日  政宗、キリシタン宗門を禁じ、信徒たちを処刑
1622年(元和8年) 8 月7日  支倉、死去        
1622年      10 月22日  ソテロ、マニラから潜入して捕らえられ、大村の牢に収監さる
1624年(寛永元年) 8 月25日  ソテロ、大村の放虎原にて火刑により殉教死。後年、列福 
こうして伊達政宗、ノヴィスパン副王、スペイン国王までを欺き、翻弄したソテロの茶番劇は幕を閉じた。
支倉六右衛門の死
支倉は帰国二年後、死亡した。彼の死因もはっきりしていない。キリシタンに改宗したことを追及されて転んだ即ち、棄教した後病死したとも言われている。しかし、私はカトリック信者として、遠藤周作氏の小説「侍」の結末を支持する。小説はお役目のため心ならずも改宗したフェリッペ・フランシスコ・六右衛門が、最後は信仰に殉じた模様をこう記している。
尚、文中の「あの方」とはイエス・キリストを指す。
「御沙汰」
いつぞやのように平伏した侍の頭上で役人の声は聞こえた。
「邪宗門に帰依したる故、再吟味致すに付、このまま評定所に出頭すべく……」
障子をしめた廊下で何人かの男が息をこらしているのが侍にはわかった。それはもし侍がその御沙汰にかくされたものを感じ、逆上した場合、彼を捕えるために待っている男たちだった。
妻と勘三郎とに宛てた手紙を書き終え、頭髪を少し切ってその手紙に入れた。そして彼のそばで待っている石田さまの御用人に頼んだ。
「小者の与蔵をよんでくだされ」 (中略)
「藩がお前をそのように扱わねば、江戸に申し開きができのうなった」石田様が言われたお言葉も耳に甦ってくる。すべては初めから決まっており、その決まった轍(わだち)の上を自分は動かされていく。暗い虚空のなかに落とされていく。  (中略)
与蔵がいつの間にか雪の庭に正座してうつむいていた。彼は用人からすべてを知らされたにちがいなかった。眼をしばたきながら侍はしばらくこの忠実だった下男をみつめ、「今日までの苦労……」と言って咽喉をつまらせた。     (中略)
「ここからは……あの方がお供されます」
突然、背後で与蔵の引きしぼるような声が聞こえた。「ここからは……あの方がお仕えなされます」
侍はたちどまり、ふりかえって大きくうなずいた。そして黒光りするつめたい廊下を、彼の旅の終わりに向って進んでいった。
終わりに 
今、私はメキシコ湾のキューバ近海を航海する78,491トンの豪華客船「ラプソディ オブ ザ シーズ号」上で、この文を書いている。400年前この海を支倉、ソテロ一行がこの船の百分の一にも満たない、サン・ホセ号で奥南蛮に向っていたことを思い、感慨無量になっている。そして伊達政宗の慶長遣欧使節は果たして何であったのか、何か成果を挙げたのか、を考えている。
端的に言えば、唯一達成されたことは太平洋横断航路の調査、及び大洋での航海術の習得であった。この二つは共に家康が1590年代から熱望、追及していたこと、即ち「日本人と日本船によって太平洋を横断し、太平洋の彼方なる国、Virreinato de Nueva Espana(ヌエバ・エスパーニャ副王領、ノヴィスパン、現メキシコ)と交易したいと言う雄大な夢の成果であった。
この夢の実現のために召集されたのが、政宗とソテロだった。政宗は彼の領地が太平洋横断船の出航地として理想的であったためであり、ソテロは南蛮への案内人、通訳として欠くことの出来ない人物であったためである。政宗は大船を建造し、日本人による太平洋横断を果たしたことで家康の期待に応えた。しかし計画遂行に当たって、政宗はソテロを利用しようとして反対に利用され、欺かれた。
一方ソテロはこの絶好の機会を自身の出世欲を満たすために最大限に活用し、使節をスペイン、ローマまで引き摺って行った。祖国ですっかり信用を失ったソテロは、ローマでの殉教を予感し、暴君ネロの支配するあの国に死を覚悟しながら向った聖ポーロに肖る(あやか)かの様に、彼も日本に戻り、殉教した。
家康は当時世界的にも稀有な複眼的視野を持った政治家であった。つまり彼は南蛮人によるキリシタン的世界とオランダ、イギリス人による新教的世界をはっきり区別して認識していたのであり、時代の趨勢に逆らう南蛮両国に見切りをつけて、彼らの敵であった新教諸国と友好関係を結んだ。家康は慶長遣欧使節派遣以前から、盛んに朱印状を発行して東南アジアへの日本人の渡航を推進していた。彼は通商による日本人の海外進出を目指していたのだ。
惜しむらくは、この天性の海洋民族が苦労して身に付け始めた、ヨーロッパ型帆船建造技術と大洋での航海術による海外進出の夢が、壮途半ばにして彼の孫、家光の代の鎖国によって終焉してしまったことだ。
肖像画は晩年の徳川家康


「慶長遣欧使節の謎に書き残したこと」
10月2日‘07
「慶長遣欧使節の謎」はお陰様で皆さんの関心を集め、多くの方々から反響がありました。
私も書きながら色々勉強する必要に迫られ、大変充実した日々を送ることが出来ました。
ところで「慶長使節の謎」に書き残したことが幾つかあります。何れも「慶長遣欧使節」の錯綜した問題に関わる興味深い題材ですが、今回は当時聖職者が使った「聖なる偽り」と言う概念を、ソテロの言動を通じて考察してみたいと思います。

Engano Eclesiastico「聖なる偽り」とは何か?

このポルトガル語の教会用語は、「教会(聖職者)の誤り、偽り、欺瞞」とも訳せる言葉で、Santo Enganoと言う言い回しもあり、意味は同じである。後者を日本では、「聖なる偽り」と訳しているので、この稿は「聖なる偽り」で通したい。

16,7世紀、カトリック教会は組織を挙げて、異教徒への布教またはカトリック教的教化を、世界中で熱狂的に行っていた。その際、彼らの言行が布教の目的に副うか副わないかが彼らの判断基準であり、真実か否かは二義的な問題とされていた。
その結果異教徒をカトリック信者に改宗させると言う大義名分のためには、如何なる手段、策略、偽りも許されるとした。何故ならば、野蛮人である異教徒はカトリック教徒に改宗することによって、イエス・キリストと繋がりが出来、魂が救われるからであり、それが取りも直さず神の御旨に叶うことであると自己正当化していたのである。当時のカトリック教会はこの種の手段を「聖なる偽り」と称していた。

当時のイベリア人たちは武力征服は悪であるが、布教による征服、即ち「魂の征服」は正当な行為である、と信じていたのは、上記の論拠によるものであった。そしてスペイン、ポルトガル両王室は共に「異教徒のカトリック教への改宗」を国是と決めて教会の大スポンサーとなり、新世界で得た巨万の富を布教活動に注ぎ込んでいた。

そして聖なる偽りにはヴァティカンが取り扱う高度且つ政治的なものから、第一線の宣教師の日常の説教に至るまで、様ざまなレベルのものが存在した。
尚、これはテキサスの神父様に教わったことであるが、カトリック教会の最大の過ちであったと教会自身
が認めて反省した、中世の十字軍派遣も将に聖なる偽りの産物であった。

ところで、この「聖なる偽り」をルイス・ソテロは「慶長遣欧使節派遣」に際して、縦横に駆使したのである。
ソテロが使った偽りはヴァティカンのお株を奪う様な高度なものであった。日本語を自由に話せたソテロ
1.
は南蛮への案内人、通訳として欠くことの出来ない人物であったため、家康、政宗に重用された。そして
ソテロはノヴィスパンに使いするこの絶好の機会を自身の出世欲を満たすために最大限に活用し、使節をスペイン、ローマまで引卒していった。これがソテロに関する定説である。

ソテロの虚言も「聖なる偽り」
しかし、視点を変えると、ソテロの荒唐無稽の嘘も「聖なる偽り」手法に準拠したものとも言える。
ソテロの目的は政宗の後援のもとに、東日本に於いてカトリック教の布教を大々的に行うことだった。それは、日本での布教にすっかり臆病になっていたイエズス会の事勿れ主義ではなく、より積極的な布教を目指すものだった。この大目的を達成するためには、東日本司教区の新設許可と彼自身が司教に任命されることが不可欠だった。と言うのは当時日本にはソテロが目指すアグレッシブ且つ無謀な布教を考える宣教師は彼以外に誰も居なかったのである。当時幕府の禁教令により、日本の教会そのものの存続が全滅の危機に瀕したが、ソテロはローマに行くことにこだわった。何故ならば新教区の認可、司教の任命権は、ローマ教皇に属していたからである。
スペイン王室の援助を受けるフランシスコ会は日本に於いて、ポルトガル王室が後援するイエズス会に追い付き追い越したい、と言う焦りが禁じ手の「聖なる偽り」を使わせた、と考えられる。しかも、この頃
には、新教国家のオランダ、イギリスが日本に接近し始めたことも、ソテロが乾坤一擲の勝負に出たことと無関係ではなかった。
では、ソテロが目的達成のために、作り出した偽りを列挙してみる。
ソテロの偽り:
1)家康のスペイン王宛文書(複数)の翻訳に手心を加え、決して「家康がキリシタン布教を禁止している事実」を書かずに、スペイン、フィリッピンの上司を騙し続けた。
2)政宗はキリシタンに帰依し、瑞巌寺の800もの仏像を破壊した等の虚偽の事実をシピオーネ・アマチ   
  に提供して彼の使節記のヨーロッパでの出版を後援し、政宗はキリシタンの保護者と言う虚偽のイメージをPRした。
3)スペイン人要人と日本人との会談を通訳する際、再三布教に都合の良いように、内容を変えた。
4)教会幹部、スペイン国王、教皇を歓喜、感激させようと信心も無い数十人の日本人に洗礼を授けた。
5)政宗のノヴィスパン副王への書状に、「自分はキリシタンになるつもりである、宣教師を送って欲しい、
  教会も建てさせ、種々援助する」等政宗の心情にも幕府の政策にも逆らうことを書いた。これに政宗   
  は署名し花押を添えている。
6)支倉がスペイン国王フェリッペ三世に謁見した際、次のような挨拶をしたと、ソテロは通訳をした。
「我が君なる奥州国王(政宗)は陛下(フェリッペ三世)の強大なこと、その庇護を請う者に対しては  
寛大なことを聞き、予を派遣し、その位とその領土を陛下に献じ、貴国と親交を結ばせることにした。」いくら何でも政宗がこのような荒唐無稽な虚偽を言う筈がなく、ソテロの創作だった。


「聖なる偽り」の後遺症
以上の偽り中で最悪は、政宗の副王宛の文書であった。後世の歴史家は、卑しくも公文書に心にも無い虚偽を書くはずがないと言う思い込みから、これを政宗の本心と信じ、様ざまな解釈を施している。政宗謀反説、スペインとの軍事同盟説と色々ある。文書の内容が幕府に露見したら、どうする積りだったのか、
と余計な心配までした先生もいる。

事実、この文書をはじめとする一連の「聖なる偽り」が慶長使節を判り難いものにしたのは、疑いない。
政宗は幕府、ローマ教皇、スペイン国王等を欺いた虚言者とされてしまった。しかし、これまで述べてきたように、これは東日本のカトリック教を振興すると言う目的を持った「聖なる偽り」と言う策略だったのである。

政宗は策略についてはプロ中のプロであった家康に、彼とソテロの意図することを明確に話して了解を得た筈だ。政宗の策略とは、「ソテロに乗船して貰う為に、心にも無い虚偽を南蛮向け公文書に書いたこと」だった。読者諸賢はソテロがノヴィスパンに向けて出港する直前、使節団をスペイン、ローマまで派遣して呉れなければ乗船しないと、政宗を脅迫したことを御記憶だろう。その際やむを得ず、ソテロに好きなことを書かせたことを、政宗は家康に釈明した訳だ。
多分家康はにやりと笑って、政宗に「よきに計らえ」と言ったに違いない。諸般の事情から、自分の太平洋横断計画を政宗に継承代行させた家康は、結果的には教皇、スペイン国王、托鉢修道会派を欺く悪役の役どころも政宗に任せて、自分は高みの見物をしたことになる。

また、ソテロの「聖なる偽り」の援用も個人的な出世欲のためではなく、日本のカトリック教の発展を彼なりに考えてのことだった。だからこそ、ソテロは慶長遣欧使節が失敗に終わった後、マニラの修道院長のポストをなげうってまでも日本の信者のお役に立ちたい、と日本に戻り殉教死した。
唯の我利我利亡者には出来ないことだ。
この辺の事情は拙稿の五、六、七編を参考にして頂きたい。

井川 實さんの10月4日付け ML5638
富田真三先輩
 「慶長遣欧使節の謎」楽しく拝読しました。そして、今回の『書き残したこと』は特に興味深く読ましていただきました。
 先輩のこの文章は、歴史の一部を鮮やかに切り取った短編歴史小説としての面白さのほかに、ソテロおよび家康・政宗などの人物描写の巧みさをかんじました。
 最も興味深く思ったのは、『聖なる偽り』です。これは、キリスト教のみならず、世界のあらゆる宗教に共通の、また、あらゆる時代に共通の、人間による人間に対する『最もあくどい欺瞞』の一つではないかと思います。
 たとえば,紀元800年にローマ皇帝に即位したカール大帝は、ヨーロッパ全土にキリスト教を広め、後のヨーロッパ共同体の基礎を作った人として高い評価を受けていますが、実は異教徒にキリスト教への改宗を強要し、従わないものを次々に殺害した残忍な大虐殺者でもあったのです。イスラム諸国も「剣か
コーランか」という大義名分をかかげて侵略を重ねましたし、その後の世界の主な事件の裏側にはいつでも宗教とそれにまつわる「偽り」があったのではないでしょうか?
 富田先輩はいまアメリカにおられて、敬虔なクリスチャンであるブッシュ大統領の対イラク戦略(というよりも対アラブ戦略)をどう感じられますか?
「民主主義を守る」というヴェールをキリスト教のうえにかぶせているような気がしてなりません。「聖なる偽り」といえば角が立ちますが、そうではないことを祈りたくなりはします。

 とにかく、楽しく、また示唆に富んだ名文ありがとうございました。

〒133−0064 東京都江戸川区下篠崎町9−4
プロアルテ エクアドル ジャパン
井川 實




アクセス数 4558901 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1679 segundos.