HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




今度は私が大腸癌?! 『私たちの40年!!』MLへの書き込み
11月12日に『私たちの40年!!』MLに掲題の書き込みをしましたが、皆さんに大変ご心配をお掛けしました。結果は、内視鏡による大小2個のポリーブ切除で無事終了しました。日頃の健康を有り難く感じていますが、年相応の衰えは否めなく健康問題に付き皆さんのお見舞いと共にMLを通じて語り合えたのは大変有意義だったと感謝しております。内視鏡による大腸ポリーブの切除手術は大阪の妹始め沢山の方が経験されておられるようでこれと云った珍しい物ではないようですが、日本とブラジルの医療制度の違い健康への配慮、普段気に掛けない問題にコメント頂きましたので下記の通り纏めて寄稿集に残して置くことにしました。コメント頂いた皆さんのお礼を申し上げます。
写真は、術後初めての週末にNAUTICO(マリン・ショウ)で撮ったものです。


今度は私が大腸癌?! ML5882 11月12日
先週は、サンパウロ、リオに出張しており美味しい日本食を中心に食事を楽しみましたが、土曜日にポルトアレグレに戻って来てから日曜日の夜にはマグネシウム乳を飲んで今日からは、強制処方食を強いられています。
事の発端は、良性の大腸癌に罹り内視鏡による簡単な手術をした大阪に住む妹から遺伝的に大腸癌に罹っている可能性があるので検査をするようにとの連絡があり一応カトリック大学の専門医にお願いしたところ3週間先しか順番が取れないとのことで待つことにしていたが怖い大阪の妹が「あかん、あかん直ぐに見てもらわなあかん」との事で自宅から歩いて行ける個人の診療所にして直ぐに見て貰いました。SIDNY先生は、それでは検査をとなり11月1日(木)に胃カメラによる検査をしました。この検査は、鎮静剤の注射を手のひらにしたところ眠ってしまい何も覚えていない間に検査が終わったようで「別に問題なし」とのことでした。11月14日(水)に内視鏡検査と癌が見付かれば除去するとの事で今日から強制処方食に移りました。決められた食事以外は駄目とのことで好きなご飯が食べられません。塩だけのクラッカー、ジェラチン、鶏肉の白身、肉のスープ、半熟卵(一日2個まで)、蜂蜜、飴、お茶、コーヒーだけがリストに入っています。明日から特別な下剤?を朝と夜に飲み水曜日の朝7時半に出かける事になっています。胃カメラの時と同じように眠っている間に終わって呉れると有り難いのですが。。。 そのまま眠り続けると云った事はないと思いますが、一応皆さんにもお知らせして置きます。
健康にはそこそこ気を付けているのですが、血糖値が少し高いとのことで食事療法でなく毎日薬を飲んでいます。血圧が低いとのことでこれは高いよりは良いそうで糖尿病の併発症が起こり難いそうです。心臓はそこそこで加重テストも合格。眼底試験等も毎年遣っています。目も眼鏡を使用しており疲れると鳥目気味。娘達からは、お父さんは、「耳が良く聞こえていないのではないか?」と指摘されており補聴器を勧められています。歯も2本は、インプランテ(埋め込み歯)もうすぐ68歳と言う年相応の年寄りになって来ている事は確かなようです。胃カメラと内視鏡検査は、今回が初めてです。
と言う事でサンパウロ、リオ出張中は、美食を楽しみました。
寿司安パウリスタの土曜日の昼の食事は、藤間 芳嘉さんとの会食で豪華な日本食のビュフェーでした。下記BLOGにその一部の写真を掲載していますので是非ご覧下さい。美味しそうでしょう!!
http://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada/27388804.html

ML 5883 11月12日
丸木で〜す
ドンマイドンマイ、和田さんは殺されても死なへん。
和食食べてる和田さんに問題おまへん。大腸癌ちゅうのんは油の滴るステーキばっかり喰うてるアメリカ人の罹る病気でっせ。僕の東芝の同僚で大腸癌にかかった男なんか、エクスクアイアー・クラブ(プレーボーイクラブに似た衣装のウエートレス)のメンバーになって、ステーキの食い過ぎで大腸癌の手術したけど、術後に肉食やめたら完治して元気なもんですわ。世界中がなんでもアメリカの真似してコカコーラ飲んだりするさかいに、病気までうつってまうんですわ。
アメリカ人の真似せなんだらアメリカ病にもかかりまへん。

ML 5885 11月12日
みなさま、こんにちは。Tomoko@大阪です。
和田さまWrote
> 遺伝的に大腸癌に罹っている可能性があるので検査をするように
 との連絡があり・・・
……Tomokoの大学の先輩に7〜8回も大腸のポリープを切ってる猛者がいますよ。 
  彼が癌家系だとは聞いたことはありませんが、慣れたもので「ちょっと行って来るわ」「ただいま」です。
  Tomokoの方は100%癌家系でTomoko自身も、20代と30代のン十年前ポリープを取っています。
 2回目のときはちょっとヤバかったのですが、この通り元気です。
  だから、和田さまドンマ〜イです。Tomokoが保証します。

ML5886 11月13日
丸木 さま
励ましのメール有難う御座います。自覚症状があるわけでなし全然気にしていなかったのですが、大阪の妹がやんやん云ってくるので胃カメラ(異常なし)と明日内視鏡検査をする事にしたわけです。年が年だけにポリーブ位は幾つか見付かるのではないかと覚悟はしています。早期発見、早期治療が大切とのことですので遣ってみます。
大腸癌は、アメリカの病気?とのことですが、草食民族?の日本でも結構多いようですよ。妹夫婦は二人とも幾つかポリーブ除去したとか言ってましたので。。。
それにしても何でも好きなものが食べられないと言うのは辛いですね。処方食でガンマしています。
今朝、バリウム?をコップ2杯飲みました。夜又2杯飲んで明日の朝7時半に診療所行きです。個人医院ですがちゃんとした医療器具と腕は確かな先生のようです。恵子が付き添ってくれるので心配ないでしょう。
又様子を知らせます。

ML 5887 11月13日
恵子と一緒に訪日した4年前の2003年9月28日付けのこの画像掲示板718番目に下記の書き込みと写真が掲載されていました。既に削除済みとなっており過去記録のみでしか見られないので採録して置きますが、元気になられた香西 仁さんから今回の私の大腸癌危惧、内視鏡検査に対し下記お見舞いのメールと一緒に感謝の気持ちをこめて掲載して置きます。2枚目の写真は、今年4月に神戸でのOFF会の際に撮らせて貰ったものです。
www1.ezbbs.net/11/yoshijiwada/">http://www1.ezbbs.net/11/yoshijiwada/
9月11日(木)夕刻、神戸で如何しても訪ねたい場所として計画していた三菱重工神戸病院に香西 仁さんをお見舞いに行く。昨年らいのネットのお友達で肺癌が見つかり客観的に覚めた目でご自分の癌を見つめてその闘病生活を【ある記録】としてHPに書き綴っておられる香西さんは、5回目の化学療法を終え副作用が少し収まっている時期で普通の入院者と変わらないお元気そうなお姿で私たちの訪問を喜んで呉れる。血液検査の結果次第では月末までには退院自宅療養に入れる可能性もあるとの事で早くお好きな鳥の写真を追っかける生活に戻って頂きたいと心から願い再会を約してお別れした。
写真は、公開しないで下さいよと笑いながらおっしゃっておられましたが如何しても必要な1枚として女房と共に一緒に撮らせて頂いたものを掲載して置きます。ご本人のクレームがあればすぐ削除となる貴重な写真です。

何事も無いことをお祈り致します。
和田 様
メールを拝読し驚いています。
ご存知のように、癌に自覚症状はありません。
定期的な検査をし、初期の段階で発見することが重要です。
消化器の場合、内視鏡により目視検査が出来ますから、検査に時間は掛かりませんね。

もし癌と呼ばれる前のポリープが有れば、その場で切除しますから簡単です。
私の場合、心臓肥大の検査のため撮影したレントゲン写真で、たまたま肺に影があることが分かり、精密検査で肺癌と分かりました。
和田様のお見舞いも頂き、今は元気に野鳥観察を続けています。
どうか、何事も無いことをお祈り致します。

                         香西 仁

ML 5888 11月13日
Tomoko さま
7〜8回も大腸のポリープを切ってる猛者の先輩とかTomokoさん御自身も2度もポリーブ切除しておられるとか。妹夫婦も至って元気そうだしこれは本当に予備的な内視鏡検査に終わって呉れればと願っています。医療関係ではドクター格のTomokoさんがドンマーイ!と保証して呉れているので大丈夫でしょう。胃カメラの時と同じように眠っている間に終了となることを祈ります。目が覚めなければ困りますね。
それにしてもお腹が空きます。サンパウロから美味しそうな金沢の和菓子を買って来ているのですが、これは明日以後になりそうです。
これから昼食に戻りますが、鶏の胸肉の塩焼き(少々)、塩クラッカーにジェラチン、半熟の卵も1個は付いているかな?紅茶にコーヒーです。

MIXIに書き込まれたもりちゃんのお便り 11月14日
今日は検査ですね。
自覚症状がないとお見受けしましたので、安心して拝見しています。
大腸はポリープがあっても、いとも簡単に切除できるようになりましたよね。
検査そのものは大した苦しみもないはずですから、これを機会に、ご自分の健康に関心をお持ちになるようお勧めします。

ML5891 11月14日
皆さんにご心配掛けていますが、これから内視鏡検査に出かけます。
結果がでればお知らせします。

ML5892 11月14日
皆さん 元気に戻って来ました。
内視鏡検査は、ブラジル時間7時半に始まりベットの上で雑談しながら腕に静脈注射器を差しそれに鎮静剤(麻酔液?)を投与した後は眠ってしまいました。どれ位経ったのか人声が聞こえこれから始まるのかと注意していたら終わりましたよとのことで何が何やら分からないままに終了しました。
後で医者及び恵子の話を総合すると内視鏡の検査結果では矢張り大きめのポリーブと小さいのと2個のポリーブが見付かったそうでこれを除去してラボに運び検査をするとの事でした。たとえ癌だとしても完全除去に成功しており問題ないとの事で今後半年毎に検査を受け新しいポリーブが見付からなければ年に一度の検査を続けて行く必要があるとの事でした。除去したポリーブのラボ検査の結果がでたらもう一度検診に行く必要がありそうですが、大腸癌騒動は、一応これで終わりとなりそうです。お騒がせして申し訳ありませんでした。
尚、今回の胃カメラ、内視鏡の検査及び診察料は、一銭も掛かりませんでした。CHKして見ないと詳細分かりませんが、ブラジルの全国組織(隔州毎の医師の組合のような組織)のUNIMEDという医療保険制度(歯の治療は入っていない)に私と娘達は私の弁護士協会、恵子とおバーちゃんは連邦大学を通じて加入しており毎月の掛け金は結構高いですが、今回のように何かの時には助かります。この制度では医者の選択が自由で歩いて通院出来る自宅の近くにベテランの診療医がいてくれたのには助かりました。
先ほど自宅に戻り雑炊風のオジア(3日振りのお米)とサンパウロより買って来ていた和菓子にコーヒーを飲み人心地が付きましたが、暫くは暴飲暴食を避けてゆっくり社会復帰?する事にします。お腹にガスが溜まっていたのか【おなら】を多発(いつもは窘められるのですが今回だけは公認?のガス廃棄)食欲も余りないので心配なさそうです。来週は、サンパウロ、再来週は、ブエノスに出張予定が入っており体力を取り戻す積もりです。
以上ご報告まで。

ML5893 11月14日 丸木さんの書き込み。
早期発見、全摘出、もう大丈夫。なにはともあれ、よかったよかった。和田さんのような人柄には癌のほうから退散していくもんや

ML5895 11月14日
和田 様
ポリープの切除が無事に成功したとのこと、おめでとうございます。安心しました。
仰るように、今後定期的な検診怠らないで下さい。
ブラジルの医療保険制度のことは知りませんが、私は「癌保険」に入っていたので助かりました。  香西 仁

ML5896 11月14日
和田様
   ふじき わたるです
 何よりでした! お互いこの歳になると、色々と修理の必要が
出てきます、一つ一つ乗り越えて頑張って前向きに行きたいと思います。愚生も三年前に大腸のポリープを内視鏡で取ってもらいました、その後は特に大した後遺もなく、順調です。
和田様もご自愛されつつ、充実した楽しい毎日を送られる事が何よりの良薬としてこれからも、ご活躍ください。

ML5897 11月14日
みなさま、こんにちは。Tomoko@大阪です。
和田さまWrote
> 皆さん 元気に戻って来ました。
……ほら、Tomokoの言った通りでしょ!
 先輩の猛者なんかは常に何個か大事(?)にポリープ持ちあるいて、
 何



アクセス数 4664151 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1123 segundos.