HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




『ブラジルーリオグランデドスール州のワイン産業』麻生 悌三さんの寄稿です。
この寄稿集でもお馴染みの勉強家の麻生 悌三が掲題の南大河州のワイン産業に付いて纏めて呉れております。ブラジルの軌跡と呼ばれ日本企業がブラジルに大挙して進出してきた時代に丸紅がベントゴンサルべスのモナコ社と合弁でブドウジュース工場を建設したが市場確保に問題があるとの判断で生産開始前に撤退した経緯があるし本坊酒造がウルグアイとの国境地帯のリブラメントにワイン工場を建設、サンタコリーナというブランドの高級ワインを生産日本でもそこそこの評判を勝ち得ていたようですがワイン産業からの撤退を決めている。日本の会社は、この方面では伝統がなく得意でない部門と言わざるを得ないようです。日本酒は、キリンビール系の東山酒造がブラジル市場を独占する成功を納めているようですが、アメリカからの輸入酒として大関、白山が市場を賑わしえいるし日本からの月桂冠も高級酒のイメージで贈答品等に結構売れているようです。
『ブラジルは一人当たりの年間消費量、ビール50リッター、ピンガ10リッターを消費しているが、ワインの消費は僅か2リッターに満たない。』とのことでまだまだこれからの産業といえます。
写真は、興南物産(株)が販売していたブラジル産ワインのサンタコリーナです。


ブラジル最南端に位置するリオグランデドスール州(RS州)はウルガイ、アルゼンチンに隣接する面積282千キロ平方(日本の約75%の面積)の亜熱帯圏に属する。RS州
はブラジルが生産する年間318百万リッター(2007年度)の90%を生産する。
ブラジルのブドウの栽培面積89946haの内、RSの栽培面積は54%の48474haである。RS及びRS州人をガウショと呼ぶ。RS州のブドウ栽培地帯は次の3箇所にある。1)セーラガウショ(serra gausha) 2)セーラスドエステ(serra sudoeste)3)campanha
gaucha)(注セーラとは山地、山脈の意.sudoesteは南西)。
ブラジルのブドウ栽培は帝政時代、ブドウの栽培(ワインの醸造)が禁止されていた為、本格的栽培は欧州系移民(主としてイタリー移民)が来た1800年代に入ってからである。欧州系移民によって持ち込まれた、欧州種のブドウは低温乾燥地帯に適し、高温多湿のサンパウロ地方には適しなかった。1840年にアメリカのニューヨーク州から系統不明のブドウが導入され、原産地の農場の名をとり、イザベル種となずけられた。このイザベル種がブラジルの気候風土にマッチして、増殖しセーラガウーシャにも移植された。ブラジルの加工用ブドウの主原料に発展し、加工用栽培種の70%を占めるようになった。
イザベル種も北米の原種concord種より派生した種類とみなされている。この種類は酸度も低くワインには適種ではなく、ジュース用の適種である。アルゼンチンではこの種のブドウを原料としたワイン醸造は禁止されている。ブラジルのワインは北米系種およびその雑種より生産されたワイン(common-普通)と欧州系種により生産されたワイン(fine−純正ワイン)の2種類がある。ブラジルが欧州系ブドウ(主としてフランスより移入)を使用して本格的(純正派)ワインの製造を始めたのは1970年代からである。イタリーの
Martini&Rossi,及びHeubleinがフランスより苗を輸入しセーラガウーチャに近代的工場を建設した.更に、ウルグアイよりカルラウが、カナダからSeagram,フランスからモエ、シャドン等が進出した正にブラジル正統ワインの夜明けであった。
ブラジルは一人当たりの年間消費量、ビール50リッター、ピンガ10リッターを消費しているが、ワインの消費は僅か2リッターに満たない。

―主要消費国のワインの一人当たり年間消費量とワインの生産量(2004年)
国名          一人当たり消費量       自国生産量
ルクセンベルグ     57,3リッター       156百万リッター
フランス        54,8         57388
イタリー        49,3         53000
ポルトガル       49,0          7461
クロアチア       42,6          1561
スペイン        33,8         42988 
アルゼンチン       28,6         15404
チリー          15,9          6301
ブラジル          1,8          3923 
―RS州のワインの生産量(2006年)    
1)アメリカ種及びその雑種を原料としたワイン 423500千リッター
 A) 赤(Tinto) 367089
主な品種は=Izabel 153125千リッター
      Bordo 54568
Concord 26526
B)白(Branca) 及びローズ(Rosa)          56411
主な品種は=Niagara Brnca 32398
Coudere 7908
2)欧州系を原料としたワイン            56589
A) 赤(Tinto) 34242
主な品種は=Cabernet Sauvignon 12063
Pinot Noir 1161
Marzemian 8449
Tannat 3055
B)白(Branca)とローズ(Rosa) 22347
主な品種は=Charudonet 1830
Musca 1748
Riesling Italco 1901
Trebbiano 1300
―ブラジルのブドウ栽培
ブドウの全栽培面積は89000ha(2007年でそのうち54%の48414haがRS州の栽培面積である)。ブドウの収穫量は1354万



アクセス数 4662751 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1531 segundos.