HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




第17回バーチャル座談会【北京オリンピックに付いて語る】(前篇)
久し振りにバーチャル座談会を開催したいと思います。題して第17回バーチャル座談会【北京オリンピックに付いて語る】です。何かと話題を醸している北京オリンピックも開催まで10日を割り直ぐそこに迫って来ております。スポーツの祭典オリンピックには特別の思いをお持ちの方も多いのではないかと思います。これからオリンピック終了までの約1ヶ月の間にこのメーリングリストに寄せるオリンピック関係の書き込みを座談会風に纏めて寄稿集に収録して置きたいと思います。北京オリンピックと言う歴史の一幕、時期に私たちは何を語り何を感じたかを記録して置くのも良いのではないかと思います。
第11回バーチャル座談会【アテネオリンピックに付いて語る】と言うのが記録に残っています。4年前はどうだったのか?当時は丁度メーリングリストを始めたころでメンバーも少なく寂しい限りでしたがそれでも2回に分けて収録されています。
先ずはどんなものだったか温故知新、辿ってって見ましょう。
第11回バーチャル座談会 【アテネ・オリンピックに付いて語る!!】前編
http://40anos.nikkeybrasil.com.br/jp/biografia.php?cod=623

第11回バーチャル座談会 【アテネ・オリンピックに付いて語る!!】後編
http://40anos.nikkeybrasil.com.br/jp/biografia.php?cod=655

それでは、皆さんの闊達なご発言をお待ちします。トップバッターはやはり水泳で世界選手権を狙う丸木さんからでしようか?
写真は、山田喜久子さんがテレビから撮られた開会式の様子をお借りしました。


丸木:丸木で〜す
前回のアテネ大会の阪本選手に続いて、僕の母校の兵庫県立西宮高校出身の中村選手が北京オリンピックの女子マラソンに出場します。8月は殆んど日本暮らしなので卒業以来初めて母校の体育館でパブリックビューイングに参加し、同窓の方々と共に中村友梨香の応援します。日本は史上最多数の選手を派遣するらしいけれど、主催国の中国やスポーツ王国のアメリカには太刀打ちできないのではないでしょうか。それにしても、不可思議なのはアマチュアスポーツの象徴であるはずのオリンピックにプロ野球やプロサッカーの選手が参加するのはいかがなものでしょう。
メジャーなんかオリンピック出場禁止してますよ。見習うべきです。

和田:丸木さん やはりトップバターは、丸木さんですね。8月は久し振りの日本での生活との事、暑い暑い日本からのオリンピック観戦記録を送って下さい。NHKでは見られないので現地ブラジルの放送で23歳以上枠で出場するミラノと契約を結んだロナルヂンニヨーの活躍を観戦します。丸木さんの県立西宮高校は、凄いですね。連続卒業生が女子マラソンと云う一番過酷で難しい種目に参加ですか。母校の体育館でパブリックビューイングに参加されるとの事、若い人たちに混じっての丸木さんの応援振りが見えるようです。
オリンピックですのでアマチアー精神が大切ですが、野球にしろサッカーにしろ規則で決められた範囲でベストのメンバーを送っても勝てない場合もあります。潔さを売り物にするのも良いですが、星野Japanには勝たしてやりたいですね。日本の女子サッカーもアルゼンチンに勝ってましたね。

丸木:話が飛びますが、次の次のオリンピックに東京とリオが立候補してますね。日本では既に、東京、札幌、長野と3回もやってるのですから、一度もオリンピックが開催されてない南米でやってほしいものです。南半球ではオーストラリアのメルボルンとシドニーで2度やってますが・・・・

伊豆山:丸木さん 同感です。
オリンピックにプロが入るようになってから、段々 オリンピックに興味がなくなって来ました。
オリンピック委員が王侯貴族の生活をし、国家元首までが、何故、彼らに頭を下げなければならないのでしょうか。
そうは云っても、オリンピックに心ときめかせている方々を非難するつもりは全くありません。
今の子供達が、オリンピックに出たい夢をもつことも、決して悪いことではなく、何の希望ももたない子供より、よほどましです。
和田さん こう云う、他人の夢をぶち壊すような発言は、バーチャル座談会からははずしておいて下さいね。人様に迷惑は掛けたくありませんから。 皆で仲良くが一番です。

和田:伊豆山 さん おっしゃる通り現在のオリンピックは、競技を争うだけの純粋なクーベルタン精神は押しやられ見せんかなの金儲け精神が旺盛で野球、サッカーには年齢制限、人数制限こそあれプロが罷り通るルールとなっています。
伊豆山さんのコメントは、バーチャル座談会でも一つの問題提起としてもっと皆さんのコメントを集結させて行きたいと願っています。皆さんの腹蔵ないコメントをお待ちしております。それでこそバーチャル座談会だと思います。

伊豆山:何時の日か、オリンピックが、若者のプロへの登竜門のようになればいいと願っています。テレビからの収入は、全額、若者への一流スポーツ選手育成の為の奨励金にすればいい。今のように、国の税金で、国の名誉の為、オリンピック選手育成は何かおかしい。 勿論、既にプロで十分食べていける選手をオリンピックで競わせるのもおかしい。 国の税金は、広く、国民の健康のために行えるスポーツの振興に当てるのが筋だろうと思っています。確かに、スポーツが、平和に貢献する面はありますから、オリンピックそのものの価値は評価するべきでしょうが、どうも最近のオリンピックは本来のあるべき姿ではないように思います。

桐井:丸木さんに同感です。
オリンピックにプロが入るようになってから、段々 オリンピックに興味がなくなって来ました。
オリンピック委員が王侯貴族の生活をし、国家元首までが、何故、彼らに頭を下げなければならないのでしょうか。
そうは云っても、オリンピックに心ときめかせている方々を非難するつもりは全くありません。
今の子供達が、オリンピックに出たい夢をもつことも、決して悪いことではなく、何の希望ももたない子供より、よほどましです。
私も今年は何故かオリンピックにあまり興味関心が湧きません。
大分県をはじめ国内に問題が山積していて、他を見る心の余裕がないのかもしれません。
私が最も関心を持っているのは、「ユートピア」です。オリンピックもユートピアにつながればいいですが・・・。
ゆえに経済学や社会学、文学等をこよなく愛読しています。悪しからずご諒承ください。

和田:桐井 さん 今回のオリンピックには余り興味が湧かないとのこと。他に関心事が多いのでしょうね。こんな話題もニッケイ新聞の「大耳小耳」欄に出ていました。『ゴイアス州生まれ、デカセギにいった両親に連れられ、八歳から日本で育った日系三世の陸上競技選手、杉町マハウさん(23)が、北京五輪の男子陸上四百メートル障害競走に、ブラジル代表として参加することになったと両国の新聞で報じられている。毎日新聞二十八日付けで、高校の陸上部の伊藤純一監督は「誰よりも『日本人らしい』心の持ち主」と杉町さんを評した。同紙いわく「練習に取り組むひたむきさに加え、長身の体を曲げて丁寧にあいさつする姿が多くの陸上関係者から好かれている」という。』

丸木:ポイントはそこにあります。例えば今日発表されたデトロイト・タイガースのキャッチャーのイワン・ロドリゲスのニューヨーク・ヤンキースへの移籍。ヤンキースにはプロスポーツ界最高給取りのアレックス・ロドリゲスが居ます。この二人の給料の合計は大統領の給料の百倍ですよ。このような馬鹿げた選手が出場すればオリンピックの野球なんか観ても面白みはなくなるでしょう。次回のオリンピックから野球がなくなるのは当然です。本来のオリンピック精神に戻り、ソウル・オリンピックで新日鉄の野茂英雄投手が活躍したような時代になればいいのですが・・・。

香西:ブラジルの皆様、寒中お見舞い申し上げます。日本の皆様、暑中お見舞い申し上げます。
いよいよオリンピックが始まりますが、本来の趣旨を失っています。
本来「参加することに意義がある」筈のオリンピックが、参加する国によっては(殆んどの国は)、獲得メダル数を競っています。
技や記録を競うなら、各スポーツ種別毎の世界大会で争えば良いと思うのですが・・・。
とは言え、何事も時代と共に変化するものですから、4年に一度の世界規模のイベントを楽しみたいと思います。気になるのは、開催国の中国の国情です。 何事も起こらないことを祈ります。

和田:オリンピック精神を逸脱した商業主義、国の覇権をかけてのメダル獲得競争等負の要素もありますが素直にオリンピックと云う祭典で繰り広げられる感動の出来事を皆様と共にフォロウして行きたいと思います。
香西さんが心配される開催国中国の国情ですが、確かに不気味な何かを感じるのは香西さんだけではないと思います。本当に何も起こらない事を祈りたいと思います。

和田:愈々明日から日本の女子サッカーがオリンピックの開会式前に試合開始するようですが、香西さんが心配しておられたとおり北京から4000km離れたウイグルの新疆でテロが発生、16名が死亡したとのニュースがブラジルにも伝わって来ています。北京に新たに25万人の警備員が地方から召集されて開会式の警備に当たるとのことですが、世界のスポーツの祭典、テロ行為等が起こらないように祈りたいと思います。

丸木:又々、四川省で大地震。なんだか呪われたオリンピックのように感じます。メルボルン大会ではハンガリーとソ連の水球チームが殴り合いの大乱戦となり、ミュンヘン大会では大勢のイスラエル選手がパレスチナ・ゲリラに襲われ死亡しましたね。既に新疆省で日本人記者が警官から被害を被ってるらしいですね・・・。
序にもう一つ。阪神タイガースが広島カープに3連敗。実は、お好み焼き屋で広島焼を食べたからかな?和田さんも正木さんもトロントで食べられた僕の大学後輩の店です。あの時も和田さんが広島焼を食べて阪神が連敗しましたよね。こうなったら、オリンピックが終るまでは中華料理を食べずに日本チームの健闘に期待しましょう。

和田:愈々始まったようですね。NHKでは実況放送は見られません。ダイジェスト版が放映されるようですが。せいぜいブラジルのテレビで見ることにします。開会式前のサッカーの試合では、女子ブラジルがドイツと引き分け、男子サッカーがベルギーに1−0で何とか勝っているようです。
皆さんの北京オリンピックへの思い、一言ずつでもお聞かせ頂けると嬉しいです。開会式の様子をインタネットで下記の通り伝えています。
北京五輪開幕、盛大に開会式=テーマは「美しいオリンピック」
 【北京8日時事】中国初開催のオリンピック、北京五輪の開会式が8日夜、メーン会場の国家体育場(愛称・鳥の巣)で盛大に行われた。開会式では「美しいオリンピック」をテーマに中国古代からの歴史、未来への夢を壮大かつ色彩豊かに表現。午後8時(日本時間同9時)に花火が夜空を彩り、「平和の祭典」の幕開けを告げた。
 中国の歌手、劉歓さんと世界的に知られる英国のサラ・ブライトマンさんが美しい声でテーマ曲を歌い、盛り上げた。
 入場行進では、日本選手団が旗手で卓球女子の福原愛(ANA)を先頭に23番目に登場。国内オリンピック委員会の混乱で一時出場が危ぶまれたイラク選手団はスタンドから歓声で祝福された。韓国と北朝鮮による五輪3大会連続の合同行進は実現しなかった。地元中国の大選手団は最後に登場、ひときわ大きな歓声を浴びた。その後、胡錦濤中国国家主席が開会を宣言した。
 聖火最終点火者は、1984年ロサンゼルス五輪の体操男子種目別金メダリストの李寧氏。競技場で五輪メダリストら7人がリレーし、トーチを受けた李寧氏が特殊な仕組みによる「空中遊泳」のようなスタイルから聖火台に点火。一時はチベット問題への抗議行動の標的になった聖火リレーは、幻想的な雰囲気でクライマックスを迎えた。
 競技は9日から本格的に始まり、3連覇の期待が掛かる柔道女子48キロ級の谷亮子(トヨタ自動車)、日本勢メダル第1号を目指す重量挙げ女子の三宅宏実(アセット・マネジャーズ)らが登場する。

相川:日本も初メダルだったそうですが、日本の専売特許の柔道、さらに、谷亮子選手と同じ銅メダルを受けたのがアルゼンチンのパウラパレト選手です。アルゼンチンスポーツ界は喜びに溢れています。
詳しくはブログに写真と一緒にアップしましたので、ご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/

山田:北京オリンピックが始まった。8日の開会式のイベントは 中国という国に対して ただ驚きと同時に何とか成功するようにと 祈っていた自分が滑稽にさえ思えた。
それにしても 感動というより圧倒された。『一つの世界 一つの夢』 『ワイルド スワン』という小説を読んだのは何年前か?
中国が世界のリーダーになったときその夢が実現するのかな?
各競技場も 立派だし 表彰式の案内の女性の美しいこと・・・アレンジされたチャイナドレス にうっとりする。
4000年の歴史ある 文化国家 なんだから。
反日 反日 と騒ぐのだけはやめていただきたい。仲良くしたいものだ。TVを小さなカメラで撮った。選手の皆さん がんばってください 中国のお世話くださる多くの皆様 がんばってください 第29回 オリンピックの成功を祈って・・・

和田:現在、バーチャル座談会『北京オリンピックを語る』を開催していますが、発言者が少なく閑古鳥が鳴いていますが、山田さんのBLOGに開会式を見られた素直な感想が紹介されていましたのでお借りして転載させて頂きました。これが呼び水となり皆さんの発言が続けばと期待しております。
これからも色々と北京オリンピック関係のニュースをお願いします。

山田:初めての投稿です。私のつたないブログをご紹介くださり恐縮しています。
日本では餃子問題も未解決で 食の安全という観点から 中国離れも あり
オリンピックで見る中国人たちを拝見する限り なんの問題も
ないように思ってしまいます。
小さいときから 教科書で日本人は 鬼か蛇かと思われるような教育を
受けてこられた以上警戒されても仕方がないことかもしれません。
友好的に交流できるまでは 時間がかかるでしょう。
世界的な視野で物事を見られる人が増えていったとき、(中国は13億の国民が
居るのですから)立派な世界のリーダーとなることでしょう。
(私はそのときは 鬼籍 にはいていることでしょう)
中国を考えるとき 広い視野を持って考えなければとつくづく思います。

和田:山田 さま 開幕式で見せた中国の底力は、競技が始まっても中国旋風が続いていますね。金メダル13で2位のアメリカの金7個を尻目に断然トップですね。韓国も頑張っており日本の金3個より上位にいます。オリンピック精神は参加することとは言え効力を掛けてのメダル獲得競争、BRICSのブラジルは、31位で銅メダル3個(柔道)だけです。まだサッカーがあるのでオリンピックで初めて金を獲得して呉れるのではないかと期待しています。
女子マラソンの野口みずき選手の欠場決定は、本人に取っても辛い決断だったことと思います。
北川さん北京で取材中ですよね。また現地の様子と写真を送って下さい。

北川:和田様 ご無沙汰しております。6月のプレ五輪に行き、本番は取りやめました。
10日間居ましたが一度も青空が見えませんでした、しかし競技場は見易く随分と立派なものでした。
5年間とはビックリする程の様変わりしていました、有名だった自転車も車、バイクに変わり青空を無くした根源ではないでしょうか?
ロサンゼルス五輪以来、初めて日本でテレビ観戦しております。
素晴らしい開会式でしたが、CGだったとは、、。
北島の金メダル、柔ちゃんの納得いかない負け、4年前を懐かしく思い出しております。
ブラジル記念行事の一環で高校野球の選抜チームがブラジル遠征をします。
その時に同行しようかと思っています、何か詳しい事がお判りでしたら教えて戴けますでしょうか。まだまだ続く北京五輪楽しみましょう。北川 外志廣

和田:北川 さん 今回はオリンピック取材はお休みですか。高校野球の選抜軍と一緒に来伯される可能性があるとか。本日のブラジル新聞のメルマガ版に関係記事が掲載されていましたので下記転送して置きます。決まればまたお知らせ下さい。
高校野球がブラジルへ=11年ぶり4度目の来伯=30日から5都市で熱戦
 十一年ぶり四度目の来伯へ――。ブラジル日本移民百周年を記念して、三十日から九月七日まで、「日伯親善高校野球大会」が国内五都市で開催される。
 同大会は、毎年夏に行われている甲子園大会で準々決勝に入ったメンバーで構成され、アメリカはじめアジアなどへ遠征しているもの。今年は、百周年を記念してブラジルで行われる。
 ブラジルでは一九六九年に初めて行われて以降、八八年、九七年に開催。今回、十一年ぶり四度目となる。ブラジルからは九二年、九八年、二〇〇七年の三回訪日している。
 六日に聖市内のホテルで、ブラジル野球連盟の大塚ジョルジ会長、沢里オリビオ副会長ら関係者が、同大会の日程発表とブラジル側のメンバーを発表した。
 ブラジルのメンバーは二十人中十五人が日系人。昨年日本を訪れたメンバーが七人残っている。
 日本からのメンバーは、二日から甲子園で開催されている「第九十回全国高校野球選手権記念大会」で準々決勝に入ったチームから二十人が選抜されるため、現在は未定。監督は優勝チーム、コーチは準優勝チームの監督がそれぞれ務める。二十八日にブラジル到着の予定。
 大塚会長は「盛り上がることは間違いないだろう。一つでも多くの名勝負をしてほしい」と希望を口にした。
 各地入場料は十レアル(聖市ボン・レチーロは入場無料だが、整理券が必要。一人五枚)。ブラジル野球連盟(11・5034・9904)、パウリスタ野球連盟(11・3209・4426)で配布している。問い合わせは各連盟まで。
     ◎
 試合日程は次の通り。
 バストス=三十日午前十一時、ロンドリーナ=三十一日午前九時半、午後一時半、カンポグランデ=九月三日午前九時半、午後一時半、モジ・ダス・クルーゼス=六日午前十一時、聖市ボン・レチーロ(ミエ・ニシ球場)=七日午前九時半、午後一時半。

藤木: こんにちは!! 残暑とは言え、厳しい暑さが続いています、愚生少々バテ気味ですが、皆さんはお元気ですか。それに連日のオリンピック報道に少々寝不足です。
 所で、開会式ご覧になりましたか、私も観ましたが、あの人海戦術による壮大なパフォーマンスの連続は中国の「大国の威信」を示す意地がミエミエで、私にはスポーツの祭典で「そこまでするか?」と感じ、社会主義国でしか出来ない国家動員による統率は戦前の日本軍国主義、ヒットラーのナチスを思い出し、少々怖くなってきました。
 次は大人の国イギリスロンドンの大人の開会式を観たいですが、生きているかどうか、自信がありません。
 そんな事を「亘のひとり言」でボヤイテいます。お閑に私のボヤキを聞いてやってください。

和田:藤木 亘さんのぼやきの全文を下記して置きます。バーチャル座談会にも使用させて頂く積りにしています。皆さんは、どう思われますか?
「オリンピック開会式」を観て
北京オリンピックが開会され、それぞれの種目で一流スポーツの醍醐味を見せてくれていて少々寝不足気味ではあるが、勝った負けたは別にして、本当のスポーツの感動を味わっています。
  所で、開会式を観て感じたことがあります、 勿論あの開会式が素晴らしくて、感動したと言う人も沢山居られる事でしょうが、 私の目には、そんな表面的な事ではなく、あの人海戦術による壮大なパフォーマンスの連続はスポーツの祭典で「そこまでするか?」との印象を受けました。
中国四千年の大国振りを見せたかったのだろうが、あの人海戦術は、流石社会主義国、中国か北朝鮮でしか出来ないパフォーマンスで、「大国中国」「信頼される中国」「四千年の文化」を印象付ようとする姿勢は私の目には少々青臭い国勢宣伝にしか見えなかった。日本は勿論自由主義国では多分出来ないパフォーマンスで、国家権力で動員された何千人が統率される姿は、過っての日本軍国主義、そしてカリスマ指導者ヒットラーに治められたナチスドイツを思い出して、私は一種の怖さを覚えてしまいました。
  もっとスポーツの祭典に相応しい演出が無かったのだろうか、これは大人の国になろうとする中国では止むを得ない事なのでしょう、 未だに日本の事を「小日本」と言っている国にしては精一杯の背伸びに見えました。
  次のオリンピックは大人の国英国のロンドン、その時の開会式はしっくりとした大人の開会式になるだろうと思い、期待しています。(2008.813)

丸木:12日に関空着で日本滞在中だす。兄弟姉妹に代わり老母の介護しており、外出もままならず街のことには、つんぼ桟敷でわかりまへん。オリンピックはテレビや新聞で見てますけど、北島が平泳ぎ制覇し競技から引退とか、ご立派。政界でも経済界でも、現役にしがみつくどあほばかりの不思議の国日本では一服の清涼剤。落ち目になってからの引退なんてあほでもできるけど、絶好調の伸び盛りでの引退は、未練があってなかなかでけるもんやおへん。
ピンポンの愛ちゃん、柔道の鈴木と谷なんかは期待され過ぎてただけで、あれで順当なとこや。それにしても、大スポに北島の女スキャンダルがでかでか出てるけど、それも勝者の勲章か・・・。星野ジャパンも買いかぶられ過ぎでっせ、日本一にもなったことのない監督が世界の強豪に挑んで何がでけまんねん?オリンピック精神にのっとり、プロ選手は出場禁止にして、学生や社会人野球の選手に機会を与えるべきで、金払って観に来るリーグ戦をプロにさぼらせ、金払って観に来るファンをこけにするのはいかがなものでっしゃろ。

和田:丸木 さん 無事帰国されて親孝行中ですか。お母さんさぞお喜びでしょう。開催中の北京オリンピックをテレビや新聞で見ておられるとのこと丸木さんらしいコメントに微笑んでいます。
星野ジャポンを日本一にもなれなかった監督が世界一になれるか?とのコメントは、贔屓の引き倒しで現在の常勝阪神の基礎を作ったのは星野監督ですよ。藤川、新井、矢野を連れて行かれた阪神は五連敗を期し昨日も鴨の筈の横浜に負けており心配でならないようですね。私は丸木さんが月末に阪神ー巨人を観戦に行かれるまでに優勝が決まっているのではないかと心配していましたがゲーム差がどんどん縮まりまだ心配はないとはいえマジックも減らず、決戦での戦いが心配になって来ておりプロは金を払って見に来て呉れる観客の為に働くべきでオリンピックのために休んではいけないとのご意見は説得力があります。藤川がいれば負けずに済んだ試合もあるし新井、矢野がいれば勝てた試合もありますよね。北島の引退は知りませんでしたがもう一回と言う苦戦よりは爽やかですね。またバーチャル座談会の締めもお願いします。

丸木:今から母校(高校)体育館での北京マラソンのパブリック・ビューイングに行きます。同窓生こぞって中村友梨香の応援します。もし負けたら僕の金メダルでも寄贈しておこうかな。僕も鉄拳星野の功績ンを認めるにやぶさかではございません。昨日の韓国戦は和田の続投を許した責任は重いですよ。あそこでは藤川にリリーフさせるべきと素人でもわかります。合同チームは一流選手が多いのだから出し惜しみでなく、どしどし出場させな、おもろない。

和田:丸木 さん これから母校へ中村友梨香のマラソンの応援に出かけるとか。大いに盛り上がるでしょうね。
突然の野口みずきの欠場により土佐礼子と中村友梨香にオリンピック3大会連覇、5大会メダル獲得が掛かる大事な試合とのこと。
3月の名古屋国際女子マラソンで初マラソンで初優勝した期待の新人、楽な気持で走ると意外な結果を出すかも知れませんね。現場の雰囲気等を含めて試合結果と共に知らせて下さい。朝の早くからで大変ですね。日本時間8時半開始とのことですので11時には結果が分かるのですね。速報を見てから寝ることにします。

和田:昨夜寝る前に出した最後のメールが白紙になっていました。どうしたのですかね?送信記録にはちゃんと下記の通り残っているですが。
丸木 さん
母校での応援御苦労さまでした。残念ながら後輩の中村友梨香さんは2時間30分19秒で13位に終わったようですね。
マラソンはなかなか過酷なスポーツのようですね。土佐選手も25キロ地点でリタイアー、世界記録保持者の英国選手が23位でゴールとか。
久し振りに遅くまでインタネットでフォロウしていました。
丸木さんのコメントを待たずに寝ることにします。御休みなさい。

丸木:家から母校(高校)までは歩いても行ける距離ですが暑さと上り坂なのでバスで5分。校門には豪華な飾り付けOBでなく卒業生の受付で記帳、OBは陸上競技部のみ。
ありきたりの挨拶に続いて応援団のエール、県大会で優勝した吹奏楽団の演奏で校歌斉唱、意外や意外覚えてたのには驚いた。前半は先頭グループにいた中村選手は後半には遅れ13位。アテネ大会の坂本選手(同窓)にも及ばず。中村選手が画面に現れるたびに猛烈な歓声にテレビ局各社がカメラを向けた。僕も毎日テレビのインタビューを受けたので君が代が聞ける思って応援したと言い、ついでに、2010年のマスターズ水泳スエーデン大会優勝候補の僕に応援頼む言うときました。
¥4500の同窓会名簿を買いましたが、第五回卒業生(昭和28年卒)の同期生の三分の一ぐらいは既に他界。



アクセス数 4581971 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1393 segundos.