HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




日本に住む日系ブラジル人達が東京の銀座でデモ行進を実施。
何時も日系ブラジル人の動きを報告して呉れている金谷さんがと云うのを送って呉れました。この案内に触発されて五味さんがこのデモに参加され関係写真と共に報告して呉れました。私は気にもしていませんでしたが伊豆山さんが『我々日本人移住者が同じようにブラジルでデモを行うとどうなるか?』との問題提起をされ色々話題が飛び交いました。皆さんのこのメーリングリストに寄せられたコメントを纏めて寄稿集に収録して置くことにしました。
サンパウロ新聞にも関係記事が掲載さえていましたのでこれも一緒に収録して置きます。写真は、日本人として実際にこのデモに参加さえた五味さんが送って下さった彼自身の『教育』と書いたプラカードを持ち銀座を行進する写真を使用しました。


なんだか私の学生当時の安保反対デモを思い出させる【デモ行進の案内】が届いています。30万人を越すと云われている日系ブラジルには厳しい冬のようですね。相当数がブラジルに帰国して来ているとの事ですが景気が戻ればまたでかけるのでしょうか?
http://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada/38252739.html
和田様、
今週の日曜日に行われる在日ブラジル人のための集会の案内です。
目的などの詳細は添付資料及び公式HPにあります。
おしらせまで。
かなや
======================

2009年1月18日(日)、100年に一度の世界的大不況により、解雇の嵐が吹き荒れている日系ブラジル人のための集会及びデモ行進を行います。
日時: 2009年1月18日(日)
     集合         13:00
     デモ行進スタート    15:00
※集会終了後にデモ行進を予定しています。
集合場所: 交通ビル地下1階 
JR新橋駅(烏森口)より徒歩6分
      東京都港区新橋5-15-5 交通ビル地下1階
tel:050-6860-4031
詳細www.100plus20.com/port/index.php">Fhttp://www.100plus20.com/port/index.php


五味さんから下記説明文と共に写真6枚を送って頂いているので掲載して置きますが、3枚目の教育問題をアピールするプラカード教育の前で行進しているのが五味さんです。ご苦労さまでした。
かなや様から、私たちの40年MLで、を知り、18日日曜日は、デモ行進に参加させてもらいましたので報告いたします。
趣旨・詳細:は以下にありますので、映像などからお伝えします。
www.100plus20.com/port/index.php">http://www.100plus20.com/port/index.php
今、日本では、派遣労働者の問題は、運動としての行動は派遣村ぐらいです。
日系ブラジル人が、初めて具体的な行動を東京のど真ん中で起こしたことで、デモ中づうーと報道陣が取材していました。
まず、新橋の交通ビルの講堂で、決起集会 (IMG7547)が開かれました。
終わると直ぐに東新橋(IMG7549)を出発し新橋駅前にきました。「自立に向けて教育を充実して、雇用のチャンスを与えもらいたい。」がデモのメインなので、私は教育(IMG7576)で何かできればと思いながら歩きました。
銀座通り(IMG7585)にきて、日系ブラジル人32万人が20年以上にわたって、日本の労働力をささえ、社会に貢献してきたことを、訴えました。
数寄屋橋の交差点(IMG7602)に来ると、サイレンを鳴らし消防車がきたので、デモが横切られましたが、ここで都民と共に一番盛り上がりました。
子供達と共にも元気よく、ゴールの鍛冶橋に向かって(IMG7585)、シュプレヒコールを最後まで、たかだかに叫びながら、散歩にもなり健康的で、一石何鳥にもなる有意義な日になりました。
五味 茂より

五味さん
寒そうな銀座をジャンパー姿で行進している写真幸せそうですね。多くのブラジル人仲間が五味さんのソリダリエダーデに喜んだのではないかと思います。6枚の写真と共に下記BLOGに掲載しております。
http://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada/38329021.html

和田さん
もし我々、在外邦人が、ブラジル政府や社会に、同じ要求(雇用機会を増やせ、ポ語は話せないから、日本語での教育をサポートしてくれ)と、デモで訴えたら、どう云うことになるのでしょうね。 日本人へのVISAの発給が即座に止まっちゃうのではないでしょうか。
伊豆山

丸木で〜す
出稼ぎによる似たようなデモ隊がドイツで蜂起した際に、ドイツ国民は国民の職場を
奪ったと逆デモ行進しトルコ人やイラン人を排斥しました。アメリカでは求人に対し
アメリカ人の応募がなかった証拠を見せなければ労働ビザは発行しません。カナダで
は移住希望者の職業経験により移民局が入国させるかどうか判断します。それぞれの
国により政策は異なるでしょうが、日本政府の対応が注目されますね。
五味さん頑張れ!
解決策はアメリカ人が以前の様に日本車を買うことです、他に大量に日本車を輸入す
る国はあるでしょうか?出稼ぎの仕事の殆んどが自動車部品工場ですから・・・

伊豆山 さん 丸木 さん 皆さん
余り気付かなかった側面からの問題提起、考えさせられますね。日本からのブラジル
への移住は、両国の移住協定により入国して来ており100年の歴史の中でブラジルへ
の同化、それなりの実績を上げて来ておりますが、日本移民の全面的な禁止を法律に
制定しようとした時に当時の議長が法律にそのような差別的な規定を設けるべきでな
いと反対票を投じ却下されたという歴史的な事実があり若しブラジルで伊豆山さんが
指摘されるようなデモ行進を東洋人街で遣るとどうなるでしょうかね。日本移住者
は、徹底してノンポリに徹して来ておりこの種デモは先ず起こり得ないと思います
が、ブラジル官憲はどう対応するでしょうかね。少なくとも勤勉でブラジルに発展に
寄与して来た日本人との評価は変わるかも知れませんね。
一方日本のブラジルからの出稼ぎの人たちは、水が高い方から低い方に流れるような
動きで日本が門戸を開いたことによる大きな流れであり35万人近い日系ブラジル人が
現に日本で働いており日本経済の一翼を担っていると云う事実からすると日系ブラジ
ル人は、入国査証が必要がないとのことで日本に大量に入国上野の御山を占拠?した
イランの流入者とは少し事情が違うのではないかと思いますが如何でしょうか?昨今
の労働問題は、日系ブラジル人の手稼ぎ者の問題としてよりもっと大きな問題のよう
ですので日系ブラジル人の今回の350人の銀座デモ行進は、NHKでも取り上げられてい
ますが、一つの社会問題としてであり日系ブラジル人の入国を制限、禁止すると云っ
た流れには成っていないのではないでしょうか?日本が必要とした3Kの仕事に甘ん
じて来た日系ブラジル人を同胞として迎え入れようとの気持ちでこの運動に参加され
ておられるかなやさん、五味さん達の善意には感謝したいと思います。

メーリングリスト『国際夢ネット21』を主宰されている大束さんが五味さんへの
エールと『ブラジル出稼ぎ者の[俺たちも人間なんだ]と叫ぶチャンスが出来ただけでも今回の世界同時経済危機の賜物ではないかと思います。』とのご意見を述べておられます。全文をお借りして皆さんにも紹介させて頂きます。
五味さん、ブラジル人デモ参加ご苦労様でした。
ブラジル人出稼ぎ者たちが初めて、公の場所で[俺たちも人間なんだ]と叫ぶチャンスが出来ただけでも今回の世界同時経済危機の賜物ではないかと思います。
そういうブラジル人たちの行動に、自分は何が出来るかと参加された日本人五味さんには心からご苦労様と言えます。
思うに、彼らは[俺たちも人間だ]と叫ぶと同時に、今までただお金がブラジルよりは入るからと他国に行き、その国の人たちとの相互理解の必要性を無視して、その国の言葉も勉強しないで、ただ機械代わりに時間を無駄にしていたことへの反省をする人も出たことでしょう。
問題はこれからでしょう。苦しさを本心味わった後こそ普通の生活が出来ることへの本当の喜び・感謝の念がわくのが普通の人間でしょう。
この苦しみをバネにして、いわゆる成功の道にたどり着くブラジル人がどれくらい出てくれるか。
願わくば、日本での体験をベースに日本とブラジルの架け橋になるような分野での成功者が沢山出てくれることを期待します。その類のブラジル人を支援してあげるチャンスがあればこれも私達国際夢グループの夢の一つになりそうです。
大束拝

和田さん、丸木さん、皆さん
私は、デモする人を非難することは致しません。 デモは法律で赦された行為です。
私も、大学一年生の時、宮場前広場のメーデー大デモ行進に参加いたしました。
前年のデモが、騒乱デモ。 今でも有名な過激デモだったので、ものものしい警戒の中
で行われました。 デモ側は、禁止されたジグザグ行進で、警備の警官を挑発するなど、
危機一発の雰囲気でした。 私はスクラム組んで行進をやりながら、こんな事して、世の中が良くなるのか、甚だ疑問だと、周囲が激昂すればするほど、醒めていました。
人間、疑問や不満を持つこと事体は、その人の一層の成長を促す可能性に繋がるとは思えるけれど、 文句を口に出したら、もうおしまい。 成長は止まってしまう、が私の持論です。  逆境こそ成長の源だと、若い人には、諭したいものです。 
私の周囲にも、日本の閉塞感から逃れ、ブラジルに住みたいと願う、日本の若者が居ます。
彼らはビサを望み、申請していますが、全く、ビサが発給されません。
駐在員派遣の必要な進出企業もビサには苦労しています。
ブラジル国籍の人と結婚して、ビサを申請して、2年になるのに、未だビサがおりない、、。
知人の不法滞在者が、特赦令にもとずいて、1年でビサが先に下りたと怒っている日本女性もいます。 (Bumbaの細川さんからの情報)
ブラジルのマスコミが、日本で、ブラジル人が差別されていると間違えられるような
ニュースを流したら、報復的に、日本人へのビサ発給に一層の差別を付けられる可能性すら当地では否定出来ません。  これは、喜ばしくないことです。又、当地では外国語での義務教育は原則禁止です。 
外国人が、職よこせ、教育改善しろなど叫ぶことは、ブラジル在外国人の我々には想像すら出来ないことです。
伊豆山

伊豆山 さん
伊豆山さんもデモの参加されたことがおありなんですね。当時の学生生活の中にはデモ、早慶戦がSETに成って入っていたのですかね。
私は少し時代が下っての60年安保時代ですが、59年入学ですから大変な時代でした。神戸高校の先輩で高校の自治会で活躍されていた東大生樺美智子さんが警官隊に踏み殺された事件に遭遇、樺美智子さんを悼むと書いたプラカードに神戸高校稲門会と書いていたらNHKで最近の高校生の政治運動への参加問題とか云う話題の写真に使用されて驚いたことがあります。
デモと云えば何時も戦闘でアジルのは東大生で機動隊との直接対峙の場ではどうしたものか早稲田か明治が全面に押し出されておりひどい目にあいました。大学ラグビで早稲田、明治が強いのはデモデで鍛えられた性でしょうか?
夢・ヴェテラン(名称が国際夢ネット21に代わりましたが)大束さんのご意見を伊豆山さんはどう思われますか?
(注)昨夜『私たちの40年!!』MLが9999番の投稿に成っていたので何方が10000回目の書き込みをされるか楽しみにしていたのですが朝起きて見たらどなたも書き込みがなく上記大束さんのコメント紹介させて頂きました。これが1万回目の書き込みとなりました。

和田さん
申し訳ありません。大束さんに付いての知識がまったくありません。どんなご意見なのでしょうか?
伊豆山 

伊豆山 さん
大束さんのご意見は、ML10000回目に掲載しておりますが再度ここに記載して置きます。
五味さん、ブラジル人デモ参加ご苦労様でした。
ブラジル人出稼ぎ者たちが初めて、公の場所で[俺たちも人間なんだ]と叫ぶチャンスが出来ただけでも今回の世界同時経済危機の賜物ではないかと思います。
そういうブラジル人たちの行動に、自分は何が出来るかと参加された日本人五味さんには心からご苦労様と言えます。
思うに、彼らは[俺たちも人間だ]と叫ぶと同時に、今までただお金がブラジルよりは入るからと他国に行き、その国の人たちとの相互理解の必要性を無視して、その国の言葉も勉強しないで、ただ機械代わりに時間を無駄にしていたことへの反省をする人も出たことでしょう。
問題はこれからでしょう。苦しさを本心味わった後こそ普通の生活が出来ることへの本当の喜び・感謝の念がわくのが普通の人間でしょう。
この苦しみをバネにして、いわゆる成功の道にたどり着くブラジル人がどれくらい出てくれるか。
願わくば、日本での体験をベースに日本とブラジルの架け橋になるような分野での成功者が沢山出てくれることを期待します。その類のブラジル人を支援してあげるチャンスがあればこれも私達国際夢グループの夢の一つになりそうです。
大束拝

和田さん、皆さん
大束さんのご意見拝承いたしました。
皆さん、それぞれ、立派なご意見を持っておられること、大変良いことと思います。
人それぞれ、信念をもって行動することはよいこと、しかも、それが、自分の利益の為でなく、人の為であれば、これは素晴らしいことで、敬意を表します。例え、それが私と異なる意見であっても、私はそれを尊重いたします。
今、ブラジルの社会に、多くの日系人が、活躍しています。 戦争で、日本語教育が出来なくなって、日本人は、子弟をブラジルの学校に送るようになりました。戦争中は日本語の本を持っているだけで、監獄に入れられたと云います。
一昨年亡くなった私の女房は、当時、外では、一切、日本語を使えず、家の中で、ポ語を話せば、父親にホッペタを抓ね上げられて、親を恨んだと云っていました。
にも係わらず、同僚の先生(サンパウロ大学、化学部)と共同で、本を出版する時、出版社から、この部分を書いた先生(女房)の文章で、全部統一して欲しいと、頼まれていました。 女房の例は、ほんの一例で、今、日系二世、三世はブラジルに於いて、各方面で大変活躍しています。 藤森さんの例を見ても、又、先日、NHKで放映した、アメリカでの日系人の活躍をみても、海外の日本人、日系人は、どん底から、誰の力を借りることもなく、自力で這い上がって、現在の繁栄があるのが、歴史の事実です。勿論、その影には、挫折した移民の方々もいらっしゃったことも事実ですが。
大束さんの、おっしゃる通り、必ずや、今、日本に居る、日系ブラジル人達の中から特筆する人物が輩出されるであろうと、私も信じています。
五味さんのお気持ちはよく分かりますが、私には、この逞しく生きて来た日系人の子孫が、今、日本でデモ行進をしていると云う事実が何とも情けなく見えるのです。
大変、申し訳ありません。
伊豆山

伊豆山 さん 五味さん 皆さん
コメント有難う御座います。
金谷さんのブラジル人出稼ぎ者のデモ行進案内に端を発しそれに触発された行動派のホンジュラスから戻られた五味さんのデモ行進参加と関係写真の送付に対する丸木さん、大束さんのコメント等皆さんのご意見が飛び交いました。出来れば寄稿集に残して置きたいと思いますが、大きな話題を提供して呉れた五味さんのコメントがないのが残念です。
このメールを見られましたら是非五味さんのコメントをお願いしたいと思います。

伊豆山様・かなや様・丸木さん・皆々様 和田さんへ
皆様より、温かいご意見など戴きまして、誠に有り難うございました。
デモの参加報告させてもらいました五味ですが、当日の18時台にのみNHKニュースが流れ、翌日の全国紙でも社会面の下の方に少し掲載されただけで、その後日本のマスコミの報道はないようです。
むしろブラジルや日系社会の反応の方が大きかったようなきがします。しかし、SOSコミュニティとしては、日系ブラジル人の存在をアピールできた意義はあったと思います。
伊豆山様や日系社会の方々には、ビザも含めて、異国で生活することの大変な心得が有ることは、ごさっし致します。しかし、今回のデモは、ブラジル大使館もサポートした、日系ブラジル人の存在意義を日本国民に知ってもらう、穏やかなったように思われます。“逆境こそ成長の源だ”などの思いには同感ですので、私は教育面などで何かできればと考えていますので、伊豆山様のご気持ちも大切にしたいと思います。
丸木さんの、日頃の直球の気持ちのよい投稿は常に拝見させて頂いております。今の日本政府の対応は、足もと処理だけに追われているようです。これからも、日本で生活したい日系ブラジルの人々は、出稼ぎは終わりにして、定住を考えている人が多くなってきています。結婚して、子供が成長して、安定した生活を求めています。それ故、必ずしも自動車産業の職場でなく、あらゆる産業の仕事を求め、教育にも熱心になっているようです。
和田さんのおっしゃるように、「昨今の労働問題は、日系ブラジル人の出稼ぎ者の問題としてよりもっと大きな問題のよう」ですので、 毎日のように労働問題は、マスコミを賑わし、春闘を前に、日本経済の先行きに大きな問題となっています。オバマ政権に負けない政策の必要の時期に来ているのかもしれません。
「問題はこれからでしょう。苦しさを本心味わった後こそ普通の生活が出来ることへの本当の喜び・感謝の念がわく」という大束さんの言葉を、肝にめいじ私に何ができるか考えています。
これからも、よろしくお願い致します。 五味 茂より

五味さん 皆さん
金谷さんの通知に端を発し五味さんのデモ参加と皆さんのご意見がこのMLで飛び交いましたが、一連のメールを纏めて寄稿集に残して置きたいと思います。週末に作業をしますが今回は五味さんのデモ参加時の教育と云うプラカードを持って行進しておられるのを使用させて頂きます。コメント有難う御座いました。


サンパウロ新聞の関係ニュース
デカセギ日系人悲痛なデモ行進 東京生活・教育・住宅問題訴えて サンパウロ新聞WEB版より

 【東京支社=瀬頭明男記者】どんよりとした曇り空の下、職を無くし、生活に困った出稼ぎ日系人たち二百人が十八日、東京・新橋から東京駅まで約一時間かけ、「二十年間、日本経済の成長に貢献した日系人を使い捨てにするな」と日本語とブラジル語で叫びながら行進した。

 デモ参加者は手に手にブラジルの国旗、「生活」「教育」「住宅」などと書いたプラカードを持ち、交通整理の警察官に見守られながら、先導する街宣車の声に合わせ、道行く人たちに大きな声で訴えた。参加者の中には五,六歳の子どもや、ベビーカーに乗った幼児も見られ、大人たちに負けないよう大きな声を挙げていた。

 道行く人たちは、余り見たことのない国旗に目をやり、訛りのある日本語とブラジル語で叫ぶデモ隊に興味深そうな目を向け、彼らが配るビラを手にして、「ああ、出稼ぎの人たちね。かわいそう」といった感想を漏らす人もいた。このデモの模様は大勢の報道陣が取材、NHKも全国に報道した。

 デモに先立ち参加者は、デモを主催した「SOSコミュニティ」(出稼ぎの有志が何とか現状を打開したいと集まった組織。ラモス瑠偉、出稼ぎから経営者になった人たちも協力している)の呼びかけで新橋のビルで集会を行い、デモで何を訴えるか、今何をするべきかといった意見を述べ、シュプレヒコールの練習をして気勢を上げた。集会、デモには、生徒数の激減で大打撃を受けているブラジル人向けの学校の関係者の姿も見られた。集会には、遠く愛知県からも十人ほどが参加し、浜松、群馬、それにペルー日系人の姿も見られた。

 また、デモのコースやデモを行うときなどの注意がされ、日本の右翼による攻撃の噂があるとの話で参加者が緊張する場面もあったが、リーダーたちの「そうしたときは喧嘩せずに、警備中の警察官に任せてください」と説明、ホッとした雰囲気になっていた。

 こうした出稼ぎ労働者の苦境に日本側でも徐々に援助の手が伸ばされ始めている。海外日系人協会では、「在日日系人緊急支援募金」を始め、十八日現在七十五万円の義援金が寄せられている。窮状が紹介されたブラジル人学校には、各地から支援が送られており、日本政府も第二次補正予算で「ハローワークの機能強化」に二億三千万円を組み、その中から日系人の多い地域のハローワークに外国語の分かる通訳や相談員の増加を図ると共に、各市町村と提携、ワンストップコーナーを設置するなどの体制強化を図ることにしている。

写真:国旗やプラカードを持ち1時間、東京の繁華街を行進

写真:各地から200人が集まり意見を述べた

2009年1月23日付



アクセス数 4608871 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1916 segundos.