HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




ブラジルの国花イッペーの花を日本に咲かせたい。(趣意書)
余り花鳥風月に関係が薄かった私ですが、『私たちの40年!!』関連BLOGにブラジルに咲く花と云う欄を設けて紹介始めてから散歩時にも草花に注意が行き写真機を向けるようになりました。鹿児島にお住みの元鹿児島大学農学部の園芸学科の先生をしておられ退職後JICAのシニアボランタリーで4年間アルゼンチンにも園芸指導(育種指導)に出掛けられた有隅健一先生に色々コメント頂くことになり写真だけでなく種の採集を始めこまめに有隅先生の所に郵送しておりその内のポルトアレグレに咲いていたブラジルの国花イッペーアマレーロの実生の苗を現在丹精して育てて頂いており私の郷里の神戸、西宮、最近は横浜、浜松等にもメーリングリストのメンバーの皆さんが協力して打診頂いていますが、公共団体では予算を伴う植樹計画の存在有無、街路樹として植えるには3年は育てて有る程度大きく成るまで待たないと行けない等の制約等もあり現在育てて頂いている来年6月頃に予定している100本程の苗木の配布先を個人ベースで大事に育てて下さる協力者を探す必要が出て来ています。今更、趣意書とも思いましたが、【イッペーの花を日本で咲かせる会】として扱っていくことにしましたのでこのHPでもご紹介して置きます。
写真は、現在ポルトアレグレで見事に咲いているイッペーの写真の一枚です。


ブラジルの国花イッペーの花を日本に咲かせたい。

9月7日はブラジルの独立記念日ですが、この季節に広いブラジルの粗全土にブラジルの国旗の色の一つの黄金を象徴する黄色いラッパ状の花を咲かせるイッペーアマレーロが咲き誇ります。

このブラジルの国花イッペーの花を日本の気候上可能な北限まで広めたいとの切なる思いを持っております。

私は『私たちの40年!!』と云うあるぜんちな丸第12次航の1962年5月11日にサントスに上陸した681名の同船者の移住先国(ブラジル始めアルゼンチン、パラグアイ、ボリビア)に置ける定着の過程を戦後移民の歴史の一部として書き残して行きたいとの思いでホームページ、関連BLOG、メーリングリスト、画像掲示板等を管理運営しております。

私の住むブラジル南部のポルトアレグレの街にもこの季節イッペーの花が咲き始めていますが、このイッペーの花を一本でも多く私の故郷、日本に植え多くの日本の皆さんに愛でて欲しいとの思いを抱いておりますが、メーリングリスト、BLOGを通じて交信をさせて頂いている鹿児島市にお住みの元鹿児島大学農学部園芸学科教授の有隅健一先生とお近づきになりせっせとポルトアレグレの街路樹の種を採集し送らせて頂いており現在昨年採集したイッペーの種を今年の春に播種して鹿児島で大事に育てて頂いています。この有隅先生が現在育てておられる実生のイッペーの苗が来年春には日本の冬を耐え忍んだ100本前後が巣立つ予定になっております。

元商社員としてブラジル勤務の経験のある西宮にお住みの杉井皓一さんと東京にお住みの拓殖大学ブラジルOB会の事務局長をしておられる井川 實さん他『私たちの40年!!』関係者一同の協力を得て今回【イッペーの花を日本で咲かせる会】を立ち上げ有隅さんが育てて居られるイッペーの苗を里子として預かり大事に育てて下さる里親探しのキャンペンを始めることにしました。

既にイッペーの花は、神戸の旧移住センターの【移民発祥の地】のブラジルから送られた記念碑の横に見事に花を咲かせて呉れていますし元町駅界隈にもイッペーの木が植えられており神戸の移住坂をイッペーの木で飾ると云う計画も進められていました。神戸以外でも日本各地でブラジル関係者の手引きでイッペーの花が見られるようになって来ています。

私は、神戸出身で神戸の移住センターから移住した移民の一人として自分の住むブラジルの国花イッペーの花を日本に出稼ぎに出掛けている仲間の皆さんに故郷ブラジルを思い出す縁として季節に合わせイッペーの花を観る機会があれば一つの安らぎ、故郷への思いMATA SAUDADE(懐かしさを殺す?) の一役を果たすことができるのではないかと願っております。

大きな事は、望みません。ブラジルから送られて来たイッペーの種を播種、苗を育てて下さった有隅先生の丹精した苗が一人でも多く私たちの趣旨に沿い大事に育てて下さる協力者の手に渡る事を切に願っております。

ブラジルの国花、黄色いイッペーの花を通じて日本からブラジルに移住された方、またブラジルから日本に出稼ぎに来られている方、またそれを温かく受け入れて下さっている皆さんとの友愛のシンボルとして日本の各地に花を咲かせて呉れる日が来ればと願っています。
平成21年9月1日


【イッペーの花を日本で咲かせる会】
 代表責任者   和田 好司(ブラジル ポルトアレグレ在)
         wada@sawayaka.com.br
 協力者     有隅 健一(鹿児島市)
         ken_arisumi@yahoo.co.jp
         杉井 皓一(西宮市在)
         k_sugii5@hotmail.com
         井川 實 (東京都在)
         ig68@chime.ocn.ne.jp


関係ニュースURL

http://40anos.nikkeybrasil.com.br/jp/biografia.php?cod=1243

http://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada/41669701.html

http://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada/41125842.html

http://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada/41107761.html

添付写真は8月30日にポルトアレグレに咲いているイッペーの花を撮ったものです。こんなイッペーの黄色い花が日本でも4月から5月に咲いて呉れると嬉しいですね。


(コメント集)
和田様
井川です。本日横浜伊波さんよりTELありまして、
「私の家にも友人の家にもイッペーの木は数本あり、私の家のは1mほどの大きさです。
また、横浜在住のパウロ松田(マスダの聞き違いかも)という横浜在住の方に頼めば、もっと大きい木もあるようです。
いずれにせよ、もし移住資料館に植えるとしても、鹿児島の苗をいただくより、小生の家の分を植えた方が早いと思いますが、どうでしょうか?」とのことです。
今後の対応をご指示ください。

井川 さん
お便り有難う。色々気を使って頂き感謝しています。
横浜には既にイッペーの花が普及しつつあるようで大変嬉しいです。特に井波さんのお手を煩わさなくともご自宅にもイッペー木があるようですので丁寧にお礼を云って何かの時に覚えて置いて協力して欲しいとお伝え下さい。
大口にお住みの伊藤修さん、松戸から引っ越された渡辺さん、鎌倉には大内さんも住んで居られるので現在314名のこのメーリングリストのメンバーで庭があるとか育てる環境にある方を中心に有隅さんが丹精して育てておられる苗の嫁入り先を選定して行きたいと思います。
メンバーの皆さんに『イッペーの花1本植えよう!!』キャンペンに切り替えた方が良さそうですね。一括受け入れ先の杉井さんが大変だとは思いますが。。。
井川さんのこれまでのご協力深謝します。今後ともどうぞ宜しくお願いします。

和田さん 杉井です。
イッペー植樹案件に関して西宮国際交流協会にも打診してみましたが、
下記の回答があり、残念ながら和田さんの夢を叶えるのは中々難しい
情況です。 どこかに2−3年育ててくれる広い土地をお持ちの篤志家
が居て、尚且つ街路樹計画のある自治体を見つけない限りこの案件は
成功しないと言えます。

ご依頼の件について、担当の西宮市役所公園緑地グループに相談しましたところ、
新たに街路樹を植栽する計画は現在のところ無く、また、苗木を育てる苗
圃も無いため、受入は困難であるとの回答でした。
ご要望に添うことができない回答となりましたが、お返事とさせていただきます。
西宮市国際交流協会 上前 進
財団法人 西宮市国際交流協会

杉井さん
何時もイッペー植樹の件では気を使って頂いており有難う御座います。
地元の西宮市にも当たって頂いたようですね。回答は了解しました。
有隅さんに丹精して育てて頂いている可愛い小さな苗が出て来ることは間違いないのでそれだけは大事に貰い先を探したいと思います。
公共団体相手では難しいようですので矢張り個人、個人の育てて下さる方を探さないと行けないようですね。
手間暇掛かるかも知れませんがこれが一番確実かも知れませんね。時期が来ればメンバーの皆さんにもお願いして貰われて行く先を探すことにしましょう。お手数掛けますが宜しくお願いします。

井川 さん
貴信の中にある横浜在住の松田パウロさんは、学生移住連盟関係の東京農大OBの方でサンパウロの徳力啓三さんを通じてコンタクトして頂いていたことが判明しました。徳力さんを通じて送って頂いた松田パウロさんからのお便りと共に下記お知らせして置きます。

和田さま
徳力です。松田パウロさんは東京農大出の方で横浜在住の方です。今年訪日した折にも訪問したのですが、イペー樹を自分の庭で育てておられたをみたので、「40年」のイペーに関するニュースを流しました。
それの返事が直接MLに「12225」として流れてしまい、既に和田様の目にも止まったことと思います。彼は大のブラジルファンで、イペーの苗を育て希望者には差し上げておられます。
神戸だけではなく、横浜にも植樹を拡大されるとのことでしたので伊波さんだけでなく彼の協力を得られれば、更に強力な推進役になって頂けるのではないかとおもいますが、いかがでしょうか。
この所ちょっと忙しくしており、つい1週間ほど過ぎてしまいましたが今日ふと思い出し、貴意をお聞きしたくmailいたしました。余分な動きをしてしまい、貴方にも松田さんにも迷惑になるようでしたら、早速松田さんには連絡とりますので、その旨お知らせ願います。
徳力啓三

徳力 啓三 様
 お便り 有難うございます。
学移連の多くの有志の方に、イペー樹に関心が持たれましたこととても嬉しく思います。
 有志の皆々様が横浜で会される際に、機会ありましたら黄花イペーの12年生苗 一本(樹高2メートル 一昨年より開花)を提供いたします。
5月頃にに鮮やかなイタリアンイエローの花を咲かせます。
鉢植え状態ですので、いつでも植栽可能ですが、モミジか桜の季節が一番、活着に優れます。
種子は IndaiaーTuba で採取されたもので、関東平野部の気候には馴化しています。
9月に発芽した苗をそのまま屋外で越冬し、雪中教育するのが適応の秘訣となりました。
 他に ピンクのイペーなど3年生苗も少量 手元にあります。
送料ご負担戴けましたら 慶んで 発送いたします。
異境への環境適応を成し遂げるコスモポリタン植物は、混迷深める経済社会の先行きに 光を灯すものと 想われます。
 松田 パウロ 拝 

徳力 さん
日本各地にイッペーの花を咲かせると云う気持ちに賛同頂き色々手を尽くして頂いており感謝しています。学移連関係の農大OBの松田パウロさんが既にイッペーアマレーロだけでなくイッペーロッショも苗を育てておられ希望者に提供してられるとのこと大変嬉しく思います。同じ思いの同志の存在には心強く思います。松田さんのお宅の庭にスペースがあれば来年鹿児島で育ったイッペー(ポルトアレグレの種)の苗の一部を引き取って頂き横浜で2-3年育って頂けると有難いですね。徳力さんを通じてお願いして頂けませんか。

和田さん
私の町にも日系ブラジル人が大勢住んでいるので、市の担当課と話を進めて来て、有る程度纏まった時点で和田さんに報告しようと思い、 進めてきましたが、市の方は日系人が多く住んでる雇用促進住宅団地の中に 日系人の憩いの場所を作ってあげたいと うまくいっていたのですが、浜松にある フラワーパークでイペ ーの苗を育てており、手軽に入手出来る事がわかり、小生が出る幕がなくなりました。
色々骨をおって下さってる方たちに 申し訳ないので こちらにメールさせていただきました。
まだ色々探ってみます(中には私の別荘の種も入っている可能性もあるので 責任感じています)
松田




アクセス数 4472738 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1605 segundos.