HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




訃報 こんな悲しいお便りを頂きました。 高橋雄一さん逝く!!
2006年1月21日の週末にみずほ情報総研(株)の大内邦彦さんと恵子も帯同しての週末をジャングルロッジで過ごしましたがその時にガイドをして呉れたのがアマゾンの名ガイド高橋雄一さんでした。高橋さんに伺ったお話を『私たちの40年!!』寄稿集にも収録しておりますが、恵子と年齢、着伯年度がほぼ同じで同船者と云うより日本の同級生のような親しみを覚えた方でした。昨年のアマゾン移民80周年祭のマナウスの会場でも再会しており又ゆっくりピラニア釣りに連れて行って貰おうと話していたのに島さんから下記訃報を受け取りました。華人薄明と云うか惜しい方を亡くしました。同船者のお一人を亡くしたような寂しさを感じます。謹んでご冥福をお祈りすると共に夜の鰐狩りで運良く小さな鰐を捕まえて見せて呉れている在りし日の高橋さんの写真と共に寄稿集に訃報とコメントを収録して置きたいと思います。
合掌


和田さん
マナウスの島です。
ご無沙汰しております。
一つ、悲しいお報せです。
昨晩(8月15日)、22時に高橋雄一氏が心不全でお亡くなりになりました。本当に突然のことでした。
お客さんを案内してアマゾンリバーサイドホテルへ滞在中、就寝直後に息苦しさを訴え、結局そのままロッジでお亡くなりになりました。辻がつい15分前まで談笑していたとのことで、本当に余りの突然のことに皆半ば呆然としています。
知識の豊富さ、独特の語り口と雰囲気に加え、大抵のことには動じない肝っ玉と、判断の正確さとキレで、「できるガイド」でした。本当に惜しい方をなくしました。
本日マナウス市内タルマン墓地で埋葬が行われました。
どうか冥福を祈ってあげてください。


マナウスの高橋雄一さんとは4年前の2006年1月にジャングルツアーでお世話になり昨年のアマゾン移民80周年でもマナウスで再会しており『私たちの40年!!』寄稿集にもアマゾンの話を幾つも寄稿して頂いており大変悲しい訃報です。
特に同級生、同船者のような関係にある恵子は大変感じ入り人生の悲哀を味わっているようです。
下記の通り高橋さんを紹介した寄稿集の一部を紹介して置きます。
アマゾン河中流、マナウス市で32年間旅行案内役を務めておられる超べテランガイドの高橋雄一さんのお話を伺いました。
http://40anos.nikkeybrasil.com.br/jp/biografia.php?cod=891

1月21日-22日の週末にATS TUR(島 準社長)管理のアマゾン・リバーサイド・ホテルMAINANのジャングル・ロッジに出向く機会があり高橋さんにお世話になりました。何時もの癖が出てアマゾンの自然の偉大さを身に感じながらも生きた人間への泥臭い関心が強く関係者に色々聞かせて貰いました。その第一弾が高橋さんです。たまたま58歳の誕生日をアマゾンで迎えたけい子と同じ1948年生まれで着伯も同じ1962年、北と南に分かれて生きて来たとは云えまるで同船者、同級生のようなブラジルでの44年、何れも重なる時代を生きて来た者同士の気持ちが伝わり意気投合して楽しい週末を過ごす事ができました。
大宅壮一が【緑の地獄】として紹介したベラビスタ移住地の最後の入植者、現在もその移住地にお母さんと弟さん達が住んでおられるとの事。
写真は、アマゾン観光で色々聞かせて頂きながら撮らせて頂いた一枚です。
謹んでご冥福を祈りたいと思います。

(コメント集)
和田様
アマゾンの名ガイドの高橋さんの訃報をMLで知り、とても残念に思いました。心からご冥福をお祈りしたいと思います。
高橋さんの写真だけでなく、アマゾン観光で和田さんご夫妻とご一緒させていただいた際に撮影した写真、ビデオをすべてwebアルバムにアップロードしておきました。クリックしてご覧ください。ブログへの転載はどうぞご自由になさってください。
http://picasaweb.google.co.jp/kunihiko.ouchi/fLGcBK?feat=directlink
大内 拝

大内さん
2006年1月21日の高橋さんに案内して頂いたアマゾンのジャングルロッジでの週末の写真178枚も掲載して頂き有難う御座います。高橋さんの写真を選んで掲載させて頂きます。鰐狩りも早朝のアマゾン河から見た夕焼けに朝焼け、イガラッペの川の探検、ゴム採集現場等懐かしい写真と共に高橋さんを偲びました。
何枚かお借りして高橋さんのご冥福を祈る縁にさせて頂きました。
合掌

高橋さんは確か「鹿児島」出身ではなかったかと思います
兄弟3人家族を、マナウスのジャングル案内してもらいました
ご冥福を祈ります
園田/サンパウロ

園田さんも高橋さんにお世話に成りましたか。名ガイド振りを思い出しますね。
同船者を失くしたような寂しい気持ちに成ります。
いずれ我々も行くあの世、待って置いて貰いましょう。
惜しい人を失くしました。
ブエノスアイレスからです
高橋さんのご訃報にびっくりしました。
直接存知あげませんが、お話は聞いていましたし、お仕事中だったとのこと。。。
何とも大変なことで昨年私は ウルグアイで入院しましたし、人事には思えません。ご家族の方、ご友人の方、本当にお悔やみ申し上げます。
TOMOKO

TOMOKO さん
マナウスの高橋さんへのお悔やみ有難うございます。
TOMOKOさんは相変わらずご活躍ですね。仕事の出先中にウルグアイで入院した経験がお有りとのこと。大変でしたね。 健康だけは注意したいと思います。
いつもお知らせ頂いている番組等も全部FLWできず残念です。
また9月にFIMAQH2010年のブエノスにおける展示会をアテンドに9月8日から13日まで6日間アルゼンチンに出向きます。滞在中にお会いできるとうれしいです。



アクセス数 4603862 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1370 segundos.