HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




大内邦彦さんが見た我が街ポルトアレグレ 
大内さん
私の住んでいるポルトアレグレに滞在して頂き「我が街ポルトアレグレ」欄に使用できる報告を有難うございます。
訪問者が見たポルトアレグレの街としてホテルの近くの公園、露天市場「フェイラ」に世界最強のサッカークラブの試合見学の3部作を『私たちの40年!!』の寄稿集に纏めて収録させて頂く事にしました。
違った視点からのポルトアレグレ紹介文として貴重なものになっています。新鮮な感じがする「我が街ポルトアレグレ」有難う御座いました。
私が書いたINTER3-0グアラニ サッカーを見に行きましたも一緒に掲載させて頂きます。
また写真は前の仲の良い親子の子供さんに撮って貰った大内さんと一緒のものを使用する事にしました。


ブラジルの公園探訪(その1) 大内さんのBLOGより転載
ポルトアレグレで3泊された大内さんは、風車小屋公園も近いIBIS ホテルに泊まられ朝の散歩には近くの公園を探訪されたようで直ぐ近くにある公園ですが余り注意を払わない場所を丹念に写真と共に報告して呉れていますので我が街ポルトアレグレの欄にお借りして貼り付けて置きます。

http://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada2/20731005.html

ポルトアレグレの町を朝食前に散歩してみました。ホテルから近いフェリックス・ダ・クーニャ通り沿いに小さな公園を見つけたので訪れてみました。場所はこちら

日本にもあるような小さな児童公園です。

遊具が揃っています。しかし日本とは異なりブランコの位置がかなり高いです。日本では小さな子どもがこれで遊ぶのはちょっと難しいかもしれません。

(コメント集)
大内さんが今回泊まられたIBISホテルは、我が家よりほんの1ブロックしか離れておらず大変便利です。シェラトンが出来た時にはどうしてこんな住宅地にと思いましたが、IBISの他にも現在近くに2014年のワールドカップをにらみ300室以上の大型ホテルが建設中で我が家のヴェランダからその進捗状況をCHKしています。
公園の枠が付いているブランコは小さい子供を乗せて母親かベビーシスターが後ろから押すようになっており位置が高いのです。


世界最強のサッカークラブインテルナシオナルの試合を観戦しました。

土曜日にリオグランデドスル州ポルトアレグレにてブラジル出張の仕事を終えたのですが、出張中にお世話になったポルトアレグレ在住の和田好司さんの案内で、その日の夜は地元の人気サッカーチームであるインテルナシオナル(インテル)の試合を観戦しに行きました。本来だと試合は日曜日の開催なのですが、翌日の日曜日はブラジルの総選挙が行われるため、特別に土曜日の開催となったのです。 実は私はプロのサッカーの試合は日本でも観戦したことがありません。初のプロサッカーの観戦がサッカー王国であるブラジル、しかもインテルはトヨタカップで世界一のクラブチームの栄光に輝いたこともある強豪チームということで、実に贅沢な体験をさせていただきました。

チームカラーの赤の服を着なければ「サポーターたちからおしっこをひっかけられるぞ」と脅され、和田さんから赤いカッターシャツを借りてスタジアムに赴きました。スタジアムに到着してみると確かにとても赤以外の服は身にまとえない雰囲気です。

チケットがこちら。この日のインテルの対戦相手はサンパウロ州カンピーナスのグアラニーというチームです。

スタジアムには殺気立った男たちが集まりちょっと危険ではないか、という懸念を私は抱いていたのですが、実際に訪れてみると恋人同士や家族連れが多く集まっており、とても和やかな雰囲気でした。しかし、インテルの選手紹介のアナウンスのときは大歓声が沸くのに対し、相手チームの選手紹介の際には一斉にブーイングが起こったのはまあご愛嬌ですね。それと、試合開始前にブラジル国歌と地元のリオグランデドスル州の州歌を斉唱するのですが、観客は国歌はあまり歌わずに州歌の際には皆が大声で歌うのが印象的でした。

ちなみに対戦相手のグアラニーを応援する勇気ある?グアラニーのサポーターは片手で数えるぐらいしかいませんでした(赤い○の部分)。わざわざ飛行機を使ってカンピーナスから応援に来たのでしょうか。周りを囲む警備の警官たちの方が数が多く多勢に無勢という感じ。

試合開始です。前半はグアラニーの方がむしろ押し気味で、インテルがかなり苦戦を強いられました。前半は0-0で終了。 しかし後半にインテルは一気に3点を得点し、結果は3-0でインテルの完勝に終わりました。得点を入れたときのスタジアムは大盛り上がりで、私も周囲のサポーターたちとハイタッチで喜び合いました。

たまたまデジカメで試合の模様を録画していた際、運良くインテルが得点を入れたときの瞬間を収めた動画です。スタジアムの盛り上がりの凄さがわかると思います。特に前にいた黒人の親子の喜びようは大変なもので、私とは言葉は全く通じませんが一気に仲良くなりました。ブラジルは人種は多様で大きな貧富の格差など問題点も多い国ですが、サッカーがあるからこそブラジル人としての国民の一体感が生み出されているのかなと感じました。

http://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada2/20854721.html

(コメント集)
大内さん
得点時の動画まで入れての我がインテルのPR有難う。
初めてのプロサッカー観戦が我がインテルのホームグランドでの経験とは大変嬉しいです。
このスタジアムで2014年にワールドカップの試合が行われます。日本の選抜軍が来る事になればと期待しているのですが。。。
12月14日からアブダビでまた世界一を掛けて南米代表でプレイします。是非応援して下さい。
お借りして『私たちの40年!!』関連BLOGにも転載させて頂きます。 


ブラジルの露天市場「フェイラ」 大内さんのBLOGより転載

生産者が作物などを路上に持ち込んで売る露天市場は、新鮮なものを安く買うことができるので主婦たちから人気がありますよね。
 ブラジルでも「フェイラ」(Feira)という露天市場が開かれます。最近のブラジルの若い世代 はスーパーマーケットで買い物をするようになっていますが、年配の方々にはこのフェイラは根強い支持を受けています。

こちらはリオグランデドスル州の州都ポルトアレグレのフェイラです。開かれる時間帯と場所が法律で決められています。

日本の山芋のように見えますが、「マンジョッカ」というブラジルの芋です。

お茶やワカメ、寿司も売っていたので日系人かと思ったら中国系の方でした。繁盛していました。

こちらのパイナップルはかなり小ぶりですが、甘くて大変美味です。

こんなかぼちゃは日本では見ませんね。

豆の種類が豊富です。

日本の露天市場ではまず考えられないのですが、クレジットカードも使えます。

有機食品のみを販売するフェイラ(Feira Ecologica)が開かれる通りや、工芸品を販売するフェイラが開かれる通りもあり、多様なフェイラが各地で開かれるようになっています。
 フェイラは観光客を相手にしたものではなく、地元の人達の生活に密着したものですが、異国から訪れた者にとっては珍しい食材を見つけることができたり、この国の生活のスタイルを買いまあ見ることができたりするので、眺めていてなかなか楽しいです。

http://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada2/20889136.html

INTER 3-0 GUARANI サッカーを見に行きました。

ブラジルに調査で来られている大内さんのお仕事も粗終了し昨日は選挙の為に1日繰り上げて行われたブラジル選手権の地元チームインテルナシオナルの試合を観戦に出かけました。
Jリーグも含めプロのサッカーの試合を生で観戦した経験がないとのことで本場ブラジルでの試合観戦に新鮮さと珍しさを感じ大変喜ばれていました。
INTERは、今年はリベルタドール杯を獲得し南米一の最強チームでありサンパウロのカンピーナスから遠征して来ていたグアラニーを前半こそ手古摺りましたが後半三点をを上げて3−0で勝ちました。入場料を支払った観客数が9千200人程度で大きな試合ではなかったですがそれなりに臨場感を味わいました。席を開けて呉れた隣の恋人同士の仲間、親子、おじちゃんと孫の取り組み等ともインテルのゴールごとに抱き合って喜び合いました。
試合に勝って喜び合う写真を何枚か貼り付けて置きます。



アクセス数 4481258 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.0919 segundos.