HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




第23回バーチャル座談会【ロンドンオリンピックに付いて語る】(その2)
【ロンドンオリンピックに付いて語る】(その2)は、開会式前に行われた女子サッカーなでしこJAPANの活躍と男子サッカー優勝候補の一角として下馬評の高いスペインを破る大金星に湧くサッカー狂と富田さんのBLOG掲載の「スペインは、血と汗と涙が必要。。。」への皆さんの書き込み途中で規定の1万語に達してしまいました。
次回は、いよいよロンドンオリンピックの開会式とブラジルの初日の金、銀、銅のメダル獲得に付いて皆さんとの座談を掲載して行きたいと思います。
ブラジルのジルマ大統領が開会式に出席、エリザベス女王との会見、ブラジル選手村を訪ねたり話題に上がっています。皆さんの参加をお待ちします。
写真は、スペイン新聞が「ベスト写真」の一つとして選んだ日本対スペイン戦の写真を富田さんのBLOGからお借りしました。


和田:ロンドンオリンピック開会式前から女子サッカーの試合が今日午後から始まります。
ブラジルは、リーグ戦の緒戦をカメルーンと午後2時45分から試合開始となります。同じ組の英国とニュージランドは、12時から試合開始のようです。ブラジルは、2004年のアテネ、2008年の北京大会で2度とも決勝戦で敗退、銀メダルに甘んじています。今回もアメリカ、日本等と先の方で当たるでしょうが、悲願の金メダルを狙っているようです。日本と当ればどちらを応援すれば良いのですかね?
なでしこジャパンは、午後1時からカナダと戦うようですね。日本時間午前1時ならまだ起きておられる方もいるのではないでしょうか?

丸木で〜す  いよいよ始まりました!カナダ対なでしこ前半25分経過しましたが両軍ゴール無し。日本やや優勢ですが、先週フランスに負けたせいか、覇気がありませんね。

前田:皆様 ロンドンオリンピックの試合が始まりました。
女子サッカー、ナデシコジャパンとカナダの試合は前半を終り、ナデシコジャパンが 2−0 でリード。

斎藤:前田さん 皆さん この時間まで試合観戦でおきてるのですか!日本の皆さんすごいですね。なでしこ楽勝ですね。

丸木で〜す  楽勝でしたでょうか?やっと勝った感じでしたが。一点差でも勝ちは勝ちですから、それでええか。ときどきは住んでる国カナダに声援してた僕です。

前田:齋藤さん カナダも頑張りましたネ。
もう、寝ます。
昨日に続き、今日もゴルフでした、梅雨が明けると、急に猛烈な暑さです。
畑の草ボーボー!

和田:先ずは、なでしこジャパン2−1でカナダに勝勝利良かったですね。ブラジルでも実況放送をしていました。午後から実況放送を見ながら応援しました。女子サッカー、ブラジルはカメルーンに5−0で快勝しました。
男子サッカーも明日から始まるようですね。開会式金曜日ですね。機運が盛り上がって来ました。
時差の関係で日本の皆さんは、睡眠不足に悩まれるでしょうかね。

和田:第23回バーチャル座談会を開催しています。愈々ロンドンオリンピックが始まりました。27日の開会式前に期待のなでしこジャパンの女子サッカーが出場しカナダを2−1で破り幸先良いスタートを切りました。ブラジルでは午後1時から(日本では午前1時)でSPORT TV3と云うチャンネルで実況放送をしていたので応援しました。日本の試合が終わった後TV RECORDでブラジル5−0カメルーンの試合を観戦しました。ブラジルは危なげない順当勝ちでこれから英国、ニュージランドと当たります。
ニュージランドに移住した小百合にブラジルーニュージランドはどちらを応援するかと聞いたところ『勿論ブラジル』との返事でしたがペードロ悟君は勝った方を応援すると母親として代弁していました。
テレビ観戦時に撮った写真を何枚か貼り付けて置きます。

麻生:和田さん TVで日本xカナダの実況は何チャンネルでしたか。

和田:麻生 さん オリンピックは、TV Record (14チャンネル?)が放映独占権を持っているようですが日本ーカナダは、SporTV3で放映してました。

麻生:和田さん  御返事深謝。カナル 30,37、38,39をスイッチオンしましたが、ぶらじる xカメルーン、英国 x ニュージーで日本 x カナダは入っていませんでした。
次回対戦には注意深く探してみます。

オランダ香織:40年の皆さん、 オリンピックがもう始まっていたとは?開催式の意味がないような?
それとは別に、なでしこジャパンの勝利は嬉しいです、頑張れなでしこ達。ブラジルもおめでとうございました。
ところで私の住むオランダではあまりオリンピックのことは騒がれていないような気がします、今バケーション時期で、皆それぞれのバケーションのことが一番気になる話題という感じです。
それでもオリンピック開会式のテレビ放送はガンガン流れて4時間ぐらいは釘つけになると思います。
オランダでは皆、「今回のオリンピックは中国が凄く活躍しそう」と予想しています。
中国では、メダルとれば親の代まで年金が増えたり、より良い住宅が与えられたり
ご褒美が凄いから、選手達も「金金」と金メダルより「カネ」の動力で奮闘するのでしょう。
ところで、薬物使用の取り締まりが厳しくなってきたみたいですが、
www.yomiuri.co.jp/olympic/2012/news/topic/1/20120726-OYT1T00384.htm?from=main2">http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2012/news/topic/1/20120726-OYT1T00384.htm?from=main2
公平に取り締まることが出来ればいいですね?
所詮人が運営している競技会ですから、裏金で薬物検査を見逃して貰える選手がいそうで、いやはやオリンピックはやはり、東京オリンピックあたりで日本人の心を打った感動は再現できなのではないでしょうか。
薬物をとって健康被害になることも承知するほど選手達がストレス持つスポーツの祭典遠目で日本選手を応援しています。
でもストレスを持ちすぎることはやっぱり私は好きではないです。
ストレスが多い人は、性格が歪む人が多いので、金とっても素直に尊敬してあげられないと言うことが理由なのかもしれません。 心にゆとりを持って、メダル獲得できる
本物のスポーツマンの奮闘を祈るばかりです。
http://fairplay.nomaki.jp/ 私の気持ちをまとめてくれているサイトが見つかりました、やっぱり私一人だけがオリンピックの問題点が気になって、楽しめない人ではないようで安心しました。

富田:昨夜から朝3時まで、「なでしこJAPAN」の第一戦を応援しました。
なでしこたちは幸先の良い勝利を収めてくれて、日本はじつに良いスタートを切りました。

和田:富田さんも「なでしこJAPAN」の観戦ですか。地元府中出身の澤選手の応援で力が入った事でしょう。第2戦は、土曜日ですね。
今日は午後3時45分から男子サッカーのブラジル対エジプトの試合が有ります。仕事は午前中で終わらして午後は、ゆっくりサッカー観戦といきますか?
愈々明日は開会式ですね。次回のリオ オリンピックを控えジウマ大統領もロンドン入りしています。野田総理はオリンピックどころではないのでしょうか?
ゆったりとオリンピックにでも出向いて国際アピールをすれば良いのですがね。ブラジルのジウマ大統領が日本を訪問する時まで野田総理が継続していますかね?

麻生:40年の皆様 日本が大金星をあげました。日本のサッカーも強くなったものだと今昔の感があります。
ブラジルに移民してきた半世紀前、オールジャパン(釜本、杉山、八重樫等)サンパウロに遠征してきてサンパウロのモルンビー球場でサンパウロチームと試合しました。試合の内容は子ども扱いのようで、遊ばれてしまいました(日本の自責点1対0でしたが、サンパウロチームには親善試合だから引き分けにしろと指示が出ていたそうです)。日本は半世紀で世界の一流半レベルまで成長しました。サッカーの下手なやつを、ジャポネスみたしだと云う、冷やかし言葉があったぐらいです。しかし惜しむらくは、日本選手のシュート能力の欠如で、これは素質に問題があるとしか思えません。スペイン戦でも3−4回、入るべきシュートを外しています。
これがブラジルチームのFWネイマーだったら5点ぐらい、とってたのにと切歯しゃくわんする次第です。

丸木で〜す  ほんまでっか?まさか超元気男の麻生節ではないでしょうね。今日は天気が悪くて、ぼや〜っとしてましたけど、目が覚めました。さぁ乾杯や!僕の演奏に合わせ乾杯の歌♬

和田:麻生さん 速報ですね。ブラジル3―0エジプトの前半戦観戦中にI-PADで麻生さんの速報が入って来ました。
丸木さんも半信半疑で目が覚めたそうです。
そろそろブラジル―エジプトの後半戦が始まりますが、後2点ほど入れて女子サッカーと同じ5-0で終了するのではないかと想像しています。
午後からは事務所に行かず家でビールで乾杯しています。麻生さんも見ていますか?
2点目のゴールは、ポルトアレグレのインテルのオスカールとダミオンコンビで入れたものです。
今エジプトがゴールを入れたので3−1になりました。
では、日本とブラジルの勝利に乾杯です。

丸木で〜す 超元気男の麻生節で目が覚め、勝利の美酒に酔いしれてます。麻生さん有り難う!この調子で行けば今回のオリンピックは日本勢が制覇するのではないかと武者震いしてきました。あんまりいいニュースのなかった過去数年を顧みて、このあたりで捲土重来、巻き返し帝国日本の底力を見せてほしいものです。麻生節の進軍ラッパ明日も高らかに響け〜♬

和田:ブラジル3-2エジプト 5−0の私の予想は、見事外れ後半に2点を入れたのはエジプトでした。最終的には3-2でブラジルは勝ちましたが予想外の結果となりました。
明日は、午後5時から開会式が行われるとの事ですので事務所から早目に戻って来てTVで見る積りです。「たかがオリンピック、されどオリンピック」楽しみです。

麻生:和田さん 前半はエジプトの動きが硬く、ブラジルは3点を入れ、女子サッカー並の大量得点を期待しましたが、後半エジプトの動きが立ち直り2点を入れられ(相変わらずブラジルは守備に問題アリ)3対2で勝ちましたが、次のロシヤ戦に、課題を残しました。
ホンジュラスとモロッコの試合は引き分けましたが、次回日本が当たる、モロッコは速攻が武器で、あなどれない、相手です。今日のスペイン戦の如く、でフェンスを固めて、カウンター攻撃に徹すれば、勝てるでしょう。とっさの、チャンス、瞬間に打つシュートが日本は下手なので、折角の上手い連携プレーが生きてきません。

丸木で〜す モロッコと言うと、フランスのジダンの出身地ですね。あのような選手が居るとしたら強敵です。この際、日本チームは梅干しでも噛み締め、ふんどし締めてかからないと危ないですよ。グラスゴーの奇跡の再現を願うばかりです。ところで、明日のオリンピックの開会式は昼ですか夜ですか?

麻生:丸木さん 明日の開会式はブラジル時間午後5時ではないですか。ジダンの出身地はアルジェリアではないですか。

和田:第23回バーチャル座談会を開催しています。(日本1-0スペイン ブラジル3-2エジプト) 明日のロンドンオリンピック開幕式を前に男子サッカーも試合が行われ麻生さんの速報にもあるように日本が優勝候補の一角を占めるスペインを1−0で下し金星を挙げました。一方、午後からのブラジルの試合は、前半に3-0と勝を決めたかに見えたブラジルが後半エジプトの反撃を受け何とか3−2で勝ちを拾った状況でハーフで飲み始めたビールもその後が続かず不発に終わってしまいました。
明日の開会式は、ブラジル時間午後5時開始ですので日本では午前5時、早起きしないと見る事ができません。丸木さんのトロントでは何時でしょうか?
写真を何枚か貼り付けて置きます。

古谷:麻生さん 日本のU-23が優勝候補のスペインに勝ったと聞いてびっくりしました。
勝因は、ナデシコと同様、ボールを持つ相手選手には、二人・三人がかりでマークして、球を奪う、球をもったら、走りまくって、パスで繋ぐ。体格で劣る日本チームが得意とする戦術を駆使して勝った様でした。
日本のサッカーが強くなったのは、20年前にプロチーム・リーグが発足してからだと思います。これで競技人口が増え、サッカースクールが全国通津浦々に出来て、年少の頃からちゃんと指導を受けれる様になったのが、レベルの底上げに繋がったと思います。
唯、惜しむらくは、日本チームの得点力が低い点です。私は、これは日本人が古来農耕民族であったからではないかと思っています。つまり守るのは得意だが、攻めるのは下手。
1998年のWorld Cup仏蘭西大会。日本は予選H組で、0勝3敗、四チーム中、最下位で決勝リーグに進出出来ませんでした。結果は、01得点04失点。得失点差は-03点。三位のジャマイカは、03得点、09失点。得失点差は06点。アルゼンチンとクロアチアとの対戦では、何れも0対1の惜敗。岡田武史監督が、現役時代Full Backだった所為かどうか知りませんが、兎に角守備に徹しました。従い、失点は少なかったのですが、それ以上に得点がありません。これでは勝てません。
あれから、10数年経ち、今日では、欧州プロリーグで活躍する日本人選手が随分と増えました。その分、チームも強くなりました。猶、願わくばメキシコ五輪で活躍した(銅メダル)釜本邦茂(CF),杉山隆一(LW)の様な個人技に優れたForwardが出て来ないかと期待しています。

和田:古谷さん ブラジルに住んでおられるだけあって古谷さんもサッカー通ですね。
まだ始まったばかりですが、ズバリ云って日本とブラジルは、男女サッカーともメダル獲得まで行くでしょうか? これから面白く成りますね。ブラジルは男女とも悲願の金メダル獲得成るか?

古谷:和田さん 私は、ブラジルのサッカーの事は全然知りません。私の細やかな知識は日本製です。
日本がスペインに勝ったのは、スペインが日本をなめていた所為と思います。相手が本気になれば、とても勝てる相手ではありません。今回の日本の勝利で、これから当たる相手国は、徹底して日本をマークして来ます。日本にとってこれからが正念場です。尤も、強敵スペインを破ったので、日本は自信を持っていると思います。
さて、お尋ねの件。日本は予選リーグD組で、スペインに勝ちましたので、残る対戦相手、ホンジュラスとモロッコ。どんなチームか良く知りませんが、スペイン程強くないと思いますので、予選通過は間違いないでしょう。問題は一位で通過するか、二位で通過するかで、決勝トーナメントの組み合わせが違ってきます。C組の一位は恐らくブラジルでしょうから、日本がD組を二位で通過すると、ブラジルにあたりますので、先ず勝てないと思います。依って、日本は予選を一位で通過しないとトーナメントで上位に進めません。従い、下手するとベスト8、上手く行くとベスト4、言った処でないでしょうか?
女子は、矢張り米国とブラジルが強いのでしょうね。日本はベスト4には行けると思いますし、是非メダルを採って欲しいと思います。

麻生:古谷さん とっさに、シュートを打ち、外さない技術の元は狩猟民族の、矢を放つタイミングと同じとは、面白い解釈ですね。
確かに、農耕民族には、とっさの、タイミングは要りません。
サッカーには農耕民族は余り、向いていないと云えますが、マイアミの奇跡と云われた、Wカップで、王者ブラジルを日本が破っており、相手が、なめて掛かったら、日本にも、勝つチャンスが出てきます。

前田:古谷さん 日本サッカーのこ感想ご意見に感服。
狩猟民族と農耕民族の「shoot」「guard」能力の違い・・・。解りやすいお話です。
先進国アメリカは野球のためサッカーでは大変な後進国でしたが始めるとすぐうまくなった。野球のない女子はさすがに進歩が速かったですね。

丸木で〜す  ロンドンからのカナダテレビ局は2時から放映開始で4時からオリンピック開会式中継が始まります。それを観てから晩7時からのブルージェイズ対タイガース戦を観に野球場へ行きます。野球場の近くに北米最大のスポーツバー「Real Bar & Grill」の巨大画面で野球プレーボールまで開会式を観ることにします。

麻生:前田さん ブラジルでも日本のスペイン戦勝利を奇跡、驚異と伝えられていますが、ブラジルにとっては悪夢であった、1966年のアトランタ五輪で綺羅星のごとくスター選手をそろえ、名監督ザガロが率いた、王者ブラジルが、無名の日本に1対0で敗れた、大番狂わせを、思い出させる試合になり、ブラジル人の友人は、目を伏せがちでした。敗戦後、ザガロチームはブラジルに隠れるように帰国し、しばらく、マスコミから雲隠れしていました。今回の対スペインの勝利は、ブラジルに悪夢を彷彿させる試合になりました。

古谷:前田さん 米国のメジャースポーツは、米式蹴球、野球、籠球で、サッカーはマイナーですが、1930年の第一回World Cupに出場しているから、結構歴史は古いのです。戦後長らく不振が続いていましたので、米国にサッカーがあったのか?と思われたのでしょう。女子も大学サッカーが盛んです。

富田:前田さん、古谷さん、私の孫はTexas州・高校サッカーで三年連続州チャンピオンでした。従って、古谷情報を少々補足しておきます。
米国のサッカーは1930年の第一回ワールド・カップで三位に入っています。これは戦前、欧州移民の中に名選手が多かったからです。
第二次大戦後、ヨーロッパ移民が途絶えたため、サッカーは下火になりました。
米国は四大プロ・スポーツと言い、「アイスホッケー」を忘れてはいけません。
最近の女子サッカーは大学のみならず、小学校から盛んです。米国のサッカーは「サッカー・ママ」と言う言葉があるように、中流以上の子弟間で盛んなスポーツです。
その点、ブラジル、メキシコ等と違って、米国のサッカーは貧困階級のスポーツではないところが特徴です。

前田:富田さん 麻生さん 米国のサッカー事情、勉強になります。
こんなお話は滅多に聞けません。ヨーロッパ移民が大きく貢献したのですね。

富田:「スペインは血と汗と涙が必要…」 富田さんからのお便りです。
和田さん&私たちの40年の皆さん
 スペインのNetで昨日の対日本戦の記事を探していると、「良い写真」が見つかりました。題して、スペインは「血と汗と涙が必要だった」
くわしくは、下記のBLOGをご覧ください。
http://blogs.yahoo.co.jp/stomita2000/23447049.html
血と汗と涙が必要だった
スペイン紙は、自国チームを1−0で破った、日本・オリンピック・サッカー・チームを次のように簡潔に讃えた。
スペイン・チームが日本のゴールエリアに到達するには、「血と汗と涙」が必要だった。それでも、スペインはほんの数回しか、日本のゴールを脅かしたに過ぎない。
ゴール・キーパー・権田は前半はともかく、後半は手持ち無沙汰だった。
Source (www.lainformacion.com)

和田:富田さん  良い写真とコメントを見付けられたですね。血と汗と涙ですか。スポーツと云えども命がけのハングリー精神が必要となりますね。
愈々開会式ですが、日本時間午前5時は、早いですね。早く寝て早起きでしょうか?
私は、午前中で仕事を終わらせて午後からは自宅でTV開会式を見る積りです。

富田:和田さん、なでしこのみならず、Uー23の試合も見ました。
スペインのNetでも日本を褒めていました。幸先のいいスタートを切ってくれました。

前田:麻生さん スペイン戦での日本の勝利の最大の要因はスペインが日本をなめていたことだと思います。
34分にセットプレーで大津が見事なゴールを決めました。ここまで日本がすばらしいプレーをしており、全くの互角でした。
スペインは41分にセンターバックのマルティネスが1点もののプレーをした永井をネジ伏せて一発退場。
このプレーにつきます。日本をナメて、いらついていたのです(全員)。
後半、スペインが11人なら楽々逆転だったでしょう。
それにしても、後半日本が追加点をとれなかったのは私をイラつかせました。シュートがヘタだなー!農耕民族!

麻生:前田さん スペインが日本を舐めて、かかっていたのは、古谷さんの意見と同じです。小生も全く同感です。マイアミの奇跡のブラジルチームも同じでした。次回のモロッコは慎重になってくるでしょう。選手は足が速く、パス回しも上手です。
日本にとって、ふんどしをしめて、かからなければならない相手です。攻撃型のチームですから、守備に弱い面があります。日本の得意のカウンター攻撃で勝利!!。清武永井に期待します。

富田:「スペインは日本をなめてはいなかった」 日本対スペインのオリンピックU-23第一戦に関する、スペインのコメントを色々読んでみました。
スペインはこの敗戦が大分応えたようですが、残る二試合に勝てば、決勝トーナメントに出られる、と一応平気を保っていますし、きっとそうなるでしょう。
EUのSub21のトーナメントもイングランドと1対1で引き分け、去年のワールド・カップも初戦敗れたにも係わらず、優勝しています。
従って、スペインはどうも初戦が苦手のようです。そして、この試合に関するいくつかのスペインのコメントを見ましたが、日本を「なめていた」と言う記述はありません。
反対に、ゴールキーパーのDe Geaのように「日本はフィールドでの試合プランが実にしっかりできていて、スペイン勢を苦しめ、我々が得意のパス廻しが機能しなかった」と日本勢を讃えるコメントをしています。
ただし、後半一人不足していなければ、結果は違っていただろう、とはスペイン人は皆言っていました。

西郷(横浜):私もスペインが日本を舐めていたとは思いません。
試合になって相手をなめてかかるということは、普通ありえないと思っています。ましてやオリンピックの初戦で!!!
「彼らの得意のパス廻しが機能しなかった」というのは、日本の作戦勝ちであると思います。
私も学生時代にバスケットボールをしていますが、相手をなめてかかるということはまずありませんでした。
また、相手方もそのようなことは、なかったと思います。
相手の作戦が、最初わからないために、自分たちの得意とするところを封じさせられることは、よくあると思います。
従い、敵の作戦にはまった時には、タイムを取って作戦を考え直すことになるのですが、そう簡単には、応急作戦が、うまくいくとは限りません。
今回は、後半スペインが一人少なくなったために、作戦変更がそう簡単には、機能するとは考えづらかったのではないかと思います。また、相当の実力差がないと、作戦変更しても、挽回は難しいと思います。
バスケットボールでは、点数の入れ合いになりますので、実力がそのまま勝負に出やすいために、実力者の挽回は、十分にあり得るでしょうが、サッカーのように、1,2点を争うスポーツでは、1点が致命的ですので、相手をなめてかかるなど決して有り得ないと考えます。

麻生:横浜の西郷さん、富田さん 試合前スペインの監督は、相当苦しい戦いになるだろうと述べていましたが、まさか、負けるとはおもいもよらなかったと思います。
個人技も含め、実力の相違は歴然としており、試合中、日本の守備の堅さにびっくりして、焦りが出てきたのが動きに出ていました。
中軸の5番のmfが退場となり、追われる展開になりましたが、まさか、日本に追われるとは思いもよらなかったと思います。
(やっぱり、舐めていたんでしょうね)。ホイッスルが鳴って、ホットしたのはスペインで、続いていれば、追加点があったのでは。

前田:麻生さん 公には、スポーツでナメルなどと言う言葉はないのでしょうね。
試合する選手の心の中の問題ですから、これを観衆がどう見るかの話でしょう。判断は、見る人の感性でしょう。

西郷(横浜):麻生さん 私もスポーツでナメルなどと言う言葉はないと思っています。
気の緩みは、あるかも知れませんが、試合に出る以上勝つことが目的ですから、リードしていない限り、気の緩みもあり得ないと思います。
ましてや、オリンピックに選ばれた方々です。そこに到達する(選ばれる)ための苦労は並大抵のものではないでしょう。
皆真剣です。舐めるなんてあり得ないでしょう。

麻生:横浜の西郷さん 試合で相手を舐める事もあり得ます。(貴殿はバスケットで無かったかもわかりませんが)もう、このへんで、この議論は止めておきましょう。

西郷(横浜): 麻生さん 了解しました。楽しくオリンピックを見ましょう。

麻生:横浜の西郷さん 了解いただき深謝。



アクセス数 4608902 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1369 segundos.