HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




和田近況と訃報。父、桝三逝く!!
9月23日(日)夕刻に101歳の誕生日を迎える数カ月前に病院で亡くなったとの連絡を妹、多加代から受けました。来るべきものが来たとの感じで特別の感情は、なかったのですがそれでも人一人がこの世を去ったとの厳然たる事実は心に重く圧し掛かってきました。何かあっても帰国はしないと伝えて置いたので慌てる事もなく多加代に葬儀その他一切を任せるので宜しく頼むと連絡するだけで終わりました。
誰にも知らせる必要はないと思ったのですが、『私たちの40年!!』関連BLOG等でも何時も写真を張り付けたり報告していたのでそのままでは今後話が通じないとも思いMLで流した所、沢山のメンバーの皆さんから弔問と励ましのお言葉頂きました。オヤジへの手向けとして皆さんから頂いたお言葉を記録に残して置こうとBLOGから転載の形で纏めて置きました。
写真は、今年の4月に帰国時に親父を訪ねた時に恵子が撮って呉れた親父と多加代が一緒の写真を残して置くことにしました。これが私が見た最後の親父の姿でした。親不孝者ですが、息子らしく親父の冥福をブラジルから祈りたいと思います。合掌。


ご無沙汰?しています。木曜日の午後から昨日夕刻までさわやか商会のメールサーバーがダウンして不通状態が続き困りました。木曜日のメール総てが欠落しているようです。何とか昨夜から復旧しており通常化さえると思います。インタネットは繋がっていたので継続しているBLOG更新、Yahooを通じての交信等は可能でしたので何とかしのぎました。
愈々来週から10月に入りますね。ブラジルはジャカランダの花が咲く一番良い季節を迎えます。
私の身辺では、来る時が来たと云う感じで先週日曜日に101歳を迎える前の父が亡くなったとの連絡を大阪の妹、多加代から受け取りました。連絡によると「夕食の時に喉にご飯がつかえて救急車で救命センターに運んだ と知らせを受けですぐに主人と一緒にタクシーで駆けつけましたが、間に会わずに息を引き取ったそうです。」との事で来る時が来たとの気持ちで葬儀等総て日本の兄弟に任せる事にしました。
昨日無事お葬式も終わったとの連絡をうけています。何かあっても葬式の為に帰国することはしないとの意思を伝えていましたので何もできないままでしたが、来年訪日時に母と同じ墓に収まる親父の墓参りをしたいと思っています。教会での葬儀は恙無く終わり祭壇に私名義の花が静かに飾られていたそうです。好きな事をして生きて来た100年の人生、悔いはなかったと思います。
両親のお葬式に参加しなかった親不孝ものですが、遠いブラジルの地から冥福を祈りたいと思います。

(コメント集)
Akane Quando tirou esta foto ? No Japao ? Quando voce foi ao Japao ? Pena que ele partiu para o ceu. Viveu bastante e deixhou saudade. Proximo sera eu. Daqui uns 10 anos se Deus quizer.

もう何年前の写真?みな若かったですね。おじちゃんだけがネクタイをしている。弥生が撮ったのですか?

和田様
お父上のご逝去を心よりお悔やみ申し上げます。
長寿を全うされたお父上の、お冥福をお祈り申し上げます。
遠いポルトアレグレでの、日本からの悲しい知らせを受け取られた時は、さぞびっくりされたこととお察し申し上げます。
どうぞこの悲しみより立ち直られ、さらなるご活躍をお祈り申し上げます。
杉浦英明、和子

杉浦英明/和子 さま
早々の温かいお言葉有難う御座います。来るものが来たとの気持ちで残念には思いましたが驚きはしませんでした。
傍で一手に世話をして呉れていた妹、多加代の肩の荷が降りたのではないかとその点は喜んでいます。遠くにいて何も出来なかっただけに親不孝者かも知れませんが早くして逝った母の分も生きた親父には思い残すことは無かったのではないかと思います。今度は私の番ですが、余り長生きはしたくないと思っています。後10年と娘達に書いたら次女の茜は10年は少なすぎる20年持ったら逝かせて上げると伝えて来ました。92歳?持たないと思います。小百合は、親より10年長生きし私が110歳、小百合は120歳まで生きるとのコメント寄こしています。勝手ですよね。

和田様
ご尊父ご逝去の報に接し、衷心よりお悔やみを申し上げます。
ご長寿を全うされたとは申せ、お父上はお父上、ご心中の悲し
みは如何許りかとお察し致します。謹んで故人のご冥福をお祈
り申し上げます。
どうか一日も早く悲しみより立ち直られ、いつもの元気な「和田
節」をお聞かせ戴きます様願って止みません。
取り急ぎ、お悔やみまで。
古谷

古谷 さん お悔やみ有難う御座います。
親不孝者ですが、悲しんではおりません。やっと早く逝った母の元に召されて良かったと思っています。
カトリック洗礼を受けていたのでカトリック教会での葬儀は、上手く行ったそうです。
11月4日に神戸の街を見下ろす鵯越のカトリック関係者の母の墓に納骨されるそうです。お心使い感謝しております。

和田さん 前田です。
ご尊父のご逝去、心からお悔やみ申し上げます。
101歳近くまでのご長寿だったとのこと、和田さんはぜひこれを超えてください。

前田さん お悔やみ有難う御座います。
私は、晩年の親父を見ていて長生きは、したくないと付くずく思うようになっており、後10年かそこら元気で仕事が出来このMLの管理運営が出来る間にPPK(ピンピンコロリ)とこの世におさらばしたいと願っています。願い通りに行くかどうか?老いさらばえて生きたくないと願っていますが希望通りに運ぶかどうか?気にしてもどうにもならないものですが。。。

和田さま お父上が昇天なされたとのこと心よりお悔やみ申し上げます。
ただ、101歳と長寿されたとのことですので、この世を全うされていますので、安らかに眠ったものと思います。
横浜の西郷 正雄

西郷さん お悔やみ有難う御座います。天寿を全うし昇天した父は幸せだったと思います。
末娘の小百合がまだお腹に居る時にブラジルにも来て貰いイグアスの滝も見せて遣ったので速くして逝った母の分まで生きて呉れた父、今頃天国で母と語らっているでしょう。有難う。

和田 さま 心痛のほどお察しいたします。
和田さんは力強く生きてこられた方ですので、お父上も安心して他界されたものと思います。
藤沢

藤沢さん ご心配をお掛けして申し訳ありません。
私はごく自然に受け留めておりますのでご心配しないで下さい。
本当に有難う御座います。

和田さん ブラジル語で書きます。
Sinto muito em receber essa noticia, sei o quanto e doloroso e entendo sua decisao.
Meus sentimentos e pense que ele ja cumpriu sua missão aqui e agora esta descansando.
Um abraco. (notícia, decisão, já, missão, e abraço)
Curitiba. 池田久成

池田さん
ポルトガル語の弔文有難う御座います。
お気を使わせて恐縮しています。おっしゃる通りこの世での役割を果たしての昇天、天国で静かに休んで貰いたいと思います。
今後とも宜しくお願いします。

和田 さま 合掌 慈父の永眠に際し、101歳の歴史を懐古して、
ご子息の悲しみを推察し、
慎んでご冥福をお祈りいたします。
工藤 拝

工藤さん お便り有難う御座います。
多くの皆さんにご心配頂いておりますが、私は、覚悟していましたので今年会った時、お別れはして来ました。
それでもここ数年何度も繰り返していたように来年もまだ頑張って生きているかなあとの淡い期待感もありましたが、もう良かったのではないかと思っています。
娘達には私が抱いているような気持ちは、させなくて良いように適当な所で昇天したいと切に願っています。有難う。

和田さん きっこです。
メールとともに 今日拝見しました。あまりお苦しみもなく逝かれたとのこと、まっすぐに天国へ行かれたことでしょう。
遠いブラジルから 毎年お父様にお会いに来られることに感動していました。どんなにかうれしく思っておられたことでしょう。
多加代様ご夫婦にとっても、お役を果たされてさびしくなられたことでしょうがホットなさったことと存じます。
天寿を全うされたこと幸せ昇天で何年振りかでお母様との会話も弾んでおられることでしょう。和田さんも ゆっくりなさってくださいませ。

きっこさん
有難う御座います。写真にあるように長女弥生が日本の新聞社で働いている頃に次女の茜が訪日した時に撮った写真ではまだネクタイをして会話に参加、自分で自転車を購入して乗っていたりしていましたがその後認知症が進み多加代以外の子供の識別ができなくなっていました。私が行くと妹の多加代がブラジルから来た好司にちゃんやでと紹介するとブラジルには幾分反応、又ブラジルに行くか?との言葉に少し顔が赤らみブラジル訪問当時を思い出すような仕草が見られました。頭がしっかりしている事が生きる最低の条件ではないかと思うようになってもう何年が経過したのでしょうか?
多加代も寂しくなるでしょうが、平安の日々を迎える事が出来るようになったのではないかと思います。来年はブラジルに招待したいと思っています。
暖かいお言葉有難う御座います。

和田さん、お父様が101才の天寿を全うされて、お亡くなりになったとのこと、
衷心より、お悔やみ申し上げます。
今年の来日の際、和田さんは遠うからずこの日が来ることを予感されて、お別れしてきた、とお書きになっていました。
和田さんたちはカトリックと承っています。
カトリックでは、「死後、本当のVidaが始まる」と教えています。
お父様の冥福をお祈りします。
富田眞三

富田さん お悔やみ有難う御座います。
既に公に発言していた通り親父が亡くなっても葬式に戻らないと兄弟にも通知していましたので慌てる事もなく、来るものが来たとのスタンスで平常心を保つ事が出来ました。
ひょっとすると来年もとの淡い希望も抱いていましたが、もう天国からのお迎えが来たと喜んでいます。(親不孝者?)
毎月負担させて貰っていた養育費がなくなるのでその分で面倒を掛けた妹、多加代を来年はブラジルに2度目の訪問をさせて遣りたいと思っています。
親父は、大阪の茨木のカトリック教会で車椅子で洗礼を受けお袋の墓に入れるようになり新しい墓を造る必要がなく経済的には子供孝行をして呉れたようです。
11月4日(日)の合同慰霊祭の日に納骨式も遣って貰得るようです。

和田さん お父様のご冥福をお祈りいたします。あや子

あや子さん オランダからのお便り感謝します。
沢山の方に冥福のお便りを頂き天国の親父も喜んでいると思います。
本当に有難う御座います。

今回は、特別にYahoo!グループからの書き込みですがお父様は101歳の長寿を迎える前の、ご逝去との事。
和田さんと親族の関係者へお父様の冥福をお祈りします。山本芳雄

山本 さん 弔文有難うございます。
ご厚情を感謝します。また来年東京でお会いしましょう。

丸木で〜す 昨年、僕の母も101歳に2ヶ月足らずで逝きましたので、ご心情お察しします。悲しみを超え、お互い有意義な移民人生を全うしましょう。合掌。

丸木さん 丸木さんも昨年御母堂を亡くされたのですね。急いで帰国したらお葬式は終わっていたとの事。親孝行の代表者です。≪お互い有意義な移民人生を全うしましょう。≫とのお誘い大事にしたいと思います。
有難う御座います。

和田さん ご尊父のご逝去を心よりお悔み申し上げます。 101歳の天寿を全うされ、ご冥福をお祈りします。
昨晩出したメールが発信されてなかった様で、再送します。
98歳の私の父は8月末に家で転倒して背中を打って歩けなくなり圧迫骨折で入院中ですが、病院食も食べなくなって現在点滴だけの生活です。 意識だけはしっかりしているので体力と気力の勝負でしょう。 101歳までは到底無理と思います。杉井

杉井さん 弔文有難う御座います。
御尊父は98歳ですか。現在入院中とのこと大事にして挙げて下さい。
意識だけはしっかりしているとの事、羨ましいです。体力と気力の勝負、意識だしっかりしていると自分の体が思うに任せないと悔しいのでしょうね。出来るだけお話相手に成って上げて下さい。私も最後まで意識を失いたくないですね。思うに任せれないのが人生でしょうか?

和田様 岡山の賀多井です。
お父上のご逝去、心からお悔やみ申し上げます。
ご葬儀への参列叶わず、心残りでしょうが、和田さまのブラジルでの活躍を一番喜んでおられたのではと、推察しております。
また、ブラジルからの思いは、通じている事でしょう。和田様の益々の活躍を願っております。 合掌

岡山の賀多井さん お久し振りです。何時もメールを見て頂いているのですね。感謝の念で堪えません。
葬儀には、行かないと決めていましたので心残りはありません。
妹を除いて子供達も識別出来ない状況でしたので駆け付けても形式だけに成ったでしょう。遠くで親父を偲ぶ事にします。お心遣い有難う御座います。

和田さん 多加代様 お父様のご逝去、心よりお悔やみ申し上げます。
そして心からのご冥福をお祈り申し上げます。
中平マリコ

マリコさん 有難う御座います。そろそろご帰国ですね。
お母様を大事にして挙げて下さい。また日本でお会いしましょう。
Boa Viagem !!

和田好司様 御奥様 ご尊父が100歳の大台を超えて、身罷られましたとのこと、心からお悔やみ申し上げますとともに、ご冥福をお祈り申し上げます。
お二人も、どうかくれぐれも健康に留意され、ご尊父以上の長寿を寿がれますよう、お祈り申し上げます。
諸情報を上手に活用すれば、健康長寿の時代にもなって来ておりますので。
有隅健一

有隅 先生 温かいお言葉有難う御座います。
私は、贅沢ですが、余り長く生きたくないと思っています。
元気な間は一生懸命生きて適当な所で消え逝きたいと願っています。
まだ後10年位は生きれそうですが。。。
先生の意に沿えないのが気に成り申し訳ありません。
有難う御座います。

O Pai 川越しゅくこさんからのお便りです。
和田さん  しゅくこです
毎年来日されるたびに、お父様や多加代さんと撮られた写真、好きでした。
93才で逝った父と、重ね合わせて見ていました。
笑顔のきれいなpaiでしたね。
O Japão é agora na temporada do cosmos.

しゅくこさん
コスモスのお花有難う御座います。日本ではコスモスの花が咲いているのですね。親父を偲ぶ花として大事に飾って置きたいと思います。
下記BLOGにお写真と共に転載させて頂きました。有難う御座います。
http://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada2/31481503.html

和田 様
お父さんが天寿を全うされたとの事。お悔み申し上げます。
私は9月10日〜15日まで中国旅行(成都のパンダ・九寨溝・黄龍・楽山大仏)をしておりました。14日の楽山大仏見学は、中国人の現地ガイドが日本人を連れて日本語を話すと危険との事で説明なしで終わりました。
高知県の田内より。

田内さん お悔やみ有難うございます。中国に行っておられたのですか。中国旅行は、日本人にはあまり気分の良いものではなさそうですね。
旅行するならブラジルです。またその内にいらして下さい。

和田さま ふじき わたる です
ご尊父さまのご逝去、謹んでお悔やみ申しあげます。101歳との事、日本を離れられて、色々とご苦労されたご年代ですね、ご尊父の歴史を偲び、ご供養されてください。
合掌
******************************************
「小さな画室」 ふじき わたる
www.ne.jp/asahi/fjk/art/">http://www.ne.jp/asahi/fjk/art/

藤木さん お悔やみ有難うございます。天寿を全うしての他界、本人も満足だったと思います。お気を使って頂いて恐縮です。
有難うございました。

和田さま お父上が亡くなられたと伺いました。
心よりお悔やみ申し上げます。
ご子息様ご一党の、世界的大繁栄を見届けての、
101歳の大往生、安らかに永眠されたと信じます。
(石田@クリチーバ)
現在、(盛和塾)勉強会の旅行中で、ロスにきております。
稲盛塾長は、現在82歳、JAL再建の話を聞きたくて来ました。
来週、ブラジルに帰ります。(LA,マリオットホテルのPCから)
クリチーバ石田幸作

石田さん お悔やみの言葉有難うございます。現在カリフォルニア滞在中ですか。稲盛塾長は、立派にJALの立て直しを実現された立派な方、石田さんも盛和塾の優等生これからの会社経営にも力が入ることでしょう。その内クリチーバに寄せて頂きますのでその時には宜しくお願いします。

和田さん 御尊父の御逝去の報に接し、心より御悔み申し上げます。合掌
麻生

麻生さん お悔やみメッセージ有難うございます。
平常心で過ごしておりますのでご安心ください。
有難うございます。

和田 好司 様 ご尊父様のご逝去、ご長寿とは言えお寂しいことです。
お力落としでしょうが、鉄人のような和田さんますますのご活躍を願い上げます。
中高年の「元気が出るページ」
編集人 村上芳信

村上さん お悔やみと励ましのお言葉有難うございます。
何もなかったように平常心で残りの人生を歩んで行きたいと願っています。
有難うございます。

和田さん ご尊父さまご逝去の報に接し、謹んで、哀悼の意をささげます。
神戸市東灘区住吉町
内田雅夫

内田さん 謹んでの哀悼の意有難うございます。
沢山な方々からの弔意を頂き親父も驚いているのではないかと思います。
本当に有難うございます。

和田さん お久しぶりです。
お父さまがお亡くなりになられたこと先ほど知りました。
2週間ほど日本に滞在していたため、メイルを読むことが出来ず
ご挨拶が遅れてしまい、大変申し訳ございません。
お父さまが大往生なされ、さまざまな思い出がよみがえっているのではありませんか。
お父さまのご冥福を心よりお祈りいたします。
和田さんもお父さまに負けずに100歳までお元気でご活躍してください。
いつもお世話になっております。
オランダ香織

香織さん
無事オランダに戻られましたか。あや子さんから香織さんが訪日中と知らせて呉れていましたのでお便りがないのも気にしておりませんでした。これからまたどんどん辛口、甘口、シャレ、小話色々聞かせて下さい。楽しみにしています。
101歳を前にして逝った親父は最後の数年は、アルツハイマーが進み自分の息子も識別できない状況だったので私は長生きしたくないとつくづく思っていました。後10年と云ったら二女からは、後20年92歳までは、付きやってやるとの事でその辺が限度かなと思っていますができれば元気で頭がしっかりしている内におさらばしたいと願っています。このMLは、私が生きている限り続けたいと思っていますがどうなる事やら、神のみぞ知ると行ったところでしょう。元気な内は元気に生きて行く積りです。




アクセス数 4471537 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.2007 segundos.