HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




第24回バーチャル座談会『新春放談 行く年、来る年2012/2013!!』(その5)
第24回バーチャル座談会((その5)をお届けします。
今回は、これが座談会か?との疑問を抱かせる和田独り語りに近い年末年始の休暇旅行の語りと写真集にコメントです。この辺でバーチャル座談会は終了したいのですが、もう1回(その6)を掲載する必要がありそうです。2012年末から2013年に飛び交った話題は香織さんが持ち出したTPP談義ですが、これは敢えてバーチャル座談会には収録しないことにしています。問題提起から行かに推移して行くか一つ一つFLWすると面白いのでしょうが、余りにも引用URLが多くFLWして行けないと云うのがその理由です。伊豆山さんご自身の考えを書かれたTPPに付いての文章は、一部コメントと共に別途『私たちの40年!!』に収録して置く積りにしています。
今回の写真は、やはり旅行中の写真となりますが、一番長く滞在した(4泊)クリチーバで撮った写真を使用することにしました。地元の案内人石田さのがルミナリエでクリチーバと表示している場所で若い青年にカメラアングルまで指導して後ろに回ってシャッターを切らせてもので大事なカメラを預けて逃げられたらとうするのと聞いたところ鰐のマークの着いたポロシャツを来ているので持って逃げる心配はないとの判断でした。


和田:休暇旅行の記録と写真(その1) 旅先のホテルでの書き込みでまとまったものは無理ですが、その都度、旅の様子等を書き残して置きますので(写真を選択して入れながら)皆さんのコメント等があれば宜しくお願いします。
愈々休暇が始まります。現在サンパウロ国内線のコンゴニアス空港のDINERSの部屋でメールをCHKしています。
8時21分発のクリチーバ行きにのります。恵子も既にポルトアレグレの空港でフライト街との確認が取れました。≪一人で行くのなら辞める≫と云いだしていたのでどうなるか心配していましたが、徳力夫妻と一緒に休暇を楽しんで呉れるようで安心しています。次のお便りは、クリチーバからになります。では出発、出発です。
無事クリチーバに着き飛行場内の荷物引き取り場所でポルトアレグレからの荷物を引き取り中の恵子と3日振り再会を果たしました。飛行場に山下さんが出迎えに来て呉れており、飛行場から近くの山下農場(シイタケ、マッシュルーム生産)を見学させて頂きました。15ヘクタールの農場内に栗の木、ドングリの木が植わっており一部栗の実が落ちており恵子が嬉しそうに拾って廻っていました。湧水の有る池には魚が飼われており、豚、羊、アヒル、ニワトリ(放し飼い)等飽きない楽しみがありました。ゆっくりしたかったのですが12時半からシュラスカリアでの学移連の皆さんの会合がありバスが3時間以上遅れたとの事で石田さんが徳力さんを案内して山下農場に現れ10人で昼食を楽しみました。午後からは、兵庫県友好の館を訪問した後、セントロのIBISホテルにCHK INして少しのんびりしています。
クリチーバでの夕食は、私は今年最後の御用収めとして中国向け輸出入BUSSのパートナの新マデイラ社の平田さんと田嶋さんのお二人と日本食中場で三人で来年度はコモディテイBUSSを成功させてがっぽり儲けようと新しい年への前祝いをしました。
恵子と徳力さんご夫妻、地元の石田さんご夫妻は、グルメの街、サンフェリシダデに繰り出してイタリア料理を楽しんだようです。
石田さんの奥さまもご一緒だったとの事で石田さんから融通して貰ったマイクロソフトオフイスのお返しをさせて貰うようにと恵子に頼んでおいたので楽しい時間を過ごすことが出来たようです。
明日も石田さんにVILA VELHAに連れって行って貰う予定です。
和田休暇旅行は、快適に2日目を迎えています。これから石田さんの案内でポンタグロッサの街の郊外にある奇岩群地域のヴィーラ ヴェリアの見学に出かけます。石田さんがカメラマンを務めて呉れており私が出る幕もないのですが、それでも愛用のIXYで写真を撮りまくっていますが、取り込み、加工、貼り付けの時間がなく集積されつつあります。少しづつでも紹介して行きましょう。
ではまた遊びに行って来ます。

前田: 和田さーーん 前田です。IXY でどんどん撮って写真を送ってください!
毎日楽しみに拝見致しております。池田さんのご家族が、ボンビニアスで皆さんをお待ちしておられると思います。

池田:ポンタグロッサも曇天のようですが自然が築いた奇岩郡の合間を歩き回られたことでしょう。 健康の為にも写真撮りながら楽しんでください。
海岸は満員で歩く場も無く海の中で遊ばなければならないほどです。海水着忘れないでください、海水は温水で透きとおっております。気温 28〜30度

斎藤: 和田さん お二人の写真ここ4=5年で一番幸せそうな笑顔です額に入れて居間に飾ってください。

和田:休暇旅行の記録と写真(その2) 前田さん/池田さん  写真は、どんどん撮っているのですが、整理が追い付きません。今日、29日は、朝の10時にホテルを出て石田さんの案内でポンタグロッサの奇岩群を見学に行き、見学中は雨に降られることもなく無事歩き通せました。石田さんが運転手とカメラマンの役を引き受けて呉れ我々4人は、被写体で監督の指導を受ける俳優のような存在で云われる通り演技させられました。専門家に良い写真を撮って貰いましたので選んで皆さんにもご披露しましょう。
山下さんから1月1日のバスの切符を受け取りました。代金は現地で池田さんと精算との事でしたのでそうさせて頂きます。
海水パンツを用意するようにとの指示、耳に水が入るのが怖く余り水に浸かりませんが、一応用意しておりますので浜辺を歩きたいと思います。元旦のバス旅行も楽しみにしていますが、明日は早朝ホテルにVANが迎えに来て呉れてパラナグアまで山岳電車で下りバスで戻って来ます。
今日は朝10時にホテルを出て戻って来たのが11時、13時間の見学旅行でした。昼は、VILA VELHA散策後(徳力さんの万歩計では1万6千歩を記録)CHURASUCARIA ESTRELA de PRATAで昼食、夜は、大和で鍋焼きうどんを頂きました。
そろそろ寝ないとまた明日が大変です。お休みなさい。

斎藤: 皆さん楽しそう。

和田: 斎藤さん 楽しく年末休暇を楽しんでいます。

和田: 休暇旅行の記録と写真(その3) クリチーバ3日目の概略を報告して置きます。今日も朝の7時から夕刻6時まで11時間の山岳列車、VANのバス旅行、楽しんで来ました。
専門家のカメラマンの訓練で被写体が良くカメラに反応し今日も石田さん抜きで結構練習通りの写真が撮れましたので先生に披露します。
明日はまた今年最後の大晦日、石田さん宅で御茶のセレモニーも含めて紅白歌合戦を聞きながら大笑いの年を一緒に過ごさせて貰いたいと思いますので宜しくお願いします。
私は、ブラジルで一番涼しい州都と云われるクリチーバの街で年越しをすることになっています。元旦は、バスで4時間ちょっと走りサンタカタリーナ州の海浜で正月と73才の誕生日を迎えます。毎日年忘れの快適な日々を過ごしています。ポカをやってはお互いに笑いあって居る僚友徳力さんと一緒ですが、徳力さんは、年と共にポカが減りました。
元旦に使用するバス切符を一応確認しておこうとの心掛けは良かったのですが、2枚づつ綴りになって張り付いているのを見分けることが出来ず切符が2人分しかないと騒ぎ立て地元に石田さん、プライアに行っている切符を購入して呉れていた池田さんを朝から起こし大騒ぎをしました。徳力さんが良く調べたら2枚つづりで良く良く調べたら2枚づつ切符がくっ付いていたようで≪4枚有るじゃないの?何を騒いでいるの≫と叱られました。無事海浜に行けそうです。

斎藤: 和田さん新婚旅行のやり直しでしょうか、皆さんの笑顔がすばらしいです、うらやましいですね。

和田: 斎藤さん コメント有難う。新興旅行のやり直しですか?まだ旅は半分。十分に楽しみます。

杉井: 和田さん 年末旅行を楽しんでおられる様ですね。今日は次男の嫁の両親が秋田から出てきたので奈良を案内して午前は東大寺大仏殿、二月堂、春日大社を案内して奈良ホテルで遅めの昼食をとり、午後は国立博物館、興福寺を案内して来ました。寺も神社も屋台も稼ぎ時の今晩からの初詣の準備で大わらわでした。
今和田さんたちと同じく、年越しそばを食べながら紅白歌合戦を見ているところです。そちらはまだ昼間で、大晦日という感じは無いでしょうね。良い新年をお迎えください。

和田: 杉井さん 2012年もブラジルでも後4時間で終わります。
まだクリチーバの石田さんのお宅でまた紅白歌合戦の12時間後の再放送を見ながらシーバスを飲みながら過ごしています。気心地が知れた仲間との歓談で年の暮れを楽しむのは最高です。
明日は朝からバスでサンタカタリーナ州のボンビニアまで出かけます。
公私ともお世話になった2012年、来る年も宜しくお願いします。奈良に住み込んでおられるようですのでまた来年の春にでも奈良に出かけて見たいと思います。

和田: 『私たちの40年!!』メーリングリストメンバーの皆さん!! 紅白歌合戦を見聞きしながら石田さんのお宅で(クリチーバ市内のマンションの15階)2012年の暮れを過ごしています。PCにも繋がりましたので年末のメンバ間の交信の臨時中継センターを開設しました。皆さんも紅白歌合戦の見ていますか。

丸木で〜す  北米では今回初めて同時中継された為に時間帯が悪く、午前5時15分開始でしたので水泳オリンピックメダリストが舞台にあがったところで眠くなり、そこから先は見逃しました。午後九時から再放送があるので、その時には酒でも飲みながら観ます。

和田:休暇旅行の記録と写真(その4) 休暇旅行第4日目は、2012年12月31日、大晦日をクリチーバで過ごしています。午前10時過ぎから石田さんのお宅にお邪魔して紅白歌合戦を見ながらお昼のお正月を楽しんでいます。昼食後クリチーバの街をバスと車で散策しました。
夕刻、また石田さんのお宅に戻り奥さまの点てるお手前を頂き年越しそばを頂きその後ワイン、シーバスを飲みながら歓談。ブラジルでのそれぞれの苦労話?を語りあいました。後3時間で2012年も終了しますが、テレビでは紅白歌合戦の再放送が流れています。
明日は、バスで4時間ちょっとのプライアへの旅、場所が変わります。
クリチーバの大晦日の写真を貼り付けて置きます。

和田: 休暇旅行の記録と写真(その5)  現在滞在中の海浜の宿のインタネット接続環境が悪く思うように更新出来ず2年以上続いている連続更新が途絶える可能性もあり何とか1日1度は更新したいとやきもきしています。
と云うことで2013年1月1日のクリチーバからの4時間15分のバス旅行、ボンビニアの池田さん案内による海浜散策、2013年1月2日の73歳の誕生日祝いを兼ねた海浜探索徒歩の旅(徳力さんの万歩計は、実に2万6千歩の新記録?をマーク我々も朝の散歩の1万歩を引いても1万6千歩は歩きました)、カイピリニアを飲みながら海浜の魚料理での誕生祝いは大変満足でした。(誕生日の写真は別途掲載済み。2日間の海浜風景等を貼り付けて置くことにします。
何とかインタネットが繋がり1月3日の更新が出来ました。
これから9時にタクシーが来て呉れてサンタカタリーナ州の州都フロリアノポリスに向かいます。
島まで60km島の北の端まで90kmとのことで220レアイス(110ドル)掛ります。池田さんもお仕事の関係で今日クリチーバに御帰りとのことで我々だけで第3ステージのフロリッパに向かいます。珍しく涼しい朝ですが、私は2日間んで真っ赤に焼けてしまい日焼け顔になっています。明日、ポルトアレグレに戻る予定です。愈々休暇旅行も終盤に入りました。
ではまた。。。


斎藤: 和田さん 明けましておめでとうございます、年末年始休暇の旅 皆さん素晴らしい笑顔でうらやましいですね。数々の写真ありがとうございました。


和田: 斎藤さん 年末年始の旅FLW頂いており有難うございます。無事サンチンニヨーの海浜に付きました。これからまた歩きに出ます。暑いですが、夏ですから仕方がないですね。汗をカキカキ頑張っています。


和田:休暇旅行の記録と写真(その6)  和田さん、恵子さん、徳力さん、洋子さん。お疲れ様でした。少しの時間でしたが有意義に皆さんと過ごすことができて嬉しいです。早朝1時に出て4時に帰宅できました。娘は昨日カンブリウに向かって出たがイタペマまで4時間かかり戻ってきました。皆さんタクシーの旅スム_ズでしたか?
池田さん ボンビニアスの海浜では大変お世話になりました。元旦、2日の誕生日お付き合い頂き有難うございました。お陰で楽しい二日間を過ごすことが出来ました。
今朝は、タクシーが約束の9時より25分遅れたので心配しましたが旅行社に電話をしたらもう出たとの事で待っていました。
BR101に出るまでの20kmに1時間掛かり時速20キロ。BR101は、40km快調でしたがフロリアノポリスの入り口から橋を渡り島に入るまでに時間が掛かり島の北の端まで更に30km、サンチンニヨの会田さんのお宅まで2時間半近く掛かりました。
昼は、会田さんの所で牡蠣の蒸したもの、海老の蒸したもの、バイヤ風のムケッカをご馳走になり現在食後の昼休み中です。これからまた海浜を散策することにしています。


池田: 会田さんによろしくお伝え下さい。皆さん最後の休日楽しんで Boa Viagem


和田: 池田さん 現在会田さんのお宅でビールを飲みながら生牡蠣、海老、ピロンにご飯と飲んで食って休暇旅行の仕上げをしております。
明日は、またタクシーを頼みフロリアノポリスの島を見学しながら飛行場に向かいます。私はフライトが夕刻で徳力さん達を送った後、飛行場でインタネットの接続して時間待ちする予定です。
会田さんには池田さんから宜しくと伝えて置きました。


丸木で〜す  ピロンならノロデステのが美味いですよ、義母の90歳誕生祝いに3月中旬から下旬にかけ(15日から30日まで)にレシフェに滞在しますので是非お越し下さい。温泉もあるしアグリャ(針魚)が美味いし新婚旅行のやり直しにもってこいですよ。


和田: 丸木さん 3月にまた来伯ですか?良く動かれますね。2月にリオ行きは決めていますが、それ以後は多分訪日となるでしょう。そろそろ日程を考える時期に成っているのですが。。。お誘い有難いですが多分無理でしょう。


丸木で〜す  3月13日トロント発サンパウロ経由レシフェー行きです。ペルナンブコ州の家内の実家とアラゴアス州のGRAND OCA MARAGOGI BEACH & LEISURE RESORTに滞在し、3月末31日レシフェ発パナマ経由でトロントに帰ります。


和田: 休暇旅行の記録と写真(その7)  休暇旅行最後の8日目は、会田さんのお宅での朝食から始まり9時半の12人乗りの大型VANが出迎えて呉れてフロリアノポリスの島を見学しながら飛行場に向かいました。途中プライア デ ジョアキーナの砂丘、ラゴア デ コンセイソンを回りましたが、車を停めて島の観景を見ながら記念写真を撮っている間にVANの窓が抉じ開けられ徳力さんの奥さんの手提げ鞄と徳力さんのPCの入った鞄(航空切符等も入っている大事な鞄を盗まれ、運転手が目敏く見つけて車の前に立ちはだかり車の番号を携帯に保存して警察に届けると通告した所、盗んだ鞄、2個を運転手に戻し≪警察には通告するな!!≫と叫びながら急発進して逃げて行くと行ったハプニングが起きましたが、運転手の機敏な措置で事なきを得ました。もし鞄を持ち逃げされていたら飛行機には乗れないしフロリアノポリスの警察で1日嫌な時間を過ごし最悪、旅行を続けられなくなるところでしたが、運転手の機転で事なきを得ました。私のPCを入れたリュックは、一つ前の座席に置いていたので持ち出されていませんでしたが危ない所でした。何時もポカを競いある徳力さんとのダブルプレイの珍道中何か起こるのではないかと思ってましたが大惨事勃発が未然に防げた事は正月早々、嬉しい限りです。ブラジルでは油断は禁物ですね。今年も気を引き締めて行くようにとの神様の思し召しだと思い感謝しています。
私は、夕刻7時ののフライトを予約していたのですが飛行場に付いたのが昼過ぎで1便前のフライトがないかとCHKしたところ1時にデルフライトがあるとのことで6時間早いフライトに切り替えて貰い徳力さんの2時15分より先にポルトアレグレに戻り徳力さん達を飛行場に出迎えることが出来ました。午後は、アトリエ≪和み≫見学、市内見学、夕刻の風車小屋公園散策、日本食レストラン≪さかえ≫での夕食と楽しいポルトアレグレの半日を過ごしました。
明日は、おまけ編として1日グラマード、カネイラの紫陽花の街を散策する予定です。
何枚か写真を貼り付けて置きます。

和田: バーチャル座談会は、TPP談議に花が咲き低調でしたが、年末年始の私の休暇旅行記へのコメント、年末年始の皆さんのご挨拶等を集めて多分2-3回に分けて残して置きたいと思いますが、そろそろ手仕舞とさせて頂きたいと思います。
これから朝食の後(徳力さんは朝早くから近くの風車小屋公園方面に散歩中)、9時にSONYの佐藤さんも誘い恵子運転のCIVIC1台で紫陽花の街グラマードに繰り出します。徳力さんのサンパウロへ戻るフライトが夜の9時過ぎですが、少し早めに戻って来たいと思っています。
一応休暇モードは、本日で終了し明日からは、新年の仕事モードに切り替えて行く積りです。やはり10日の休暇後は、雑 用が多いようで2-3日は忙しいでしょう。その後旅行の写真の整理(石田さんに送って頂いた写真がまだBLOGに掲載されていません)、バーチャル座談会の纏めと収録作業等を来週中に終了させる積りです。
まだご発言されていない方は、ぜひお便り下さい。今年のメイン話題のTPP関係は、バーチャル座談会には収録しませんのでご了承ください。宜しくお願いします。

丸木で〜す  ポルトアレグレの和田さんご夫妻がサンパウロの徳力さんご夫妻と共にパラナ州の石田さんや池田さんを訪ねられてた物語、いい旅でしたね。有り難い移民仲間の絆を満喫されたのが2週間のメールを通じ伝わります。希望と不安の入り交じる板子一枚の下は海原地獄、2ヶ月近く生死を共にした同船者は家族同様です。船内移民を励ます船内新聞を発行された和田さんの徳が下船後も続いている半世紀の足跡はブラジル移民の金字塔と讃えたい。これからの和田さんの更なるご健闘に期待します。

和田: 丸木さん 流石自称、ブラジル移民の丸木さんらしいご発言、見事です。私自身、移民後40年間は、ブラジルで猛烈社員振りを発揮、同船者との繋がり、絆と云った気持と殆ど関係なく過ごしましたが、着伯40年を迎えるにあたり40年後の船内新聞号外を発刊したいとの気持ちで始めたこの『私たちの40年!!』10年の助走期間を設けての昨年の50周年記念事業を通じてあるぜんちな丸関係の諸行事は終了したとの理解をしており、今後はあるぜんちな丸を通じての同船者会等の計画は、持っておりません。折角公開した『私たちの40年!!』のHPは、同船者全員の共有財産として今後も維持して行く積りで寄稿集の更新は続けて行きたいと願っています。移民の心を理解できる丸木さんの今後の支援を待っております。

石田: 和田さん カバンを盗まれ、良く取り返しましたね。2013年、幸先良いスタートだと、思います。
ポルトアレグレ⇒サルバドール⇒サンパウロ⇒クリチーバ⇒ボンビニャ⇒フロリッパ⇒ポルトアレグレ。
長旅、お疲れ様でした。又、逢う日を、楽しみのしております。

堀越:和田様 遅くなりましたが、昨年は大変お世話になり、ありがとうございました。今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
出張の効果かどうかはわかりませんが、ブラジルから日本への留学生は去年秋から急に増えており、日系3世のかたが特に増えています。今年はポルトガル語が飛び交う学校になればいいなと、楽しみです。おっと、日本語学校ですから、日本語が飛び交ってほしいのですが。
去年、ポルトアレグレに出張に行き、和田様と、恵子さんとお知り合いになれたのも、何かのご縁ですね。知らない土地への出張で、あんなに助けていただき、本当に感謝の言葉がみつからないほどです。短い時間でしたが、本当に勉強になり、そしてとても楽しかった思い出です。
こちらは、寒いお正月で、寒波や雨の中、私は子供たちと寝台特急で瀬戸内海に旅行に行きました。
祖父母が生まれた島です。たくさん歩いて、島のいい空気を吸ってリフレッシュしてきました。
今日、日曜日ですが、仕事はじめとなりました。
和田様ご家族のご健康と、たくさんの幸せをお祈りしています。どうぞ今年も宜しくお願い致します。

和田:堀越 さん 新しい年のご様子知らせて頂き有難うございます。
昨年のブラジル出張の効果が出て来ているとの事、良かったですね。
ブラジルからの日本語研修生を宜しく指導して挙げて下さい。日伯の新しい橋渡し、交流が実現すると期待しています。
入国査証の関係で日本の若い人たちにブラジル移住、ブラジルとの交流の機会が制約されており一つの人生の選択としてのブラジル移住と云った可能性がなく残念ですが、戦後移住者の我々としては、新しい血、日本からの新移住者が一人でも増えることを祈っています。今年も日伯の懸け橋としてのお仕事に頑張って下さい。


マリコ: 和田さん 徳力さん

年末年始の楽しい旅行の様子をありがとうございます。でも、危機一髪を回避されたお話しにはとても驚きました。
最後に和田さんご夫妻と、徳力さんご夫妻の素敵な笑顔…本当に何事も無く良かったですね。
石田さん 前田さんの優しさを感じながら... 丸木さんの言葉を噛み締めています。
「有り難い移民仲間の絆を満喫されたのが2週間のメールを通じ伝わります。」この言葉通りに、人と人との繋がりの素晴らしさ、おもてなしの素晴らしさ、日本文化の素晴らしさを感じさせていただきました。
まるで、茶道の世界を拝見しているような感じがしました。
和田さんが10年の歴史を刻まれた「私たちの40年!!」の凄さも感じています。
書き込まれる皆様が、一つ一つの話題を大切に討議されている素晴らしいも感じています。
まだまだ書き込める意気まで達していない私…学ぶことが多く感謝しております。
そして、和田さん、ありがとうございます。初日の出の写真をBLOGにアップすると共に、コメント欄への掲載をありがとうございます。皆様の励ましを胸に、明日からの5日間頑張って来ます。
和田さんはじめ、皆様に心から感謝を込めて… 『ありがとうございます』


和田: マリコさん
お便り有難う。愈々肩の手術ですね。頑張って下さい。
今年も歌姫として日本、ブラジル、パラグアイで沢山の方との歌を通じての交流、幸せを届ける仕事を続けて下さい。
ポオルトアレグレでもマリコファンが増えて8月の日本祭りで歌って頂くのを待っている人が多いと思います。
今年も何度かお会いできそうですね。宜しくお願いします。ご母堂様にもよろしくお伝えください。


近藤: 明けましておめでとうございます。
今となりにすんでいます、日本人会会長に尾中さん次女、秀子さんのメールを利用して新年のご挨拶いたします。
私は昨年10月27日このラーモス移住地に移しました。
私も82歳となりこの移民人生の最後にこの移住地に"日本の心" を植えつけたいと思いとここに参りました。
ここは今年で移住地ができ50年を迎えます。先人たちの努力で日本から移植された草木が育ち、特に春の桜、秋のもみじは見事なもので、新しい日本が生まれたように思います。
ここの自然はブラジルには珍しく四季がある為、ヨーロッパ移民もこの土地を好み定住しており、そこに彼らの国の文化を広め、彼らの国の心を伝えておるのです。
そうしたところから私たちもこのラーモス移住地に日本文化を残し、日本の心を芽生えさせたいと思っております。そしてこれから何百年、何千年の後、そうした各国の心が解け合い新しいブラジルの心があらわれこの地球に平和と幸せの新しい時代が来るであろう事を願っております。
皆様の新年のご活躍を祈りもうしあげます。
==============
秀子さん紹介
秀子さんは彼女は自然愛好者で今”愛の種”という標語のもとにこの地球に平和と幸せをもとらそうとそうした志を同じする人たちと一つの共同体を作ろうと頑張っている若い女性です。


和田: 近藤博之さま 毎年手書きの年賀状(近況報告)を受け取っていたのに昨年、今年と音沙汰がないのでどうしておられるかと気になっていましたが何とメールでの近況報告を受けることになり驚くと同時に大変嬉しく思います。
お隣に住んでおられる尾中さんのお嬢さん秀子さんが中継ぎに成って呉れるとの事ですのでこれからちょくちょく使わせて貰うことにします。
1月3日にサンチニオに出かけ(ボンビニアからタクシーで出かけました)会田さんの近くの民家を借りて貰い1泊し、会田さんにお世話になり近藤先輩の近況も聞いていました。
ラーモス移住地に戻られたとの事、紅葉の紅葉の季節か9月桜祭りにでも押し掛けるようにします。
お元気でお過ごし下さい。
年末、年始のクリチーバ、ボンビニア、サンチニアへの旅の様子を下記BLOGに写真と共に報告しておりますので、機会があれば秀子さんにお願いしてアクセスして見て下さい。
ではまた。
http://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada2/folder/292111.htm




アクセス数 4528312 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1257 segundos.