HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




第24回バーチャル座談会『新春放談 行く年、来る年2012/2013!!』(その6=最終回)
第24回バーチャル座談会((その6=最終回)をお届けします。
長らく皆さんにご覧いただいた私たちと徳力さんご夫妻の野次喜多珍道中の写真紹介とそれに対するコメントと云った形で紙面を埋めてしまいましたが、一応これで無事完了とさせて下さい。年末年始の話題としてにぎわったTPP論議についてはバーチャル座談会に取り上げると後4-5回も必要となるので敢えて割愛させて頂くことにしました。悪しからずご了承ください。とは言え今回のラストバッターは、工藤さんにお願いして快気炎?をご披露頂いています。出来るだけ小まめにBLOGに掲載、それを拾った積りですが、もし抜けていればこれも悪しからずお許し下さい。
石田さんに送って頂いたクリチーバの写真34番から63番までがまだBLOGに掲載されて居りませんが、これは事後発表となり今回は、掲載されません。
写真も色々あるのですが、カネ―ラの樹齢730年?のパラナ松の大木と共に撮った写真を記念に貼り付けて置きます。左からソニーの佐藤さんと徳力夫妻に私たちです。


池田:和田さん 徳力さん ドキッとしましたね。でも無事に済みよかった。 私たちはタイニアの半島に一日中自動車をほったらかして置きましたが,そこまで泥棒が来ないし今までボンビニアスで強盗やトロンバヂニオの話が聞いたことありませんが、NHKのニュース見てるとヨーロッツパでも気をつけなければならないようなこと言ってましたので今後気をつけるしかありませんね。

和田: 池田さん ご心配お掛けしました。本当に無事で良かったです。もし持って行かれて居ればまだポルトアレグレに戻って来れていなかったかも知れません。今朝方徳力さんから無事サンパウロに戻り平常の生活に戻っているとのお電話を頂きましたので長かった休暇旅行もこれで正式に終了したことになります。皆さんのお陰と感謝しております。まだ写真に整理等が残っていますが、のんびり処理して行く積りです。池田さん有難う御座いました。

和田: 石田さん クリチーバで撮って頂いた写真の説明付き添付有難うございました。何とか全て取り込みBLOGで全写真を紹介させて頂きます。暫く作業に時間を下さい。バーチャル座談会も終了しこれの纏めの作業もあり、溜まっている雑用の整理と明日から忙しくなりそうです。これだけ遊んだので仕方がないですね。
所でyoutubeのマイ画像に5件程、追加公開したのですが、石田さんの所で見ることが出来ますか?もし可能であれば皆さんにURLを紹介して置いて頂けませんか。宜しくお願いします。

五味: 和田様・石田様へ・クリチーバの皆様・私たちの40年皆様へ
“クリチーバ訪問(和田・徳力ご夫妻)。 石田さんのお便りです。”のその7まで、楽しく拝見させて戴き、素晴らしい旅したね。羨ましくも思いましたが、和田・徳力ご夫妻の今までの人生の道程を思えば流石と祝福致します。
和田休暇旅行の記録と写真(その1)で飛行場内の荷物引き取り場所で恵子夫人と3日振り再会出来て旅が始まったことと思います。山下シイタケ農場を見学してから、シュラスカリアでの学移連の皆さんの会合があったとのことですが、佐々木さん・角さんや学移連の方々との写真や様子を和田さん・石田さんで番外の記録としてでもお便り戴ければ、嬉しく思います。
私は、山下シイタケ農場を見学できませんでしたが、ブラジリアに向かう時、山下さんがホテルに早朝迎えにきて飛行場で送ってくれたことをよく覚えています。農場の写真も有りましたら、お手数ですがよろしくお願いします。

石田: 五味 茂さま  ご無沙汰しております。
2012年12月28日に、和田・徳力ご夫妻のクリチーバ訪問を機に、
学移連の皆さんが、シュラスカリーアで、集まり昼食会をしました。
前列左から、山下、和田恵子、芝田夫人、足立(神戸大)、徳力洋子、
後列左から、荒木(山下の友人)、和田、角、徳力、(敬称略)
佐々木さんは、欠席されました。
 徳力ご夫妻(夜行寝台バスで)、サンパウロから(早朝06:00)クリチーバ(バスターミナル)着の予定。
和田さんは、サルバドールでの仕事先から空路、クリチーバ空港(09:23)着。恵子夫人は、ポルト・アレグレから空路、クリチーバ空港(09:00)着。
 クリチーバ空港で、全員が出会う予定だったが、徳力さんの夜行バスが、3時間遅れで到着。
徳力夫妻は、バスターミナル前のホテルで朝食、山下(シイタケ)農場へ直行、合流しました。
写真は、クリチーバ・バスターミナル前に到着した、徳力ご夫妻。ホテルで朝食。
山下(シイタケ)農場で、和田・徳力ご夫妻が、合流した時のスナップです。
農場では、マッシュルームも、栽培しています。
写真が重いので、和田さんにメールします。すみません。

和田: 五味さん お便り有難う。クリチーバの写真は、石田さんが送って呉れた写真の残り後2回(30枚前後)と私が撮った石田さんの写真集と番外の4回位に分けてBLOGに掲載予定ですが、バーチャル座談会の残り後2編?を収録してからに成りそうです。暫くお待ち下さい。
石田さんが沢山写真を送って呉れたので記念に成ります。ポルトアレグレに置ける徳力さんもまだ掲載していません。来週からは、三菱マテリアルブラジル会社初代社長をされた早稲田の先輩杉浦さんご夫妻がポルトアレグレに来られて2週間ほどアトリエ「和み」に滞在されます。杉浦師匠に恵子が三味線を教えて貰う事に成っており楽しい2週間を過ごせるものと期待しています。昨年来、遊びの夏季休暇モードがも元に戻らないようですが、仕事はそこそこで暑い夏を楽しみたいと思っています。写真でBLOGに紹介します。

石田:クリチーバ訪問(和田・徳力ご夫妻)。和田さん  今日は、お疲れ様でした。パラナ州立公園ビリャ・ベーリャ(Vilha Velha)奇岩群の旅、ラクダ岩の前での、スナップです。(左から徳力さん、和田さん、洋子さん、恵子さん)お歳にもかかわらず(失礼)、みんな元気で、良く歩く。長旅の始まりで〜す。 徳力さんは、サンパウロからの夜行バスで、肩こり発生。早速、クリチーバ指圧院で、緊急マッサージ。明日は、クリチーバ山岳鉄道の旅です。長旅が続きます。体調管理を万全に。
尚、このクリチーバ指圧院は、旅の名人(遊び人こと)井ノ口さんも、緊急マッサージされました。
後で聞いた話では、(遊び人さんは)翌日も(こっそり?)マッサージに行かれたとの事。
どんなマッサージだったか? 遊び人さ〜ん、クリチーバ・マッサージのレポート、お願いします。
クリチーバ指圧院・正面での写真は、徳力さんのカメラで撮ったので、添付できません。
和田さん、徳力さんのカメラから、写真アップ、お願いしま〜す。
W40年のファンは(クリチーバ指圧院での徳力さん)、見たいですか…? 
無ければ、指圧院の写真(徳力さん無しで)、撮り直して、添付しますが…。
W40年の皆さん
 コカ・コーラ岩。 どうしてこんな名前が付いたか、判りますか?
 パラナ州立公園ビリャ・ベーリャ(Vilah Velha)奇岩群です。
前田さん
 石田@クリチーバです。和田さんの代わりに、クリチーバでの写真を添付します。
(1)12月29日、早朝ホテルで、朝食(カフェ)する恵子さん、洋子さん。
(2)出発するホテルの玄関でのスナップ。旗は、ブラジル国旗、パラナ州旗、クリチーバ市旗。
(3)車で1時間、目指すパラナ州立公園・ビリャベーリャ奇岩群が、見えてきました。3枚づつ写真添付します。(続く…)

和田:石田さん  本当にお世話になっています。クリチーバのエンタテイナ石田さんのお陰でクリチーバ滞在を楽しんでいます。
今日も朝の7時から夕刻6時まで11時間の山岳列車、VANのバス旅行、楽しんで来ました。
専門家のカメラマンの訓練で被写体が良くカメラに反応し今日も石田さん抜きで結構練習通りの写真が撮れましたので先生に披露します。
明日はまた今年最後の大晦日、石田さん宅で御茶のセレモニーも含めて紅白歌合戦を聞きながら大笑いの年を一緒に過ごさせて貰いたいと思いますので宜しくお願いします。
石田さんの文と写真をBLOGにも残して置きたいと思いますので作業を開始します。その第1弾が下記です。
http://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada2/32061480.html

川越:石田さん、皆さま しゅくこです。4人が手を振って闊歩している写真をみたとたんベン・E・キングの「stand by me」が、突如、頭の中に流れてきました。
そして、一本の長い線路を、等間隔に並んで、画面からこちらに歩いてくる 4人の少年たちの姿も。
上の二つのどこに共通点があるのでしょうか?みなさんの笑顔、カメラワークは素晴らしい

石田: 4人の少年たちの、平均年齢は? およそ72歳位と、思います。不良少年には、なりそうもないです。 いつまでも、お元気でいて下さい。

和田: 4人の平均年齢が72歳?最年長の私がまだ72歳。1月2日に73歳になるのですから平均すると67歳位だと思いますが???

オランダ香織: クリチーバの皆さん コカコーラが飲みたくなるような、岩群ですね。

トルコのカパドキアに行ったことがありますが、風化の加減が良く似ています。

コカコーラの瓶の頭のあたりがぽっきり折れてしまう日が未来のある日に起こりそうですね。今のうちに沢山記念撮影できて良かったですね。

慢心の笑顔のお知らせありがとうございました。暖かそうですね!

こちらは、じとじと雨が多い7度程度の気候です。

和田: 香織さん コメント有難うございます。トルコにも似たような奇岩があるのですね。
ブラジルは、真夏で暖かいなんて云ったものではなくブラジルで一番夏が涼しいクリチーバの町でも暑いです。
今日は、標高950メーターのクリチーバから海岸山脈を山岳列車で駆け下り標高ZEROの港町まで出かけましたがそれはそれは暑かったです。汗がポトポトでした。写真を貼り付けます。

前田: 石田さん 写真は和田さんのものも含めて、すべて鮮明に見られます。
みなさん、思いっきり楽しんでおられるようで、すばらしいです。一年間の苦労も吹っ飛ぶことでしょう。
徳力さんご夫妻には3月にコンゴニアス空港で5時間以上お付き合い頂きました。大変お世話になっております。

石田: クリチーバ訪問(和田・徳力ご夫妻)。前田さん  和田・徳力ご夫妻のクリチーバ訪問の、続きです。
(10)奇岩群は絶壁あり、洞窟ありです。みんな童心に帰り、大はしゃぎ。(勿論ヤラセです。)アハハ…。
(11)帰りは、シャトルバスを待たず、道路を占有し(駐車時まで)走る・走る・走る。(明日も出来るかナ?)
(評判が良ければ、続きます。無ければ、中継を中止します…。)

和田: 石田さん  奇岩群の写真と説明文有難うございます。私の写真は必要なさそうですが、州立公園の植物たちと石田さんが写っている写真を纏めて掲載することにします。時間がなく思うようにFLW出来ませんが、写真は撮っておけば無くなるものではないのでゆっくり作業します。石田さんの写真はこの部分からその3として掲載します。まだ良い写真が残っておれば継続して下さい。我々の楽しい散歩の貴重な記念に成ります。10時ごろにはお宅に押し掛けますので宜しくお願いします。


石田: 前田さん
(12)ポンタ・グロッサ市のシュラスカリーアで、昼食をする事になりました。
(13)午前中は曇り、奇岩群を散策するのに最適、昼食後は、暗雲・大雨になりました。
(14)美味しいフェジョアーダがあり結局、肉は誰も食べなかった。
(15)女性達の方が、食欲旺盛でした。ポンタ・グロッサのフェジョオアーダ、最高です。
(16)徳力ご夫妻、お孫さんのある素敵な、ご夫妻です。良くブラジルまで来てくれました。
(17)和田さんご夫妻、ベラベーリャ奇岩群を楽しんで貰いました。

池田:石田 さん ガイド兼写真屋さんすごい腕前です。 今までに無い楽しい70年代でなくグリザン(GURI = 少年ガウーショ)達です。こんな調子だと和田さん徳力さんまだ20年は確実ですね。


和田:石田さん 写真(17)まで下記BLOGに貼り付けました。全部で62枚あるようですので後5回か6回に分けてBLOGに掲載します。
少しサイズを落とすと回数が減るかも知れませんね。TRYして見ます。
年を取ると感受性、記憶力が薄れますが、石田さんの写真を残しておけば何時でもクリチーバでの感激が蘇ります。本当に有難うございました。
http://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada2/32065360.html
『私たちの40年!!』メーリングリストメンバーの皆さん!! 
2012年も残り6時間になりました。ML盛り上げに協力頂いた方、毎日次々送られて来るメールを読んで頂いた方、我慢してせっせと削除作業を続けながらも継続頂いた方、皆さんにお礼を述べたいと思います。
今年は、パラナ州のクリチーバに来ており紅白歌合戦、除夜の鐘は、石田さんのお宅で聞くことになりますが、多分PCは、繋がると思いますのでライブで日本の皆さんともご一緒に新しい年2013年を迎えることが出来るのではないかと思います。ブラジルの正月は、涼しい筈のクリチーバデモ暑いです。雨になるかも知れません。それで は年末、年始のバーチャル座談会を続けたいと思います。


和田:クリチーバ訪問(和田・徳力ご夫妻)。石田さんが送って呉れた写真を時系列に沿ってこのBLOGに残して置くことにします。
石田さんは、専門のカメラマン宜しく気に入るまでポーズを取らせて撮るのでカメラを向けられると自然に笑顔を作り満面に笑顔が溢れるようになりました。
少しサイズを落とし(640X640)16枚一挙に掲載したので後2回で終了出来そうです。(その7)として私が撮った石田さんのページを作成する積りです。良い記念になりました。


石田: 写真続きです。
(18)クリチーバへ帰り、芝田さん、大山先生と再会。
(19)女性群を、クリスタル・ショッピングに残し、
男性軍は、クリチーバ・マッサージへ行く筈が…。
石田が駐車券を紛失し、ショッピングを出られず往生。
徳力さんが、紛失した駐車券を、探し出して、一件落着か?
この後の写真は、和田さんのカメラにあります。
徳力さんのクリチーバ・マッサージ店頭での写真(徳力さんのカメラにあります)
W40年ファンの皆さん、この直後の写真は、石田カメラに無いです。
お見せできなくて、残念です。
クリチーバ・マッサージのレポートは、徳力@サンパウロさん、
遊び人(井ノ口)@大阪さんにお願いします。アハハ…。
みんな、良かったって、言ってくれます。
(20)結局クリチーバマッサージは、徳力さんだけご体験。
そろそろ夕食、毎日シュラスカリーアも、飽きます。
レストラン大和(ヤマト)日本食と決定。
(21)ヤマト(大和・日本食)日本間でオールメンバー写真。
(22)和田さん、恵子さん。日本食ヤマト(大和)クリチーバでのスナップ。
(23)徳力さん、洋子さん。日本食ヤマト(大和)クリチーバでのスナップ。
(24)和田さんの今日の夕食は、鍋焼きうどんと、
(25)冷酒でした。
(26)恵子さんの夕食は、冷やし中華と、
(27)日本茶でした。
(28)徳力さんの夕食は、焼き魚定食と、
(29)冷酒です。
(30)和田さん、ご夫妻。
(31)徳力さん、ご夫妻。
良いな〜。
(32)今年のクリチーバのクリスマス電飾は、ルミナリエでした。
(33)全く同じ条件で撮った、2枚の写真、どちらが良く撮れているか?判断できません。
未だ写真撮り素人です。中々うまくならないです。アハハ…。

和田: 石田さん 最後の写真2枚の比較ですが、やはり前の晩に研究して来られたと云うバックを明るくする夜間撮影モードの方がベターと思います。
強制発光だけだと前の人だけが明るく後ろのルミナリエは、最後の写真のように明るくは写りません。良い写真を有難う。

前田: 石田さん 和田さん 徳力さん すばらしい年末年始のご報告ありがとうございました。
今年も頑張りましょう!今、日本は寒いです。

和田:グラマードの徳力さんご夫妻(休暇旅行総仕上げ編)  12月28日クリチーバ到着からご一緒させた頂いた徳力さんご夫妻は、昨夜9時2分ポルトアレグレ発のAVIANCA航空のフライトで元気にトレードマークの笑顔(石田さんの演出でより笑顔に磨きが掛った)を残してサンパウロに戻って行かれました。下記は旅行最後の飛行場を発つ徳力さんご夫妻の写真です。
休暇旅行の最後の写真を貼り付けて置きます。我が家のサーラでの出発前の写真です。
朝の九時出発、SONYの佐藤さんをホテルでピックアップして総勢5人でグラマードに出掛けましたが、途中カシアス行きの街道を走り大分大周りになりましたが紫陽花の綺麗なLAGO NEGROに昼前に付き皆で黒い湖を散策。紫陽花を楽しみました。少し時期が過ぎた感じもありましたがまだ見応えのある紫陽花でした。昼は、定番のカフェーコロニアルを楽しみ80種類以上の料理が並びワイン、ジュールの飲み放題私と徳力さんで赤ワイン歩粗、2本平らげ、佐藤さんは白ワインを一人で1本空けました。食後チョコレート工場の見学、買い物、有名なカネイラの石の教会、樹齢700年の大きなパラナ松に表敬後州立公園のカラコールの滝を見学、地獄への道、730段の階段を下りて滝壺へ。。。。続きは次回にして関係写真を貼り付けて置きます。下記はポルトアレグレの街のシンボルガウチョーの前で撮ったものです。

前田: 昨年2月に和田さんと楽しんだルートですね。懐かしいです。レストラン、私は白ワインを1.5本とお土産に1本頂きました。

和田: 前田さん そうでしたね。この同じお店でカフェーコロニアルを楽しみましたね。もう随分前のような気がしますね。時間の過ぎるのが早くなって来ています。

和田: 樹齢700年のパラナ松と地獄の滝壺への階段730段ーカネーラ  徳力さんご夫妻と佐藤さんの5人で出掛けたグラマード、カネーラの旅は、夕刻から大雨に見舞われびっしょ濡れになり大変でしたが、車に戻り暖房を入れて乾かしながら飛行場に直行しました。運転は恵子が一人で担当、なんと9時から9時まで12時間一人でハンドルを握っていました。
写真は、樹齢700年、42メートルの樹高、7.5メートルの円周、直径2.7メートル、120立方メータの木が取れるブラジル発見以前の古木を見学に行きました。30年前に親父と見に行った時も樹齢700年と云っていましたので既に730年にはなるはずですが、その内800年に書き換えるのではないかと思います。
後半は、昔は滝壺まで降りれて川の反対側まで行けて確か924段だった摩の階段が一部川に流され最近では途中で立ち入り禁止になり730段になっている44階建ての高層ビルの高さに相当する滝壺までの階段を何とか降り切り写真を撮っていたら急に雨が降り出し730段を雨に濡れながらゆっくりゆっくり1段づつ上りきる事が出来ました。今回は、恵子が後ろから観察して呉れて無理をせずに雨にもめげず登りきることが出来、これが最後と思わなくて済みました。今年はまだ何度か下りたり登ったりする機会がありそうです。もう何段下りました残り何段ですとの表示と無理をせずに休みながらとか親切な標識がでていました。辿り着いて歩行可能な最下段での記念写真を貼り付けて置きます。

あや子: 和田さん、樹齢730年ですか。和田さんはまだ10分の1ですね。この木を目標にがんばってください。
皆さん最後までいい笑顔で、2013年いいスタートをきりましたね。いっしょに旅行楽しませてもらいました。ありがとうございます。

和田: あや子さん
樹齢730年、滝壺の階段が730段、私がその10分の1の73歳。73に縁があるようですね。大変楽しい年末年始の休暇旅行でした。多分海浜に行くのは、これが最後になりそうです。水にも浸からないし物凄い人手でもう行きたくないです。子供のためには毎年通いましたが年寄りには海浜は向かないと思います。


徳力洋子: 和田好司さま、けい子さま 早いもので、帰宅してから1週間がたってしまいました。
この度(旅)は始めから終わりまで大変大変お世話になり、なんとお礼申してよいかわかりません。
私たちの身勝手から和田さんの旅行に合流させていただき、いろいろなところを見せていただき、すばらしかったのですが、それにも増してたくさんの方々との温かな交流に感動いたしました。これも和田さんのおかげです。
石田さんの「一たす二は!」を思い出すと思わず一人で笑ってしまいます。本当に楽しい旅行でした。
最後の日はけい子さんもお疲れだったでしょうに、お宅に泊めていただき、次の日はグラマードを案内していただき、ほんとうにありがとうございました。
それにしてもあの階段はきつかったですね。家に帰ってからも2,3日ふくらはぎが痛くて大変でした。
年の初めにこんな楽しい旅ができ、今年はすばらしい年になりそうです。けい子さんのEメール、昨年パソコンが雷で壊れたときに失ってしまいましたので、これで失礼いたします。杉浦さんはもうあのアトリエの住人になられたことでしょう。宜しくお伝えください。
サンパウロは今日は冬のような寒さです。またお会いできる日を楽しみにしております。


和田: 徳力 洋子 さま
ご丁寧なお便り有難うございます。
私たちこそ年末、年始の楽しい旅行をさせて頂き感謝しています。
年若い青年たちのピクニックとか、新婚旅行のやり直しと外野の皆さんに冷やかされましたが、石田さんの撮られた写真は記念に成りますね。大事にしたいと思います。グラマードの滝壺への階段、大雨に見舞われての楽しい思い出となりました。
杉浦さんご夫妻は火曜日の午後にポルトアレグレに来られます。また楽しい生活が期待されます。
私たちも通常の生活に戻り、今朝は大相撲の実況放送、八重の桜等を見てこれからアトリエに行き杉浦さん達の受け入れの為の準備をします。ではまたサンパウロでお会いしましょう。



和田:バーチャル座談会は、TPP談議に花が咲き低調でしたが、年末年始の私の休暇旅行記へのコメント、年末年始の皆さんのご挨拶等を集めて多分2-3回に分けて残して置きたいとと思いますが、そろそろ手仕舞とさせて頂きたいと思います。

工藤: 一寸待ってください。私にも一言云わせて下さい。
論客の行く年・来る年はバーチャル座談会は、 外交問題・PP問題は、終始他人の論法(失礼ながら)の受け売り・揚げ足取りの様に思われました。
生意気なながら・・・・私の年始放談は私が尊敬する、グローバルエコノミスト株式会社の丸木社長ならば、外交問題
1)尖閣諸島・竹島などを国際オクションで売り出したと思います。
 問題の多い赤字部門は切り捨てる。その金で成長株の歯舞色丹島を買い付けする。
 三国貿易は痛みが伴いますが・・・・・この方針でスッキリ
2)韓国女性社長対策は、予てからの持論の、三悪(飲み・打つ・買う)追放協定の締結。
 「歴史を直視する」とは根底の従軍慰安婦問題=道義問題の精算、
 韓国人に対して絶対に三悪をさせない・日本人も韓国では絶対に三悪をさせない。相互紳士協定宣言。
 緊急対策の最重要課題として即実践する・・・痛みが伴いますが、この方針で
スッキリ
3)TPP問題は、どんな国作りをするか、日本国家のヴジョン作りにある。
 シンガポールは、微小の第一次・第二次産業しかない消費国家である。これをモデルにする。
 日本は第三次・第四次産業国家態勢に切り替える。
 *観光(温泉)遊園地・豪華客船・新幹線の早期建設。観光産業。
  ・成人には世界の美食と美酒を飲ませる・打たせる・世界の美女達を買わせる、モデルはラスベガス。
・未成年者には遊園地で安全・安心して、昼夜終始、山野・海浜・温泉で遊ばせる、モデルはデズニーランド。
  ・老人には温泉保養と温泉医療・治療の安全安心、桃源郷=極楽浄土国家の建設。
  大多数の観光客を誘致する時は、豪華スリーB(ベット・バス・ブッレク フワスト)の確立。
  食料供給生産問題(和・洋・中華・山海の珍味)が最重要である。
  観光客に比例して、安全な飲み食い食品(農業生産)・みやげ産業は驚異的に繁栄する。
  この外交・TPP方針が確立することにより、安心・安全国家の建国が可能であろう。
 安倍内閣に期待します。論客諸氏のご批判・討論・論戦をご期待申し上げます。
 生意気な文面悪しからず。  



アクセス数 4561515 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.2039 segundos.