HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




第28回バーチャル座談会『新春放談、行く年来る年2014/2015』(その6)
(その6)は、2015年に入ってからの正月の出来事です。今年は、久し振りにサンパウロの文化協会主催の新年会に砂古さんが蝶ネクタイで出席されマリコさん、徳力さんとご一緒に写真を送って呉れていますので今回は、これを使わせて頂く事にしました。松村さん、五十嵐さんも出席しておられたとの事で賑わったようです。
77歳で現役に復帰され新しくアトム電器チエーン泉南岬店、店長として起業され『岸和田健老大学』に100歳まで在学、世界放浪を120各国に設定されて今後の残りの人生を謳歌すると賀状に宣言された井ノ口宏さんの心意気が清々しいです。第28回バーチャル座談会は、その7、その8で終了する事に成りそうです。1月10日(土)に一応皆さんのご発言受付を終了しており出来るだけ早く残りの部分をホームページに収録したいと思います。


徳力: 丸木さま いよいよ人間になるお年を迎えられましたね。
おめでとう御座います。80-85クラスで世界新を出されんことを祈念します。
よくも付けたり「世快人」、丸木さんにぴったりの冠詞です。
また80歳の誕生祝いに最高のタイミング。
ますます世界を駆け巡り、快気炎をぶとばして、すべてを煙にまいてください。
2月21日の叙情歌(?)の会にはどれほど純情か見に行きます。

丸木で〜す  怪人二十面相呼ばわりされなくて良かったです。
痔切る博士の発明の執筆が順調に進んでます。
サンパウロでの再会を楽しみにしてます、日本会議のお話をお聞かせ下さい。

三宅:新年明けましておめでとうございます。
昨年中はいろいろお世話になりました。 感謝申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
”身の丈の神のお恵み初明かり” 昭子
”初明かり全ての人に幸いを” 昭子

和田: 三宅 昭子 さん 着伯53年目を迎えますが、アマゾンに入植、トメアス移住地でずっと頑張って来られた昭子さんに敬意を表します。あるぜんちな丸第12次航の新聞斑でガリ版刷りの船内新聞『さくら』の毎日の発行を手伝って貰っていたのが昨日のように思われます。トメアス移住地に半世紀、色々の事を経験しながら生きて来られた昭子さんは、トメアスの生き字引、敬虔な神への祈りと作句で平穏な生活を送っておられる昭子さんにも『思いつくまま』のトメアスの歴史を書いて貰いたいです。
トメアスのインタネット環境が良く成って来ていると思いますのでMLに再登録して置きますので何か書かれたら投稿して下さい。
2015年も平穏な良き年となるようにお祈りしております。

松川:皆様、新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくご指導ください。
昨年末は12月29日に尿管結石症を発症し、救急車で病院に担ぎ込まれました。噂には聞いていましたが想像以上の激痛に襲われたのと、まだ42歳で発症したことに日頃の健康管理の大切さが骨身に染み、非常に情けない思いをしました。今年は健康第一、節制に努める所存です。
皆様にとって素晴らしい一年になりますように。

小川: 和田 様 メールで失礼します。
旧年2014年は私にとって忘れられない一年になりました。春に和田様と出会い、夏には日本祭りの貴重なステージで歌う機会をいただき身に余る光栄でした。
私のほうは9月に念願のブラジル、ポルトガル語の研修部門を立ち上げました。
2015年は、仕事も相まって三月と八月にブラジルを訪ねます。いずれも2〜3週間と短い期間ですが、事件は原爆で起きている!をモットーに公私ともに頑張りたいと思います。
今年もよろしくお願いします。
株式会社漢和塾 BrAsia事業部

和田: 小川さん 小川さんにとっては昨年は、実り多い年だったようですね。今年も昨年以上に良い年になりそうですね。8月の15日、16日の日本祭りに又参加して頂けるとの事で地元の皆さんが楽しみにしているようです。宜しく頼みます。昨年9月に立ち上げられたブラジルポルトガル語研修部門が軌道に乗ると良いですね。日伯を繋ぐBRASIAの発展を祈念しています。真っ向から取り組む小川さんのMLへの投稿も楽しみにしています。今年もどうぞ宜しく、、、

小川: 日本祭りは許されるなら是非ステージを務めたいと思います。ボサノバ風の曲も用意しないととチャレンジ中です。三月後半、サンパウロ、ベロオリゾンチ、ポルトアレグレやクリチーバに行くつもりで調整中です。

マリコ: 和田さん はい。大いにサンパウロでの大晦日とお正月を楽しんでいます。
昨日は、文協での新年祝賀会に参加させていただき、多くの方々にご挨拶、お話をさせていただきました。
気軽く声をかけてくださる皆様の温かさに触れ本当に幸せでした。
和田さんが大切に運営されているW50年の砂古さんや、徳力さん、松村さんにもお声がけいただき、「縁」を結んでくださった和田さんに感謝しておりました。
やはり日系社会の重鎮が会して集まる会には素晴らしさを感じます。
皆様が口々に言われる『新年あけましておめでとうございます』
『今年もよろしくお願いします』という言葉を耳にしますと、
『日本』を感じ、そして、新年を寿ぐ『一月一日』を皆で大きな声で歌い、その後、お雑煮を食されている姿を拝見しますと、『本当に日本が残っているのね』と遠く離れたもう一つの日本に感動していました。プロミッソンの安永忠邦お爺ちゃまは今でも『教育勅語』を新年には読まれるとか…。
ここブラジルに来る前に被災地の方々にブラジルの年の瀬、新年を体験し、また皆様に報告に帰ってきますねと話してきましたが、良いお土産話ができました。
ただ、一つ大変だったのは大晦日の花火を見るためにベランダに出た私の足や腕が蚊の餌食になったことです。15箇所から血を吸われたらしく、日本から持参したムヒが大活躍しています。
跡が残ると嫌なので痒くても掻かないでいる我慢大会を新年早々行わなければならないとは………..(苦笑)
それにしましても、いつもなら寒い日本でお正月を迎える私にとって、日本での夏の風物詩である『花火』を見ながら、蚊に刺されながら、そして、心の中では新年をともに過ごさずブラジルに来させてくれた日本に残った母に『ありがとう』と呟きながら、大好きなブラジルで新しい年を迎えることが出来きましたことに、今年一年の大きな「愛と夢」「希望と勇気」を与えられたようで、とても嬉しく大きな喜びを感じています。パウリスタ、フォルタレーザ、ブラジリア、リオ、サントス、フロリアノポリス…と一度は行かせていただいたところでの花火!!!
最高でした。23日にカシアスでRobelto CarlosのショーをTVで見ることもできましたし…
本当に最高! 最高!! 最高!!!

和田:マリコさん 2015年も張り切っていますね。蚊に悩まされているそうですが、それがブラジルです。直ぐに慣れるでしょう。皆さんがマリコさんからのお便りを貰うと喜ばれるでしょう。これからも時間を見つけて書き続けて下さい。
私は、大晦日は寝たのが3時、正月は起きたのが10時。将に寝正月でした。今日は、何とか通常に戻りました。毎日が日曜日なような気がしています。

マリコ: 和田さん、応援ありがとうございます。
蚊に悩まされているそうですが、それがブラジルです。
そうでしたか…….12年目にしてブラジルの洗礼を受けているのですね。
昨日も新年祝賀会のあと、知人宅で新年会があるのでいきましょうと誘っていただき行ってきましたが、邸宅の周りには大きな木、木、木…..自然の風を家に入れているそのお家では窓も扉も開けっぱなし… 夜ともなると蚊、蚊、蚊...情けないことに虫の嫌いな私、ドキドキしっぱなしでした。
でも、たくさんの子供たちはたくましい!!! 虫なんてなんのそのという感じで、走り回っていました。なんと8ヶ月の赤ちゃんはオムツ一つでスヤスヤ眠っていました。
う〜ん、今の試練に耐えなくては,...なんて大袈裟ですよね。
色々な場所でお聞きする先人の皆々様が経験された計り知れない苦労に比べたら… いえ比べてはいけませんよね。蚊ごときに負けては入られません。強くならなくっちゃ!!!。
でも、痒いよ〜〜〜です。我慢の2文字で頑張ります。はい。

駒形:蚊に悩まされているそうですが、サンパウロのどんなところにお泊りなのでしょう?
私は永年サンパウロに住んでいますが、蚊に悩まされたことは殆どありません。
{夜寝てから1匹か2匹がブーンと飛んでくるのがうるさい、程度ですが。)ですからサンパウロでは普通の家には蚊帳とか蚊取り線香はないと思います。{エアコンの無い家も多数だと思いますが)
私のブラジルについての印象は蚊も蠅もいないところだなーですが。
普通は蚊の発生する水や蠅の発生するごみなどがないからでないでしょうか?

マリコ: このメールは駒形さんでしょうか?お名前がないので書き込みに迷っていましたが...、
蚊騒動でお騒がせしてすみません。駒形さんは蚊にもハエにも悩まされたことがないと言うのはかなり環境の良いところでお住まいなのですね。それは本当に幸せなことと思います。私はいろいろなブラジルを見せていただいていますが、最近、日本では殆ど見かけないハエがあらゆる地区にたくさんいることに驚きました。そして、それらを全くと言っていいほど気にしない皆様にも驚きました。子供の頃を思い出しますと、ハエ取り紙が家の中に吊るしてあって… ハエたたきがあって… 食卓には簡易の蚊帳があって…
蚊取り線香があって... 夜眠るときは大きな蚊帳の中で眠って…と、蚊やハエとの戦いだった記憶があります。でも、今はほとんど見かけません。
私はサンパウロのかなり良いとされる住居区の友人のアパートに居候していますが、どのような家やアパートにも雨水の流れる場所があり、この暑い時期にどうしても発生するものと思っています。また、どこに行っても大きな木々が木陰を作ってくれています。
そこには必ず蚊たるものが存在し、美味しい(?)血を虎視眈々と狙っているような…。
いろいろな方の足や腕を拝見するとポチッと赤い跡、跡、跡が…その都度、あ〜この人も蚊に刺されちゃったのね...なんて一人納得しています。でも、長年のブラジル生活の中で蚊にもハエにも出会うことのなかった駒形さん。本当に羨ましいです。もう時すでに遅しですが、あやかれたらよかったのですが…ご心配おかけしました。書き込みをありがとうございました。

駒形:中平様 途中にお邪魔してすみません。
1.私も蚊の多いHOTELに泊まったことはあります。FLORIANOPOLISの海岸べりのHOTELは相当良いリゾートホテルでしたが、蚊 が沢山居ました。{但し、ホテルには網戸がついていました)
でもサンパウロで普通の方と話して、蚊のことで話題になったことはありません。(それであまり問題ないのだろうと推定するわけです。)
蚊はデング熱やマラリヤなどを媒介しますから、誰でも刺されるのを気にします。市役所でも水たまりなど置かないように指導していますね。多分、サ ンパウロは勾配{高低差)があるので、水はけがよく、蚊が発生する地区が少ないのでないでしょうか? ( 低湿地とか、藪地は別でしょうが。)
2.蠅も居ないわけではありません。でも市内の普通の場所、食堂などでは殆ど見かけませんね。中平さんが出演された日本祭りなどでも食堂が出てい ましたが、蠅が問題になったことはないように思います。
3.いずれにしてもブラジルにも蠅も蚊も沢山いますが、場所によるのでないでしょうか? 私の言い方が悪かったらお詫びします。
(なお、私の家の近くには樹木が沢山あります。草もありますが、大抵のところは床はセラミック、コンクリートで水やごみは溜まらないようです。)
# 中平様のお歌は何時も感心して聞かして頂いております。 MAIL頂いて感激しております。 # 中平様のお歌は何時も感心して聞かして頂いております。 
MAIL頂いて感激しております。

マリコ: 駒形様 早々のお返事をありがとうございます。
お邪魔などと、とんでもありません。こちらの方こそ、メールをいただき感謝しております。また、歌を応援してくださりありがとうございます。
もし宜しかったら中平ではなくどうぞ今後はマリコで結構です。
私も様々なホテルに泊めていただきますが、蚊や蠅だけではなく、いろいろな虫君たちに出会います。その都度、びっくりしたり困ったり…
何しろ無類の虫嫌いですので困ったものです。
サンパウロで普通の方と話して、蚊のことで話題になったことはありません。言われてみますと、本当にそうですね。一度、こんなことを言われたことがあります。『マリコさんはまだ免疫が出来ていないから刺されやすいのよ。刺されることに慣れれば、もう全然大丈夫よ!!!』と、その時に『へぇ〜そうゆうものなのね』と思いましたが、弱虫マリコで困ったものです。
でも、昨年日本で新宿公園や代々木公園で蚊が媒介の伝染病(名前は忘れましたが)が、ずいぶん流行したと思います。マラソンやお散歩が出来ないと報道されていました。
その時に水たまりなど置かないようと、注意喚起されていたことを思い出します。
蠅が問題になったことはないように思います。はい。そのことはいつも不思議に思っています。
日本だったら大変なことになりそうな気がします。いつも母とそのことは話していました。
私の言い方が悪かったら...とんでもありません。もし、私の返信メールにお気を悪くされましたらお許しくださいね。
2015年が、駒形さんにとりまして、益々、健康で幸多い年となりますように…。心より祈念いたしております。どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。

砂子: サンパウロ文協の新年祝賀会に参加しました。皆さん、サンパウロ文協の新年祝賀会は、何年振りかでしたがなかなか盛大でした。新設の空調も効いて快適でした。               マリコさんと徳力さんにも会いました。3人の寫眞を添付します。
あとで五十嵐さんにも、会いました。歌の会は4時ごろ終わる
のが通例だそうです。僕は、4時ちょっと前に、ベントウハウスに到着するようにしましょう。

和田:  砂古さんご自分で締めたと云う蝶ネクタイ似合いますね。私は締めた事は有りません。文協の新年会で徳力さん、マリコ、五十嵐さんとお会いしたとの事、写真有難う御座います。下記BLOGに掲載して置きました。2月21日には丸木さんを迎えてのoff会、参加出来ないのが残念です。大いに盛り上がって下さい。ベントウハウスには一度私も行ってみます。

マリコ:砂古さん、徳力さん、松村さん、和田さん、久しぶりに結ばれた蝶ネクタイ...とても素敵でした。
若々しいお姿につい見間違え、声をかけそびれてしまいご挨拶が遅くなり失礼をしました。
ほとんどの殿方はダークスーツにワイシャツ、ネクタイでしたので、砂古さんのお姿は皆様の心に印象深く残ったのではないでしょうか?多くの方々がともに祝う2015年。
『日本ブラジル修交12周年』の幕開けは素晴らしいものになりましたね。
その中で、このW50年の砂古さん、徳力さん、松村さんとお目にかかれましたことはとても嬉しかったです。
写真まで一緒に撮っていただき幸せです。
そして、久しぶりに五十嵐会長ともお話しすることができ嬉しかったです。和田さんに頂戴した多くの「ご縁」…本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
和田さん、砂古さん、徳力さん、松村さん、幸せなひと時をありがとうございます。

斉藤: 砂古さん,まりこさん 徳力さん。50年の皆様あけましておめでとうございます、すばらしい写真ありがとう、皆さんすがすがしい笑顔。丸木さん夫妻に負けない 2015の笑顔 ナイアガラ郊外 

マリコ: 斎藤さん あけましておめでとうございます。そちらは今、寒い寒い時期ですよね。
あたり一面の真っ白な雪に今年一年の思いを馳せながら素晴らしい年をお迎えのことと思います。
今年もサンパウロの日本祭りの時期にはブラジルに来られますか?是非またお目にかかりたいです。
新しいCDも出来上がっていますよ…なんてちゃっかり厚かましく宣伝しちゃいましたね。
CDはさておき、お目にかかれますことを楽しみにしております。

斎藤: まりこさん おめでとうございます、ブラジルで年末年始を楽しんでおられて羨ましいです。
新しいCDほしいです4月上旬日本でお会いしたいです1~7日の都合をお知らせください.神戸は何時でしょうか?日にちが合えば追っかけしますよ? 当地は雪のない年末年始です。

丸木で〜す 真夜中まで踊って脚が棒のようになってしまいました。ブラジルでは夜通し踊っても平気でしたが寄る年並には勝てませんわ。
元旦早々寝正月になり、今日明日放映される「遠い祖国」ブラジル日系人抗争の真実」を観ました。未だ前半を観ただけですが、日露戦争の脇山大佐とはレシーフェで日本民芸品店「倭冦」をやってた脇山兄弟の先祖でしょうか?

砂古: 丸木さ〜ん、僕も県人会旅行の宿泊ホテルで、2・3年まえ踊りすぎて、夜中に脚が攣って攣って困り、以来踊りません。毎週自宅に、体調調整士に来て貰うようになって半年で、3・4日おきに自己調整運動もしております。
もうサンパウロに40年以上いると思う、脇山兄弟の兄の方に昨日の祝賀会で会ったばかりでした。今電話したら、退役の脇山大佐は遠縁だそうで、一族には南米銀行の役員もいたし、現存の脇山会計事務所も同族との事です。
レシーフェにそのまま留まった弟は グループ旅行した Rio Quente の温泉で心臓発作かと思われる事故死と申しています。
外山脩の「百年の水流」によれば、4人の男の訪問を受け、勧告状を丁寧に読み終わった大佐は、勧める自決に対し、「そんな気力はないヨ」と返事、北村が「じゃ、御免」と、断り発砲した、と証言する4人の一人、日高さんも引き金をひいた。 軽く目礼、立ち去ろうとして大佐が胸に手を当てもがいているのを見て、苦しめてはいかんと、更に一発、とあります。

丸木で〜す やっぱりそうでしたか。たしか、保険の仕事されてると聞き及びます。脇山さん兄弟も僕にとっては恩人の一人です。レシーフェに出張中のブラジル日商社長の小宮山さんを紹介してくださり、ボーリング場やボワッチ「マドゥルガーダ」に連れて行ってくださり、その時に小宮山さんから日商で東芝メディカル製品を取り扱いたいからリオに戻りなさいと云ってくださり、ようやくリオに戻れたのでした。その後の事実は「繁田一家の残党」に書いた通りです。ベルギー系の会社に勤務されてたエンジェネイロの弟さん亡くなられましたか。1968年当時、倭冦の裏で小さなパステラリア「東京ランシ」をされてた松本夫人が現在レシーフェの一等地に三軒のレスタウランテを経営されてます。ブラジルに行くと毎年、食べに行きますが大繁盛してます。脇山大佐暗殺団の画面を立った今観ました。

井ノ口: 私は、1938年生まれで、40年間電機業界で勤務し62歳リタイアまでを第一の人生とすれば今77歳までの15年間ASOBININ(unemployed)で好きなことをして、第2の人生を過ごしてまいりました。またリタイア時に生涯:海外100ヶ国放浪宣言 したのですが、昨年7月アイルランド行きで達成できました。健康に感謝・感謝です。 今年からの第3の人生はSHIGOTONINに復帰し且つKKD(岸和 田健老大学)に100歳まで在学すると決意しました。 50歳頃に当時の暴飲暴食・全くの運動不足・仕事でのストレスなどで 血糖値500・Ha1c:12.7の 強度の糖尿病で1ヶ月x2回大阪警察病院に教育入院した経験ありますが、リタイア後今日まで糖尿病認定医の先生に月1回健康チェックしてもらい 食事に気を付け出来るだけ運動するようにして来ましたが、72歳でKKDに入学でき、「きょうよう」今日用がある・「きょういく」今日行く所がある。 のレベルが極度にUpし毎年1歳若返ってると実感してます。(実年齢は77歳・実感年齢67歳・体組成 計の体内年齢61歳です) 
 KKDに入学した年に30年以上在学し100才で卒業された大先輩の卒業式に立ち会えましたが、在学生は高齢者ですが皆さん明るく元気で自治会の役員さん各クラブの先生・世話役の方も非常に親切で、90歳以上の元気な先輩からも元気がもらえて、この大学に入学できた事にも感謝・感謝です。
過去に卒業された方も卒業時に感謝のお礼と寄付された方も多いと聞いています。
KKDのHp ⇒ www.tvk.zaq.ne.jp/kenrou/">http://www.tvk.zaq.ne.jp/kenrou/
高齢者がみんな元気になれば、本人はもちろん家族も幸せであり「きょうよう」「きょういく」レベルが上がりどんどん外出してお金をつかってもらう⇒ デフレ改善に貢献どんどん外出して足腰きたえ健康増進 ⇒ 医療財政大きく改善私は高齢者が元気になる責務・国民的義務があると考え、全国にKKDをモデ ルにした大学を官民協力して開校すべきと言い続けます。
また高齢者健康増進推進法(案)なるものを作成して各政党に提言する予定です (国の医療システムはキューバが世界No.1と思っています。)
なをSHIGOTONINになることは2ヶ月前までは夢にも思いつきませんでしたが最近2人の方と出会いがありました。
 KKDの授業で「老年行動学入門」大阪大学人間科学研究科:権藤先生のお話全国多くの100歳以上の元気な人に面談した結果・皆さん90歳前後の年まで何かの仕事をされていた。また精神的・肉体的に健康でありたい、生きてるうちに誰 かに何かの役に立つとか少しでも社会貢献したい本能がある。
 もう一人は私の勤務していた会社の中央研究所に若い時勤務され、現在 「ガイアの夜明け」「ルソンの壺」「BS-TBSグローバルナビ」などのTV番組で出演されている井坂さんに新大阪近くのビジネスセンター偶然出会いました。{ごあいさつ}
全国で30年前に は約70000店あった地域電器店は現在30000店以下になり、電気製品は大半価格の安い家電量販店・スーパー・ホームセンターで購入されています。このような状況下で電球1個の取り替えても来てくれて家電量販店並みの価格で売れる地域の便利電気店のチエーンシステムを25年前に構築され現在北海道から沖縄まで870店のアトム電器チエーンの井坂社長に出会い40年間電機業界で勤務した経験からこのチエーンシステムの素晴らしさに感動共鳴し、2015年1月吉日にショップレスでアトム電器チエーン 泉南岬店 としてオープンしました。    
量販店の長所(全メーカー取り扱い・価格が安い)+ 地 域店の長所(小回りきいて便利店) ⇒ アトム電器チェーン ・・・ 21世紀型電器店
「生活提案」不便を便利にする提案・不快を快適に する提案・不満を満足にする提案・不安を安心にする提案・省エネの提案・パソコン活用の提案の出来る地域の電気店として頑張りますので、どうか宜しくお願い申し上げます。

和田: 井ノ口 さん 今年2015年は大変な記念すべき年となるようですね。≪遊び人≫は、世界100カ国を巡り渡り卒業し又現役復帰と云うか≪仕事人≫にカムバック新しい事業に挑戦し100歳までKKD(岸和田健老大学)で勉学に勤しまれるとの事、ご立派です。第3の人生が効多いものと成るように頑張って下さい。何時までFLW出来るか自信はないですが応援しまます。
下記BLOGに賀状と共に掲載して置きました。
http://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada/47962343.html

井ノ口: 和田 さま ありがとうございます
今後共よろしくご指導おねがいします。
BLOGにも賀状と共に掲載して頂き光栄です。ThankYou

丸木で〜す  偉い!遊び人とは何やねんと思ってましたが、復職するばかりか学校に入り直して百歳まで勉強されるとは、感服の至りです。
2004年にここトロントで語学学校に通い、孫の様な生徒と机を並べて英語の勉強されてましたので、立派な人やなぁ思ってました。
岸和田健老大学には僕の大学同級生で日経消費経済研究所理事長やクイック日経ニューヨーク所長してた中谷勉君が講師してる筈です。
サンヨー中研の井坂さんのお宅に中学生の頃、数学を習いに通ったことがあります。神戸一中、三高、京大卒の秀才兄弟の一人でした。
カナダの大学ではシニアーは学費免除されますので、家内も退職の手続が一段落したら念願の建築学かインテリアデザインを勉強すると云ってます。

和田:77歳で起業、現役に戻り、岸和田健老大学に100歳まで在学、世界放浪120各国に軌道修正し残りの30年?を生き抜こうとの井ノ口さんには脱帽ですね。丸木さんの奥さまもカナダの学費免除の大学で建築学かインテリアデザインを勉強されるとの事、頑張るようにお伝え下さい。



アクセス数 4475402 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1327 segundos.