HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




第29回バーチャル座談会『新春放談、行く年来る年2015/2016』(その3)
バチャル座談会その3は、しゅくこさんの『ヨセミテ日記』談議の続きです。多くの皆さんを魅了した書き込みに対するコメントにしゅくこさん自身が丁寧に写真を付けて返信しておられそれが次のコメントに繋がると云う連鎖反応を起こしバーチャル座談会を盛り上げています。単なる年末年始の挨拶文だけでなし皆さんを引き込んだしゅくこさんのアメリカ里帰り記は、まさに50年!!の文学賞に値する読み物だったと云えそうです。残りの字数は、皆さんの年末年始のご挨拶を使わせて貰いました。
しゅくこさんが送って呉れた写真は沢山あるのですが、矢張りヨセミテの写真をお借りして掲載して置くことにしました。


しゅくこ: 丸木さん & 伊豆山さん & 50年のみなさま わたしの書いた拙文をよんでくださる方は、まったく気にしていなかったのですが新旧の友人、知人、あわせて90%女性です。
50年に入れていただくまで、私の人生において男女の違いについて考えたことがありませんでした。
でもこのblogに送らせていただくようになって、反応してくださるのはほとんど男性だときづきました。
皆様の書き込みを読んでいて、すこしずつわかってきました。
なんて私の視野がせまかったんだろって・・・。
とくに、政治、経済、社会、などなど、、。
それに気がついただけでも新発見です。
ところで1973年にジョージ・ルーカスが監督した「アメリカン・グラフィティ」をごらんになりましたか?
これは1962年のカリフォルニアの若者を舞台にした世界的大ヒットの作品で、私はその響きが気に入って頂戴し、恥ずかしながらその中に「青春」を入れただけのことなんです。
グラフィティは落書きであることは知っていましたが、長い間、ラにアクセントをつけてました。フィにアクセントがあることをを知ったのはつい数年前です。
新しい年が皆様にとっても、新しい発見の年でありますように、乾杯!!

丸木で〜す 富田さんの小話やないけど、その逆さ文字にMAKE LOVEも加えたいですね。おあとがよろしいようで。皆さん、良いお年を
ラブ & ピース

伊豆山:しゅくこさん、皆さん 戦後、女性向け週刊誌は世間から低俗の批判を受け、月間売上も精々2−30万でしたが、光文社の『女性自身』が、当時、絶対超えられないと云われた月間百万部を悠に超え、一時期2百万部にも達したことがありました。この偉業を仕遂げた編集長が僕の母方の従弟で、光文社定年退職にあたり、未出版の自己回想録を書き、僕にも2部プレゼントしてくれました。
彼が、回想録にてベストセラーの秘訣第一に挙げたのが、読者の知的好奇心を満足させること。読者に読後、一つでも、新たな知識を得た満足感を与えることでした。 ううん、確かに、、。
W50の皆さんには豊富な体験があります。その、ほんの一分でも、貰えることは僕にとっては大変有難いことです。ましてや、しゅくこさんの体験談は女性でない我々には絶対に出来ないから、なおさら価値が高くなります。物理的環境は男性女性に関係なく、世界中何処も同じでしょうが、人間関係が入ると周囲の反応は、男女の差で自ずから異なって来るのは当然のことでしょう。丸木さんからは、お色気話が足りないとのクレームがありますが、僕は今のままで十分。『お色気、あればよし、なくてもよし』と思っています。
我々プロの物書きではないのだから、自身全部をさらけ出す必要など毛頭ありません。
それに未知であればあるほど、彼女のハンドバッグの中を覗くスリルは大きくなると云う面もあるのですから、、。ちょっと言い過ぎかな? まあいいか、、、。

丸木で〜す 大学同級の藤本義一は雑誌名「女性自身」のネーミングでヒットしたと云ってました、
垢抜けした編集は他誌に較べ群を抜いてました。たしかに何かを連想させるネーミングは秀逸でした。
日本に赴任した際に、伊豆山さんも横浜オフ会で同席された沢田さんの奥さんが家内が日本で最初に知り合ったブラジル人で、彼女に紹介されて参加した「フォリン ワイフス クラブ」外人妻クラブ?で週刊現代編集長が居ました。なんでも、ケネディー大統領暗殺の現場に居合わせたアメリカの女性ジャーナリストとダラスで知り合い結婚し、他誌を出し抜いた記事でスクープ賞を受賞し編集長にまで昇進したとか。女性自身とか週間現代とかは今でもあるのでしょうか
「繁田一家の残党」にも書きましたが、アメリカが泥沼のベトナム戦争から抜け出せず社会が疲弊してた頃に、ニューヨークの街は落書きだらけで文字通りの暗黒街でした。電車も車内車外至る所に落書きされ眼も当てられない状況でした。川崎重工が落書きの出来ない材質の地下鉄を納入し、警視総監のルドルフ ジュリアーニが市長になって見違える様な街に生まれ変わりました。サンパウロの落書きは、かつてのニューヨークに似てますが、所々では芸術に値する作品があります。僕に云わせれば歌麿より腕のいい画伯ですよ、しゅくこさんがサンパウロを歩けば面白いエッセーが出来上がるでしょうね

しゅくこ: 丸木さん & 伊豆山さん & 和田さん 50年のみなさま
年の瀬も押し詰まり、明日はいよいよ015年の最後の一日になりました。
カナダやブラジルでは師走という言葉があるのでしょうか。
日本はいま、どこに行っても大勢の人々が買い物や旅行なんかでせわしなくにぎわっています。
そんな中、わたしは「The Farewell Party( 邦題 「ハピーエンドの選び方」)というイスラエルの映画を観てきました。
死をユニークな観点からとらえたこの作品は評価が高かったのですが、私の好みにはあっていませんでした。
そのあと、「ヨセミテ日記」を読んでくれた友人と文学談義(?)を二時間熱く語り合いました。起承転結が甘い、もう一度組み立てなおすように、など、他にも徹底した厳しい意見が盛りだくさんでした。
でもこんなことをこの年末のあわただしさをそっちのけで語り会える友人がいるということにとても充実感を味わっています。
帰宅後PCを開けると丸木さん、伊豆山さんからのコメントが入っていて、またまた嬉しく何度も拝読いたしました。ありがとうございました。🎶 ♬
来年からと言わず、明日からまた元気にスタートします。
和田さん、今年もいろいろお世話さまでした。たのしい洲本の日々も忘れられません。どうぞよい新年をお迎えくださいますように。
PS:写真は落書きのないきれいなBARTの駅ですが、ちょっと驚いたのは
だれもがスマホに夢中の駅風景でした。日本だけではないんですね
サンパウロの駅の落書きをはじめ、世界の落書きを見てまわる旅をしたくなりました。

伊豆山: しゅくこさん 文学談義が出来るお友達を持っていらっしゃる、、。 羨ましい。!
古(いにしえ)の文明は人々こ交流点、交通の要所に発生、ギリシャの学問も、
フランスの芸術も人々が競い合って開花したと云います。共に切磋琢磨出来るお友達がいてこそ、ご自分の能力を伸ばすことが出来るのでしょうね。

丸木で〜す 同感です。今回のサンパウロ行きで真っ先に広橋さんと会いたいのは、全く同じ理由です。
船戸与一が亡くなり、ブラジルをテーマにした物語が少なくなってから広橋さんの小説をこの和田さんのMLで読み、何がなんでも直接会って話し合いたく思った次第です。
それから、はっきりさせておきたいのは英文のカラー写真の文言に加筆して欲しいと書いたので、しゅくこさんの文面に色気を加えろと言ったのでは御座いません、為念。

伊豆山: 丸木さん それは大変失礼を致しました。僕の読解力不足のなせる業です。悪しからず。
丸木さんのパワーは凄い! 2016年は丸木さんを見習う年としたいものです。もう一年、お互いに元気一杯で行きましょう。

丸木で〜す 一世を風靡された編集者なら会わない手はないですよ、それも身近な親戚でしたら生きてる内に手の内を伝授して貰う可能性すらありますね。皇太子妃が決まった際に、日本企業のニューヨーク駐在員が失恋自殺されたスクープの雑誌はどこでしたっけ?1958年の事でした

前田: 「ヨセミテ日記」を興味深々で拝読いたしました。
氷河時代が造ったヨセミテの大自然と歴史、53年前から続いている
しゅくこさんのステイ先との交流が、人間愛に溢れた表現で見事に描かれていると思います。
しゅくこさんの今回のヨセミテ再訪のお話で、私はgoogle earthで25年ぶりくらいにヨセミテを再訪致しました。
ヨセミテの場合はランドサットの映像を使っていますので、驚くほどきれいな情景が映し出されます。
皆様も是非google earth でヨセミテを散策してください。
ハーフドームを中心に見物されることをお勧めします。
大変ありがとうございました。2015年の「50年」文学賞・・・。

しゅくこ: 前田さ〜ん & 50 年のみなさま 「ヨセミテ日記」に前田文学賞をいただきありがとうございました。
うまれてはじめての賞です!!
もしかして、これから読んでやろうという方がいらっしゃったら、・という願いをこめて、
ここでくどいですがもういちど、登場人物の紹介をいれさせていただきたいと思います。
( 説明をいれなくてはならないのは、情けない話ですが、すみません)
ところで、Google earthでわたしももう一度、ハーフドームやミラーレイクを
散策しました。なんどみてもドキドキしますね。
カリフォルニアのヨセミテにも行きましたが、ゴールドラッシュ時代の歴史地区、コロンビアにも金塊を堀りに行きます、とブログに書きこんだところ、前田さんから、カリフォルニアにはもう金はない、ナニフォルニア?」とレスいただきましたね。あれは笑いました。金塊はなかなか時間がなくて掘れませんでしたが、探して歩いたあたりの写真を下記にはりつけます。
小石をここで拾って帰りました。 来る年もよろしくお願いいたしま〜す。

和田:さようなら2015年! こんにちわ2016年! 泣いても笑っても今日1日で今年も終わりですね。今年も色々ありましたが、50年!!の皆さんには、お付き合い頂き感謝しています。来る年も宜しくお付き合い下さい。
日本との時差12時間(正常時)は、普段余り気にならないですが、大晦日の今日は、大きな違いを感じます。
年越しの恒例の番組が朝の8時15分(日本時間19時15分)から始まって居り眠気眼をこすりながら見ています。黒柳徹子が3度目の司会で頑張っているようです。若いアイドル歌手は、殆ど知らないのですが。。。実況放送とまた夜にもやるようですので2度見ることになりそうです。
皆さんの年末、年始の過ごし方等、一言づつでもご発言頂けると嬉しいです。

広橋: 2015年お世話になりました、楽しく過ごせました。2016年もよろしくお願いします。
皆様に良いお年になりますように。
医療関係のメンテナンスは休みがありません。今日も出社です。
紅白が夜に再放送されると聞き安心しました。

和田:広橋さんは、大晦日の今日もお仕事ですか?大変ですね。夜は、ゆっくり紅白歌合戦でも聞きながらのんびりして下さい。やはり午前中の紅白歌合戦には違和感を感じます。そろそろ歩き納めに出ることにします。来年もしっせと歩きたいと思っています。
良いお年をお迎え下さい。

丸木で〜す 大学卒業と同時に入社した僕の出身母体の会社が投資ファンドに売り飛ばされ消えて無くなるとは、僕にとっては良い年であった筈の年の暮れの暗いニュースです。先月のニュースでは、母校の大阪府立大学も廃校になって、現在の在学生は大阪市立大学に吸収合併されるとか。ダブルパンチをくらった感じで、自棄酒飲んでます。
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLZO95678210Q5A231C1TJC000/

和田: 丸木さん 自棄酒はないでしょう。時代の趨勢です。
合併する母校の名前は、大阪都立大学に成るのではないですか?私が通った山手小学校、生田中学は、消えてしまいました。
1日早いですが、元旦誕生日おめでとう。自棄酒でなくお屠蘇で祝って下さい。

丸木で〜す 解りました、僕の出た小学校も中学も残存してますから、まんざら根無し草になったのではないのですね。
心を入れ替え、素晴らしいトロント日系文化会館での明日の新年会で屠蘇を飲んで自分の81歳を祝います。おおきに、有難う!
会社の寿命でも読み返してみます。寿命は平均30年だそうですから、それを超えて居れば悲しむには及ばない様です。

丸木で〜す 僕の競泳人生を顧みて、世界選手権ロシア大会のシードタイムでは最低でしたが結果は銀でした。前回のスエーデン大会ではシードタイムがダントツでしたが結果は銅でしたから、シードの如何に関わらずやればやれるものと実感しました。僕がトロント紅白歌合戦にに出場すると聞いた学生時代の悪友連中が「調子はずれの蛮声張り上げて歌声運動の先頭に立ってたお前が紅白に出る?信じられん、嘘やろ」と云ってましたが、なせばなるもんですね、自分でも驚いてます。明日からの来年は、どんな年になる事やら。明日は明日の風がふく

都賀: 新年明けましておめでとうございます。

田内:和田 様 新年おめでとう御座います。昨年の和田さんは相変わらずの海外旅行三昧でパワフルの一言でした。
今年もお元気で海外旅行をお楽しみください。
日本は只今朝の5時でして、田内宅では私と猫が起きているだけです。いつもは5時〜6時の間に猫と二人で朝食をしていますが、
今日はおせち時間の7:00頃まではお預けです。
私は2012年を最後に海外旅行を止めて国内の名門ゴルフ場巡りを楽しみのメインに切り替えてきましたが、段々と新しくら行く名門ゴルフ場が少なくなって来ました。節安できた遊び資金は孫の教育資金に生前贈与してしています。
ゴルフの飛距離だけは衰えていませんが、和田さんより先に遊び心が少なくなった様です。
それでは、奥様にもよろしくお伝え下さい。

和田: 田内さん 昨年も四国に足を踏み入れたのに松山近郊の内子までで高知には立ち寄れず高松、徳島、淡路島に行きました。1昨年高知市にある第31番札所竹林寺に連れって行って頂き納経帳を購入したのですが持参せず一つもお参りすることなく第31番竹林寺だけになっており次回も四国には立ち寄り一つでも二つでもお参りしたいと願っています。機会があればまたお付き合い下さい。黒潮カントリーでまたゴルフも良いですね。名門ゴルフ場巡り良いですね。ゴルフに美味い飯、観光スポット最高の趣味です。年をとっても飛距離が落ちないとはすごいですね。札所の難所と云われている室戸岬の24番、25番、26番に足摺岬の39番には是非お参りに行きたいと思っています。一緒に歩ける日が来るのを楽しみにしています。
ブラジルではまだ夜の10時過ぎ、紅白歌合戦の再放送をしています。正月を迎える気分にはなるのですが、午前中に実況放送で見ているので詰まらないです。森進一が紅白を引退とか、昨年の北島三郎に次ぎ寂しくなりますね。紅組が優勝で喜んでいました。
今年も元気に過ごしましょう。

若松: 明けましてお目出度うございます。昨年も色々とご協力戴きまして有り難うございました。今年も宜しくお願い致します。昨年恵子夫人から依頼されました印鑑2個が出来ていますので、ついでの折にお渡ししたいと存じます。宜しくお伝へ下さい。

和田:若松 如空 様 昨年中は(日本時間)色々ご指導頂き有難うございました。今年も宜しくお願いします。
砂古さんとは外語の入学試験以来のお付き合いとの事、砂古さんが食糧券?を持っていて昼飯に有り付けたとか何かほのぼのとするお話を書道展で聞かせて頂きました。
恵子がお願いしていた印鑑2個が出来上がったとの事。お世話を掛けました。出来るだけ早く引き取りにサンパウロまで出かけることにしますが、詳細は恵子から直接連絡させることにします。
今年もどうぞよろしくお願いします。

前田: 謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
FelizAno Novo.
Eu gostaria de todos uma saudação de Ano Novo.
Lamentomuito a escrever um cartão de Ano Novo em japonês.
Ahappy new year.
I'm very sorry to write a New Year's card inJapanese.
新年快乐

西郷: ブラジル関係の皆さんへ
謹 賀 新 年
東京でのオフ会では、久しぶりに皆さんとお会いし、楽しいひと時を過ごせることができ、良かったと思っています。今年も企画していただければ、参加したいと思います。
福島原発事故後5年近くになりますが、原子力への逆風は一向になくなりません。原子力の必要性とその課題や放射能・放射線についての知識を正確に理解してもらおうと学生との対話活動などに励んでおります。
一昨年(2014年) の12月初めに腰部脊柱管狭窄症の手術を行い一年が過ぎました。まだ、バランスが良くないために、杖をついた生活を続けていますが、回復方向に向かうことを期待し、水中歩行などのリハビリ生活を送っております。
年末(2015年12月30日) 我が家族が久しぶりに集まった時の写真
今年も良き年でありますよう祈願いたします。
2016年 元旦

丸木で〜す 石田さん フェースブックに誕生祝いのメッセージを頂戴しましたが、返信のやりかたが解らないので、ここに謝意を表します。
フェースブックはたまに開けて見るだけです。和田さんも御存知のトロントにワーキングホリデーに来てた女性や、飛行機で同席した女性とかの、世界放浪されてるその後の日常がおもろいぐらい判ります。

石田: 和田さん、 明けまして、おめでとうございます。
1月2日は、お誕生日ですか?そうであれば、2重に、おめでとうございます。いつも、大変、お世話になってます。ありがとうございます。

和田: 石田さん 昨年は、ボリビアサンタクルス、サンファン移住地をご一緒させて頂き有難うございました。
10月に2度クリチーバを訪問したのですが、直接お会いできず残念でした。奥様、お嬢さんご夫妻、お孫さんにはお会いすることが出来て嬉しかったです。奥様が今度はゆっくりポルトアレグレを訪問するとの事でしたのでご一緒に是非来てください。
1月2日、明日には、満76歳になります。年相応の生き方を心掛けて行く積りです。有難うございます。今年も宜しくお付き合い下さい。

工藤: 和田 さん 皆々様 あけましておめでとうございます。
昨年中はいろいろとお世話になりました。
今年もよろしくお願いいたします。
皆々様のご健康とご多幸をお祈りいたします。
平成28年 元旦

和田: 工藤さん 東京OFF会ではお世話になりました。今年は、金本監督を迎え阪神の躍進を期待しています。隠れタイガーズなどと云わずにこのMLではタイガースが主流チームですので阪神の躍進に合わせ工藤ラッパを鳴らせて下さい。大相撲東京場所見学もペンヂングになっていますね。その内に連れて行って下さい。今年も良い年となるように願っています。

アマゾン昭子: 和田様 2日はお誕生日との事 おめでとうございます。
我が孫は4人いますがその一人が元日生まれで15歳になりました。
埼玉県は深谷市に住んでいる私の次男の次男です。
いつもお正月が誕生日なので忘れられることはないと喜んでいました。
今年も元気で歩きまくって下さい。

和田: 昭子さん お孫さんの一人が1月1日生まれですか。丸木さんと同じですね。私は確か前年の12月23日(天皇誕生日?)に生まれたようですが、早行になるようにと翌年の1月2日生まれで登録されたようで本当は辰年ではなく兎のようです。現在では病院の医師の出生証明書を付けて戸籍届を出すようですが昔は親が出頭して勝手に出生日を決めていたようですね。元日生まれ、2日生まれの大抵は、前年生まれの早行登録で殆どが嘘ぱちだそうですが丸木さんは正真正銘元日生まれだそうです。めでたいですよね。お孫さんも元日生まれですか?今年も毎日2万歩を目標に歩き続けます。有難う。

しゅくこです  和田さ〜ん、恵子さ〜ん & 50年の皆様 花咲爺様へ 新春のお慶びを申し上げます 💛
1/1日は、近くの温泉が7amから開くとのことで初風呂をと予定していましたが、車のフロントガラスも窓もバリバリに凍り付き、これだったら坂道も滑りやすいだろうと、急きょとりやめました(案の定、車事故があって救急車のサイレンが鳴り響いていた)
例年どおりお雑煮とお屠蘇をいただき、届いた年賀状をゆっくり眺めながら過ごしました。
ちなみに数年前から私は年賀状を止めました。
それならば、届く年賀状は自然に少なくなっていくはずですが、少しずつ増えてきているのは不思議な現象です。
届いた年賀には一人ひとり心をこめて自筆の近況を添えて返信しています。
ところで、バーチャル座談会(その2)には思いがけず「ヨセミテ日記」を掲載していただき、恐縮しています。当初は、こんな個人的な書き込みなど、だれも読んでくださらないかも、という不安な気持ちで送りましたが、年末ぎりぎりまで私の方が楽しませていただきました。感謝。
今年はすでに、6月の末にいつもの旧友のバイオリンとピアノコンサートが入り、また小海線の清里のホテルで楽しみます。
それを軸に関東以北のあちこち足をのばすことになります。
秋までは馬と音楽で長年変わらぬ一年になりそうです。
いつでもスタンバイできるように、walkingを欠かさずにすごさなければ、ですね。
写真は日本の市場。こんな風景が変わりなくつづきますように

丸木で〜す 市場の風景は懐かしいです。大阪では黒門市場、東京ではアメカン横町ですか。そう云えば、サンパウロの日本人街にもアメカン横町がありましたね。ルア アメリコ カンポスでしたかの末広でよく飲んでオダあげてました。何年前なりますか、半世紀前かな

和田: 正月早々でてきましたね。丸木さんの超記憶力が。。。サンパウロのアメカン横丁、アメリコ ドス カンポス街には、高井先輩が遣っていた「蛇の目寿司」がありました。早稲田の連中が付けで飲み食いし潰してしまいました。今は、アルファインテルの事務所、なんでも屋などがあります。

内山: 謹賀新年、 昨年は、昼間、働き夜は拓殖大学の安全保障専攻での就学で忙しい一年でした。大学院の単位は昨年度で取れるので来年度は、論文だけなので少しは楽になるようにと願っています?
 2016年が良いお年となりますようお祈り申し上げます。

和田: 内山 元クリチーバ総領事殿 早々に賀状を頂いて置きながらpdfの賀状をBLOGに貼り付け出来ずもたもたしてしまいました。賀状の一部を写真に撮りJPEGにして下記BLOGに掲載して置きました。
昼間働き夜は拓大で大学院生として就学、持ち前の頑張りに感心します。まだ論文が残っているそうですが今年は、少しはゆとりを持たれて楽にお過ごし下さい。また御厚顔を配する機会があれば嬉しいです。今年もお元気にお過ごし下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada/48541067.html




アクセス数 4561809 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1262 segundos.