HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




第31回バーチャル座談会『新春放談、行く年来る年2016/2017』(その8=番外編1)
第31回バーチャル座談会『新春放談、行く年来る年2016/017』(その8)は、番外編その1として花咲爺の会関係の皆さんの書き込みをきっちり記録に残して置きたいお思い拾い始めると2万語近くあり2回に分けて残して置く事にありました。最初は
花咲爺の会井川会長の2016年の活動報告から始め先に遡り古い方から新しい方に第2回日伯イペーサミット関連のメールを拾い集めました。東京オフ会関係のメールもと思ったのですがイペーサミット関係だけにいました。
写真は、ブラジリアの須貝さんが送って来られたブラジリアのイペーアマレーロを使用いました。



井川: 2016年活動報告(概略) 
花咲爺の会会員の皆様
2016年活動報告(概略)
 皆様、今年一年間いろいろとご協力・ご努力有難うございました。
1.この一年の最高の収穫は、「耐寒性抜群のイペー」を確保したことです。
  有隅先生のご指導、池田、前田、小出各氏のご努力により、
  「T.alba」(ギンヨウイペー)(今年2月零下9.1℃の霧島市の冷害をクリア)
  という過去最強と思われるイペーを見つけ出したことです。
  しかし、現在のところは、このT.albaの実績もデータもまだ十分ではないので、
  まだまだ「これで大丈夫です」と言える段階ではなく、
  花の咲き方(時期、期間、回数)を含めて、より良いイペーを探す努力が続くのです。
2.10月「第1回日伯イペーサミット」を千葉県上総一ノ宮で開催しました。
(稲見さん所有のトレーラーハウスで、東京オフ会を兼ねて)
  常総市の北島さんも参加していただき、「常総花咲爺の会」のこれからについての協議にも花が咲きました。和田さんご一家、前田さん、クリチーバ石田さん、三田市川越しゅく子さん、群馬県太田市鈴木さん、ブラジル帰りの中平マリ子さん、杉浦さん、学移連関係の五味さん、辻さん、倉井さん、井川、そして小出さんという豪華メンバーが楽しく有意義な二日間を過ごしました。
  その日、杉浦さんより、いまは亡きご主人の遺品を含めた半田友雄画伯の絵二点(イペーとパラナ松)を当会へ寄付していただきました。この絵は来年から新橋のアルファインテル(株)で保管・展示していただく予定です。
3.関東各地へのイペーの移植状況(数量は推定)
  @神代植物公園(調布市)・・5月イペー4本を移植 健在
  A洞林寺(仙台市)・・・6月イペー一本を移植 健在
  B横浜市鶴見区役所・・・6月イペー三本 植え替え 健在
  C埼玉県北足立郡・・・4月7本移植 健在
  D稲見トレーラーハウス(上総一宮)・・・5月4本+10本
  E駒沢オリンピック公園(世田谷区)・・7月4本移植 
  F常総市(茨城県)・・10月までに3+12+20本のイペーの他種子
  G大泉町(群馬県)・・昨年からの継続7本健在 +種子多数(大泉高校)
  H北海道・・札幌、登別ほか
  I太田市(群馬県)・・鈴木邸、供田邸、東京都・・五味邸 その他多数
4.来年の展望
  @常総市での広範囲な試験栽培に重点を置く。(最強イペーの開発のために)
  A大泉町では、町の体制作りを促進したい。
  B学移連関係の大学への移植を検討したい。
  C横浜市その他への移植を検討したい。
  Dジャカランダにも手が広がりそうな予感があります。
  E4月22日(土)大泉町にて『日伯イペーサミット』開催の予定です。
たいへんアバウトな報告ですみません。来年は、有隅先生のご指示にしたがって、種子から育ててくれるような、協力的な団体を探したいと思います。会長がナマケモノで、なかなか進展しないのが残念ですが・・。     感謝!!

和田: 花咲爺の会 井川会長殿 無理にお願いして会長職を押し付けた責任者として井川さんの会長としての活躍振りを真近に感じることが出来、鼻高々です。
私の勝手な思い付きと云うか思い入れにより地元の種をせっせと日本に送る程度の役割しか果たしておりませんが多くのこの50年!!メーリングリストの皆さんのお手を煩わし特に有隅先生、前田さん、小出さん、今年からは鈴木さん、北島さんにも協力を頂いておりしっかりした目的とそれを果たすための実行力に基づき楽しく50年!!のMLをベースに情報の共有、目的意識の集結と実行力を発揮着々とその活動範囲を広げている事を嬉しく、誇りに思います。今後も情報の蓄積の場としての花咲爺の会の50年!!BLOGを通じての活動状況、知識の蓄積をBLOG欄への掲載と更新をきっちりと担当させて頂きます。
来る年も是非皆さんの力を集結し目的に向けて邁進していきましょう。花咲爺の皆さんの健康とご多幸をお祈りします。井川さん、皆さん有難う。

前田: 井川会長様 きっちりとした1年間のまとめを有難うございました。
大変わかりやすいです。来年も頑張りましょう。

鈴木:≪日伯イペーサミット日程≫ 花咲爺の皆さん、私たちの50年!!各位!!

【日程決定、参加受付】
【小出さん→大泉高校お願い】
それでは、先に設定した日程調整締切を前倒しし、群馬県大泉町での第2回日伯イペーサミットの開催日を2017/4/22(土)としましょう、します。
仮の日程表を添付します。参加される方のお名前、人数、当地のホテルの宿泊日数:4/21(金)一泊か、4/21, 22(金土)二泊するか(或いはもっと)をお知らせ下さい、予約します。
(小出さんへお願い)
大泉高校の定村先生に話される際、基調講演をする会場として、視聴覚教室か会議室と、パソコンデータを映すプロジェクターとスクリーンを借りられないか、打診していただけますか?
無理であれば、町役場か町の図書館か公民館の会議室を当たります。

和田: 鈴木さん ≪日伯イペーサミット日程≫作成ご苦労さんです。おおむねこれで良いと思います。太田、大泉町、水戸、常総と関係都市間の地理的な繋がりが行ったことがないので分からないのですが、群馬県、茨城県の地図を見て勉強して置きます。私は。21日〈金〉、22日(土)の2泊は1部屋確保下さい。23日は、太田市か水戸市か常総市のどこかに泊まる積りにしていますが、地理を勉強してから北島さんのご都合も勘案して決めたいと思います。
ブラジリアの須貝さんがスカイピー参加をご希望されていますが可能なのですかね?ご検討下さい。下記BLOGに掲載して置きました。
http://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada2/37767527.html

井川: 有隅先生、和田さん、前田さん、鈴木さん、小出さん、みなさん、大泉町での日伯イペーサミットの日程につき、前回小生が5月1日(4月30日東京オフ会)をご提案いたしましたが、それは撤回します。鈴木さん案(4月21,22日) に賛成します。
皆様にご心配おかけして申し訳ありませんでした。私は、はるばる遠方からこられるお三方に「最大の功績・効果」 をあげていただいと願って無い知恵を絞っていたのですが、それは「欲張り」で「 入れ込みすぎ」でした。
今回は和田さんも言われるように、大泉町も、常総市も関係なく、われわれ花咲爺の会の内輪の会(外部の参加希望者は受け入れる) としましょう。鈴木さん、よろしくお願いします。 感謝!!

有隅: 井川さん 「花咲爺の会」の皆さん T.albaを中心に視界が開けつつありますが、 現在私どもが手中にしているイペーの実績なり情報は、 この植物を自信をもって人さまに薦めるにはまだまだ不充分です。
今回は内輪の中で知識や意見を交換し、 これなら行けるという見通しなり自信なりを持ててから、 大々的に打って出る方がベターだと思っています。ご決断有難うございました。

前田: 井川さん 日程の件、了解しました。ご心配をおかけして申し訳ありません。
有難うございました。

有隅: 鈴木さん 「花咲爺の会」の皆さん  今回の「日伯イペーサミット」は、東京OFF会を含めて出席させて戴きますので、ホテルルートイン太田の宿泊は21,22の2泊 禁煙の一人部屋をお願い出来ると有難いです。
23日は示唆戴きましたように、バスターミナルから高速バスで直接羽田に向かい、帰鹿する予定です。お陰様で大変シンプルなスケジュールになりましたので、喜んでおります。有難うございました。どうぞよろしくお願い致します。

定村: 小出様 おはようございます。遅くなりましたが、種子届きました。今年はもう実験の授業が、無いので、新年早々に、播種したいと思います。コーヒーもありがとうございます。
それと、大泉町での植栽ですが、学校から話をした方がいいですか?それとも、花咲爺さんの会からお話されますか?宜しくお願いします。群馬県立大泉高等学校 バイオテクノロジー科

小出: 定村さん 今回のイペーは耐寒性で期待が大きいです。生徒さんも喜んでもらえると思います。もし関心がおありならジャカランダの種子もお送りします。
ここ2年私も耐寒性を求め(イペーよりも少し難しそうです)播種し始めました。
町長など町役場へは4月23日?に選挙だと後で聞きました。アプローチはそれ以降になりますが、それまでにお互い相談しましょう。感謝!!

定村: 小出様 了解しました。またご連絡下さい。大泉町は来年4月23日、町長及び町議選でした。宜しくお願いします

前田: 井川さん 鈴木さん 第2回イペーサミット(イペーサミットは私が言い出した仮称)の企画が鈴木さんのご努力で進行しています。有難いことです。
有隅先生へのご依頼などは井川会長から打診されるべきではないかと
思います。井川さんに総合的な企画整理をお願いします。
「イペーサミット」という名前ですが、思い付きで勝手に私が言い出しました。
一人歩きしそうになりましたので、ご提案です。正式名は「日伯イペーサミット」ということでどうでしょうか。面倒ですので、通称は「イペーサミット」でよいと思います。。

和田: 前田さん ご提案通りで問題ないと思います。有隅先生が皆さんに配布される資料も作成して下さるとのことですので資料の表紙には正式名を入れた方が良いでしょうね。最終的には井川会長が決められたら良いと思います。

小出: 和田さん、井川さん、前田さん、皆さま 和田さん、前田さんの意見にに賛成です。感謝!!

井川: 有隅先生、和田さん、前田さん、鈴木さん、小出さん、みなさま                    
みなさまお元気ですか? 日伯イペーサミットについて、いくつか、確認を兼ねてご連絡申し上げます。
1.会議名称について:『日伯イペーサミット』を正式名とします。
2.前回小生がご提案申し上げたプランのうち、 『二日目、大泉町→常総市』の部分は撤回します。
 理由:その時期常総市は別件でご多忙だそうです。
 したがって、今回会としては、常総市を訪問しない。
3.提案
    4月30日(日)昼 東京オフ会→大泉へ移動(泊)
    5月1日(月) 大泉町役場訪問→鈴木家・大泉高校訪問→日伯イペーサミット→解散  理由:4月23日町長選挙から1週間後せっかくVIPお三方が遠方から来られるのです。町長と面談して、「イペープロジェクト」の提案と協議をしましょう! (お願いではなく、提案です)
4.前回ご提案した『植樹会』の案は撤回します。  理由:時間的に余裕が無くなるため。
連休で電車やホテルがが混んだりするかもしれませんが、ご検討ください。よろしくお願いします。 感謝!!

鈴木: 井川さん、皆さん 井川会長の提案日程=5/1(月)案で問題ありません。何しろ連休中なので、自分は動き放題です。
ホテルの確保もあまり問題ないと思います。
連休中とはいえ、さしたる観光資源がある訳でもない地方都市のこと、早めに予約を入れれば大丈夫でしょう。ワクワクします。

前田: 井川さん 4月30、5月1日の件は問題ありません。よろしくお願いします。

和田: 井川さん 会長として日程を決められておられるので皆さんが良ければそれで結構ですが、大泉町の市長選挙、市議会選挙は、この際考慮する必要はないのではと思います。参加者の皆さんの意見交換の場として捉えればよいのではないかと思います。
出来れば鈴木さんの第1案で実施されることを望みます。まだ航空券を購入していませんが、4月21日、22日で実施して頂きたいと思います。有隅先生もそれをご希望ですので。。。皆さんのご都合を聞いて会長が決定されれば何時でもそれに従います。

有隅: 井川さん 「花咲爺の会」の皆さん 日伯イペーサミットを4/21・4/22にして欲しいとお願いしたのは、ゴールデンウイークを外した方が切符の入手など旅行全体が楽だろう、との考えからでした。80代後半で、このところ遠出を全くしていませんでしたので、実情にうといです。ですから、4/30・5/1でも構いません(切符入手には最大限努力)。ただ、一番遠い方々のご意向には、それなりの配慮が要りましょう。
それから町役場訪問の件ですが、イペーは耐寒性問題で大きな危険を冒すことを前提とする、植物です。ですからモノの説明・紹介は致しますが、要望・懇請は一切しない、とるとらないは先様のお考え次第、というのが私のスタンスです。最近の二度の大凍害で、折角蓄積してきた育種素材などを失った私の経験から、人さまに苦い思いをして欲しくはありませんので。

前田: 井川さん 日程の件、私の都合は連休でも構わないと申し上げましたが、和田さんと有隅先生のお気持ちと全く同じです。
更に大泉町役場を訪問するのには私は抵抗があります。
今回は無関係というスタンスでどうですか。町内で関心がある方はサミット(講演会)に参加することは可能なわけです。

前田: 鈴木さん お訊ねします。パワポ2010を使いますが、スライドの途中に
動画を入れたいです。スピーカーが簡単に準備できますか。もし、面倒ならスピーカーなしで、しかるべく対応します。ムリ(苦労)はなさらないでください。

鈴木: 前田さん  スピーカーは、映写機(と云うかプロジェクター)にくっついているものとパソコンのもので用が足ると思いますが、家にあるものか、借りられるものがあれば物色してみます(覚えていれば)。いずれにせよ、音声付きの動画は再生できると思います。

前田 鈴木さん ご返信ありがとうございました。
鈴木さんはかなりのウデをお持ちのようですね。安心しました。
万一の場合も考えながら、準備します。停電もあり得ますから。

鈴木: 花咲爺の皆さん、私たちの50年!!各位!! 
標記、気が早いですが
1 来年の4月中旬以降、和田さんの来日に合わせ、群馬県大泉町で開催する予定の、イペーサミット(と、その前日の東京OFF会)の日程として、仮に以下を提案します。あまりにも先の話でアレですが、今の段階で皆さんの都合のつく/つかない、他の希望日提があればお知らせください。
@4/21(金)東京OFF会⇒4/22(土)イペーサミット
A4/28(金)東京OFF会⇒4/29(土)イペーサミット
5月連休中であれば、何曜日でも良い気はしますが。
大泉町長・町議選(4/23(日)投票)の最中/直後で、この関係の方たちをお呼びするのは厳しそうですね。或いは選挙後に、町長や公園緑化・国際協働の部署の方などをお呼びすると良いでしょうか。
大泉高校で育苗・無菌培養をしてくださっている、定村先生はお呼びするとして。
2 常総市の花咲爺の会の方にも参加していただける前提で、思いついた議事項目を書き出します。ざっとですが、他にも「これをやらなきゃダメだろう」というものがあればお知らせください。
・第2回イペーサミット議事(発表内容)案 簡潔、ざっくばらんに
1.会長、会員紹介挨拶(日伯):井川会長と参加者全員
2.花咲爺の会設立の経緯・あゆみ:和田さんか井川会長か小出さん?
3.国内植樹場所の紹介、生育状況:
4.日本での展開:有隅先生、前田さん
適合種選抜状況、方法/方針説明
栽培、繁殖方法の技術説明、最新動向 など
5.次回イペーサミットの日程、開催場所決定(大まかに、決められれば)
イペーサミットという呼び名が一人歩きしている感はありますが、これはまあこのままで良い気がしますが。

前田: 鈴木さん お忙しい中、ご苦労様です。全然気が早いことはありません。
早めに決めてください。フライトの切符の手配や準備があります。
私は常総市への苗木の配送を最優先に動きますがイペーサミット関連で可能な手配は前倒しでやります。

鈴木: 【イペーサミット日程調整締切】(仮) 花咲爺の皆さん、私たちの50年!!各位!!
標記、群馬県大泉町で来年2017年中下旬-若しくは5月上旬に開催する予定のイペーサミット(勉強会+宴会)の日程希望・調整締切は、便宜的に1/13(金)とします。
それでは早くて予定が立たないので、1/20まで待って欲しい等の要望があればお知らせくださいください。なんだか会社仕事の締切りみたいで恐れ入りますが。
(小出さん)
また、せっかく当地で開催するので、大泉高校で育てられている苗を皆さんに見てもらい、育てて下さっている定村先生をサミット勉強会にお誘いすると良いと思い、私から直接定村先生に問い合わせますが、良いですよね?
(有隅先生)
そして勉強会では、前田さんからと併せ、有隅先生の講義を受けられると嬉しく、有用だと思うので、講師を依頼します。((案)日本でのイペー展開: 適合種選抜状況、方法/方針説明、栽培、繁殖方法の技術説明、最新動向など)
お受けいただける場合、
@4/21(金)東京OFF会⇒4/22(土)イペーサミット
A4/28(金)東京OFF会⇒4/29(土)イペーサミット
のいずれが良いか、もしくは5月9日(火)までで、ご都合の良い日をお知らせください。
結構な遠さで恐縮なのですが。

小出: 鈴木さん 鈴木さんからお尋ねの大泉高校定村さんをイペーサミット・於:大泉町にお誘いする件については、少し時間を下さい
大泉高校でのイペーの種子播種は生徒さんたちへの実習実験、あくまでも勉強の一環として行われています。よって定村先生は担当カリキュラムとして指導しており、「wの50年」ブログは多分見ていません。私からイペーについて参考になる内容がある場合に転送している時だけ見ていると思います。東京OFF会、イペーサミットなどのイベントについては関心がないと思います。
詳しくは省きますが、村山大泉町長→植木校長→定村先生なので来年4月23日の選挙まで(選挙結果にもよる)あまり崩したくありません。井川会長とも相談します。
ですので鈴木さんからの問いかけは遠慮してください。
イペーサミットの日時についての日時については皆さまの意見に従います。
感謝!!

鈴木: 小出さん 大泉高校の定村先生へのコンタクトを控える件、承知しました。
なんだか何度も同じようなことで煩わせてしまいました。スイマセン。

有隅: 鈴木信弥さま 「花咲爺の会」の皆さん サミットへの即答が遅れていましたが、昔の学会等での発表以来、 とんと遠ざかっていましたので、 技術的なことの確認で手間取っていました。お許し下さい。
今回の群馬県大泉町における第2回イペーサミット、 喜んで出席させて戴きます。その席で何か話せということですが、 「イペーの育種と問題点」と言ったことでお願いしてはどうか、 と思っています(栽培や繁殖などは一応除外。 質疑応答などで出てくれば話しますが、皆さんが現地でイペーを「 本当の意味でモノにされるためには」その遺伝・育種的背景を熟知されることが、 何よりも肝要だと思っています)。それでお願いなのですが、 資料をUSBに収録して持って行きますので、 それを映写するためのPCやスクリーン等の一切の準備を、 そちらでご準備戴きたいということです。
また発表時間は、どの程度を予定したらよろしいでしょうか。
それから開催日時ですが、 皆さんの希望者の多い方にして構いませんが、出来れば@の4/ 21(金)東京OFF会⇒4/22(土)イペーサミット でお願いします。
以上、要用のみ失礼致します。

小出: 鈴木さん、有隅先生  鈴木さん快挙です。先生を引っ張り出す(言葉が乱暴ですみません)なんて、うれしい出来事です。ところで先生にお願いです。専門家として大泉高校を訪問していただけんか?播種の現場を見て何かサジェッションしてもらえれば校長先生、定村先生も喜ばれると思います。学生のためになります。もちろん鈴木さんも立ち会えることで定村先生と念願のスムーズな交流が出来ます。有隅先生がOKならば鈴木さんぜひその時間を組んでください。
学校へは、私、井川会長が交渉します。
本当は欲張って佐藤さん(西立川)にも寄っていただきたいところです。
前田さんも加わり佐藤さんは大喜びされると思います。其のあと一杯!!
感謝!!

有隅: 鈴木さま 小出さん 「花咲爺の会」の皆さん えらく喜んで戴いて、恂に光栄です。
今回の件は鹿児島を朝早く発ち、東京のOFFに出てその夜は東京泊、翌朝早く群馬に向かう心算にしていましたが、大泉でサミットの他に大泉高の訪問を加えて欲しいとの要望もあり、それで私としては勝手を申しますが:
(1)4/21は東京でのOFF会が終ってその足で、群馬に向かい館林か太田で宿泊
(2)4/22にサミット⇒大泉高と用事を済ませてから、その足で東京に戻り、東京泊
(3)4/23に羽田⇒鹿児島と帰宅
とした方が時間が無駄なく使えるように思います。何せ土地不案内で、最初は東京駅あたりからスッと行けるものと思っていましたが、最寄り駅が浅草でしたので、今日は1日中、地図や東武鉄道の時間表などと首っ引きで対決していました。その結果が、ざっと以上のように考えたらどうだろう、ということでした(もっと良い行き方がありましたら、よろしくお願いします)。
私の都合ばかり言って申し訳ないのですが、皆さんのご都合なども充分勘案しながら、ご検討戴けたら有難いです。よろしくお願い致します。

井川: 有隅先生、前田さん、和田さん、鈴木さん、小出さん、花咲爺のみなさま                    
大泉町でのイペーサミットに有隅先生、前田さん、そして和田さんが遠路はるばるご参加下さるなんて、予想外の大感激・大喜びです。
また鈴木さんが、積極的に幹事役を引き受けて、いろいろな具体案をご提案いただき、ほんとうにありがとうございます。
花咲爺の会としては、めったにない大イベントですので、慎重に検討を重ねて、実りあるサミットにしたいと思います。皆様のご意見もよく聴き、
大泉町、常総市の方々のご都合やご希望などもよくうかがって、具体的な日取りや行動計画を決めたいと思います。
僭越ですが、私の考えを列挙します。
1.三人のVIPにご参加いただけるのなら、ぜひ大泉町町長および常総市市長を全員で表敬訪問したい。
2.同時に、両方でイペの記念植樹をしたい。(できれば、ブラジル大使館も、大泉高校も参加していただき・・・)
3.上記を行うには、4月22日(土)大泉町は、チト無理では・・・? 4月23日(日)は大泉町町長および町議会議員選挙の日だからです。
4.有隅先生のご講義(勉強会?)には、われわれ会員のほか、大泉高校の先生と生徒たちのほか、今後イペーに関与する大泉町職員の方々およびキーマン(責任者)にご出席いただき、今後の打ち合わせも行いたいので、(根回しも必要)、やはり選挙の前日は苦しいと思われます。
5.上記、もし余力があれば、聴講を希望する一般市民も、受け入れますか・・? (苗を無償で提供する?)
6.上記の講義および今後の活動のため、『イペーの栽培法』のマニュアル(教科書)を作りたいと思います。前田さん、ご検討いただけませんか?
7.有隅先生に二箇所回っていただくのは、きついと思いますが、ほかの方は、そのまま常総市へ廻る方が効率良いでしょうね?
つまり、一日目・東京オフ会→大泉(泊) 二日目・町長訪問・植樹会・イペーサミット→(夕方) 常総市・市長訪問・植樹会→東京(解散) ハードすぎますかね?
今後検討しましょう。皆様のご意見は・・? 鈴木さん、今後ともよろしくお願いします。(大泉高校および常総市との折衝は小出さん、大泉町役所との交渉は井川と相談しながら進めて下さい)    感謝!!



アクセス数 4507499 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1198 segundos.