HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




「人探しをしております」篠崎雅彦さんの便りを基に亀川さんご一家の消息を尋ねて見ました。
9月10日付けで神奈川県相模原市にお住みの篠崎雅彦さんより「人探しをしております」との書き込みを頂きました。1962年以来音沙汰が途絶えている篠崎さんのおばちゃんの妹さんがブラジルに住んでいたが消息が途絶えたままになっており、その後ご家族がどうしておられるか既に世代を超えた40年前の人探しの相談でしたが、私たちと同じ戦後40年を同じブラジルの土地に住んでおられた同胞としての親しみを感じ最後お便りにあったサンパウロ州奥地のオウリニョスの町まで出向いて見ることにしました。しっかりした日系コロニアが存在する町で比較的容易に消息は分かったのですが報告を受けた篠崎さんご自身がコメントしておられるように『渡伯された亀川家の40年以上の歴史はどういうものだったかは想像するしかありませんが、皆さん大変な思いで生きてこられたのだと感じました。 今までは考えた事もないブラジル移民のことは、今回の親戚探しや和田さんの『私たちの40年!!』を拝見して、多くの方がみな一様に南米の大地で一生懸命生きてこられたそれぞれの歴史だと思います。父の従兄弟である亀川茂、シズ子さんも既に他界され、そのお子さん6人の内4人も亡くなられていること、皆さんまだ年齢的には早すぎと 思いますが、とても寂しい思いです。また亀川サカイさんを含めてそれぞれの多くのお子さん達が、現在日本に居られる事はちょっと驚きでした。』とあります。写真は、亀川セリアさんにお話を聞きながら主旨を説明し了解を得て撮らせて頂いたものです。セリアさんのお子さん3人は現在日本で元気に働いているとのことです。


篠崎 雅彦 様
『私たちの40年!!』HP掲示板を通じてご依頼を受けた尋ね人の調査の結果を下記の通り報告します。
2002年9月に篠崎さんが作成された家系図に基づき一人一人の状況をお知らせします。
@ 穐本クラさんの妹さんの亀川サノさんは、亀川シヅ子さんと1975年までお元気にしておられ一緒に住んでおられたそうですが既にお亡くなりになっています。
A 亀川茂さんの奥様の亀川シヅ子さん(旧姓高橋)は、2年前に他界されておりました。サノさんシヅ子さんが生前住んでおられた家は現在もそのまま残されており昔のまま保存されておりますが鍵を保管しておられるシヅ子さんの妹の旧姓高橋君江さん(1年前に死亡)のご主人坂本三郎さんがお孫さんの誕生日祝いの為にオウリニオスを留守にしておられた為にご仏壇にお参り出来ませんでした。帰りのバスの時間の関係もありお墓参りも出来ませんでした。
B 亀川茂/シヅ子さんのご子息長男の亀川 清人さんは、今年の8月30日に近くのアシスの町で脳溢血で亡くなられておりました。製油工場で働いた後、農業組合のトラックの運転手を長く勤められ既に定年で退職しておられ息子さんのFERNADOさんは、現在日本に出稼ぎに行っておられ、長女のKARENさんも日本に滞在中。次男の太一さんがお父さんの面倒を見ておられたようです。次女のMAISAさんが最近日本行きを決めお孫さんを帯同して日本に行くとの話が持ち上がりそれを悲しがり脳溢血で倒れたとの事でした。
C 亀川サカイさんは、現在日本に住んでおられとの事です。現住所は、栃木県共和郡藤原町小原松原144-17 です。3世ですが日本語堪能とのことです。近々ブラジルに一時帰国の予定もあるとのことですが一番連絡をとり易い方だと思います。
D 亀川 ミドリさんは1歳で他界を確認。
E 亀川 澄江さんはブラジルの方と結婚し現在サンパウロ市に住んでおられるとの事です。澄江さんはお二人のご子息がおられその内の一人リビアーネ亀川MODESTO QUEIROZさんは現在静岡県で働いておられるとのことです。既に日系4世で滞日10年になるが余り日本語が出来ず日本語での電話連絡は嫌がるとの事ですので連絡される時はご注意ください。
F 亀川秀男さんは一生独身で15年ほど前に亡くなられたとの事です。生前は事務職に付かれていたとの事です。
G 亀川重男さんは、薬剤師として薬局を経営しておられたが秀男さんと同じ年に相次いで病死されたそうです。奥様はブラジルの方でCELIA 亀川さんと云われ直接お会いして色々お話を伺いました。サノさんシヅ子さんが住んでおられた家の宅地の奥に木造独立家屋を建てて現在も住んでおられます。ブラジル人と再婚?されておりシヅ子さんが亡くなられた2年前までは、前に住むおばちゃんに孫が甘えていたことから経済的にも援助して貰っていたようです。亀川重男/CELIAさんの間には3人のお子さんがおられ3人とも日本に出稼ぎに行っているとの事です。日本における連絡先は、亀川栄治ロドリゴさんは、愛知県豊橋市中原町字東山17-2 〒441-3606 もう一人は亀川リカルド・エリックといい静岡県磐田市 郵便438-0016 に住んでおり鈴木オートバイに勤めているとのことです。
以上の通り日本人の大きな集落の一つオウリニオス市までバスで往復800km弱12時間掛けて出向いた甲斐はありました。2、3年前にこの調査を実施しておればシヅ子さん、2ヶ月前に亡くなられた長男の清人さん等にも直接お会い出来たのにと残念でした。
まず栃木県の住んでおられる亀川サカイさんと連絡を付けられると日本に滞在している4世の亀川性の日系ブラジル人のご親戚に連絡が付くのではないかと思います。地球の反対側に住んでいると思っていたご親戚が日本に住んでいる事も分かりこれからどう対応して行けば良いのかお迷いするのではないかと思いますが、こちらで消息を尋ねた関係者の皆さんはそれなりに関心と興味さらに感謝の気持ちを表して呉れました。
今回のオウリニヨス市訪問には、サンパウロ市より女房にもバス旅行に付き合って貰い退屈しなくて済んだのと胡散臭い質問に答えて貰うには女性の存在が印象を良くしたようで助かりました。
女房の意見は、「ブラジルに移住して来た我々には人に知られたくない事を抱えて生きてきた人も多い事だし貴方のように親切ぶつて根堀葉堀聞きただすのを不快に思う人がいる事を肝に銘じて置きなさい」と強く窘められており考えさされましたが、少なくとも亀川さんご一家、御親戚の坂本三郎さんご一家からは苦情が出なくてほっとしています。
今回の調査事項で更に必要な情報等がありましたらご遠慮なくお知らせください。出来る限りのお返事をさせて頂きます。
                    平成14年10月21日
                   和田 好司



アクセス数 4610182 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1319 segundos.