HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




自身を再発見、磨く=交流協会生23期生35人/交流協会生35人着伯 ニッケイ新聞の記事より転載。
日伯交流協会の第23期生35名が4月13日にサンパウロに到着し南伯2州で研修する3名が4月15日にポルトアレグレに着き、外国人登録と在ポルトアレグレ総領事館に在留届けを済ませ各引受け企業に向かった。総領事館では、長島総領事が本省での打ち合わせのため一時帰国中でしたが牧領事にご挨拶、ブラジルでの1年間の生活に対する助言と共に、1年間の研修成果に期待しているとの励ましを受けました。写真は、牧領事を挟んで左から成毛麻実(神田外語大学、ヤクルト商工SC)、檀野令奈(南山大学、METALTECNICA METAL、RS)、蘆名真平(上智大学、サタケ・アメリカ・ラチーナSC)の3名です。これら3名の研修生の1年間の日常生活、研修テーマの進捗状況、ブラジルへの定着過程、感想等を写真と共に紹介して行きたいと思います。


自身を再発見、磨く=交流協会生23期生35人
4月15日(火)
 [さいたま支局]日本の国土は狭い。その中に一億二千万人余の人たちがひしめいている。政治も経済も最近はきびしいことばかり。そんな生活環境から目先を変えて一年間、ブラジルで自身の再発見やそれに磨きをかけようと、三曙ワ人(男子諸ェ人、女子庶オ人)の若者が、藷日、成田からブラジルに向かった。
 これは(社)日本ブラジル交流協会(玉井義臣会長)が毎年実施している派遣留学研修生たちで、八一年に第一回研修生を派伯してから、今年で二藷回目。OBはすでに六百三庶l人、ごくわずかの在学中を除き、いま各分野で活躍中。ブラジルにほれ込み四署l余りが再渡航、このうち二署lが移住している。
 二庶O期生の出発の前日、東京都内の国立オリンピック記念青少年総合センターで、出発式が行われた。アントニオ・デ・M・メスプレ・ブラジル大使館書記官、福島教輝外務省中南米第一課課長、黒木慎一文部科学省留学生課長、沢地真JICA中南米部次長らを来賓に迎えた。
 藤村修協会理事長が激励。「各自がブラジルで研修をするという目的の明確化が重要、自分の身は自分で守るということを念頭に、ブラジル社会をよく見てきてほしい」。これを受けて、研修生たちが、研修に対する決意を楓セした。
 「ブラジルでの体験をもとに、広い視野をもった教師になることが夢」「日本では見られない卵z外のことに出会いたく、それらを書き留めておく」「一枚のポスターでブラジル行きが決まった。これを単なる偶然としないよう頑張ってくる」「ブラジルで帝王切開の勉強をして、将来は助産士になる」「カポエイラを覚え、日本に導入したい」「日本のサッカーを支える一員になれるよう学んでくる」。
 また二処鼕生の先輩、澤正史さんが「ブラジルにはアプロベイタということがあります。利用するというような意味ですが、良い意味でブラジルをアプロベイタしていろいろなことを学んで来てください」とアドバイスした。
 研修生たちの研修先は、北はアマゾナス州から南はリオ・グランデ・ド・スル州まで処齒Bにわたる。社会人になっている人が多いのもここ数年の傾向。この事業が魅力があるということだろうか。

交流協会生35人着伯
4月18日(金)
 [既報関連](社)日本ブラジル交流協会(玉井義臣会長)は、ブラジルで、毎年派遣留学研修を実施している。その研修生二庶O期生三曙ワ人が、四月庶O日にサンパウロに到着した。
 到着の翌日、サンパウロ市内のブラジル日本文化協会貴賓室で、引き継ぎ式が行なわれた。各研修生たちの引受人が見守る中、研修生たちの自己紹介が行なわれた。各研修生たちの、出身大学、研修先は以下の通り。
蘆名真平(上智大学、サタケ・アメリカ・ラチーナSC)泉亮暢(同、リオデジャネイロ州水道公社RJ)岩本麻衣子(同、インヴェスツールSP)大久保譲(同、アマゾナス日系商工会議所AM)角田健太郎(同、パナャjック・ド・ブラジルSP)中瀬亮輔(同、ツバロン製鉄所ES)藤藁千尋(同、JORNAL NIPPO≠aRASIL、SP)松本晃(同、公文教育研究会SP)村上慧(同、マツバラホテルAL)井田祐介(桜美林大学、YKKブラジル社SP/CE)市原裕子(静岡大学、アルモニア教育センターSP)今村拓弥(同、トレードブラスSP)鳥居亜夕実(同、東洋文化学院MG)木下梓(山形大学、西村俊治技術財団SP)清井智子(京都外国語大学、アマゾン・トラベル・サービスPA)木暮由香(同、弓場農場SP)斉藤勇輝(独協大学、スダメリス銀行/モンチアズール住民協会SP)佐伯祐二(東京学芸大学、ニッケイ新聞SP)坂田充優(日本大学、ブラジル永大木材PA)佐藤義孝(東洋大学、高野書店SP)谷口洋(法政大学、ブンバ編集部SP)前田千寛(同、クリチーバ市役所PR)檀野令奈(南山大学、METALTECNICA METAL、RS)中田友樹(埼玉大学、二宮法律事務所SP)中水敬子(甲南大学、パラナ日伯文化連合会PR)並木花(東京都立片倉高等学校、山田商工PA)成毛麻実(神田外語大学、ヤクルト商工SC)西村早織(金沢大学、社会福祉法人こどものそのSP)松山美紀(川村学園女子大学、小貫大輔氏SP)水上慎也(国立神戸大学、マナウス日伯初等中等学校AM)水野桂子(東京女子体育大学、サンベルナルドドカンポ市役所SP)三ツ谷留美(近畿大学、平成学院SP)宮本菜里(京都大学東洋紡・ド・ブラジルSP)山内和歌子(沖縄国際大学、国就労者情報援護センターSP)渡部笑(秋田経済法科大学、国際交流基金SP)



アクセス数 4509876 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.0981 segundos.