HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




藤本和弘兵庫県副知事をお迎えしました。(画層掲示板よりの転載)
画像掲示板で話題になっているブラジル戦後移住50周年記念式典、ブラジル移住95周年の各種行事に合わせ日本からの慶祝訪問団が押しかけ賑わいましたが、広島県人会館の落成式、岩手県人会の45周年記念、宮城県の宮城仙台七夕祭り25周年等の大きな行事が報道されていますが、パラナ州と姉妹県提携のある兵庫県からは藤本和弘副知事が来伯されパラナ州との交流とサンパウロに於ける兵庫県人会の親睦会が文協の小講堂で行われました。神戸生まれの神戸育ち間違いなく兵庫県人ですが遠隔地?に住んでいる関係上これまで一度も参加していませんでしたが、今回は初めて参加させて頂きました。神戸のMASAYOさんからの書き込みに端を発し画像掲示板に日伯協会の黒田公男さんのお話と国立海外日系人会館建設推進等の話題と共に寄稿集に纏めて置きます。
写真は、7月27日(日)の兵庫県人会親睦会に参加された皆さんの記念写真です。


和田様、こんばんは。
昨日はメリケンパーク沖で海上花火大会がありました。
毎年の神戸の名物ですが、いつも混雑がいやだったのですが、今回はポートアイランドに空きバースができそこから見ることができました。

MASAYO 様
梅雨も開けて夏の花火大会ですか。MASAYOさんの住んでおられるポアイは、神戸の行事の中心地になりつつありますね。
本日、サンパウロで兵庫県藤本和弘副知事、MASAYOさんの取材に答えて下さった黒田公男さん他2名の戦後移住50周年記念行事に参加された兵庫県関係者を迎え歓迎県人親睦会がサンパウロの日本文化協会の小講堂で開催されその後昼食会を貴賓室で行いました。遠隔地に住んでいる関係上今回初めての兵庫県人会参加でしたが、楽しい一時を過して来ました。追々関係の記事も掲載して行く積りですが、日本文化協会の正門前での兵庫県人の記念写真及び昼食時のサンバ踊りと記念写真?を貼り付けて置きます。

和田様
サンパウロで式典があったのですね。
うわ、黒田さんが写っていますね。
先月は移住センターに行きませんでしたので黒田さんにもお会いしていません。
盛大な行事だったようで皆さん、笑顔がいいですね。

MASAYOさん
兵庫県の藤本副知事さんの関係ニュースがニッケイ新聞に出ていましたので転載して置きます。黒田さんは、今後国立海外日系人会館推進協議会事務局長として神戸移住センターの保存、活用のキャンペンを展開して行くと熱ポク語っておられました。御手伝いして上げて下さい。
写真は、藤本副知事と黒田公男さんです。

■「日本にいるようです」−藤本副知事の感慨―兵庫県人会が親睦会 (ニッケイ新聞7月29日付け記事)

兵庫県人会(尾西貞夫会長)は、二十七日午前十時から、文協ビル小講堂で「藤本和弘副知事歓迎県人親睦会」を催した。兵庫県からは副知事の他、丹羽修兵庫県国際交流協会専務理事、黒田公男兵庫県日伯協会前事務局長、西口信吾国際交流課長補佐らが出席。ブラジル側からは、上野アントニオ元下院議員、ニウトン・バルボザ・リマ連邦下院議員の他、県人会員百五十人が出席した。
 会は、岸本実副会長の開会宣言の後、先没者に対して一分間の黙祷。尾西会長に続いて藤本副知事があいさつした。「地球の真裏にいるがブラジルではなく、日本のほかの市に来た気分だ。これは、皆さんが日本文化を長年にわたって守ってきたおかげ」と賞賛した。
 途中、丹羽専務理事が高齢者表彰、兵庫友好親善大使任命を行った。高齢者表彰では、山本善三郎さん(九六)、後藤留吉さん(九五)ら十八人が表彰された。高齢者を代表して魚谷渉さん(八二)が「高齢者の立場に立ってみると、自分に近い人たちの支援のおかげで、今日まで生きてきたことを実感する。また、積み重なった知識や体験を、次の時代に受け継いで行かなければと思う。しかし、実際引き継がれていないことが残念だ」と、思いを語った。
 式典後には、記念撮影や懇親会行なわれ交流を深めた。

和田さま、こんばんは。
わ、黒田さん、とてもダンディーです。
今度、移住センターに行ってそう申し上げておきます。(笑)
飾らないお人柄、情熱は人一倍ですね。
せいいっぱい応援させていただきます。
移住センターが国立海外日系人会館となるのはまだ大分先のことですね。
確か2008年くらいじゃなかったでしょうか。

MASAYO さま
日伯協会の黒田さんは、国立海外日系人会館促進協議会事務局長としてブラジル移住100周年記念の年に当たる2008年迄に日系人会館を整備、完成させるための縁の下の力持ちとして頑張って下さるようですが、今回の来伯は、ブラジルの各種日系団体との話し合い意見交換を通じて強い手応えを感じられたのではないかと思います。姉妹県のパラナ州、神戸市と姉妹都市のリオ、姫路市とロンドリーナ、加古川とマリンガと太い姉妹都市としての繋がりもあり今回、兵庫県に留学した県人の子弟が10数名が兵庫友好親善大使に任命され日伯交流の架け橋としての活躍が期待されますが式典で働いていた2名の友好親善大使のお二人と撮られた写真を貼り付けて置きます。機会があれば黒田さんにも見て頂きたいのですがPCは、触らないとのご方針で目に留まる機会もないでしょうかね。

和田さま、黒田さんはPCはまったく触られないしHPのこともご存じないのですよ。
ですから印刷して黒田さんにお届けします。
ちょっと移住センターにもご無沙汰していますので、ご挨拶がてらに。

MASAYO さま
黒田さんに宜しくお伝え下さい。
これからも私たちの日本に置ける最後の町、神戸移住センターの国立海外日系人会館への移行の推移等のフォロウと共に神戸の明るい話題を提供下さい。
何時も有難う御座います。



アクセス数 4527251 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1621 segundos.