HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




『グラマード体験記』 研修生 成毛 麻実さんの寄稿
日伯交流協会の第23期研修生は、現在ブラジル各地で35名が研修していますが私が御手伝いしている南伯地区には3名が研修中で外国人登録証の原本が予定期限内に挙がって来ないことからその延長も兼ね州外旅行も解禁となり3ヶ月振りに元気な姿を見せて呉れました。成毛さんは、現在サンタカタリーナ州ラーヂエスの町にあるヤクルトの林檎ジュースを搾る工場で研修させて頂いております。暖冬?の凌ぎ易い日曜日、サンパウロから写真の個展開催の為に来ていた仁尾君(第16期生)も誘い紫陽花の町グラマードに出向いた。1日では周り切れない町ではあるが成毛さんに一日レポータとして『グラマード体験記』を書いて貰いました。紫陽花が咲き始める11月以後にまた訪ねて見たいとのことでしたので第二部を書いて貰えるかも知れません。滝つぼまで降りた900段の階段が矢張り一番印象に残ったようですね。写真はその滝つぼの前で撮らせて貰ったものです。


2003年8月3日Porto Alegreに近いGramadoに行った。どんな町だか何の予備知識もなく、とりあえず寒いから上着を持っていくようにとのことだった。Porto Alegreから車で約2時間。町の入口にはきれいな門があり、道の両脇には枯れてしまっていたが相当な数の紫陽花が植えられていた。紫陽花というと日本の梅雨のイメージがあり、私は日本風な花だと思っていた。しかし、西洋文化を持つDOM PEDRO二世がこよなく愛した花だと和田さんが教えてくださった。満開時には紫陽花の海をかきわけて車が進んでいくだろうなと、茶色い花を見ながらちょっと残念に思った。
車を降りると、寒いどころか汗ばむくらいの陽気だった。Lago Negroには白鳥の足こぎボートに乗るための列ができ、湖面には無数の白鳥が散り散りになっていた。Chimarraoを片手にくつろぐ人、湖の周りをジョギングする人、それぞれの休日を楽しんでいた。
Gramadoはチョコレートで有名らしい。
なるほど、町の中には何軒もチョコレート屋さんがある。一粒味見をしてみると、確かいにおいしい。それなりの値段もする。日本で一粒2―300円する海外の高級チョコが流行っているが、ここのチョコも売れるんじゃないかと思った。
Gramadoの隣り,Canelaというところに滝がある。上から見る滝も迫力があるが、なんといっても滝つぼ近くまで行って水しぶきを浴びなくてはならない。900段以上ある階段を恐る恐る降り始める。初めは快調に降りて行ったが、だんだんと膝が言うことを利かなくなってきた。昇ってくる人も息が荒く、帰りは私もこうなるのかと早くもフアンになりながら下へ下へと降り続けた。汗が出始めるころ滝からの涼しい風を感じる。もうこれ以上降りたくないと思うと、滝つぼが眼の前に広がりその思いもどこかに吹き飛ぶのである。しばし、上からひっきりなしに落ちてくる水の流れに見とれながら体を休ませた。これからのぼらなくてはならない階段のことを思うとなかなか腰が上がらないが、いつまでもここにいるわけもいかなく、腹をくくってのぼる。何十段かのぼっただけですぐ息があがってくる。次の踊り場で休もうと心に決め、そこまで何とか頑張る。普段あまり運動していないのと、下りで疲れている分、少し休んだくらいではすぐには回復できないのである。トコトコと駆け降りる男の子もいたり、自分の体力の無さを改めて感じた。先が見えないので、あとどのくらい上がればいいかわからない。と、そこに降りてきた人から、ここが最初の休憩所という言葉耳に入ってくる。それを信じてもうひとふんばりと思い、ついに昇りきった。思っていたよりも短い印象があったが、汗はかき、息も絶え絶え、足はフラフラと次の日の筋肉痛が心配になった。ご飯を食べる前で良かったと思ったのと、水を用意しておかなかったのが反省点である。
お昼はカフェ・コロニアルをごちそうになった。これでもかというくらいテーブルの上にはたくさんの料理が置かれ、その上デザートは別にあるというのだからブラジル人の胃はどうなっているのだろうかと不思議でならない。全種類試して見たかったが、それは到底無理な話だった。ぶどうジュースがとてもおいしかった。
腹ごなしにGramadoの町を歩く。日本人のブラジルのイメージとは程遠い。ヨーロッパを感じさせる街並みがそこにあった。映画祭も開かれるという立派な映画館。道の両わきにたくさん並ぶお店の数々。目隠しをして連れてこられたらそれこそそこはブラジルとは思えないような風景だった。さすが、多民族国家ブラジルだと思った。北部に行けばまたこことは全く違う景色があるにちがいない。
Gramadoはきれいでかわいらしい町だ。私は日帰りの滞在だったが、自然が豊かで休日をゆっくり過すのにとても良い場所だと思う。また機会があれば、今度は紫陽花の咲く頃に行って見たい。
06/08/03 Lages ― SC 
第23期日本ブラジル交流協会研修生
成毛 麻実



アクセス数 4560371 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1243 segundos.