HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




神戸移住坂を書かれた楠本先生からのお便り欄
楠本利夫先生(立命館大学客員教授)の書かれた神戸移住坂をニツケイ新聞から転載させて頂いた所、御礼のメールが来て何度か連絡を取らせて頂いております。これから定期的に栗本先生からのお便りを掲載させて頂く楠本先生お便りの欄を設けました。その第一信として【神戸移民船乗船記念碑などについて、余り知られていないこと】を書いて頂きました。今後楠本先生からのお便りをこの欄で紹介して行くことにします。
トラホームの事を「阪神タイガーズの選手寮」と間違う昨今の大学生気質が面白く18年振りのタイガーズ優勝の年の最高のジョークとして嘘のような本当の話に笑いが止まりません。これからも是非面白い話をお聞かせ下さい。
写真は、神戸訪問時に撮った神戸の移民船乗船記念碑「希望の船出」の前での一枚です。


9月24日、「海外日系人大会」で、ブラジルの皆様と久しぶりにお会いでき、大変うれしく存じました。今日は、神戸の移民船乗船記念碑などについて、あまり知られていないことを、ご参考までにお知らせします。

1、完成除幕式:2001年4月28日としたのは、21世紀最初に到来する「笠戸丸神戸出港日」にあわせたのです。日本人の国際展開の先駆者である移住者のことを、風化させることなく21世紀に語り継ぐため、この日に除幕しました。
2、礎石の揮・「希望の船出」は、元・神戸市長笹山幸俊氏の筆によるものです。
3、記念碑の周りの芝生の中の敷石は、神戸港の新港埠頭に実際に敷かれていたものです。かつて、移住者はこの石を踏んで移民船に乗り込んだのです。
4、2008年(笠戸丸100年)目標で旧移民収容所を「国立海外日系人開館」とするべく、「推進協議会」ができました。神戸は、移住者のことを知っている市民がまだたくさんいます。移住者に対して大変暖かい町なのです。
5、「移住坂」には、ブラジル教会風のデザインの「交番」があります。イペの木も試験植栽しています。「移住者が歩いた道」モニュメントもあります。
6、私は、大学での講義(地域国際関係論、自治体国際政策論、多文化共生社会論)では、かならず「海外移住〜日本人の世界展開」について話をします。学生は興味を持って聞いてくれますが、移民収容所での「トラホーム」検査の話をすると、トラホームを知らない学生から、「阪神タイガースの選手寮」ですか、と聞かれて驚くこともあります。

以上、あまり知られていないことを書いてみました。
皆様のご健勝をお祈りします。楠本利夫



アクセス数 4663514 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1146 segundos.