HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




学移連=50周年に向け準備始動=世界のOBらと交信へ=メーリング・リスト=「夢・ベテラン」運用=移住者団体では珍しい試み
『私たちの40年!!』HPでも日本学生移住聯盟に付いては、学移連30周年記念誌の発行当時の学移連委員長木戸政行さんの挨拶文【寄稿集177番目】最近では寄稿集321番目で夢・ベテラングループの紹介等を掲載しております。私も最初にあるぜんちな丸第12次航で移民船に乗り込んだ当時は、早稲田大学の海外移住研究会のメンバーであり2年間南米7カ国を移住地訪問に焦点を当てて見て回りました。
1月20日にサンパウロでこの学移連の2004年度の新年会があり久し振りに参加させて頂きました。還暦を迎えたメンバーには、赤いチャンチャンコならぬ赤いTシャツが送られるとの事で今年還暦を向かえられる尾崎さんと62歳の石井千秋さん(ミューヘンオリンピックの柔道で銅メダルをブラジルにもたらせた早稲田の猛者)と既に64歳になった私の3名がこの学移連と刺繍した赤シャツを贈られました。写真は、赤シャツ組み3人を囲んでの記念撮影です。
当日メンバーとして参加されていた三重大のニッケイ新聞記者の深沢さんが22日付けでニッケイ新聞に掲載された記事を下記して置きます。


1月23日(金)
 ハイテク交信で五十周年を盛り上げよう――。旧日本学生移住連盟のOB会(日比野亘幹事)の新年会が二十日夜、リベルダーデ区のカラオケ居酒屋ポルケ・シンで行われた。来年創立五十周年を迎えることから、インターネットのメーリング・リスト「夢・ベテラン」を使って情報交換を緊密にする方針を発表するなど、独自の存在感を打ち出した。
 「来年の五十周年には日本から多数の来賓が予想されます」と日比野幹事は発表、受入れ体制などについての協力を求めた。それに対し、参加した約二十人は、盛大な拍手で歓迎の気持ちを表わした。今まで周年行事を行ってこなかった学移連だが、五十周年には大きな期待を込めている。
 第一回実習団十二人の一人として一九六〇年に来伯した大束員昭さん(おおつか・かずあき 六五 福島県)は昨年、南米関係のOB会名簿を作成し、ブラジルの八十四人、パラグアイの六人、アルゼンチンの三人などの連絡先を確認した。
 その時、「もっと頻繁に交信する機会が持てないだろうか」という希望が寄せられた。従来、サンパウロ周辺在住者を中心に顔合わせ行事は行われてきたが、OBは全伯どころか日本や南米全域、カナダ、アジア諸国にもいる。国境を越え、なおかつ簡単に交信できる方法とは?
 そこで、大束さんはインターネットのメーリング・リスト(以下ML)を使うことを考えた。MLとは、電子メールを入会者全員が同時受信するシステム。例えば、何か全員に伝えたいことがあれば、ML宛てにメールを一通発信すれば、自動的に入会者全員に同時に届く。
 商工会議所などの新来日本人の多い団体や、二世三世の若者が中心の団体では、すでにMLはよく知られたシステム。だが、パソコン利用を前提とするため、今のところ移住者中心の組織で運用しているところはほとんどない。その意味では画期的な試みともいえそう。
 昨年十一月十六日からML運用を始め、ブラジル在住者を中心にアルゼンチン、パラグアイ、日本の学移連関係者十九人が参加している。一月十日にOBの一人、パラー州モンチ・アレグレ植民地の岸靖夫さん(農場経営)が亡くなったことも、MLを通して瞬時に伝えられ、みなを驚かせた。
 同MLの名前は「夢・ベテラン」。大束さんは「夢を持って学生時代を過ごしている人が、今ベテランになってどういう夢を見ているか? という意味を込めました」と命名の理由を説明する。
 現在のところ、OB中心のMLとなっているが、「これから先は学移連OBだけにこだわらず、世界各地で専門分野のベテランとして活躍しておられる皆さん方が、電子メールを使って楽しく同時交信できるようになれば」と大束さんの夢は広がる。
 今回の新年会で参加を呼びかけた結果、新たに九人が加わった。学移連関係者で参加したい人、もしくはこのシステムに興味のある人は大束さん(o.kazuaki@uol.com.br)まで電子メールを。



アクセス数 4506556 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.2053 segundos.