HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




画像掲示板の書込み一部永久保存開始。(6)
画像掲示板の書込み保存第6回目です。使用ソフトの関係で1回に1万語までですのでそれ程沢山は、保存できません。掲示板より写真を見ながらもう1年半も前の書込みを読み直して見る作業は、結構懐かしく楽しいものです。5月30日の画像掲示板のアクセス数が18814回で書込数が1224回ですので15回のアクセスに1回の書込みという数字が出てきます。『私たちの40年!!』HPの画像掲示板は、内容が管理人の書込み(寄稿集のPRとか個人的な書込み)が多い性かその内容が偏っている為か気軽な書込みが少ないようで残念ですが参加する書込み掲示板よりお知らせを見る掲示板になっている様です。どうすればもっと参加し易い掲示板になるのか研究して見る必要がありそうですが、それでも大いに役立ち喜ばれているのではないかと思います。
写真は、神戸在住の神戸じいじさん事、香西仁さんの年賀状のダイサギの雄大な飛翔をお借りしました。有難う御座います。


132.Re: ブラジル人の友達
名前:吉田文彦 日付:12月17日(火) 4時44分
神戸様
MASAYO様
拙文を読んでいただき、恐縮です。また義理人情という言葉でウリシスの行動を解明しようとされたことを感じ、驚きました。確かにあの当時ウリシスの善意の根源を解明しようと考え込みました。日本では洋画ばかり見て日本映画は観ず、日本にいるうちに義理人情などというものを体験しないうちにブラジルに来てしまい、ブラジルでもこれが義理人情だと教えてくれる人もいないまま今まできました。
私はその時までウリシスに特別に親切なことをした訳でもなく、普通の友達として付き合い、何も貸しを作ったわけではありません。ですから義理などなかったわけです。
ウリシスの行動を私は次のように解釈しました。ご承知のようにブラジルの人口の80%はカトリック教徒です。カトリックの教えに拠れば、人間は皆神の子で兄弟である。だから隣人を愛しなさい。と教えられます。(この場合の神とは宇宙の創造主としての全智全能の神で、あなたがたが信じている神とはちがいます)ブラジル人の思考の根底にはこのバックボーンがあります。隣人を愛すなどと言う言葉は理屈ではわかっても、なかなか理解できないでしょう。(日本のような温帯の国で熱帯が原産の米を主食とし何度も米が出来なくて飢饉のため大勢の人々が死んだ国では、隣人を愛せよなどと言う思想は育たないでしょう)ブラジルは食料があったのでそのような思想が定着したのでしょう。
次に考えなければならないのはブラジルは階級社会だということです。上流階級、中流階級、下層階級とはっきり分かれています。この3つの階級の間には対話がありません。各々の階級のなかでグループを作り助け合います。ウリシスの行動はこの2つの思想上また社会的な要因から出たと思われます。日本では80%が中流階級と言われ、キリスト教徒が5%以下だと言われていますが、そのような国の人にいくら説明してもわからないとおもいます。
ただはっきりしていることは、日本人は失業したこともなければ、新しい仕事をどのようにして探せばよいか知らない人が多いのではないでしょうか。その点ブラジル人はクビになることが多いので、どうやって仕事を探せばよいか心得ています。どこにどのような仕事があるか情報も豊富に持っています。

151.Re: ブラジル人の友達
名前:Michiko 日付:12月23日(月) 23時44分
吉田様、はじめまして!
素晴らしい友人に出会われて、本当に良かったですね
親以外、自分の事を親身になって考えてくれる方は滅多にいないものと思っています。
姉の勤めていた会社にも、ブラジル2世が沢山きていたそうです。
若い世代の人ですから保育園に通うような小さな子を持った家族が何家族もいたそうです。
ミシンがけや裁縫が出来ない人が多く、保育園に持っていくお昼寝用の布団を姉は何十枚も作ったそうです。義兄は自分で辞書を作り、2世達との交流に努めていました。
吉田様の記事を拝見し、遠い国でブラジル人に助けられた人もいるのだから、遠い国から来た人に、親身になってやるという事が、如何に大切かとつくづく感じました。
今年もまた2世達をお呼びして忘年会をするといっていました。
不況で姉の会社も随分整理したそうです。
ブラジルに帰った方も沢山いると聞きました。日本に来てよかったと少しでも思えるような気持ちを大切にしたいな・・と思っています。
これからもお元気でご活躍くださいませ
遠くから祈念しております。
良いクリスマスを・・・音楽のプレゼントです。

153.Re: michikoさん書き込み有難う御座います。
名前:和田 好司 日付:12月24日(火) 9時5分
michiko さん
ホワイト・クリスマスの曲有難う御座います。ビング・クロスビの渋い声が聞けて来そうです。特に後半のピアノの強打が良いですね。うっとりする3分半でした。日本は文字通りホワイト・クリスマスの夜になる町が多いようですね。羨ましいです。暑ければ寒さを望み、寒ければ暑さに憧れる身勝手ですね。michikoさんのHPが我々ブラジルに住むものにはオアシスのように感じさせられます。花のアルバム何度見ても飽きません。これからも更新を続けて下さい。お姉さま御夫妻を通してブラジルと強い繋がりがあるようで私たちの子供達に当たる日系ブラジル人がお世話になっている様で感謝に堪えません。これからも宜しくお願いします。
ショッピングセンターのクリスマスの飾りでも贈ります。

168.Re: ブラジル人の友達
名前:Michiko 日付:12月26日(木) 0時59分
あざやかなクリスマスの飾り、外国という感じが致しました。ありがとうございました!
あっ!という間にクリスマスも終ってしまいました
イブには上智大学にありますイグナチオ教会のミサに行ってきました。
クリスチャンというわけではありませんが、若かった頃の感動をもう一度と思ったのです。やはり荘厳な雰囲気、賛美歌を歌ってきました。なんとなく神を信じる気持ちが湧いてきました。
バーチャル座談、拝読しているのですが皆様のように書き込むことが出来ず、つい尻込みしてしまいます。
しかし写真集などを拝見しますと皆様、いろいろな苦労がありましたでしょうに、どの方も晴れ晴れとした表情・特に女性の方の笑顔が印象的でした。
「一本の根をおろした」・・とお書きになっていらっしゃた方がいましたが、本当にそうだと感慨を受けました。
来る年が皆々様にとって、さらによい年となって欲しいと願わずにはられません。どうぞ、健康にご留意なさって選んだ道を邁進してくださいませ

169.Re: Michikoさん 感想集の欄を設ける事にします。
名前:和田 好司 日付:12月26日(木) 1時53分
Michiko さん
ご感想有難うございます。Michikoさんの書込みを見て『私たちの40年!!』HPをご覧頂きその感想を寄せて下さった方の書込みが消えて仕舞わない間に永久保存する寄稿集の一つに小さな書込み感想集を設けて保存していく事を思いつきました。一般の書込み記録と違い感想集として残して行く事にしてその第1号をMichikoさんの今回の書込みを使わせて下さい。写真はMichikoさんのHPから花の写真を選ばせて頂きます。
これから色々な話題を選んでバーチャル座談会を続けて行く予定にしておりますので気の向いた話題が出てくればご発言下さい。改まらなくても今回のようなさりげないコメント、感想が嬉しいですね。花嫁移民として一人でブラジルに来られた吉川さんもお孫さんに囲まれ今も文房具屋さんを遣っておられるとの事、サンパウロに出た時に一度訪問して見たいと思ってます。
これからも宜しく。

173.Re: ブラジル人の友達
名前:吉田文彦 日付:12月26日(木) 22時7分
Michiko様
あなたのお姉さんがブラジル人とかかわりのあるお仕事をされているそうで大変だなあと思いました。彼らは会社では服装が悪いとか、礼儀を知らないとか、家に帰ればゴミの分別を知らないとか大家さんに小言を言われ、毎日カルチャーショックの狭間で悩み、夜ベッドにはいってから悔し涙を流しています。そのような彼らを慰めるには、やさしい言葉がいちばんです。かれらはセンチメンタルな国民ですから、かわいそうに今によくなるからと言えば、とても喜んで元気を出します。彼らには現実的な助けよりやさしい言葉がとても慰めになります。

175.Re: ブラジル人の友達
名前:Michiko 日付:12月27日(金) 1時35分
そういう方もいらっしゃるでしょうが、皆さん明るくて、気持ちがよいと姉はいつも云っています。
里帰りした時など、お土産などを届けてくださるそうです。私もおすそ分けで布巾や、石で出来た飾り物をいただきました・・
気持ちは、下手な日本人より日本的・・といっていました。
一度、小さな子を連れてきたときに逢った事がありますが、人懐こくて若いお母さんも物怖じせず、とってもよい印象を受けました。
心は通じる物と思っています
地球の反対側・・という考え方をすればとても遠い国と思いますが、宇宙全体から見れば、同じ地球人・・・
何かの縁で知り合った人々と気持ちよく、過ごしたい物ですね
いやな印象を受けた方にお詫びしたいような気持ちです
意地悪な人ばかりではありませんので、吉田様も安心してくださいね
間もなく新年、吉田様にとって良い年となりますように・・・

180.世界一の大聖堂
名前:吉田文彦 日付:12月30日(月) 11時1分
私の住んでいる場所は世界一の大聖堂の近くです。友だちが来るといつも連れて行きます。私もそこの展望台からの眺めが素晴らしいのでよく行きます。あるとき会社をクビになったとき毎日何もすることがなかったので、そこに行きました。早く仕事が見つかる様に祈ろうと思いましたが止めました。というのは私はカトリック教徒ではないし、困ったときの神頼みなどあさましい事だと思ったからです。そのまま家に帰りました。
しかしその一週間後ウリシスが彼の会社に仕事があるから、面接に来いと電話をかけてきました。
その会社の知能テストに通らなくて不合格になったとき、また私はその大聖堂に行きました。しかし祈りをするわけでもなく、国の守護神を見つめただけで家に帰りました。
その一週間後ウリシスは奇跡が起きたと電話してきました。
私は神に助けられたと思いました。ベン ハ−という映画でベン ハ−が刑場へ引かれていくキリストに水を与え、家に帰ると母や妹の瀬病が治っていたことを思い出しました。
神様は私が祈らなくとも私の心情を見抜いて助けてくれたのだと思いました。高校時代宗教の時間に先生が奇跡がなければ宗教というものはありえないと言ったことを思い出しました。また、神様は道端の小草にも愛を注ぐ、ましてやキリストの兄弟であるあなたに愛情を注がないなどと言うことはありえないと書いてあった本の一部を思い出しました。
工学を修めた私が奇跡について、また宗教について考える機会に出会ったと思いました。

181.Re: ブラジル人の友達
前:MASAYO 日付:12月31日(火) 22時29分
吉田さま、すばらしい心に沁みるお話をありがとうございます。
私は神様を信じるものではありません。
無宗教者ですが、祈る心は信じます。
想いは通じると思っています。
祈る対象は違いますがこの祈る心、想いが自分にとっての宗教なのかなと思っています。

182.迎春
名前:桐井 加米彦 日付:1月1日(水) 5時12分
あけましておめでとうございます
旧年中は大変お世話になりました
本年もどうぞよろしくお願いいたします

178.テレビ放映「ブラジル移民」を視聴して
名前:桐井 加米彦 日付:12月29日(日) 20時13分
本日、大分のテレビで大分県からブラジルに移民された方々の物語が放映されました。大分県からは1960年に初めて貴国に移民したそうです。もう40年余りになります。その子どもさんたちが現在大分に留学されています。
日本からブラジルへの最初の移民は1908年だそうですね。日本から貴国への移民は26万人で貴国が最大だと言っていました。他にはハワイ、カナダ、アメリカ、ブラジル以外の中南米諸国等でしょうか。
それぞれ裸一貫から波乱万丈の苦労をされて今日を築かれてた様子が放映されました。
例えば、ある方は長男、次男と次々に亡くし悲嘆に暮れた日々、しかし、それを乗り越え今日の幸せをつかんだ。即ち、現在では孫3人に恵まれ、東京ドーム5個ぐらいの大きさの花卉栽培園芸経営者になった。またある方は袋を作る大きな工場経営者に成功した話などあり大変感動しました。
しかし、皆さんが全てサクセスストーリーばかりとは限りません「禍福はあざなえる縄の如し」ですからいろいろあると思います。中には不運にも志し半ばにして病で倒れた方もおられましょう。
ただ、ブラジルに移民された皆さんには「やる気」と「心意気」を感じました。今後、二世、三世の世代に「如何にして日本の伝統や文化を伝えるか」が問題だとブラジル移民の親達はおっしゃっていました。
本日は和田さんとの関係もありとても興味関心をもって視聴しました。
和田さんの持つホームページの意義は大きいと感じました。

183.Re: 留守中とはいえ返事が滞納して御免なさい。
名前:和田 好司 日付:1月1日(水) 8時11分
桐井 加米彦 様
色々書込み有難う御座います。大分のテレビでブラジル移民の方を取り上げた番組が取り上げられたとの事、嬉しいですね。大分県の出身者ではコーヒー王と謳われた宮本さんと云う戦前移民の大先輩がおられましたがパラナのコルネリオプロコピオという町に大きなコーヒー園を持っておられました。今回紹介されたのは1960年が最初との事ですので我々と同じ戦後の移住者の歴史を辿ったものと思います。これからも2008年の日本移民百周年に向かい同様のドクメンタリーが多く日本でも紹介される事を期待しております。『私たちの40年!!』HPがそれらの放映の際に興味を持って見て頂ける端緒となれば望外の喜びです。戦後移住史の一部なりともこれからも丹念に記録して行きたいと願ってます。
隣りの州のサンタカタリーナ州のフロリアノポリスまで片道520kmを車で出かけました10日間借りた家に電話がなく近くでADSLの接続等TRYしましたが結局旨く行かず予定より2日早めて暮れの12月31日に子供達を残して戻って来ました。メールがメールマガ等を入れて165件、返事を出す必要のあるメールが30件近くあり正月はPCに縋り付いて過す事に成りそうです。第3回バーチャル座談会後編も明日1月1日(ブラジル時間)にはUPする予定です。
来る年も宜しくお願いします。

182.迎春
名前:桐井 加米彦 日付:1月1日(水) 5時12分
あけましておめでとうございます
旧年中は大変お世話になりました
本年もどうぞよろしくお願いいたします

174.タンポポ
名前:SHIMIZU 日付:12月26日(木) 22時20分
和田さん 今晩は
エストレモーザの写真ありがとうございました。
和田さんは神戸高校のご出身ですか。私も高校時代に定期戦やその他の試合で神戸高校によくお邪魔しました。バス道から校舎までの坂道はなかなかいいですね。先日撮影したタンポポの写真です。左が外来種のセイヨウタンポポ、右が在来種のカンサイタンポポです。
アメリカの東海岸でタンポポが咲いているのを見ましたが、ブラジルでは咲いているのでしょうか?
お願いですが、私のホームページに和田さんのHPへのリンクを貼らせていただけませんか。

185.Re: タンポポにも色々あるのですね。
名前:和田 好司 日付:1月1日(水) 12時7分
SHIMIZU 様
タンポポにも色々あるのですね。ブラジルのタンポポ見つけて見ます。こちらにもタンポポはあります。
SHIMIZUさんも地獄坂を登られた事があるのですね。バス停からだとそれ程でもないですが市電の原田か国鉄の灘駅から登ると本当にきついです。それこそ地獄坂です。遅刻しそうになると市電を見切り加納町からバスに乗り換えていました。懐かしい通学路です。
『私たちの40年!!』HPをリンクして頂けるとのこと相互リンクとして『私たちの40年!!』HPにもリンクさせて頂きます。
サンタカタリーナ州のフロリアノポリスに咲いていたハイビスカです。

187.第3回バーチャル座談会(後編)UPしました。
名前:和田 好司 日付:1月1日(水) 13時0分
ブラジル時間1月1日やっと第3回バーチャル座談会UPしました。ご意見等賜れれば幸甚です。
第3回バーチャル座談会からは桐井 加米彦さんにも参加、協力頂きその前編を12月21日(土)に一足先にUPしました。色々なコメント、感想、御批判等を掲示板、メール等を通じて頂いておりそれらの一部も紹介しながら後編として2003年度最初の寄稿集201番目として掲載します。第4回の2月からはブラジルの各界で活躍しておられる方にお願いして各論というかメインテーマを設定しそれに対して日本側の皆さんにご意見、ご質問を頂く形式でブラジルを語って頂く事にしたいと思います。2月は1月1日にブラジル大統領に就任するルーラ労働党名誉総裁への期待を込めてブラジルの政治、経済を中心に取り上げて見たいと思います。3月にはブラジルに置ける日語教育の問題と今後、4月にはブラジルに置けるサッカーの締める地位、その後も文化(映画、音楽)、移民史、日伯青少年交流等のメインテーマの設定とそのコメンテター(発言者)の協力をお願いして行く予定です。
今回の写真は、桐井さんのHP『詩とエッセーの広場』のトップを飾る《湯の町別府、観輪より望む高崎山》を使用させて頂きました。

190.MLを通して皆さんにお知らせしました(下記内容)
名前:桐井 加米彦 日付:1月1日(水) 19時55分
皆さま  明けましておめでとうございます    大分市の桐井です
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
日系ブラジルの和田好司さん主催「バーチャル座談会 新春放談(後編)」をUPしました。
「地球の裏と表 日本とブラジルの違いを語る」と題して対談しています。
トップのページにリンクしていますので、お暇の折ご覧くださると光栄です。

191.Re: MLを通してのお知らせ有難う御座います。
名前:和田 好司 日付:1月1日(水) 20時25分
桐井 加米彦 様
早速、第3回バーチャル座談会(後編)のPR有難う御座います。出来るだけ多くの皆さんに見て頂きたいですね。2月は5200万票を得て世界で11番目の国力と1億7千万人のブラジル人の期待を背負い本日大統領に就任した左派労働党のルーラ大統領への期待と困難が予想されるブラジル経済の現状等を皆さんと語り合えればと思っております。ご協力下さい。
写真は、サンタカタリーナ州のフロリアノポリスの海浜の景色です。毎日トレッキングを楽しみこの様な景色を満喫してきました。

188.2003年初日の出
名前:master 日付:1月1日(水) 15時10分
新年明けましてお目出度う御座います。
今日の別府は快晴の正月日和です、朝方近くの扇山に登り別府湾に昇る初日の出をデジカメに撮りました、本年もどうぞ宜しくお願いします。

194.Re: 2003年初日の出良いですね。
名前:和田 好司 日付:1月2日(木) 6時28分
佐藤 船長
旧年中はお世話になりました。新しいリンクを見させて頂きました。日本の故郷を見て回れるので楽しみです。MASAYOさんの好きです神戸もリンクされており嬉しくなりました。
今年も宜しくお願いします。
こちらは日の出を仰ぐ機会が少なく年越しの花火が中心の大騒ぎか海辺でその年の最初の7つの波を飛び跳ねると良いとかで海浜に残してきた娘達に電話をしたところその年越しの波飛びの最中でした。
写真は、TVでリオのコパカバーナの海岸に200万人の人出があった年越しの花火の様子です。余り旨く取れませんでしたが雰囲気は感じて頂けるのではないかと思います。
今年も宜しくお願いします。

189.皆様、あけましておめでとうございます。
名前:MASAYO 日付:1月1日(水) 18時32分
昨年は不思議なご縁で和田様をはじめ多くの方とお話できるようになりました。とても楽しかったです。どうぞ今年もよろしくお願いいたします。
和田さまにご挨拶に来させていただいたらなんと後編をUPされていました。
少し?(笑)お酒が入っていたので文章が支離滅裂でしたのに恥かしいです。
和田様は作業が手早いので付いていくのが大変です。(笑)

ブラジルのお正月風景はどんなのでしょう。
とても興味があります。
年末に神戸のハーバーランドというところにブラジル料理のお店があり、そこへ行ってきました。シュラスコもいただいてきました。
目の前で大きなナイフでスパッとお肉を(13種もあるそうです。)うすく切られ目の前の皿にいれていただきます。
そしてたまねぎのような野菜を小さくきったビネガーのようなものをつけていただきました。とてもおいしく感激でした。

193.明けましておめでとうございます!
名前:k2 日付:1月1日(水) 23時37分
和田様 明けましておめでとうございます。
此方神戸は弱い寒波に見舞われ、例年よりも気温の低いお正月となりました。
初詣に湊川神社に参拝し、遠いブラジルの皆様のご健康とご活躍をお願いしました。
☆写真は湊川神社の初詣風景です。

196.Re: 明けましておめでとうございます!
名前:和田 好司 日付:1月2日(木) 6時58分
湊川神社の初詣の写真有難う御座います。神戸に住んでいる頃は(高校時代まで)湊川神社には良く行きました。大倉山の図書館から下りて直ぐですし終戦後近くの裁判所の焼け跡でトマトか何か畑を作っていたのを覚えています。神戸駅の直ぐ近くで堀野布団店の堀野君が中学で同級でした。この前ハバーランドのホテルに泊まった時に電話して見たのですが不在でした。懐かしい場所の一つです。
100万人が集まったサンパウロのパウリスタ大通りの年越し風景をTVより撮ったものを貼り付けて置きます。

184.新年のご挨拶
名前:神戸じいじ 日付:1月1日(水) 10時13分
ブラジルの皆様、明けましておめでとうございます。
今年も、健康で明るくお過ごし下さい。

186.Re: 年賀状有難う御座います。
名前:和田 好司 日付:1月1日(水) 12時13分
香西 様
旧年中は大変お世話になりました。年賀状有難う御座います。この番の鳥は何でしょうか。
サンタカタリーナではカモメが海浜にいました。大した写真になりませんでしたが貼り付けて置きます。
今年も宜しくお願いします。

199.Re: 新年のご挨拶
名前:神戸じいじ 日付:1月3日(金) 6時0分
これは、「アオサギ」です。
番かどうか判りません。
2羽が飛び合っていたので写しました。

202.Re: アオサギですか。
名前:和田 好司 日付:1月3日(金) 11時1分
私も近い将来アオサギのような写真が撮れればと願ってます。忍耐を持ってチャンスを待つですね。それにしてもズームの利く一眼レフを導入したいですね。今日は63歳の誕生日で女房にそれとなく希望を告げて置いたのでその内実現するかも知れません。私の臍繰りでは無理なようなので大蔵大臣に予算申請と言った所です。
第四回バーチャル座談会の準備に入りましたので宜しくお願いします。

203.くれぐれもお体に気をつけてご活躍ください
名前:桐井 加米彦 日付:1月3日(金) 13時21分
和田さんは初春をいかがお過ごしですか。

もう第4回バーチャル座談会の準備をされるとありますが、和田さんのエネルギッシュなやる気に敬意を表します。
私は午前中NHKでウイーン・フィル・ニューイヤーコンサートを視聴していました。特に最後に演奏されたラデッキ−行進曲は印象的でした。
初春の別府市扇山の写真を2景添付しました。

205.Re:ささやかな【散らし寿司】で妻と二人で63歳を迎えました。
名前:和田 好司 日付:1月3日(金) 21時15分
いつもお便りありがとうございます。
新年はブラジル式に1月2日から事務所に出て電話番?をしながら今年の段取りを色々考えております。月に一度程度のブラジル経済の中心地サンパウロへの出張は続きそうですが、リオ、サルバドール以外にも、昨年訪問を果たせなかったアルゼンチン、パラグアイ、ボリビアの同船者の訪問等も実現させて行きたいし昨年4月の訪日をキャンセルしており日本行きもと欲張っていますが、今度は同伴させたい妻の大学の授業、休暇との調整もあり今年は無理かも知れません。
暫くは日本の皆さんとはバーチャル座談会で我慢する事にします。それにしても桐井さんのHPを突破口にした日本のIT仲間との大きな広がりに驚嘆しております。
第4回バーチャル座談会は、一部専用掲示板に掲載しておりますので桐井さんの書込み等が出てくればこの掲示板にも公開する予定ですので宜しくお願いします。
写真は、昨夜妻と二人だけの63歳の誕生祝(娘たちを海浜に残して来ているので)をささやかな【散らし寿司=江戸前】です。食べきれない大盛でした。





アクセス数 4561060 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.0991 segundos.