HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




5月4日(木)-5月19日(金)日本滞在13日の雨の訪日備忘録(その1)
今年も昨年より少し遅れた連休明けからの仕事の打ち合わせをする為に訪日する機会がえられた。その機会を生かし日頃『私たちの40年!!』MLを通じて交信させて頂いている仲間の皆さんと東京OFF会(5月7日夜新宿)、別府OFF会(5月12日夜別府)、関西OFF会(5月14日神戸舞子)の3箇所でお集まり頂いた。その他にも茨城県常陸大宮市の瑞穂農場、広島、小倉、大阪、草津、横浜、銀座、神田、西宮等でも個人的な懐かしいミニOFF会的な集まりを持つことができた。仕事上も2-3新しい仕込が具体化してこれからが楽しみですが、『私たちの40年!!』のHP、MLを通じての皆さんのご厚情は、私の財産であり大事な身に付いた私自身の一部でもあり今後とも大事にして行きたいと願っている。
既にMLで流したものを日にちを追って羅列しただけですが、2回に分けて記録して置きたい。
写真は、佐藤船長さんに撮って頂いた雨の別府鬼押し岩の温泉前の別府の市花と言われているツツジの花の前の一枚です。


5月4日 まだサンパウロです。
ポルトアレグレからやっとサンパウロまで移動、サンパウロで出国手続きをしてVARIGのVIPルームで過ごしていますが、INTANETは、無線(ワイヤレス)しか使用できないとの事で上手く設定が出来ず繋がりません。
サンパウロ発11時59分との事でもう明日の出発になりそうです。
初めてのファーストクラスでの旅、NYKも初めてですし少し落ち着きませんが何とかなるでしょう。
ではまた。

5月5日 ニューヨークJFK空港で成田行きの便を待っています。
昨夜、サンパウロの国際空港グアルリョスを真夜中の12時半過ぎに旅たち9時間半のフライト時間で10時過ぎにJFK空港に着きました。
生まれて初めてのファーストクラスの旅は快適で10名の座席に6人が乗っていました。使用機体は、777-200のボーイング機で前からファースト、ビジネス、エコノミーと並んでおり結国蛯ォな機体でした。座席は1-Aで一番前で機長の運転席が見える場所でした。スチュワデスは、親切で新聞、雑誌、出発前からシャンペンとサービスをして呉れました。
VARIGの機内食は昔に比べると質が落ちたとの評判ですが、流石一等は、しっかりしたもので満足至極でした。座席も足を前に伸ばせば略、180度横になれ毛布も呉れて良く眠れました。
NYKのJFK空港は大きくVARIGの到着したターミナルは、4番ターミナルでJAMAICA航空とか2流?会社が使用しているターミナルのようでしたが広くて気持ちが良く随分歩かされましたが入国手続きは最初の方で直ぐに遣って貰え、乗り継ぎでもあるし両手の人差し指の指紋採集と目の虹彩写真だけで3ヶ月滞在許可を貰いました。手荷物検査もトランジツトという事でフリーパスでした。
乗り継ぎのUAの搭乗は、ターミナル7との事で空港内を走っているターミナル電車に乗りUAのターミナルまで移動しCHK INカウンターの有る階まで行き自動搭乗手続き機の有るカウンターで自分で手続きし荷物だけを成田まで預けて搭乗手続きの手荷物検査兼出国手続き場に移動しました。窓口が5箇所程ありどうしたものか一番左側のクルー達が使用する所に並ばされました。後ろから来た乗組員が靴を脱ぎ大きなプラスチック箱に靴、上着その他と共に手荷物を出しているのでそれに倣い私も靴を脱ぎPCを鞄から出し写真機、携帯電話等と共に箱に入れて上着、手荷物鞄と共にレントゲン透視機?を通しさらに大きな黒人の検査官?が性狽フ良い手動製の金属探知機を体中に丹念に掛け調べられました。それまで余りスムースに行っていたのでこれも良いかと不快感は抱きませんでしたが、全員でなく抜き打ち検査の方に選ばれたと言うのは矢張り人相のせいでしょうか?
ブラジルとニューヨークとは時差が一時間あることから現地時間12時52分発は、ブラジル時間午後の2時と言うことになりNY空港滞在は4時間になります。ブラジルに手持ちの携帯電話で掛けて見ましたが通じませんでした。搭乗窓口6番の待合室の空き席の傍の柱に電源がありその電源に繋ぎ忘れない内に何時もの旅の備忘録を書いている次第です。ワイヤレスが使えず、LAN接続も出来ないのでこれを皆さんに送れるのは日本に到着してからになりそうですね。
さあ後13時間程で成田到着です。2週間弱の日本滞在どんな出会い、展開があるのか楽しみです。
(追記)NYK滞在4時間で消費した金は、到着時の荷物を乗せるカートの賃貸料3ドルだけでした。通常ブラジルでは何処の空港にもカートが用意されており無料ですが、ロスでもカートは有料でしたしこのカートにはターミナル電車での移動等を考えると必要不可欠で安いものだったと思います。

5月6日 無事日本に到着しました。
無事日本に遣って来ました。(戻って来ましたと云うべきなのでしょうか)。
NYKから13時間半略、定時に近い午後3時25分成田に到着、簡素化された入国手続き、通関は、『ブラジルから一時帰国しました。預かり荷物等または禁制品等はお持ちですか。有りません。ご苦労様でした。』との簡単な会話でフリーパス、4時前に濫校時代からの友人坂本君とウルグアイの常石造船、神原汽船経営の弥勒農場総支配人をしておられた高木さん、農場長の広富さんの出迎えを受けました。荷物の内一つを大阪の妹の所に宅急便で送り広富さんの車で茨木県の常陸大宮市にある乳牛飼育頭数では日本で2番目の牧場『瑞穂農場』を訪問しました。成田から日本の農村風景が残る一部渋滞気味の道路を走り田植え中、田植えが終わった水田、綺麗な蓮華畑、新緑の木々の緑は目を楽しませてくれます。
広富さんの瑞穂農場は大宮市の市街地から10分掛からない25ヘクタールの農場で乳牛1700頭を飼っており毎日45トンの牛乳を生産し首都圏に運んでいる。北海道、九州では局部的に牛乳がだぶ付き捨てている?との報道がありましたが、首都圏に近い瑞穂農場では未だ不足気味との事。近くの鹿島のコンプレックスで生産される飼料を使用、首都圏の市場を控えた立地条件に恵まれここ3年間は、絶好調で那須塩原に新しい生産拠点を開発中との事でウルグアイで肉牛7000頭を飼育、管理していた広富さんには帰国後の最適の職場で役員として敏腕を振るっておられウルグアイの弥勒農場で取れた水田米のブラジル市場での販売の仕事を共同で展開していた昔話に花が咲き、瑞穂農場生産の牛肉でバーべキュウパーテイを開きビールを何本も開ける。ブラジルからサトウキビの焼酎ピンガを持参したのですが、レモンがナクカイピリニアは作れるず今晩のカイピリニアを飲む会に譲る。
今朝は、6時には起き出してこれを叩いていますが、大型連休最後の日曜日は生憎の雨、瑞穂農場の広いゲストハウスのログハウスのベランダから見える景色は植え終わった棚田、夜は遠くに街の灯が空を染め、蛙の声が聞こえる。
これから朝食、農場見学と時間が有れば新しい農場建設中の那須塩原に立ち寄り東京に戻る嵐閨B
昨夜食べ過ぎたので血糖値が気になりCHKしたところ107と正常に近く一安心。

5月7日 これからOFF会に向います。
稲見 さん 山本さん
今朝から那須まで出かけて那須岳の勇姿を拝みたかったのですが、曇り空、小雨が舞う天気で果たせませんでした。日本は、5月五月晴れを期待してきたのですが、現在までのところ天気には恵まれておりません。昼は、那須街道の有名な蕎麦屋さんで昼食(良いですね便利な所が方々にあり)、大きな牧場で牛乳を搾っている模範牧場を見学させて貰いました。栃木県は日本一の牛乳生産県とかで都市圏を控え立地条件の良い那須地区に広富さんの瑞穂牧場も新しい土地を購入し進出してくるとのことで新しい牧場嵐闥nを見せて頂きました。ウルグアイから帰国後も狭い日本で最大規模の牧場の責任者として活躍されている広富さんを見て大変嬉しく思いました。
北陸道とかの道路を突っ走り途中道の駅とか言う地方産物等を売る駐車場をかねたショッピングを幾つか覗きながら都内に突入し東京都心新宿のホテルに無事CHK INしました。
これからOFF会の会場に向かいます。時間通りには着くとは思います。
インターネット接続が出来ずご心配を掛けました。

5月8日山本 さん
本日から訪日の目的の一つ日本製鋼所東京本社での打ち合わせを開始します。明日は日本製鋼所の押出機を販売窓口として手伝って呉れている商社、双日、丸紅等の訪問も含めての東京での2日間となります。水曜日には広島に移動、日本製鋼所広島製作所での打ち合わせが嵐閧ウれています。
昨夜の新宿OFF会の取りまとめ有難うございました。山本さん、中村さん、稲見さんとは今回で3度目でしたね。初めて参加の杉浦さん、高木さん、大内さん、勢古口さん今回2度目の坂本さん、杉井さん、広富さんの11名でしたが楽しく話が弾みしゃぶしゃぶの食べ放題、飲み放題は、最高でした。
カイリピリアの飲む会に山本さんも参加され現地集合の北川さん、駆けつけて呉れた紅一点の野口みどりさんと賑わいました。
掲載された写真を画像掲示板にも掲載させて頂きます。
昨日より新宿のワシントンホテルに入りLANケイブルが各部屋に付いている環境でSKAYPEを含めて使用でき快適です。
追々日本の旅の様子等をお知らせします。
5月10日 本日広島に移動します。
日本に於ける5日目に入りました。東京での仕事を終え本日午前中の新幹線で広島に移動します。
昨夜は、6時から赤坂の東急ホテルの最上階に有るジパングと言うレストランで日本ブラジル交流協会の玉井会長と藤村理事長のお二人と夕食をご一緒しました。
25年間に748人のブラジル研修生を送りだした日本ブラジル交流協会も25期48名の帰国を最後にその大きな業績を残した日本とブラジルの若者の交流活動に一先ず幕を閉めましたが、71歳になられた玉井会長、5期連続当選の民主党のベテラン議員として活躍されている藤村衆議院議員57歳もそれぞれ本業のお仕事にまだまだ情熱を燃やしておられ熱い思いを語っておられました。30年以上に渡るお付き合いをさせて頂いているだけに積もる話もあり気が着くと12時半を回っており何と6時間半に渡る夕食会となっていました。

日本では矢張り睡眠不足が常習になるようで飲んで喰っての美食に血糖値UPが心配で毎朝血糖値を測定していますが、昨朝が96、今朝が109と飲んでいる薬も利いているのか何とか許量値に収まっています。日本特に東京での生活基準が通勤を含め体を動かすことが多く新宿西口から都庁の近くのワシントンホテルまでの地下通路の走行距離は、ポルトアレグレでは考えられない距離と労力で歩く機会が多くこれが血糖値を下げる手助けとなっているようです。

これから東京駅から新幹線に乗り5時間弱の広島への移動を開始します。明日は広島での打合せ金曜日には九州に入り杵築、別府泊まりとなります。週末は関西に戻りますが日本滞在2週間弱、あっと云うまに過ぎてしまいそうです。
5月11日 日本滞在6日目です。
日本列島は雨、来日6日目になりますが、五月晴れの新緑は未だ巡り合えません。昨日午後3時32分広島着のひかりで当地に到着しました。広島に本社を置く佐竹製作所(精米機械を生産)は、ブラジル南部サンタカタリーナ州のジョインヴィーレに現地工場を持っておりブラジル工場で副社長として5年間近く勤務しえおられこの4月に退職された佐々木 紘さんがホテルで待って呉れていました。ブラジル勤務時代に親しくさせて頂いていたこともあり昨年、広島に来た時に未だ中国工場で勤務しておられこのMLを通じて交信させて頂きましたが、今回は夕食を挟み5時間程、ご一緒して頂きました。雨が降っていなければ広島の観光スポットを案内して下さる嵐閧ナしたが生憎の雨で断念し喫茶店でのブラジル談義に話が弾みました。
夕食は、八丁堀にある広島料理、季節調味の『酔心』で子供の頃に川で一緒に遊んだと言う日本製鋼所の清水部長にも参加頂き3人で歓談しました。
昨夜も毎鱒Hとまでは行かずとも美味しい日本料理を楽しみ血糖値が心配でしたが、今朝測定したら105と落ち着いており日本では矢張り運動量がブラジルの自動車生活より相当エネルギーを消費しているようで駅の上り降り、移動でカロリー消費が激しいのではないかと思います。
これから日本製鋼所広島製作所での打ち合わせに出かけます。
明日は午前中に九州に向かい杵築経由別府に向かいます。週末は関西で過ごし、月曜日栗東、火曜日は、横浜、東京。
水曜日は関西に戻り甲子園での阪神ー日ハムを見て翌日成田から帰国です。
天気が良くなりますように。。。。

5月12日 日本滞在7日目です。
日本滞在7日目(丁度半分経過)となりました。昨日の広島での内合わせは、何時もの工場見学は、割愛させて貰い午後から近くの熊野にある『筆の里工房』に出かけました。12年目になるという『筆の里工房』には、各種筆が並び習字、水墨画、水彩画を遣っている伴侶のけい子のために色々な筆を20本近く購入、参考書、書籍、和紙等、母の日に因みお土産に大量に買い込み関西までの移動に持ち運びが大変ですが必要なものを購入できて幸せでした。

夜は日本製鋼所の川上部長が設けてくれた宴席に出て広島国際ホテルの2階に有る日本食店『芸州本店』で瀬戸内の新鮮な恋い小いわしの刺身初め珍しい海の幸を堪狽オました。

電話車での移動、歩きがなかったせいか(タクシーでホテルの戻る)今朝の血糖値は少し高く121を記録日本での最高値となりました。これから小倉経由杵築に向かい別府泊まりとなります。広島に着いた日の大雨は上がり好天のようですが午後からまた曇り、週末は天気が崩れる?とかの天気藍ですが、未だ1週間滞在するので暑い初夏の日差しも味わえるのではないかと思います。豊かな自然を楽しめる日本の五月晴れを楽しみたいと思います。

5月13日 日本滞在8日目です。
別府は今日も雨です。
昨日広島を発つ時は天気が良く嬉しくなったのですが、天気藍では週末は雨マーク。
小倉で丁度40分ほど日豊本線への乗り換え時間が有りhslnでお近付き頂いている小倉在住の浜田伸子さんが駅に駆けつけて下さりお茶を飲みながら歓談しました。浜田さんにもこの『私たちの40年!!』MLに参加頂くことになりましたので色々九州の話題を書き込んでくださるのではないかと思います。宜しくお願いします。

小倉からャjック19号で1時間、午後13時13分に国東半島の入り口、城下町の杵築の駅に到着しました。懐かしい日本の田舎を感じさせる街でエスカレータもなく改札口は、上りホーム側だけで重い荷物を持ち階段を上がり反対側のホームに移動するのに階段の上下があり苦労しましたがこれが日本に於ける血糖値上昇防止に役立っているのだと感謝しました。2003年秋に国東半島を案内して頂いた後藤映子さん(故栗本克彦さんの妹さん)に出迎えて頂き杵築の町から車でほんの6-7分のところにある後藤さんのお宅を訪問しました。高台にある旧家は、母屋が100年、蔵(土蔵)は、130年以上前に建てられたものを改造したとの事でご主人とお二人で住むには大きすぎ700坪あるといる庭?は花が咲き乱れ後藤さんが丹精して作る野菜等もすくすく育ち裏庭には、栗本さんがこよなく愛していたと言うラベンダが植えられていました。

栗本さんのご長男ご夫妻も熊本から来て下さっており持参された写真、アルバム等を見せていただき栗本さんを偲び話が弾みました。別府で6時から栗本さんを偲ぶOFF会を開く嵐閧ノなっており足が不自由で余りで歩かない後藤さんを残して4人で別府に移動することにしました。

別府の亀川ホテルにCHK IN同ホテルの3階に有る個室のカラオケボックス?に8人席を設けて栗本克彦さんを偲ぶOFF会は、桐井先生ご夫妻、佐藤船長さんご夫妻、栗本ご夫妻、後藤さん、私と8人で豊富なお料理にビール、冷酒、ウイスキー、焼酎と飲みきれない飲み物に触発された会合は、私たちが知らなかった栗本さんの息子さんから見た姿、息子さんが知らなかった栗本さんのエピメ[ド等が交互し2003年秋の会合の思い出、ブラジルの話と楽しく9時過ぎまで歓談、私は会場のホテル泊まりで便利でしたが部屋にLAN接続の設備がなく荷物を纏めて10階のLAN接続の出来る部屋に1千円追加で買えて貰いました。何と部屋は4人部屋でスペースも広くLAN接続の線が机の上に出ておりホットしました。SKAYPEでブラジルとも話が出来文明に利器の恩恵に感謝しました。

今朝は5時半には起き出し温泉に浸かり(昨夜も浸かりましたが)血糖値を測定したところ110でした。
今日は、午前中4時間程、地元の佐藤船長ご夫妻が湯煙の別府を案内して下さるとの事で楽しみにしています。
これから朝食、荷物整理をして12時48分発のャjック28号まで小雨の別府を楽しみます

5月14日 関西での週末とOFF会。
お早うございます。
昨夜遅く茨木の妹の家に辿り着きました。チョウー梅酒の海外事業部の鈴木さん(北米駐在)、事業部長の金銅さんとこの春に京都大学に入学された息子さんと同じく京都大学3回生のお兄さんも参加され新大阪駅のラフォーレの最上階にあるレストランで会食しました。新大阪駅のホーム初め近辺の様子を見下ろす眺めは活力有る大阪の姿を感じさせるもので小雨そぼ降る夜景は格別でした。和牛のSETが特別食のようでしたが肉は何時でもブラジルで食べれるのでシーフードを選び伊勢えびを中心とした日本ならではの食事をスペイン製のワインで楽しみました。チョヤー梅酒のブラジル向け直輸出をTRYして行きたいとの事でお手伝いさせて頂くことになりました。
新大阪に嵐闥ハり5時前に着き夕食を含めて6時間程、色々話をさせて頂きましたが帰路飛び乗った新快速は茨木に停車せず高槻まで乗車、高槻からタクシーで茨木まで戻り11時半頃、妹の家に到着しました。

これから香西さんからお知らせ頂いている関西オフ会に参加のために神戸に向かいます。母の墓参りをして舞子に11時半集合とのこと遅れないように行きたいと思います。幹事の香西さん、辻さん宜しくお願いします。

昨日、新幹線のレイルスター内で書き留めた備忘録を下記して置きます。

第8日目。
今朝は8時半に佐藤さんが奥さんと共に亀川ホテルに迎えに来て呉れる。生憎の小雨は降り続いており別府4時間の観光コースか大分の高崎山のおサルを見学に行くコースは雨の為、実施できずじまい。それでも佐藤さんが毎日歩いておられる扇山の麓の別府国際カントリーのゴルフ場を見下ろし湯煙の別府を眺める場所に行ってみるが視界殆どゼロで何も見えず。2003年も阿蘇の大観望台に連れって行って貰ったが霧で何も見えなかったことを思い出し雨男の称号を頂く。来日後殆ど雨模様でまるで梅雨が来て仕舞った見たいですが、これは日頃の精進が悪いためかも知れません。
仕方がなく佐藤さんのお住みのお宅を訪問し2003年の時は、丁度星野阪神の胴上げの夜をご一緒させてもらったのを思い出す。暫く佐藤さんのPCで色々意見交換、新しいサイト、昨日来撮った写真の取り込みとコメント等で時間を過ごすが、奥さんの早い昼食前に一風呂浴びてきたらとの提言で近くの海地獄の隣にある坊主地獄の鬼石の湯に出向く。入浴料は一人600円也。露天風呂、展望風呂もあり朝から2度目の温泉で11時までたっぷり朝湯を楽しむ。小原庄助さんの気分を味わい傘をさし雨の地獄巡りを楽しむ。別府の市花に指定されていると言う大型の躑躅の前で佐藤さんに撮って頂いた写真と展望風呂の至福の一枚が決まっており今回の旅行の記念写真となる。
佐藤さんの奥さんの手作りの昼食、鍋焼きうどんにエンドウ豆入った自家精米の玄米の豆ご飯等健康に注意した心尽くしの昼食をご馳走になり別府駅まで送って頂く。
12時48分発のャjック28号で小倉に出て14時17分発のひかり464号に乗り継ぎ新大阪を目指す。
昼は小倉で出来た幕の内弁当を楽しみ一度は試したい駅弁に満足する。




アクセス数 4664117 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1456 segundos.