HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




富田 礼子さんからの画像掲示板への書き込みがありました。(続編)
『私たちの40年!!』のHPは、使用しているソフトの関係上寄稿集は、1万語迄となっており続編として記述を続ける事にします。富田さんの『私たちの40年!!』の画像掲示板への書き込みから始まり富田さん兄弟の船内での面倒を見られた山添さんの40年前の船上の思い出は、記憶が薄れて風化しつつあるとは云え富田兄弟に取っては是非とも知りたかった母親の最後の様子、貴重な写真も見付かり喜んでおられるのではないかと思います。まだスペースが残っていますので関連書き込みがあれば追加していきたいと思います。
富田さんからトメアスのピメンタ畑で撮られたご両親との写真も送って頂けるとのことですのでいずれご紹介させて貰いたいと思いますが、山添さんが送って下さったポンデアスーカルに富田兄妹を気晴らしに連れ出した時のカラー写真をお借りしました。


ML5084 7月17日 富田 礼子さんよりのお便り。
和田好司様
加藤様

こんにちは和田様、初めまして加藤様、ブラジルは暑い国と云うイメージがありますが寒くて真冬のような天候だなんて信じられません。また加藤様、ご親切にサンタレンで食堂を経営されている方のURLありがとうございます。トメアスに移住地のHPもわざわざ知らせて下さり感謝いたします、綺麗な写真にウットリしました…ブラジルは本当に素晴らしい国ですね…必ずサンタレンも訪ねてみたいです。和田様に是非、その夢が叶えられた時には案内をお願い したく思います。

ML5096 7月18日 山添 洋子さんからのお便りです。
和田様、富田様

日本で台風に引き続き地震という大きな自然災害に見舞われている最中にブラジルからTAM航空機の事故のニュース。
昔から「災害は忘れた頃にやってくる」といわれて来ましたが、能登半島沖地震も、その前の新潟県中越地震もまだまだ忘れる間もないのに・・・
そして昨年、私がブラジルを訪ねようとしている頃にマットグロッソでGOL航空機の事故がありました。これもまだ記憶に新しいです。
そのこともあり私のブラジル国内の移動は7回ともTAMにしたのですが・・・
TAMは若いピチピチの美人スタッフを揃えた会社のように見えましたが乗客と共にスタッフの皆さんも犠牲になられたことでしょう。
天災であれ、人災であれ、何の罪もなく、昨日までの日常から突然切り離されるというこんな悲しいことがあるのですね。
今、沙羅双樹の花が咲いていますが、こういうことを「諸行無常」というのでしょうか?

富田様
もう自宅に帰られたのですね。妹さんの携帯では写真が開けなかったということで
残念でしたが、あなたのこのアドレスにお送りしてよろしいですか?
あなたのお便りでは全国の皆さんからお見舞いの手紙をもらったとありますが、ということはあなた達のことがマスコミなどで報道されたのですね。
私の記憶ではロスであなた達が下船された後、サンフランシスコやホノルルに寄港して 約半月後に横浜に帰ったので、あなた達のことが広く(?)世間に知られていたとは今回初めて知りました。
「船の中でいろいろお世話になって」と書かれていますがいいえ、いいえ、私は何もしていません。多分船客の子育て経験ある女性(達)があなた方の面倒を見られた事と思います。
私の記憶も非常にあやふやなものですので、何十年ぶりかにあの当時の同僚の人達にもお電話したりしています。
みんな一様に、あのことは忘れられない思い出であり、あの3人の子ども達はどうなっただろうと折に触れて思い出しているようですが、さて細かい記憶となると皆あやふやです。
なんといっても、あなた方が乗船された(多分)翌日に事件が起こったのですからお母さんのことは残念ながら殆ど皆知らないのです。
もう少し他の人にも聞いてみて、少しでも正しい情報がお知らせできればと
思いますが、40年前の事ってほんとに忘れてしまっていることを痛感しています。
山添洋子

ML5135 7月23日 暫くご無沙汰しています。
富田 礼子 さん
暫くご無沙汰してしまいました。
お元気にお過ごしの事と思います。
貴女のお便りに赤い実が頭にこびりついているとの事でしたがこれは、小さな熟れたピメンタ(黒胡椒)の実ではなかったでしょうか?先年トメアスに行った時に撮ったピメンタの赤い実をblogに貼り付けて置きます。
ポルトアレグレの町の散歩道にも珈琲の実が成っていましたのでこれも参考に貼り付けて置きます。同じ赤い実でも珈琲の方が粒が大きいですね。
胡椒の実は良く熟れた実は皮をむいて白胡椒にしたりその間乾燥させると皮が黒くなり黒胡椒となります。

お願いですが、これまでの一連のMLでの交信を纏めて『私たちの40年!!』ホームページにも記録として残して置きたいのですが、貴女たちお二人の近影か山添さん所有の昔の写真を一枚お借りできませんか。宜しくお願いします。

ML5139 7月24日 富田 礼子さんよりのお便り
こんにちは和田様。ご無沙汰を致しております、大変な数のアクセスの中、わざわざ返信をしてもらい有難うございます、赤い実の話しについてコメントをして頂き恐縮です、ピメンタの熟した実が赤いなんて生まれて初めて知りました、やはり私が小さい頃みた光景はピメンタの実の収穫だったんでしょうか?いつもフラッシュバックしていました…永いこと疑問だった答えが見つかりました☆私達姉妹の元には40数年前の両親が収穫?したピメンタの実がビンに入ってあります、だいぶカビ臭いですが貴重な遺品の一つになります、私の大切な写真の一枚にブラジルの第2トメアスで撮った写真があります、バックはピメンタ畑です、この写真で良ければ提供できますよ…まだ妹が生まれてなくて兄と生後数ヶ月の私と父と母が写っている二度と手に入らない貴重な写真の一枚です、帰国後、週刊誌にも載った写真です!山添様にも感動的なお写真を二枚も送って頂き本当に嬉しかったです、山添様、有難うございました、夢にまで見た出逢いでしたのでこれからも大切にしていきたいと思っております、今後とも宜しくお願いします。

ML5141 7月24日 富田さんの写真です。山添さんからのお便り。
和田様 富田様、皆様

7月17日は京都の祇園祭、24日は大阪の天神祭、いつもならマスコミによく報道される行事ですが、今年は、震災や、選挙の影響でそれどころではないという感じがしています。
先日来、富田さんご姉妹と個人的に連絡を取らせていただき、ご自分達のことはいろいろマスコミでも報道されているのでこのMLに書かれることも、写真が載ることも全く問題ない、皆さんにも知ってもらいたいとのことですので、ここに2枚の写真を添付します。一緒に写っている女性は私ともう一人のスチュワデスで、彼女の了解は得ていますが男性はもうお名前も忘れてしまって、連絡しておりません。
何分40年前のことということでお許し頂いて掲載させていただきます。
白黒の方は、あの日から間もない頃、船内で私が礼子さんをだっこしています。
カラーの方はリオに寄港したとき、お二人を連れて観光に行ったときのものです。
私がお兄さんの手をつないでいます。残念ながら妹さんはまだ9ヶ月の赤ちゃんでしたから写っていません。背景にコルコバードのキリスト像がうっすらとみえますから、こちらはポンデアスーカルでしょうか。私のアルバムに貼ってあった貴重な2枚です。まさかまさかこれをご本人が見られるとは思いもよりませんでした。
私がスチュワデスとして乗船して2航海目でした。めったに寄港しないベレンへ寄りました。そこで降りる移住者の人がいたからです。その人たちが迎えの小舟に乗り換えて行かれるのはとても悲しい別れでした。その人達を涙で見送った後、富田さんのお母さんがお子さんを連れて乗船されました。3人の幼子を残して夫に死別して、彼の地ではとても暮らしていけなかったでしょう。これから一旦南に下がってブエノスアイレスまで行き、日本に向けて来た道を戻ります。(帰りはベレンには寄りませんからわざわざブエノスまで行かねばならないのです)
翌日の未明に、アルゼンチンから日本往復の船旅を楽しまれていたアルゼンチンの富豪といわれていた1等船客が心筋梗塞かなにかで急死しました。
船内で死者が出るなんて事はめったにないことで、船中大騒動でした。
その日の午後、私がチルドレンズルームにいたとき、富田さんが3人のお子さんを連れてそこを通られました。「ここで遊んで行かれませんか?」とお声掛けすると「いいえ、上へ行きます」と暗い顔付、小さな声で答えられて上のデッキへ上がって行かれました。
ほどなく私もデッキに上がったところ、船尾の方で人が大騒ぎをしています。
ただごとでない感じで私が駆け寄ると「今、人が飛び込んだ」ということ。
びっくりして私はデッキにある電話ボックスに走り、ブリッジに連絡するべき所を、あわてていたので、いつも自分のいるインフォメイションオフィスの番号を回してしまいました。
もう一人のスチュワデスがその電話を取り、伝えると、たまたまそこに居合わせたキャプテン他数名が脱兎のごとくブリッジに駆け上がっていったとのこと、それから船を急旋回して元の位置に戻しての大捜索が始まりました。
私が覚えていることはこの日のことが中心で、そうたくさんのことではないのですが、かなりの長文になりましたので、このつづきはまた後日にさせていただきます。
何か興味本位な話しのようですが、富田さんがどんなことでも、自分達に関わる事を知りたいとおっしゃるので、私の覚えていることを書かせていただきました。

ML5143 7月24日
山添 さま
山添さんにも昔の話とは言え胸に痞えていた思い出を一気に吐き出すような感じで当時の当事者御本人に聞かせて挙げられることを幸せに感じておられるようで嬉しく思います。
写真と共に画像掲示板、blogにも全文を紹介させて頂きました。
有難う御座います。それにしても山添さんもお若かったですね。もっとも抱かれている礼子さんがもう40歳との事ですので当然ですが、年月の隔たりを感じます。2枚目のカラー写真は、間違いなくポンデアスーカルの頂上かURCAの丘からコルコバードを背景にして撮られたものです。礼子さんとお兄様にも大事な記念の写真となるでしょうね。
blogのURLは、下記です。
http://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada/folder/839575.html

ML5144 7月24日
富田 礼子 さま
山添さんから送って頂いたお話と写真を『私たちの40年!!』の画像掲示板とblogに掲載させて頂きました。また写真を提供頂けるとの事で楽しみにしています。
お約束のピメンタの赤い実まだ実が若く他の穂は、花が落ちた直ぐのように緑色をしていますが、これが大きく色付くと富田さんが夢にまで見る赤い実に成るのだと思います。何方かが真っ赤に熟れたたわわに実ったピメンタの写真を貼り付けて呉れるのを待ちたいと思います。
blogは、下記アドレスです。
http://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada/23061423.html

ML5145 7月24日 丸木さんのお便り。
丸木で〜す
麗しいお話されてるのに横槍を入れるようで、どうかと思いましたが...。ひょっとして、この相棒スチュワデスさんが例の甲子園で田宮選手の隣人で、ラジルから「阪神勝った」と連呼するオウムを持ち帰ったかたでしょうか?

ML5221 8月4日
富田 礼子 さま
貴女からの画像掲示板への書き込みから始まったこのMLでの交信を纏めてホームページにUPしました。使用ソフトの関係上1万語までしか掲載できず残りは続編として掲載します。前便で貴女の大事な写真の一枚として台トメアスで撮った写真があるとの事でしたので宜しければお借りしたいと思いますので宜しくお願いします。DMでもこのMLに添付頂いてもどちらでも結構ですので宜しくお願いします。

ML5222 8月4日
山添 さま
富田さんの写真をお借りして富田さん関係の書き込みを纏めて『私たちの40年!!』HPにUPしました。続編もUPしますので山添さんの続きがあるようであれば又お願いします。

ML5223 7月4日 富田さんからのお便り。
和田様、山添様、皆様 こんにちは。富田です、ご無沙汰をいたしております、和田様に先日、現地での写真を送ります…と云ってから大分、日々が過ぎてしまい申し訳ありません。山添様からもまた母が船から飛び降りた時のことを詳しく教えて頂き有り難うございました。和田様には本当に遠いブラジルから気にかけて頂き有り難く思います、何せ機械音痴でして写真を画像掲示板に添付するにはどうしたら?から始まってしまって中々、進まなくてごめんなさい。一つはピメンタ畑の前で撮った写真ともう一枚は現地の自宅前で撮った写真があります、両方の写真を画像掲示板に添付したいと思っております、和田様、山添様、宜しくお願いします




アクセス数 4742513 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1519 segundos.