HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




最古移民、元気に101歳祝う=聖市の大原綾子さん=第3回厳島丸で12年に来伯=
昨年10月に亡くなられた笠戸丸移民の最後のお一人中川トミさんに代わりサンパウロにお住みの大原綾子さん(第三回移民として1912年厳島丸で着伯)がコロニア最古移民の称号を保持しておられますが、ニッケイ新聞WEB版にこの程、101歳のお誕生日を迎えられご家族に囲まれてパラベンスを合唱したとのことです。大原家は既に4代目に入り、息子さん、お孫さん、ひ孫さんがおられるとのこと。来年の100周年歳には主役を果たされる大事な方、何時までのお元気でいて欲しい方です。息子の大原 毅さんは、翻訳公証人として活躍されておられ多くに皆さんがお世話になっているコロニアの有名人です。
写真は、ニッケイ新聞に掲載させていた家族だけの綾子おばちゃんの101歳のお誕生日の写真です。


ニッケイ新聞 2007年9月21日付け
最古移民、元気に101歳祝う=聖市の大原綾子さん=第3回厳島丸で12年に来伯=家族集まりパラベンス合唱
 パラベンス、綾子さん! 一九一二年、第三回移民船厳島丸で来伯、〃コロニア最古移民〃の大原綾子さんが百一歳の誕生日を迎えた。昨年の百歳の誕生日は滋賀県人会で盛大に祝ったため、「今回は自宅で簡単に」(息子毅さん)というが、すでに大原ファミリーも四代目の時代。十六日、聖市アクリマソン区の自宅で催した誕生日会には、子、孫、ひ孫二十二人が集い、楽しいひと時を過ごした。綾子さんはニッケイ新聞の電話取材に「何でもないですよ。他の家族の誕生日と同じ」と張りのある声を聞かせてくれた。
 一九〇六年九月十日に熊本県で生まれた大原綾子さんは五歳のとき、父嘉一さん、母ミエさん、妹文子さんとともに一九一二年の第三回移民船厳島丸で移住した。
 昨年十月に亡くなった最後の笠戸丸移民、中川トミさん後、第二回移民船旅順丸(一九一〇年)の生存者は現在確認できていないため、ブラジルに一番長く住んでいる一世、つまり〃最古移民〃だ。
 ニッケイ新聞では、昨年綾子さんにインタビュー。ブラジル日本人移民の歴史とほぼ重なるその人生を振り返ってもらい、〇七年新年号に掲載した。
 それからほぼ一年。同居している娘の翠さんによると、毎朝の楽しみだった邦字紙を読むことは、最近目が眩むため難しくなっているというが、それ以外は元気そのものだという。
 三カ月ほど前、腰痛のため、投薬、リハビリ治療をしたが、あまり効果がなく二階の自室で臥せっていたが、一度針治療をしたところ、「痛みが軽くなった」と一人で階段を下りてくるほどの回復ぶりを見せた。
 誕生日当日は、実に二十二人のファミリーが大集合、持ち寄りの料理に舌鼓を打ち、綾子さんの健康を願い、全員でパラベンスを合唱した。
 日本にいる孫、アメリカの孫夫婦からも祝いの電話があり、長時間国際電話で近況などを話したという。
 記者の「お元気ですね」の言葉に、綾子さんは「そんな特別なことではないですよ」と笑って返し、健在のお達者ぶりを見せた。



アクセス数 4718749 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1379 segundos.