HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




無秩序の秩序 西郷勝弘さんのエッセイ(バッテパッポ投稿文)
サンパウロの日本商工会議所のコンサルタント部門のメンバーを中心にバッテパッポと云うメーリングリストがあり自由に勝手な話題を語り合っていますが、今回メンバーの西郷勝弘さんが日伯協会創立85周年記念特集会報ブラジル953号に「無秩序の秩序」⇔「秩序の無秩序」と題して面白い記事を投稿しておられますので紙面の都合で一部削除の部分もありますのでオリジナルのバッテパッポ投稿文を下記の通り『私たちの40年!!』寄稿集にコメント集と共に収録して置くことにしました。バッテパッポの事をバテパパ(疲れたパパ)などと呼ぶ御仁もおられますが、結構真面目な論調が売り物のメーリングリストですが最近少しダウン気味で主宰者の山下晃明さん、西郷さん等の投稿を期待している所です。写真は、会報ブラジル953号に掲載されていた西郷さんの写真をお借りしました。


ブラジル人は小話が好きな国民でボリビアの海軍大臣がブラジルを訪問した時、「ボリビアには海がないのにどうして海軍があるのですか?」と聞いたところボリビアの海軍大臣が「ブラジルに法務大臣がいるのと同じですよ」と応えたと言うジョークがあります、それ位、ブラジルは法があっても無いに等しいような状態でした。
例えば1980年代は交通違反で警官に捕まった場合でもお金を掴ませてほとんど解決できました。警官も罰金を払わせても自分の懐には入りませんのでお互いにとって良い解決方法だった訳で、法律違反ですが法に順ずる方法でした。ブラジルは色々な税金があって且つ高率ですが、税務調査などは無く、税務署員が1年に1回くらい、帳簿を調べると言って会社に顔を出しました、そのような場合、重箱の隅をつつくように調べられれば大なり小なり問題が出てきますので、そのようなことになる前に、コーヒーでも飲みながら、「儲かりませんねー」、「脱税などしていませんよ」と雑談しながら「お車代?」を渡してお引取り願うのがほとんどでした。
 この種の話は非常に沢山あるのですが、当時は法律を守らない代償と言う
ものが大よそ決まっていて、予想出来た時代でした。「これを私は無秩序の秩序」と感じた訳です。
しかしながら最近のブラジルは良いことなのですが法律を厳密に、杓子定規に適用する公務員が増えてきて、例えば自分の畑の隅に植えた木が邪魔になって切ろうとしてもその木が背丈ほどの大きさになっていたら、州の環境局の許可がないと切れず、又、その手続きが複雑で手間がかかるため、切ってしまって高額の罰金を科されたり、アマゾン地方の密林の傍の住民がある木の樹皮を先祖代代昔から傷薬として使っていて、樹皮を剥いだ為に森林警察に捕まり牢に入れられたというような事件もあって、税金関係でも似たようなことがあり先進国の法律をそのまま導入し、実情には合わない適用をする為の問題を最近は感じています。
又、全ての人に平等に厳しい適用がされるわけではなく今でも賄賂が幅を利かせている部分も多くあり、適用に大きな差があっています。
 私はこれを「秩序の無秩序」だと最近感じていて、いろいろな面で戸惑っている人たちが居るのではないかと思っています。
本当の秩序の国になるのは未だ時間がかかりそうですが早くなって欲しいと思います。
最後にもう一つジョークを
「米国で脳みその移植手術に成功し,多くの人が優秀な人の脳みそを移植して貰おうと殺到しました。ある人が移植費用はいくらかと聞きましたら
ドイツ人のものは優秀で10万ドルです、日本人のものも優秀で勤勉ですから10万ドルです、米国人のものは6万ドルです。ブラジル人のものはいくらだ?
20万ドルです、何、どうしてそんなに高いんだ
それは新品で未だ使ったことが無いからです。」
こんな小話をしてもブラジル人自身が笑い転げるのですからおおらかな国民です。このような場合、恐らく自分がブラジル人とは誰も思っていなくて、日系人、イタリア系人、ドイツ系人と思っているからだと思います。
ブラジルの流行った歌謡曲に「あんたはくだらない奴だけど、私はあんたが好きよ」という歌詞がりますが
 私も、いい加減な国だと思いながらブラジルが大好きです。

(コメント集)
BATE PAPOの皆さん  西郷です。
 日本に 「財団法人 日伯協会」 と言う団体があり創立85周年になるのだそうですが、その会報(953号、既発行))に何かブラジルについてくだけた話を書いて欲しいと知人から頼まれ添付のような「無秩序の秩序」と題してくだらない話ですが書きました。(紙面の関係とのことですが、ブラジルを悪く言いすぎたためか最後のピアーダはカットされました) 暇つぶしに御笑読下さい。
 又、私事で恐縮ですが新しい息子、西郷ウイリアム正雄 (現在04ヶ月)を紹介させてください。小生の兄弟には小生を含めて娘しかおらず、66歳にして跡取り息子を授かりました。
どなたか息子に良い就職口、お嫁さんを紹介してください。

西郷さん 桜井です。
傑作なエッセイありがとうございます。
ブラジルは変わったところもたくさんありますが、変わらないところも依然としてたくさんあるのが魅力ですね。
 西郷ウイリアム正雄さんはすごく元気で聡明なお子さんですね。ブラジルにいました時に、ご結婚のパーテイに出席し、他の出席者に皆さんと「何とうらやましいことか」と語りあったことを思い出しました。

西郷さん お久し振り。南の和田です。
日伯協会創立85周年記念特集の会報ブラジル953号を当地、南伯日本商工会議所宛にも一部送られて来ており西郷さんの大きな魚を釣った時の写真と共に拝見させて頂いておりました。
今回紙面の関係でカットされてしまっていたピアダ付きでbatepapoで送って頂き有難う御座います。
今月末に220万回のアクセスを記録予定の『私たちの40年!!』寄稿集にまた西郷さんの寄稿を転載させて頂きたいのですが宜しいでしょうか?
それにしても66歳にしてお父さんお元気ですね。活力充分です。おめでとう御座います。私の所も娘3人で男に恵まれていませんでしたがニュージランドに移住した末娘、小百合の所に来年2月5日出生予定の男子が生まれる事になり72歳にしてお祖父ちゃんになります。

和田様
お久しぶりです。
日伯協会の会報への寄稿ですが、小生の一存ですが既に発行済で転載問題ないと思います。
 小生から協会には一言断っておきます。
西郷



アクセス数 4709843 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1785 segundos.