HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




『安住の地トロント』丸木さんのバンクーバ―新報紙に掲載された半世紀に渡る半生記。
丸木さんが バンクーバ―新報紙に8月24日に掲載された『新移民法施行五十周年に寄せて』と云う寄稿が波乱万丈の丸木さんの移民人生50年をダブらせた1800字に凝縮された分かり易い丸木さんの半世紀を40年‼寄稿集に残して置くことにしました。ブラジル移住3年の経験がその後の人生に大きく影響しアメリカ不法滞在、カナダ移住、日本勤務等自伝「繁田一家の残党」全13巻に詳細が記述されているようですが、この投稿記事で総ての丸木節のベースが理解できる好読み物となっています。80を越して未だ水泳世界1を目指す永遠の青春を追い求める怪物丸木の面目躍如、これで怪物丸木の総てが分る貴重な新聞記事です。2021年まで生きていたら丸木さんが泳ぐ神戸、福岡まで応援に行きたいと思って居るが、さて生きて居れるかどうか?
写真は、ブラジル生活3年の最大の収穫?奥さんマリアさんとの近影を送って貰いました。 


安住の地トロント

 僕はブラジル移民の成れの果て、オランダ系ブラジル人の妻とトロントのノースヨークに住んでます。リタイヤーしてからは、カナダの寒い冬の3ヶ月間は南緯7度の妻の実家に近い熱帯海岸で暮らしてます。31歳で東芝放射線(現在の東芝メディカル)長崎営業所長の時に退職、神戸港から移民船に乗り、約2ヶ月の航海を経てサントス港に着いたのが半世紀前。石の上にも3年と申しますが、3年暮らしてもブラジルでの夢叶わず、アメリカ各地を放浪の末、不法入国不法就労により国外追放。1972年カナダ移住の当日にバンクーバー空港が閉鎖されていたのでシアトルに着いたらバスでバンクーバーまで護送。3年間米国入国許可されませんので、まるで囚人扱い。
 カナダには僕の専門の医用電子機器メーカーがないので、デトロイトの会社に応募したら面接に来る様にと航空券を送ってきました。アンバサダーブリッジの国境では入国すればジェイル行きと言われ、仕方なくウインザーの養豚場で豚に餌をやる仕事をしながら対岸のデトロイトの街並みを眺めてました。この航空券を利用してモントリオールに行き、移民局から週55ドルの手当てを支給され、フランス語を習いながら暮らしてましたが、寒さと空腹に耐えきれず困り果てていたら、シカゴの電子部品メーカーから日本進出の話が舞い込んだので結婚し新婚旅行を兼ね現地法人社長として日本へ赴任。1ドル360円の時代ですから、大名暮らしの豪勢な生活が出来ました。ところが好事魔多し、僕の毎晩午前様の酔っ払いに愛想を尽かした新妻が日本の生活に馴染めずブラジルへ逃げ帰ってしまいました。話し合った末カナダに戻り、ニューヨークのGE本社はじめ米国各地の有力企業の国際営業役員として、三十年間百カ国以上の国へ頻繁に海外出張を毎年三百日繰り返し航空会社の二百万マイレージメンバーにまでなり70歳でリタイヤー。
 リタイーヤー後も勤務した数社のコンサルタントをしてましたが、勤務中やれなかった競技生活に復帰することにしました。地元ノースヨークのマスターズ水泳クラブの入会テストに合格しましたが、平泳泳者だった学生時代と異なり現在の競泳トレーニングは4種目の泳法すべてで、60の手習いならぬ70歳を超えバタフライを習いました。不思議なことに、名コーチの指導が功を奏したのか初年度いきなり、この種目でオンタリオ州プロビンシャル大会で優勝し金メダルを受賞し、ワイワイワイドでも放映されたのです。それからの十年間に各種目でカナディアン チャンピオンになり、2010年スエーデンでの世界選手権大会で3位で銅メダル、2015年ロシアでの世界選手権大会では2位で銀メダル受賞。日本では無名の3流スイマーだった僕が、元オリンピック選手に勝ち世界選手権の表彰台に立つとは夢の様な出来事です。こうなれば行くところまで行けの心境で、世界の頂点に立つ為に連日猛練習を続けてます。日本で暮らしておれば、とても実現できない快挙と自画自賛、カナダに移住してよかったと感動してます。
 リタイヤーするまでは日本人との交流は殆どなかったので、その反動でしょうか今ではトロント紅白歌合戦に出場したり、トロント歌声喫茶の会の世話人をしたり、トロント猛虎会では理事として阪神タイガースのオーナーを招いたり招かれたり、トロント元気かいや歌おうネットカラオケ、更には認知症予防にJSS歌の会等々に参加し安住の地を得て健康も快調そのものです。藤本義一はじめ学生時代の悪友どもは「調子外れの蛮声張り上げて歌声運動の先頭に立ってたお前が紅白に出る?嘘やろ、信じられん」と申してましたが、2度出場しいずれも灰田勝彦のヒット曲を歌いました。挙げ句の果てはサンパウロの「なつメロ合唱の集い」や「叙情歌の集い」にも毎年参加して、懐かしい移民仲間と肩組んで、日本が勝ってた頃の軍歌を高らかに斉唱してます。
 現在の目標は2021年5月に神戸で開催される年齢別スポーツの祭典でオリンピックよりも盛大な世界マスターズゲームと、同年8月に博多での水泳マスターズ世界選手権大会で優勝し金メダルを獲得し世界一になる事です。以上、詳しくは「繁田一家の残党」全13巻をお読みください。

丸木英朗
Hideo Maruki



アクセス数 4710421 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1953 segundos.