HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




第33回バーチャル座談会≪アマゾン・びっくり箱と神戸でのOFF会≫(その1) 
アマゾンのトメアス移住地から目の治療の為に一時帰国しておられる三宅昭子さんの関西訪問に合わせ久留米からはなさん(倉八鈴子さん)が神戸までやって来て三田のしゅくこさんのお宅に集合、姦し娘3人組の合宿と昭子さんの歓迎神戸OFF会が開催されました。9月3日の神戸OFF会の写真を杉井さんが逸早く送って呉れ皆さんの色々コメントで盛り上がりました。2回に分け第33回バーチャル座談会として≪アマゾン・びっくり箱と神戸のOFF会≫として40年‼ホームページに残して置くことにしました。その1の写真は、杉井さんが送って呉れたOFF会集合写真を使う事にしました。


杉井:≪神戸オフ会の写真≫ です。 来日中のアマゾン昭子さん(三宅さん)と久留米から出て来られたはなさん(倉八さん)を囲んでオフ会が開催されました。
詳しくはしゅくこさんから報告がありますので省略しますが、私の撮った写真を添付します。

マリコ:しゅくこさん、昭子さん、はなさん、多加代さん、 杉井さん、洋子さん、内田さんへ  わぁ〜素敵な笑顔、笑顔、笑顔…
杉井さん、ありがとうございます。
しゅくこさんからの報告を待たずして一足早く幸せをいただいたような…
皆様、楽しいひと時を過ごされたことが伝わって来ます。
本当に素敵な仲間がたくさんのW50...
こんな素敵な輪をあちらこちらに誕生させる和田さんは本当に凄い!
しゅくこさん、迅速な動きに感動です。
皆様と過ごされた楽しいお話しを楽しみにしていま〜〜〜す。
聞かせて(見せて)ねぇ…。
昭子さん、手術を控えておられるとはいえ、何年前でしたか...トメアスでお目にかかった時より、少しふっくら+お元気な様子…良かったですね。嬉しいです。
はなさんは、もう九州に戻られたでしょうか?お気をつけてお帰りくださいね。
福岡の民謡ではありませんが、今、熊本の民謡をレコーディング中です。
それもブラジル音楽とミックスして...ちょっと楽しい仕上がりです♪
多加代さん、お久しぶりです。
いつも「ご縁亀」をバックに忍ばせて、ここぞ!と思った時に差し上げていますが、その都度、多加代さんのお陰で皆様に喜ばれています。中には作ってみたいと、表にしたり裏にしたり… 本当にありがとうございます。
洋子さん、内田さん、ご無沙汰しております。お変わりない優しい笑顔…
いつの日かまたお目にかかれますことを楽しみにしています。
直接参加できませんでしたが、楽しいひと時をありがとうございました。

しゅくこです マリコさん up date 嬉しく拝読しています。
左肩の故障にもめげず、日本祭りなど数々のイベントをこなされ、移民のおじいちゃん、おばあちゃん、さらには若い世代の方たちと日本をつなぐパイプ役、しあわせ配達人に徹しつつ、満身創痍と闘っていらっしゃる姿に感動します。
 人は時によってはこんな歌を聴きたい・・と思うものですが、わたしは元気になりたいときはいまのところBrenda Leeとか、そろそろMariah Carey の All I want for Xmas is you なんかもいいですね。精神を立て直したいときは讃美歌 312「慈しみ深き」など、そして、懐かしい人を想う時にはマリコさんのCDをかけます。なかでも、Lady Laura, Ave Maria, Conte partiro, Tico Tico no Fuba がお気に入りで、いまも聴きながらこれを書いています、 
 9/21〜30日まで 東京、山梨、埼玉、山形と恒例の小旅行に出ますが、あいにくすれ違いになりますね。どうか手術が成功しますように。
 PS: 多加代さんへの伝言しました。いまお電話をいただきましたので、OKですよ〜

アマゾン昭子: 杉井さん 内田さんご夫妻 多加代さん しゅくこさん はなさん 本当に楽しい一日を有り難うございました。お写真でお目にかかっていたり メールのやりとりなどで初めてお会いしましたのにそんな思いもなく ずーと親しい友のように感じたのは私だけでしたでしょうか?
坂が多くてビックリの私でしたが重要文化財の異人館。移住センター。貴重な体験をさせていただきました。
spにも山がありますから坂は有りました。でも私達の所はありませんのでどこまでも自転車ででかけられます。
老いた方たちの買い物難民と言うことばがあるそうですがやっと理解できました。
トメアスーの私の所は買い物すれば届けてくれますし65才上の高齢者待遇がよいので交通費は殆どかかりません。
日本は便利ですが全ての人が恩恵を受けているのではないと感じました。
いつもは夜行バスを使いますが満員で買えない時も有ります。 時間制限のため 新幹線を初めて利用しましたが乗っているひとは殆どなくもったいないと思いました。
それを話すと友人は「私たちも高いのでのったことは有りません」といってました。
もっと高齢者に優しい祖国であってほしいものです。
みなさんへのお礼の積もりが自分の印象だけに脱線してしまいました。ごめんなさい
また 東京のほうでお会いする機会が与えられたらと願っています。
私の目の手術は9月18日ー23日 病院は群大付属病院です。神の御手が医師と供にあるようにと祈っています。覚えて頂けたら幸いです。

和田: 昭子さん 神戸のOFF会参加良かったですね。何時もと粗、同じメンバーですので雰囲気は良く分かりますが、それよりしゅくこさんの所で姦し3人娘が集合されて花談議の主要メンバーの皆さんがどんな話をされたかそちらの方に興味があります。その内しゅくこさんが写真を付けて報告して呉れると思いますので楽しみにしていますが、昭子さん、はなさんのコメントも是非聞きたいですね。

内田夫妻:昭子さん こちらこそありがとうございました。
背筋がピンとのびた日本の女性を久しぶりに見た思いがします。
手術も成功することでしょう。 また、このようなお目にかかる機会を持てたらと思っております。

しゅくこです 昭子さ〜ん はなさ〜ん  & みなさまへ 三田までおいでいただき、ありがとうございました。
みなさまにはご報告が遅れてすみません。この4日間、振り返れば、三人娘の姦し(かしまし)大会は、「アマゾン・びっくり箱」に圧倒された毎日でした。
なので、これと言った建設的な花談義というよりも、期待はずれの備忘録になったことをおゆるしください。
9/2(st) 神戸どうぶつ王国へ 
新神戸駅の改札口に、遠くから手を振って出てこられたのは、久留米のはなさん。
写真で拝見していなくても、清楚で凛としたたたづまいは予想どうりですぐに分かった。
ご自分で縫われた着物地風のブラウスはとてもおしゃれで似合っていらっしゃる。
その足で ポートライナーに乗って神戸どうぶつ王国へ。入口で
昭子さんとご友人の藤岡じゅんこさんと合流。
昭子さんはブログの写真でおなじみだが、陽に灼けた生のご本人は細身のジーパンがよく似合う、とても若々しい体形だ。
じゅんこさんのご主人の藤岡健児さんは、動物管理課の課長さん。
おかげでたのしい案内をしていただいた。
まず最初に入ったこの(株)どうぶつ王国はあまりにも「シニア・ピクニック」にぴったりの場所だつた。
正面入口は農家の玄関のようにアットホームでこじんまりしているが、実は奥行はとんでもなく広く、これは意外性を演出した造りであろうと思われる。
観葉植物がぶらさがるドーム型の天井は悪天候に関係なく、しかも土曜日とあってたくさんの人でにぎわっていた。
はなさんにいただいたストレプトカーチスの大鉢も白、紫といっぱいの花をつけて吊り下げられていた。
珍しい動物たちは種類が豊かに同居していて、争いは見られない。
人間と動植物の壁を、こんなにおもいきって取り払ったこのどうぶつ王国は、民間だからこそできる斬新な実験をしているように感じられた。いままでの、動植物園にありがちな、触ってはいけません、入ってはいけません、などという禁止サインは見当たらず、動植物の名前もない。
その分、可愛いお嬢さん係員たちが、来客とコミュニケーションできるように、そちこちに注意深く配置されていて、
一生懸命、それでいて楽しく動植物のことを紹介し、触らせ、人もその中に自然に仲良く溶け込んで、いつのまにか
一体感を感じられるようにできている。
ナマケモノなんかも頬をすりつけられるほど横の木にぶら下がっていて、わたしはツー・ショットを撮ってもらった。後で見るといかにもわたしの方がナマケモノらしく見えて、唖然とした。
木にぶら下がったまま目を閉じて餌をもらって食べている。
「寝ているわけではないんですよ」という説明にみんながもう一歩前にでてそっと写真を撮る。
こんな風にして人と動物の一線をむやみに土足でふみこんでいかないという不文律や、お互いの気持ちのいい距離感を子供たちは自然に学んでいくのであろう。
「あの人気の北海道旭山動物園を超えた感じがしますね、」とわたしは藤岡さんに告げた。さすがに昭子さんのお友達。
その夜、三人娘は旅の疲れもどこへやら、遅くまで語り明かした。
はなさんのブログに参加したいきさつやご家族のこと、つつじやいぺのことも興味深いお話だったが、なかでもいま強烈に残っているのは昭子さんの数奇な人生である。
「昭子さんはどんなきっかけでクリスチャンになったの?」 という私の質問に、(昭子さん、お許しが出たので書いていますが、少しねじれているかもしれません。お許しを) 秋田に住んでいた、小学校上級生の時、母が納豆弁当をもたせた。昔の納豆はもっと臭いがきつかった。学校には歩いて往復8km. 学校に着くころその納豆は弁当の外に洩れていた。それはそれは強烈な匂いだった
昭子さんはそれに懲りてお母さんに納豆弁当を断り、そのかわりに10円をもらってパンを買うことにした。
ある日、男の人がトランクに小物を入れて行商をしているのに出会った。そのなかに聖書があった。
昼ごはんを抜いてそのお金で聖書を買ってみた。それがはじまりである。
その後、聖書のことは英語の先生からも耳にした。
昭子さんは歌が好きだから、ルーテルアワーというラジオの番組を聴くようになり、賛美歌にのめりこんだ。クリスチャンになったきっかけは、納豆弁当であったという。
お父様にたばこを買ってくるように言われたが忘れていた。山を二つ越えて買いに行かされた。
灯りのない真っ暗な山道に、途中女の人が首つりをした木のそばを通った時はこわかった。それ以来、いわれたことを忘れないようにするようになったとか。
実はこのほかに、昭子さんのお嫁さんのことで、私が一番気に入った痛快な話があるのだが、プライベートなことなので残念ながらカット。 ちなみに彼女はモデルをしたこともあるという超美人。こんな心強いお嫁さんに守られている昭子さんだからこそ、小さなことにくよくよしない。
どんな話になっても、昭子さんは乾いた張りのある声で、アハハッとよく笑う「朗らかさん」である。
乾燥したアマゾンの空気感に、余計な悲壮感とか湿気が取り払われているので、言葉が直接的で印象に残る。
はなさんとわたしは現実と夢の合間をゆらゆら揺れて不思議な旅に誘われ、秋の夜が更けていった。
9/3日(日)は歓迎会。その前に昭子さんのご希望で栄光教会へ
創立130年になる栄光教会の18代目の野田牧師はブラジルに住まわれたことがあり、二年に一度は訪伯されるという方。
昭子さんとはポルトガル語で握手され、礼拝が始まる前に会堂の中を案内してくださった。
牧師室の机には、いつもブラジルが目の前にあるように、地球儀が置いてある。とても気さくな牧師さんである。
礼拝はざっと300人。歴代の牧師の中に、聖路加病院の故日野原Dr.のご尊父の写真も飾られていた。
お説教中に居眠りをしそうになった私の耳に、力強く瑞々しい、震えようなソプラノが聞こえてきた。
それは讃美歌を歌う昭子さんの驚愕の美声だった。50年には美声の持ち主のなんと多いことか。
写真:野田牧師とランチのボルシチ
移民センターへ
出石さんにまたお世話になった。
展示写真の中の1つに眼が止まった。
あるぜんちな丸では、赤道を渡るとき航路の無事を祈って赤道祭を行った。
昭子さんはその祭りで、日の神を演じたという。他に月の神、星の神もいた。
同船者の和田さんが船内新聞を作り、昭子さんもそれを手伝った。
20才のチャーミングな昭子さんは人気の的であっただろう。
運動会などもあり移民たちはみんな仲良く、何かをあげたりもらったりしたという。
頼りになるお兄さんたちは小さな子供たちを肩車したりして、遊んでやった。
和田さんもきっとそんなお兄さんの一人であったのだろうか。
帰りに事務室に招かれ、出石さん自家製の冷たいシソジュースをごちそうになった。四つ葉のクローバーをプレスしたお手製の「しおり」までお土産にもらった。こちらからなんのお土産もなかったことをくやむ。
多加代さん手作りの造花が玄関や事務室に飾られていた。そのこまやかな心配りに脱帽し、出石さんの豊富な情報と手厚い応対にも感謝 !
北野異人館どおりへ
はなさんが拙宅にもう一泊してくださることになった。すごくうれしい。
そのため新神戸駅に切符の変更に行く。みんなで途中の異人館どおりでひとやすみ。多加代さんと、はなさん、昭子さんは風見鶏の館まで急坂を上っていく。
残りの私達はとちゅうでギブアップ。やがて三人娘は片手にアイスクリームをほおばりながら余裕で降りてきた。それに誘われて杉井さん、内田ご夫妻もアイスクリームをほおばっている。
杉井さんと内田さんは美しい台湾のお嬢さんに道をきかれ、たちまち弾んだ台湾語?が飛び交う。「たのしいシニア・ピクニック」
わたしの散歩道を三人で
さすがにハードスケデュールでお疲れがでたのか、翌朝はゆっくりおきて、
深田公園を一時間ばかり散策。なじみの犬や友人達と立ち話。お二人は通りがかりの樹木など観察しながら「この枝を剪定した方がいい」とか、「大きい樹の下にはえている草花は水をとられて枯れやすい」、などと私の知らなかったことを話している。
同じ価値観を共有する三人娘。これ以上の散歩のお連れは他には考えられない充足感があった。
昼ごろ近くの温泉へ
小原庄助さんの唄が心をよぎる。♨朝寝、朝湯が大好きで 🎶
文字通り裸の付き合い。写真は残念ながら?ありません。あはは、鏡の前で、はなさんは昭子さんに軽くお化粧の手ほどきなどもしてあげて、パフをはたいている。そんな二人は華やいで可愛かったです。
夕方、はなさんが新神戸から帰られ、数時間後にDMが届いた。
愛犬のモコちゃんは、窓の前にじっと座って待っていたようです。
鍵を開けたら飛んで来ました。今日は一日私に引っ付いて寝てました!と。
翌日は昭子さんも帰っていき、二人が座っていた空の椅子をちょっと寂しくみたりしながら、また新たな忙しい日々がはじまりました。
ホントに楽しかったです。可愛がっていただいたシロからも、ありがとうございました。
多加代さん、はなさん、ごちそうになりました。
マリコさん、はなさん、昭子さん、DMをありがとうございました。
びっくり箱の中にはまだまだたくさんの宝がポンポン飛び出してきますが、もうきりがありません。
それではみなさまごきげんよう。

和田:しゅくこさん 3日間を掛けての詳細なしゅくこレポート有難う。時系列を追った報告でこのままバーチャル座談会として皆さんのコメントと共に40年‼ホームページに残して置くことにします。何時もながら有難う。皆さんのコメントをお待ちしています。

井川:しゅくこさん、はなさん,昭子さん、多加代さん、出石さん
すばらしい、心がほんわか柔らかくなる、楽しいレポート拝読、うれしくなりました。人と人との出会いの不思議さ、奥深さ、有難さをしみじみと味わいました。みなさん、よかったですね?
はなさん、しゅくこさん、出石さんのおかげで、イペーの苗は、わがおんぼろアパートのベランダで生き生きと20cmぐらいに育っていますよ! また方々から成長報告が届いてますよ!その節は有難うございました。 
多加代さん、いつも応援ありがとう!
昭子さん、目の手術、大成功を祈り上げます。
なお、東京でもし道案内とか、荷物持ちとかが必要なことがあったら、ご一報ください。W50の人の輪、すてきですね?    感謝!!

井川さ〜ん & みなさま しゅくこです
おいそがしいところコメントいただき感謝です。
この機会にもっと建設的なイペ談義をしなくてはいけなかったのですが、イペサミットを二回も参加したとはいえ、お気楽に顔を出しただけのわたしは、なにしろナマケモノで、どうもただの姦し娘に終始したみたいで、はなさんにも物足りなかったのではないかといまごろ反省しています。
ま、わたしの配った元町駅前イペのたねはけっこうあちこちから発芽の報告を聞いていますので記録はとっていませんが、できることはそれくらいでお許しください。
昭子さんとお会いできる機会があればいいですね。
会ってハグしてあげてください。井川さんの温かいハグなら風邪はいっぺんに治るかもしれません。こんごともよろしくお願いいたしま〜す

しゅくこ: 和田さ〜ん & みなさまへ 「アマゾンのびっくり箱」への コメントをありがとうございました。
おっしゃるとおり、和田さんのブログでこんなたのしいことが待っていたとは、夢にもおもいませんでした。
和田さん、多加代さんにもずいぶんお世話になりました。ありがとうございました。
よくお疲れがでませんように、と言われますが、疲れるどころかたのしくてワクワクした4日間でした。
どうぶつ王国はポートライナーに乗って京コンピューター駅という変な名前の駅でおりますが、途中、丸木さんが参加されるかもしれない世界水泳大会(?)の競技場が車窓から見えたので、はなさんと昭子さんに教えてあげました。
ぜひ、神戸のオフ会にも参加していただきたいです。そして、どうぶつ王国や移民センターを訪ね、異人館通りでアイスクリームをほおばり、シニア・ピクニックを楽しみましょう!たのしみにしています

はな: ≪イペーが繋いでくれた不思議なご縁で楽しい週末を過ごしました≫ しゅくこさん、昭子さん、皆様へ
イペーが繋いでくれた不思議なご縁で素晴らしい皆様とのつながりが出来た事が夢のようです。ありがとうございました。
皆さん初めてお会いする感じがしませんでした。不思議ですが・・(杉井さんは2度目ですが)
しゅくこさんの素敵なやさしいご主人様。そしてかわいいシロちゃんが私達を迎えてくれました。
本当に楽しい3日間でした。私の頭の中は興奮状態でなかなか眠れませんでした。
朝早くから目が覚め、昭子さんと二人でぼそぼそ話していましたので、ご主人様にはご迷惑だったかも??
昭子さんは小柄な可愛い方でした。3日の日には私が軽いお化粧をしてさし上げて、ますます可愛くなりました。いろいろなお話も興味深く、楽しかったです。しゅくこさんは才女ですね。
お二人から色々と学ぶ事が多かったと思いました。
お二人からは記念に本をいただきました。ゆっくり読みたいと思います、
多加代さん、ありがとうございました。たくさんのお土産とごちそう。
イケメンの郵便配達のお兄さんにストラップを渡しますね。
しゅくこさん宅の少し酸味の利いたブドウもおいしかったです。
少しづつ懐いてくれたシロちゃん。
移民センターの出石さんからの要望で我が家のイペー苗がお役に立つことになり、嬉しい事でした。
昭子さんの目の手術が無事に終わりますよう願っています。
https://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada/49260966.html

阪口多加代:神戸オフ会に出席させて頂き、楽しい一日を過ごす事が出来嬉しく思っています。しゅくこさん 色々とご配慮有難うございました。        お疲れになられたと思いますが、これからもよろしくお願い申し上げます。        又次の日も誘って頂きましたが、大腸と胃の検査で5日に入院する予定が有り        失礼してしまい申し訳ございませんでした。無事お役めごめんで来年まで解放されました。
昭子さん ハナさん  遠いところからおいで頂き有難うございました。             お二人ともとってもお元気で、チヤーミングなのにビックリぽんでした。             一緒に手を組んで坂道を歩いている姿を見ていて、まるで幼なじみが久しぶりに会っていた様な錯覚に陥りましたが、自然体に微笑ましくて私も仲間に入りたくて、風見鶏の館にご一緒させて頂きました。本当にお会い出来て嬉しかったです。又機会が有ればお会いしたいです。
昭子さん 目の手術が無事に成功する事をお祈り申し上げます。又手術後は無理をなさらずに、お大事になさつて下さいませ。   
杉井さん 内田さんご夫婦さん お会い出来お元気なお姿を拝見出来嬉しかったです。移住会館の後何処に行こうか迷ってましたが、時間が無くなり異人館通りになり申し訳無かったです。今後共よろしくお願い申し上げます。皆さんお元気でお身体を大切にご自愛なさって下さいませ。

しゅくこ : 多加代さん 先日はごちそうになりました。最後のかぼちゃ入りごはん、おいしかったですね。
家でも作ってみました。かぼちゃ大好き人間としては、しばらくクセになりそうです。
今回はいろいろとサポートしていただき、シニア・ピクニックが楽しかったのも多加代さんのおかげです。
これからもお兄さんがあるぜんちな丸の同船者に暖かい心配りをなさっているように、兄弟船の船頭役をよろしくお願いいたします。



アクセス数 4742727 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1532 segundos.