HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




第35回バーチャル座談会『新春放談、行く年来る年2017/2018』その9
バーチャル座談会その9は、杉井さんの中国問題解説からは始まり、丸木さんのコルノスコピーの検査結果、30年振りだと云う昭子さんの深谷でのお正月の写真入りの報告から始まり花談議に華が咲きました。どれも残して置きたい写真が満載なのですが、1枚しか使用できないことからアマゾンから遥々日本に来ておられる昭子さんの息子さん夫婦と1月1日、元旦生まれのお孫さんと一緒の写真を使わせて貰うことにしました。その9で終わらせるべきだったのですが、その10まで延長させたので字数が少し余裕が出来滑り込みで古谷さんの青春日記とマリコさんのお便りを掲載することが出来ました。


杉井:麻生さん 新年おめでとうございます。
今年も毎日のブラジルニュースを期待しています。
最近日本のメディアは北朝鮮問題一辺倒で、南シナ海、東シナ海情勢は殆ど報道無しの状態ですが、北朝鮮問題は中国が南シナ海から世間の目をそらす為に仕組んだ戦略ではないかという見方があります。
瀋陽の人民解放軍部隊に朝鮮人民軍の情報部員が駐屯しているそうですし、最近リークされた中国の極秘内部資料では明らかに北朝鮮を支援する内容になっています。
 核兵器の維持を承認
 体制維持の保証
 石油・ガス輸出停止を象徴的に適用
 日常生活やインフラ建設用物資支援の強化
 銀行間取引禁止は国有銀行と一部の地方銀行だけに適用
 2018年支援金は15%増額、2019-2023年は年10%以上に増額
 軍事支援はハイレベルの軍事科学・技術を提供(新型中短距離
 弾道ミサイルやクラスター爆弾などを含む)
これではいくらトランプ大統領が中国に期待したり、国連制裁決議を中国が遵守すると言っても表面的に実施の振りをするだけで実質的には何も効果は期待出来ません。むしろ中国が南シナ海開発の時間稼ぎをしたにすぎません。
この様に世界中の関心が北朝鮮の核・ミサイルに注目している間に中国の南シナ海、東シナ海進出が着々と進んでおり、南沙、西沙諸島の人工島は29ha(東京ドーム6ケ分)に達し既に高周波レーダー、弾薬貯蔵用トンネル、ヘリポート、風力タービンなどが建設されています。当初人工島造成は海難事故対策の平和目的と言っていた中国は今や軍事目的だったことを堂々と認めています。更に運の悪いことに米国軍艦4隻が相次ぐ衝突事故で運行不能となり南シナ海航行の自由作戦が中断している状況。
また東シナ海でも中国海警の相次ぐ領海侵犯で人民解放軍所長は日本が長年主張して来た尖閣諸島の統括の実権を既に奪ったと発言しており、尖閣諸島奪取は次の作戦が予想されます。
 1.中国海警の上陸
日本の海保巡視船を消耗戦で疲弊させ、隙を突いて上陸して公共施設を建設。闇夜にドローンで資材を投下しておき、偽装漁民が上陸して建設を始めるということも有り得るでしょう。
 2.陸海空の大規模軍事演習の偽装作戦
   演習と見せかけて隙を突いて上陸、占拠。
 3.水陸両用の正面上陸作戦
   日米部隊との正面衝突も辞さない完全占領。これは米軍が北朝鮮攻撃に集中している時に実施可能でしょう。
更に台湾では中国軍機が定例演習と称して周回飛行頻度を増やしており、台湾はいずれ慣れるだろうと暴言していますが、これもいづれ隙を見て侵攻しようという戦略と思われます。
米空軍が北朝鮮を攻撃すると中国陸軍が鴨緑江を越えて北朝鮮へ侵入するでしょうが、これは米国に先に占領させずに北朝鮮を支配する為であり、米国が北朝鮮攻撃に集中している間に一方では尖閣諸島上陸や台湾への侵攻を行うのではと思います。
東アジアでは当面習近平は笑いが止まらない状態が続くと思われます。
麻生: 杉井さん 謹賀新年 今年もよろしく。
中国は、西沙諸島の要塞化を急いでいる背景には。中国の潜水艦の基地が、海南島に集中していることにあります。水深3千mの絶好の基地ですが、狭い西沙諸島を抜けなくてはならず、数隻の駆潜艇と小型機を配置するだけで、動きを止められ、太平洋に出られません。中国はやがては対米戦も覚悟しての、覇権強化をしています。北朝鮮による、韓国統合、最前線を日本の対馬ぐらいに置き、アメリカと対峙し、太平洋を2分する計画です。そのまえに、戦略的最重要地沖縄を独立させ、中国の傀儡国家として機能させるため、沖縄独立準備委員会が共産党の下で稼動中です。沖縄が中国化したら、米軍基地は間違いなく、台湾に移動します。
中国は、やがて、日本も取り込んだ、中華圏を東アジアに作ります。中国の野望を粉砕できるかどうかは、日本の防衛力如何に掛かっています。我々の子孫が、中国のパスポートで訪日しなくても良いように核武装も視野に入れた、国民皆兵をやるべきです。

丸木で~す 新年の悪夢ですね。


丸木で~す 新年早々コロノスコピーでポリープ4箇所切除、5年は大腸癌にならんと保証されました。
前田:丸木さん 新年おめでとうございます。
ポロノスコピーの結果おめでとうございます。
私は今から定期のCT検査に出かけます。
抗癌剤から解放されるか、明日結果の説明を受けます。
昨年の3月から10か月抗癌剤を飲んでいます。
8個あった結節が7個消滅して、あと1個だけがスリガラス状で残っていましたが、これが消滅すればOKです。

丸木で~す 霧島からのメッセージ有り難く拝受しました。あと5年は生きられる様ですから、博多での世界選手権を目標に猛練習します。来週から始まる西郷どんが楽しみです。大河ドラマを観るのは蔦姫以来です。蔦姫も鹿児島が舞台でした。近代日本を築いたのは薩長土肥ですから当然かも知れません。朝ドラは毎回観てますが、大河ドラマは長過ぎるので観てません。観たのは坂の上の雲とおしんぐらいです。いずれも素晴らしいドラマでしたので印象に残ってます。朝ドラのわろてんかは大阪が舞台でおもろいですわ。活動写真やり出した男は東宝、宝塚歌劇、阪急電車の創立者の小林一三でしょうか?

和田: 丸木さん コルノスコピアによる大腸ポリーブ4ヶ所切除、眠っている間の処置良かったですね。私も同じ1月3日に歯の治療に行き部分麻酔で口をあんぐり、大変でしたが、歯の治療だけは必要ですね。もう直ぐブラジル、同じ空の空気を吸いに来られるとの事、楽しみです。僚友谷の住んでいたノルデステ、その内また行って見る積りです。今年も話題を振りまいて下さい。お元気で。。。

丸木で~す 全身麻酔でなく局所麻酔でしたから、眠らずに自分の腸の中を見ながら医者と話ししてました。昨日のバスケットボール地元トロント ラプターズ勝利の話で医者も患者もお互いリラックししてました。前回五年前はきれいで我ながら惚れ惚れするような腸壁でしたが、今回はあまりきれいとは言えず、六代目円楽じゃなけど自分の腹黒さが判りました。ブラジルに行ってもあんまりカイピリーニャ飲むな言われました。お互い年齢を意識する歳頃になりましたが、ショッピ(生ビール)あっての人生ですよね。ショッピが飲めなくなれば老兵は消え去るのみですわ。

和田: 丸木さんのコルノスコピーは、全身麻酔でなく局所麻酔で遣ったのですか?私の時は、麻酔担当医が立ち合い完全な全身麻酔で眠らされました。自分の腹黒を眺めていたのですか?私の歯の治療が上手く行かなかったのか今日は、奥歯が痛みますが、バーチャル座談会その8,9,10を同時完成させ出来れば今日中にUPしたいと思い四苦八苦しながらBLOG記載分とメールのまま保存分から選び3本均等に分けていますが、大変な作業です。それでもビールだけは飲みながら、歩きにも行かないといけないし結構新しい年から苦労しています。ではまた。。。

丸木で~す 四年前も局所麻酔でしたよ。あの時もモニター見ながら我ながら惚れ惚れする様な大腸内は綺麗でしたが。あれから僕も腹の黒い男に成り下がったものです。


昭子:新年のお喜び申し上げます。元日を日本で迎えるのは30年ぶりです。
孫が元日生まれなのでお正月は誕生祝です。昔は誕生日など祝ってもらうことなどなく過ごしたものです。移民して生活が大変な時もやはり誕生祝など節目だけで 毎年などできませんでした。今はおかげさまで出来るようになりましたが それが当たり前になって 感謝を忘れないようにと祈るのみです。この正月の聖書の学びで人の生き方には2種類あることを学びました。
持つ生き方と在る生き方。価値観の違いなのですが 持ち物に左右される生き方 と 持ち物に左右されず命に感謝できる生き方。
仕事というのは仕える事。働くというは他の人を楽にすること自分だけのためではなく 互いに生きるために.愛に価値を置く人生をあゆみたいものと 思わされています。
愛 とは その人の苦境をしりそこにくだっていき 助けてあげることなかなか出来ませんがライ病の友となられた方貧民街に身を置いて多くの方の友となられた方 マザーテレサのような方。小さなことでも他の方を思いやる心が与えられるようにと願う年頭でした。クリスマスはそのことを神がしてくださったので 信じて受け入れる私達が死なずに生きるものとされたことを知りました。
高齢者となりひとつづつ色んなもの が失われていく中で 何が無くても
神の助けの中で 愛に価値を置き命の大切さをおぼえて生かされていきたいものと思います。皆様も祝された一年となりますように。
アマゾン移住90年祭での トメアスー賛歌を作曲してもらいました。
皆さんにも歌って頂けたらと願っています。
神様の祝福を祈ります。  シャローム アマゾン昭子


和田: 暫く花談議もご無沙汰していましたので今年初めての花談議は、地元ポルトアレグレからお正月に咲く花をいくつか紹介する事にします。
12月から咲き始めカーニバル明けまで咲き誇ろ夏の花は、百日紅です。サルスベリには、赤、ピンク、白と色々ありますが、全て漢字では百日紅です。千日紅と云うのがあるそうですが、どんな花か知りません。
散歩時の道すがら、絢爛豪華に咲く百日紅の花を貼り付けて置きます。

しゅくこ: 和田さ〜ん、昭子さ〜ん & みなさま     
百日紅(サルスベリ)大好きです。見事ですね。これは都会のビル街によく似合う花の1つではないでしょうか。
日本ではいまは裸木で、雑木林の散歩道にはつるつるしたその幹が目をひきます。左の写真。
千日紅はご存知ないと書かれていますが、12月18日にお送りした写真の中に入っていますョ。
枯れても貴重なドライフラワーに使われます。
再送になりますが、千日紅の入ったオブジェをお誕生日のお祝いに贈りますね。 散歩道で採った松ぼっくりやナンキンハゼと一緒に飾ってみたものです。右の写真
昭子さ〜ん
お年賀いただきありがとうございました。
ご家族の写真を拝見していると、昭子さんが帰国されたらみんなさみしくなるのではと思います。
とくに末っ子のお嬢ちゃんは泣いてしまうのではないでしょうか? 
滞在中は三回の手術、その間、はなさんときてくださったことは生涯のいいおもいでです。
また、深谷でも、いろんなお友達と会われ、さらにたくさんのいいお友達ができたことでしよう。きっと教会では昭子さんの美声にみなさん驚かれたのではないでしょうか。
あと残りわずかになってきましたが、どうぞ身体にきをつけておすごしくださいね。
ラグビーのチームに入って鍛えられている 6才の孫の写真です。

和田: しゅくこさんからの返信ですが、百日紅(サルスベリ)は分かるのですが、千日紅(センニチコウ)の呼び方が分からず花もどんなものか知らなかったのでインタネットで調べてみました。読み方は、センニチコウできれいな花が咲くようです。ドライフラワーとしてしゅくこさんは良く使用されるようで誕生日のプレゼントとして送って呉れました。有難う。 昭子さんへの心の籠った返信も書かれています。 オリジナルBLOGは、下記です。
https://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada/49381978.html

丸木で~す 百日紅と書くのですか、日本語は奥行きが深くて理解しにくいですね。猿滑とでも書くのかと思ってました。猿も木から落ちる、弘法も筆の誤り、しゅくこさんも落馬する。
和田: 丸木さん 猿滑(滑り台みたいで傑作ですね)、しゅくこも落馬するも良いですね。サルスベリ(百日紅)より千日紅(センニチコウ)と云うのは読めましたか?センニチベニの方が良いのではないでしょうかね。日本語は難しいです。

丸木で~す 大阪では最大の歓楽街「千日前」でオリンピック千日前に記念フェスタがあったそうです。
あの界隈を学生時代に放課後うろうろしてました。歌声喫茶「どん底」やアルサロ「サフラン」が懐かしく思い出されます。
3年前の道頓堀オフ会の日に久しぶりで千日前から法善寺横丁を歩きました。呑み屋「正弁丹後」も現存してましたので次回訪日では呑みに行きます。

昭子: 和田さんが 千日紅をご存じなかったとは! 普通 紫と白ですが 紫が強く白は 倍も大切にしてもいつの間にか姿を消してしまいます。この白い花は現地の人たちにとっては心臓の薬として使われています。紫ではダメなのだそうです。
私の庭は少々広いので樹木 花 鉢植えのほかに薬草も色々植えています。娘の大学のレポートが 「アマゾンの薬草の色々」だったので 本当に色々集め また集まりました。韮、葱は風邪の薬として日本式の手当てを紹介しました。アロエは便秘の特効薬、歯の痛み止は 穴があれば正露丸をつめてあげますが中々覚えられない名の大きな葉がリウマチの痛みまで効くと良く貰われていきます。一番の人気は Mastruz と言う薬草で打ち身 気管支炎 肺(殆ど 風邪) に求められますので 庭に芽を見つけたら残すことにしています。だから私は除草剤を使わないことにしています。大切な芽が出なくなりますから。血圧のため 糖尿のめコレステロールの為 腎臓 肝臓 胃 利尿剤と 所狭しと生えています。今7ヶ月 留守にしていますから どうなっていることやら樹木だけになっているかも知れません。帰ったら雨季になっていますから また芽が出るものもあるでしょう。だんだん集めることにしましょう。互いのために。前田さんから 頂いた 藥ウコンも大きくなっていることでしょう。。神様の人類に管理するようにと与えてくださった全ての動植物は 人の健康の為に与えられているので 先人の知恵に見習って上手にバランスよく食べるならそれが薬になると信じています。暴飲暴食 片寄った食生活をしないことが大切であることも肝にめいじています。互いに食生活を大切に過ごそうではありませんか。
ナッツや海草 根菜 甘味はハチミツを利用しましょう。紫イペーの樹皮がガンに効くと言うのはご存じとおもいます。

丸木で~す アマゾンが薬草の宝庫とは大塚製薬研究所長の甥から聞いた事があります。ブラジル出張ではマナオスを拠点として州内くまなく探索した様です。OEM(他社ブランド)なので国外では知られてないが、世界中のIV(点滴)は殆どが大塚製とか。ここカナダでは漢方薬店が多く、動植物あらゆる乾物が予防薬として売られており、香港出身のファミリードクターの指示で訳も判らず服用してます。病気になってから医者にかかったのでは手遅れになり、予防医学に関する限り東洋医学の方が西洋医学より進んでる様です。

はな:しゅくこさん、みなさま あけましておめでとうございます!!
ご心配をおかけしましたが、1月4日のレントゲン結果でギプスをはずしましょう、ということになりました。
まだ手首下から上はサポーター代わりに圧縮ホータイで巻かれてはいますが、肘が動かせるようになり指先も結構使える様になりました。
手をついてはいけない、重いものを持ってはいけない、当ててはいけない、と禁止事項がありますが。少しづつ肘の関節、指の曲げ伸ばしをしています。今まで固定していた部分を綺麗に洗いましたが、汚れのひどかった事・・新年から失礼!!
それに1ヶ月近く動かしていないので、筋肉がすっかり落ちていました。怖いですね。娘がしわしわのおばあちゃんの腕みたい、といいましたが本当にびっくりでした。人間の体は使わないと本当にダメになるんですね。
昭子さんとはラインで繋がっていましたので、片手でぽとぽと打って字を間違えたり時間がかかったりでしたが色々とお心使いをいただきました。ありがとうございます。
しゅくこさんからもありましたが、イペーの花がつないでくれたご縁でしゅくこさん・昭子さんとお会いできた事が最大のよろこびでした。
これからもよろしくお願いします。
久留米からは咲き始めた『ロウバイの花』、『サザンカの花』それに以前お話した『カササギ』を。やっと撮れました。「かちがらす」ともいいます。
 カラスですが真っ黒ではなくお腹と羽の一部が白色、とことこ歩く姿は可愛いですよ。

和田: 年頭の挨拶も兼ね久留米のはなさんからのお便りが届きました。今年初めてのお便りです。今年も姦し娘3人組を中心に花談議に華が咲くと楽しいですね。はなさん宜しくお願いします。ギブスが外せて良かったですね。これからリハビリです。無理をしないでのんびり新しい年をお過ごしください。 オリジナルBLOGは、下記です。 https://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada/49382764.html
しゅくこ: はなさ〜ん いつも楽しいメールをありがとうございます。
ご一家の皆さま全員が体調がよくないままお正月を迎えられたこと、連絡をいただいてましたが、やっとギプスをはずされたんですね。よかっですね。
戌年なので、モコチャンがきっとお守りの役をしてくれたんですよ。
ところで、いままでギブスと言ってたのが、実はギプスだったんですね。
ドイツ語なんですか、しりませんでした。新年早々、一つ賢くなりました。
こちらは、1/2日は恒例の篠山にある陶芸美術館にいつて今年は江戸時代の作品をみてきました。江戸時代は遊び心が豊かな時代だったんでしょうか? 生まれてなかったんでよくわかりません。
楽しい作品に魅了されました。写真撮影OKだったので、一部をここに添付いたします。よかったらご覧ください。
1/3日は弟夫婦の住む実家へ。途中お墓参りに行きました。
父母の命日がそろって8月の一番暑い日なので、いままでさぼっていたのです。
どの墓石の前にもお正月らしい菊や南天がいきいきと生けられていて、夏場にくるよりはほっとする風景です。
「ごめん、ごぶさたして、」と手をあわせると、とつぜん和泉山脈の山並みが灰色に覆われて、霰(あられ)が叩きつけるように落ちてきました。一年ぶりの挨拶も「またくるね〜」とそこそこに切り上げて、熱いおでんがまっている実家へ。
沖縄生まれのお嫁さんが、牛テールのぶつ切りの入ったおいしいおでんを作って待ってくれていました。
わたしは神戸のユーハイムで買っておいたリンゴの丸ごと入ったバウムクーヘンとお嫁さんの好きなニシンの昆布まきを作ってもっていきました。
なんでもワイワイいいながら食べるとおいしいものですね。
新しい年はモコチャンに守られていい年になりますように。
今年もよろしくお願いいたします。

和田: しゅくこさんからはなさんへの返信は、篠山にある陶芸博物館訪問、実家の近くにある父母の墓参り、実家に住む息子さん家族との正月料理を楽しまれたとの返信を送っておられます。江戸時代の遊びを感じさせる陶器類の写真が良いですね。 オリジナルBLOGは、下記です。
https://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada/49382995.html

はな:しゅくこさん、楽しい陶芸品!
金魚の描いてある器には何を入れてたべたのでしょうか。
美味しいものを食べた後に、金魚が泳いでいたらびっくりですね。
おかめの作品もおもしろいですね。初めてみました。
ご主人とふたりで楽しい1日をすごされたようで。やさしいご主人さまでしたから・・・
お正月におでんもいいですね!
あったかいかおりがここまで届きそう。
弟さんも優しいお嫁さんに幸せですね。弟さんは私とおない年??
りんごまるごとのバームクーヘンにびっくり。
いつか又神戸に行くことがあったらぜひお土産にしたいです。
手作りおせちいいですね。
我が家は私の骨折やらで、既製品のお節をたのみましたがやはり手作りがいちばんおいしい!!??。
こちらでは『がめ煮』という煮物も作ります。筑前煮ともいわれてますが。
しゅくこさん手作りのおせちを見ていたらおいしそうでつばがでてきそう。
手が治ったら私も昆布巻き、黒豆、がめ煮を作りたいです。
孫娘2人が我が家にきた時の専用お茶碗。
お姉ちゃんは大根と金時ニンジンの絵、妹は花咲爺さんの絵。ちょっと可愛いでしょ。
青空の下の冬枯れの樹もいいかな〜

和田:花談議は、何処まで続くのですかね?はなさんの心温まるしゅくこさんへの返信が届いています。お孫さんが来られる時にだけ使うお茶碗を用意しておられるとの事。さぞ専用茶碗を楽しみにしておられることでしょう。特に妹さん専用の花咲爺の茶碗は、この爺の会のシンボルマークにしたいような絵柄、大変気に入りました。私もこんなお茶碗でお茶漬けサラサラ食べて見たいです。 オリジナルBLOGは、下記です。
https://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada/49384877.html

和田: 12月24日にしゅくこのイペーは、多産系で花全部にサネが着きサネの満開の写真を送りましたが、それらのサネが皆、健全な種を弾けたサネから飛ばしているのを見てつい手が伸びて種を採種して来ました。
机の上の新聞紙の上に広げたサネと種とサネ、緑の葉っぱ、茎等に分け写真を撮って置きました。良く乾いた種が多数採集されました。
検疫等の手数を掛けない為にもう種は郵送しないと云っていますので次回訪日時に成田で通関時に検疫を受けた上でしゅくこさんに送ることにします。
12月24日に写真を送ったしゅくこのイペーのサネが弾けて種を飛ばしているのを見てもうイペーの種の郵送はしないと決めていたにも関わらず背丈が低く手を伸ばすと届くところにある種を見るとつい手が伸びてしゅくこのイペーの種を採種してしまいました。どうしてしゅくこさんに届けるかまた一思案です。 オリジナルBLOGは、下記です。
https://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada/49384238.html


古谷:しゅくこさ〜ん
「青春日記 第54話 愛のロマンス」をお送りします。
もう何年前の事か、記憶が定かでありませんが、最近ユーチューブで
「愛のロマンス」を聞き、標記の映画を見た事を思い出しました。
映画のストーリーは奇麗サッパリ忘れましたが、メロデイーだけは覚
えて居ましたので、是非お聞き願いたいとユーチューブをお送りする
次第です。メロデイーは、甘く切ない女性向きです。
  www.youtube.com/watch?v=Xw4CJDknHSY&list=RD">https://www.youtube.com/watch?v=Xw4CJDknHSY&list=RD-
(映画のストーリー)
http://eiga-watch.com/forbidden-games/

和田:古谷さん 懐かしい何時聞いても良い禁じられた遊びの聞きなれたギター演奏のyoutubeを有難う。早速聞かせて貰いました。正式名は、愛のロマンスと云うのですか?これは禁じられた遊びでないと駄目です。写真が無いのでBLOGには掲載しませんが、バーチャル座談会その9に400字ほど余裕があるので古谷さんの青春日記第54話を残して置くことにしました。助かりました。有難う。


マリコ: 和田さん。「私たちの50年」のみなさま。     
新年の挨拶が大変遅くなりました。
小正月まではお許しいただけるものと遅まきながら、改めまして、
『あけましておめでとうございます。』
今年も、和田さんはじめ、「私たちの50年の」みなさまのご健康とご多幸を心より祈念申し上げます。
今年は、昨年11月から始まった我が左肩との闘いが 4月半ばまで続きますが、和田さんが毎日の歩みを大切に続けておられるのを見習い、私も一歩、一歩を大切に焦らず、日々のリハビリに励み、無事、2度目の手術が受けられる様 過ごしたいと思います。
ただ『無理は禁物』と言う先生の言葉に従う中、ゆったり流れる時間を過ごすのは初めての私…。少々戸惑いを感じ、落ち着かないと言うのが本音ですが、頑張ります。目指すは、ブラジル!!!ですもの…。
みなさまのお仲間に入れていただき有り難く幸せな私。今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

和田:マリコさん折角のお便りですのでバーチャル座談会第9回に少し字数に余裕が残っていますので上手くはめ込めるかどうかTRYして見ます。駄目ならごめんなさい。肩を治癒させて何時もの明るいマリコさんをブラジルでお待ちしています。8月のポルトアレグレの日本祭りは、土曜日18日だけでも参加できるようにスケジュールを組んで下さい。



アクセス数 5168520 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1071 segundos.