HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




第37回バーチャル座談会 【ロシアワールドカップを語る!!】その10
【ロシアワールドカップを語る!!】その10は、これまでの書き込みで字数の関係で先延ばしになっていたコメントを拾い準々決勝の2試合迄となりました。ブラジルが残念ながらベルギーに2対1で敗れてしまいコッパーは、終了同然ですが、バーチャル座談会は、最後まで継続する事にしました。気が抜けたビールのようですが。。。写真は、ブラジル1−2ベルギーを使用する事にしました。


駒形:座談会を見て一番面白いのは和田さんの意見です。冷静に分析して時間つぶししろという意見より、GO FOR BROKEで全力で目的達成に向かう姿勢が良いです。 サッカー戦の本質を考えてみれば良い、観客はボールの動き、選手のやる気に感動することを求めて観戦するのでしょう。もし諸データーだけで計算するならば、日本は次のベルギー(FIFA8位)に勝てるわけがない。ではゲーム開始から失点を避けて自陣内でボール回しをやりますか? それとも、「計算上は実力差が多すぎる、とてもベルギーに勝てません」と闘わずして降伏するか? 観客はそれを喜びますか? FIFA何十位だかの韓国がトップの西独を破った試合が感動をよぶのはなぜでしょうか? サッカーゲームの原点に戻って考えれば良いでしょう。
 
和田:駒形さん私の意見が一番面白いとのコメント、有難う。私とサッカーの繋がりは、野球とかテニスとの繋がりよりより生活に密着したもので丸紅ポルトアレグレ出張所長18年の間、フットサルの社主、監督兼選手で20数連敗を記録した現役でした。職員が少なく女子職員は、旦那を連れれて来て、所長も当然ピッチで大きな声で号令していました。選手は皆、ボールのオナーに遠慮?敬意?を払いボールを回して呉れるので相手チームの協力も得てゴールを獲得することも偶には、ありました。客先のチームと親善を兼ね負けた方がシュラスコを払う規則で遣ってましたが負けてばかりなのでルールを変更し勝ち負けに関係なく地元のチームがシュラスコを奢る事に代えてからカシアス、ガリバールジ等に良く遠征しました。カシアスではLAVRALEと云うトラクターのアタチメントを作っている会社でヤンマーの工場を買い取ったAGRALE社のホルヂングの会社で偉いウーゴ社長が一緒にボール蹴りをして呉れました。メリヤス工場のペテナッテ社、スールテキタイス社等懐かしい客先でした。ガリバルージでは、毎月300トン近く日本に出していた骨抜きの鶏肉を輸出していましたがぺナブランカと云う会社の養雛専業工場のお偉いさんセルジオさんとボールを蹴っていました。20年も経った今でも飛行場で会ったりするとサッカーの話が出ます。日本のボール回しは、彼らに対しても詰られる恥ずかしい行為だとの私の意見です。サッカーは、ゴールを目指して一直線、ベルギの三点目のようなゴールを美徳としています。日本もその直行便に屈したのだから文句は言えませんね。又又多言多謝です。

古谷:皆さん 今年のFIFAのランクでは、ベルギーは第三位、日本は第61位。今日の試合は全くの互角。とてもランク通りの試合ではありません。
ベルギーの布陣は、参・四・参。対する日本は、四・四・弐の布陣。結局点取りはこの布陣通りになりました。ベルギーのバックスは弱いと言われ乍ら参人制を布いたために、日本のカウンターを許す結果となりました。
ベルギーの攻撃は、前半・後半共にその後半部分で攻撃が激しさを増しました。日本が弐点を取ったのは後半の初めであり、ベルギーが巻き返したのも後半の後半でした。妙なリズムです。この後半の後半のベルギーの攻撃は文字通りの猛攻で川島選手の好セーブが無ければもっと失点していたと思います。
試合後、吉田選手(CB)と巨漢のLukaku選手が健闘を讃えあい、抱き合っているのが印象的でした。吉田選手はLukaku選手を完全に抑え、撃たせませんでした。唯、Lukakuの笑顔の中に「してやったり」との表情が見えましたが私の思い過ごしでしょうか? Lukaku は囮になった振りをして、後ろにスペースを空け、決勝の参点目を撃たせた気がしました。
惜しむらくは、日本チームは球を持ちすぎ、パスのタイミングが遅れました。
それと、パスを待って受けるので、ベルギーにインターセプトされました。私も大学でサッカーをやっていた時、コーチから「球を待って受けるな、取りに行け」と口酸っぱく指導されたのを思い出しました。パスミスは、半分は受け手の責任です。日本チームにこの欠点が無ければ局面が変わっていたかも知れません。
しかし、日本チームは、FIFAランク参位のベルギーと良く戦いました。ベルギーの監督が言っていた「日本チームに最後まで苦しめられるだろう」との予想が当りました。期待した順々決勝には進められませんでしたが、日本チームには胸を張って帰国して欲しいと思います。

麻生:W杯スエーデン対スイス 双方、チーム力、体格、粗暴、ラフプレイ等似た者同士。荒っぽいプレーが続くが、前半、得点なし。
後半12分スエーデンの10番が右サイドからダッシュセンターに回り、シュートスイス防御陣の足に当たり、ボールがそれ、キーパーより外れてゴール。
その後、スイスの猛攻が続が、得点ならず、終了。結局1対零でスエーデンの勝ち。

和田: 麻生さん スエ―デンが勝ちましたか。現在ニッケイパレスホテルのロビー奥でPCを開けていますが、サッカーは、遠くに見えていますが、見ていません。これからパウリスタ街まで歩いて行きジャパンハウスを覗き4時からの会議に出て6時終了後タクシーを掴みニッケイパレスにより恵子と荷物を載せて飛行場に向かいポルトアレグレに戻ります。サッカーはお預けです。

麻生:W杯イギリス対コロンビア 双方、機能的で守備型で似たようなチームだとの印象を持った。前半は何事も無く終了したが後半コロンビアの奮闘からかラフプレイも目立ちイエローカードはコロンビア5枚イギリス2枚連発される。倒し合いなった。後半13分イギリスがpkから1点を先取。此れで試合終了かと思った47分コロンビアの19番がCKを頭で決め1対1.延長戦に入り、15分毎の試合で決着がつかず、PK戦に移行した。イギリスが防止2に対しコロンビアは1でイギリスが制した。7日イギリスはスエーデンと対戦する。

和田:イギリス対コロンビアも最終的には、PK合戦になりましたか。イギリスが準々決勝でスエ―デンと当りますか。南米とヨーロッパがぶつかり合っていますが、6日のウルグアイ対フランス、ブラジル対ベルギ―戦は面白そうですね。私もサッカーに復帰します。
今日は、パウリスタ街まで歩きジャパンハウスとその前の文化会館のバラ園に立ち寄り4時からの日本商工会議所の会議に参加、終了予定の6時が最後の締めの野口総領事の話が終わったのが6時半で写真撮影とか有ったようですが、一番に飛び出しタクシーでニッケイパレスに立ち寄りトランクと恵子を掴み飛行場に走り何とか8時10分のフライトに乗り込み無事ポルトアレグレの我が家に10時前に辿り着きました。結構疲れました。
収穫は、昼に早めに行き待たずにあすかのラーメンと餃子が食べれた事とジャパンハウスで砂古さん推薦の美味しいシュークリームを今回は、食べれました。
 
麻生:W杯=いよいよ勝負は佳境に入ってきた。今金曜日のブラジル対ベルギーとフランス対ウルガイの試合は面白い。この勝者のいずれかが優勝者となる確立が高い。白熱した試合が展開されるだろう。欧州対南米の対決でもある。

サンパウロ新聞:サッカーW杯 日本史上初の8強進出ならず 伯国との歴史的一戦は夢に消え 2018年7月4日
 サッカー・ワールドカップ2018ロシア大会の決勝トーナメント(決勝T)1回戦が6月30日から行われ、今月2日にブラジルはメキシコと、日本はベルギーとそれぞれ対戦した。日本は6度目のW杯出場にして初の準々決勝、ベスト8進出を目指したが、またしても世界の壁を痛感することとなった。勝てば日伯戦が実現する注目の日本対ベルギー戦は、サンパウロ市リベルダーデ区の岩手県人会館でパブリック・ビューイング(PV)が行われ、集まったサポーターが歴史的勝利を信じて声援を送り続けた。
 日本サッカー界にとって、W杯8強進出は悲願の目標だった。1993年にJリーグが発足し、サッカー人気が加速する最中、翌94年に控えるW杯アメリカ大会出場をかけたアジア最終予選で後半ロスタイムに失点し、「ドーハの悲劇」と言われる屈辱を味わい、日本人の多くがW杯への厳しい道のりを痛感した。4年後の98年フランス大会出場をかけた同最終予選では延長戦の末に激闘を制し、「ジョホールバルの歓喜」として初出場を決めた。本大会ではグループリーグ(GL)で3戦全敗を喫し、世界を前に全く歯が立たずに終幕を迎えた。
 2002年、日本と韓国共催となった日韓大会で、開催国として奮闘し、初の決勝T進出を果たすも、同大会で3位と健闘したトルコに惜敗した。06年ドイツ大会にはGLで日本W杯史上初の日伯戦が実現したが、1―4と大敗してGL敗退となった。10年南アフリカ大会ではGLを突破し、決勝Tに進むが南米の強豪パラグアイ相手にPK戦の末に敗れ、前回の14年ブラジル大会でも、南米のコロンビアに惨敗するなどGLで敗退。過去20年以上にわたって、世界の厚い壁を感じてきた。
 今回、GLではコロンビア戦でアジア勢初となる南米勢撃破を演じ、下馬評を覆して3度目となる決勝Tに進出。国際舞台での経験を重ね、W杯で存分に戦う力を培った日本代表の快進撃が光った。
 露国ロストフ州ロストフ・ナ・ドヌの会場で行われた決勝T1回戦、強豪ベルギー戦では、岩手県人会館のPVに集まった約60人のサポーターが日本代表の歴史的勝利を願って声援を送った。
 前半はベルギーの猛攻に遭い、耐え凌ぐ時間が続いたが、日本も細かいパスからの大きな展開で、攻撃の形は見えていた。後半3分、カウンターから原口元気が先制点を決め、同7分には相手のプレッシャーが遅れたのを乾貴士が見逃さずに右足を一閃。2点のリードを奪う展開に、同会館では「勝てる。上に行ける」という雰囲気が漂い始める。しかし、同24、28分と立て続けに失点し、試合は振り出しに。日本が苦手とする空中戦での失点で、高さを重視したベルギーの交代策が当たってしまう。その後、後半アディショナルタイムにカウンターから決勝弾を決められ、2―3で惜敗。後半アディショナルタイムに失点する悪夢のような展開で、力量ではない力負けで終幕。8強進出、日伯戦は夢に消えた。決勝Tで2点差からの逆転劇は48年ぶりの出来事となり、「ロストフ・ナ・ドヌの悲劇」の様相を醸し出す。
 今大会の日本代表をジャパン・ハウス、同会館のPVで応援した和田エリーザさん(55、2世)は「残念でならない。ブラジルと日本の試合が見たかった。(日本代表は)前よりずっと強くなった。一生懸命応援したし、決勝まで行くと信じていた」と無念の想いを滲ませ、鈴木徹さん(55、神奈川)は「めちゃくちゃ残念。(過去の日本代表より)格段に良くなっている」と日本代表を労った。
 試合後に、日本代表の西野朗監督は、言葉に詰まりつつ、「(世界との差は)全てだと思うが、わずかだと思う。この壁っていうのはまだ厚いのかもしれない」と語り、手応えとは違う現実を掴んでいた。

丸木で~す サッカー日本代表チームが早々と敗北し、これからが準々決勝と言うタイミングに成田に到着し大歓迎を受けたとか。ブラジル人の家内に言わせれば、ブラジル チームがメダルも獲らずに今頃帰国したら、空港で罵倒され袋叩きに逢い兼ねないそうです。メダルも受賞せずに、早々と帰国した西野監督はじめ選手たちは恥ずかしくないのでしょうか。国威高揚の為には、少なくとも銅メダルを胸にぶら下げて帰って来て欲しかった。

古谷:丸木さ〜ん それはあり得ませんね。日本とブラジルのFIFAロシア大会時のランキングは、日本が61位。ブラジルは弐位です。
メダルも取らずに帰国して、空港で袋叩きに遭うのはブラジルチームで、日本チームではありません。61位の日本チームが、ベスト16に残ったのですから、胸を張って帰国するのは当然と思います。
大会直前に更迭されたハリルホジッチ前監督は、猪突猛進型の攻撃方法を指導、之を批判する選手を次々と戦列から外しました。代わって、監督を引き受けた西野氏はパスワークを多用する日本人向きの攻撃方法を採用し、決勝トーナメント進出を果たしました。しかも、選手との会話を重視しました。ランク61が16に変わりました。画期的です。胸を張って帰国するのは当然と思いますネ。

松栄:丸木さーん  御承知と思いますが、日本のサッカーの出発は欧米、南米に比べて、少なくとも50年は遅れましたね。
戦後70年として、プロリーグが出来たのがここ20年。相撲、柔道、剣道、野球、パチンコ、ボクシング、プロレスに比べて50年も遅れて、プロリーグ(協会)が出来ました。
国民の半分くらい? がまだルールも知らないレベルの日本サッカーだと思います。来年だったですか、ラグビーのワールドカップが日本開催だったと思います。
ラグビーは高校時代に馴染んで。当時スポーツ競技で最も面白いスポーツと思いましたが、そんな状況でも現在は、オフサイドと、ボールを前に落とす、ノックオン位しかルールを覚えていません。(恥ずかしながら)そういう観点から、日本が国技と思っているこれらのプロレベルのスポーツ(相撲、柔道・・・)で、簡単に負けて帰ったら、、今回のお隣の国のように、生卵でも飛んできた、と思いますが。
今回のサッカーワールドカップは、試合開始前の日本の不評を乗り越えて、ベスト16に残れた、頑張ってきたと思います。
ポーランドとの試合が計算通り行かずに、変則的な負け方で帰っていたら、成田にも閑古鳥が舞っていたと考えています。

松栄:先ほど、敗戦帰国の日本チームヒーローが語っている日本チームに足りないもの、がでていましたが、筆者の独断と偏見の意見を聞いてください。
日本の新司令塔が自ら語る…足りない「3大要素」「経験」「知識」「感覚」
この3大要素の前に、90分ないし120分を全力で駈けられる体力とスピードが必要と思います。
体力に余裕がなければ、この3大要素が意識から薄らいでしまうと思うからです。
少なくとも、マラソン42.195kmを2−3時間台で走れる体力とスピードがあっての3要素ではないかと思います。
まずその点を強化して、三大要素を研究開発することが肝要か、と思いますが・・・・皆様、どうでしょう?

和田:松栄さん 日本の新司令塔は、必要な3要素が、経験、知識、感覚と云ってるそうですが、これにやはり松栄さんが云われる体力とスピードが必要でしょうね。同意します。50年!!の皆さんにも送って置きます。

松栄:和田さん 転載ありがとうございます。
蛇足ですが、日本選手の大半が、負けてホイッスルの鳴った瞬間、みんな 地に臥せってしまったのを見て、悲しい思いを大地を叩くことで、表現していたようですが・・・、
見方によって思いたくないですが、大男たちに90分走りまわされて、日本選手の大半が精も根も使い果たした、という状況かな、と感じました。
優勝しようと思えば、こんな集団を相手に6試合は勝ち進まなくてはならないわけです。
結果、敢闘はしましたが、ポーランドに負けて、ベルギーにも負けてしまったわけです。冷静に見て。

駒形です。サッカーについて敢えて意見を申します。W−50諸賢の大反発を食らうのでは?と恐れていますが。−−以下。
# 日本はスポーツ競技では他国に比べ身体能力で大きな差があります。サッカーでは日本と対戦した(欧、AFRICA)チームは平均身長188CMとか、日本は178CMとか(数字は概数)、走るSPEEDも違います。経験とか知識は日本人も海外のチームでPLAYしているし、評論家も沢山いますから決定的差ではないでしょう。
# 解決策は日本人選手の品種改良です。ラグビーなどは異種を入れてから勝負が出来ようになりました。陸上(ハンマー室伏)などにも混血種がいるし、テニスの大阪なおみなども色だけでは日本人にみえません。日本人も色々いても良いじゃないですか。マラソンなどもそのうち肌の色の違う人が出てくるのじないでしょうか?
# サッカーでは国籍規定がどうなのか知りませんが何人か外国人を入れたらどうでしょう。ヨーロッパのチームでも色の黒い人が沢山見えますね。
# こういうことは大抵の人は腹の中では思っていても中々大勢の前で口に出して言わないのじゃないか?と思っています。 ブラジルなど相撲ではカイセイなどを出していますが、サッカーでも好選手生めませんかね。

麻生:和田さん 優勝候補はブラジル、フランス、ベルギーに絞られると思います。ブラジルとベルギーの勝者がフランスと当たり決勝戦になる確率が高いのでは、ないですか。ブラジル40%、ベルギー、フランス30%各だと思います。ガブリエルジェズスの活躍が期待したほどではないですが、ウイリアムの動きが良く、ネイマーをサポートしています。先ずは、ブララジルの関門は金曜日のベルギー戦。楽しみです。

松栄:ワールドカップですが、明後日金曜日がブラジルーベルギーのベスト4をかけての試合です。ブラジルの勝ちを信じていますが、ベルギーもかなり強い。
余談になりますが、世界61位なんていう、サッカーの国際ランクこんな数字がどこから来たのか、というのがWCが始まる前からの疑問で、あまり日本を舐めるなよ、という思いでいました。
以前、といってもこの前、という感じですが18位くらいにランクされていたのが、徐々に下がっていった。今回のWC健闘で、どんな順位がつくのか、注目しています。
ハリル・ホジッチさんの兄さんだかが、いろいろ言っているようですが今考えても、ハリルさんがやったベテラン3人を外して負け続けた試合をみていれば、解任の文字が出てくるのは日本人なら分かる、と思います。(世界の日本順位を下げた根源理由)
今回も、このベテラン3人を外していたら、世界が予想するボコボコの日本チームだったと、私は思っています。どちらにしても、麻生さんのおっしゃる通り、ブラジル、フランス、ウルグアイ、ベルギーの中から優勝が出そうに思います。

和田:麻生さん 愈々明日から準々決勝が始まりますね。7月に入り何かと藪用が続いていますが、明日のウルグアイ対フランス、ブラジル対ベルギーの南米対ヨーロッパの対決は、見逃せませんね。この4チームから優勝者が出るとの事、事実上の優勝戦と云えそうですね。勝ち残って欲しいです。日曜日にニュージランドに移住した末娘が孫二人を連れて2度目の里帰りでリオで茜の所で暫くいて12日(木)にポルトアレグレに入って来ます。15日の優勝戦には、皆でブラジルを応援したいですね。孫4人並べて応援させます。先ずは明日のベルギー戦ですね。頑張れ!ブラジルです。

麻生:和田さん ベルギー戦は怪我で休んでいたマルセーロが戻ってきます。マルセーロとウイリアムでベルギー陣をかき回すでしょう。ネイマーを目の仇にして潰しに掛かるでしょう。逃げ回ってファウルを取れば良い。
ガブリエルにはもっと活躍して欲しいです。どうも、ファウルを怖がって逃げているような印象です。
彼が本気になれば、機敏さはピカ一です。守備では名手チャゴシルバがいます。ベルギーFW陣を抑えてくれるでしょう。2対零でブラジルが勝つと予想します。

麻生:ブラジルニュース W杯ベルギー戦=右ウイングのDaniloは黄色カード2枚で出場不可。代わりにMarquinho若しくは Fernandinhoが入る。ネイマーは狙い撃ちされるだろうから、 攻撃陣はGabriel,Coutinho,Paulinhoに期待したい。ベルギーの警戒すべきは9番と10番は云うまでもない。

和田: 麻生さん ブラジルニュースでもW杯関係ニュースを流しておられるようですね。バーチャル座談会に収録して置きました。
今回のロシア大会で一番得点力があるベルギー(これまでに12得点上げている)と一番堅固な守備(1点しかゴールを許していない)のブラジルの対決になります。麻生さんの2−0でブラジルの勝ちの予想も期待できますね。PKに縺れ込む可能性もあるのでしょうか?すんなり勝って欲しいですね。今日は早めに事務所に出て早退して来ることにします。仕事に行くと云うより歩きに行くだけですが。。。?

麻生:和田さん ベルギーは2016年から國際試合で負けなしだそうです。建国以来最強のチームと言わせしめています。堅牢の守備と9,10番のカウンターの突破力で勝っています。ブラジルのリズムに乗れば勝てます。

麻生:W杯ウルガイ対フランス 前半双方譲らず、均衡が続いたが、40分ゴール右のフリーキックをフランスの7番が蹴って、4番が頭で合わせて先ず1点。前半1対零で折り返す。チーム力は均衡しており、選手のタイプ、体力、突進力、等良く似ている。パスワークや技術はフランスに1日の長。
後半16分、7番のロングシュートをウルガイのキーパーが後ろに弾き2点目。その後、激しい攻防が戦われたが、フランスの固い守備をウルガイは崩せず、2対零でフランスの勝ち。

和田:麻生さん ウルグアイ対フランスの速報有難う。フランスが勝ちましたね。フランスの方が1枚上だったようですね。これで午後から決まるブラジル対ベルギーの勝者と準決勝になります。ブラジルが勝てるとの麻生さんの予想を信じてブラジルを応援します。弥生と洋君、直樹君は昼食に来ていますが3時からのブラジル戦は、もう一人のおじちゃんとおばちゃんのお宅で観戦する事になって居るようです。試合後ブラジルの勝利を祝って街に出て事務所を閉めて街を歩いて見ます。油断大敵ですね。皆でブラジルの勝利に掛けましょう。頑張れ‼ ブラジル‼

和田: どおなっているのですかね。2対0で負けていますよね。後半の反撃に期待しましょう。

麻生: W杯ブラジル対ベルギー 前半ブラジルの流れも悪くなかったが、13分CKからのボールを頭で決められて、ベルギーに流れが変わった。9番と10番のFW陣がブラジル守備陣に捕まると、すかさず、スピードと機敏な動きの7番に立てパスを送り、カウンター攻撃させる。
31分9番が独走し、7番にパス、ロングシュートが見事決まり2点目、ブラジル陣営は硬いベルギーの守備を崩せず、翻弄されている。後半、の動きが見ものだ。同じ流れと、リズムなら、ベルギーに勝ち目はない。

松栄: 麻生さん ベルギーの流れで続いていますが、後半はブラジルに勝利の女神がほほえみそうです。

和田: このままでは、ベルギーに勝てませんか? 建国以来最強のチームに敗退ですか? 泣いても笑ても 残り 45分、頑張って貰いたいですね。

和田: 残念!サヨナラヘクサ‼️

麻生: 後半ブラジルは見違えるように動き始めた。
ベルギーは徹底して守備に重点を置き、攻撃は9番と10番のカウンターのみで対応した。シュートがブラジルは何時もの正確さに掛けた。得点をすべしの焦りが表に出た、惜しいシュートが数本あった。
31分後退した8番が頭で合わせ、待望の1点。終始ブラジルの攻撃で終わったが、ベルギーはゴール前に固まり、ブラジルの波状攻撃を弾き返した。
結局2対1でブラジルの負け。南米勢最後の牙城が此れで消えた。ベルギーの守備は素晴らしい。特にキーパーの守備だ。

和田: 麻生さん残念でしたね。麻生さんの予想に掛けていたのですが、強敵ベルギーに負けてしまいました。後半31分に1点返した後は、テレビの前に立ち、立ったままの20分間の応援でしたが、チャンスはあったもののベルギーの巨人キーパーに阻まれへクサ カンペオンの夢は砕かれました。これでコッパーは、終了してしまった様で後は消化試合のような気がしますが、バーチャル座談会は、続けざるを得ないですね?如何しますか?結果だけは記録に残して置きますか。気が抜けたビールになってしまいますが。試合後街に出ましたが皆下を向いて歩いていました。気の毒なのはブラジルの国旗をシコタマ仕入れ街角で売っている人でした。誰も関心を示さず商売あがったり、在庫として残ってしまうようです。事務所を閉めて早々に戻って来ましたが、小雨が降り出し気温も下がり淋しい冬景色になってしまいました。



アクセス数 5174005 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.7396 segundos.