HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




愈々3月も終わりですね!皆さんのコロナウイルスとの共存生活は、如何でしょうか(その2)
世界的な流行パンデミアとして何時終焉するか分からぬ状況のなか、家の中に蟄居している皆さんのコロナウイルスとの共存生活を一つの歴史的な記録としてHPに残して置きたいと思っています。既に議論好きのメンバーの皆さんの小人19の齎したものの現状分析、終息後の世界について榎原さんの提案に付いて語るその3を先に公開しておりますが、これはその2です。富田さんの成人向きの小話に触発された村さん、井川さんの小話に対する丸木さんのコメントも添えて残して置く事にしました。少し品位が落ちたかな?こんな時期、まあ良いでしょう。写真は、癒しの写真として出石さんが送って呉れた写真を使う事にしました。


和田:親愛なる皆さん!! コロナウイルスとの共存生活その2をバーチャル座談会風にこの蟄居生活の貴重な記録として残して置きたいと思いますので是非皆さんの日常生活を出来れば面白可笑しく語り合おうではないですか。その2)は、字数制限で掲載出来なかったしゅくこさんの花談議からはじまります。榎原さんと古谷さんのギッタンバッタンのシーソゲームも面白そうですが、皆さんの軽い気持ちでお便りお待ちします。

しゅくこ:はなさ〜ん、昭子さ〜ん、美知子さ〜ん、マリコさ〜ん & 皆さまへ
はなさん。
美しい桜の写真、堪能しました。 桜独り占めですか?   モコちゃんもいっしょでしたか?
はなさんと昭子さんとご一緒した、わたしのニュータウンの深田公園は八重桜の並木がもうすぐ見事に咲きはじめます。
何百年という桜には及びませんが、それでも30数年で貫録がでてきました。この時期に、素直にパーとたのしく声をあげたりして桜見物をするのにはちょっと気がひけますね。
そういえば、何年か前にこんな気持ちで桜並木の下を通ったことがあったことなど思い出しています。
京都などに桜見物に行ってたころのことを想うと、もうあの人混みはご勘弁を、ですね。
密集、密接、密閉 はもともと苦手です。黄色のチューリップを送ります
昭子さん、
体調がよくなられたそうでよかったですね。トメアスはまだコロナ感染者がでていないとのこと、このままいってほしいですね。 教会の集会は止められていませんか?
日本に来られる日にはまたぜひお会いしましょう。もうシロはいませんが、たのしみにしています。
あきこさんの素晴らしい歌声、また聴きたいです。
葉ボタンと青木の赤い実と金柑の実を挿したブーケを送ります
みちこさん、
「弥生が丘小道」のキノコ・オンパレードは面白かったですね。
こんどは有馬富士公園か平谷川沿いを歩きましょう。おにぎり二個を持って。
逢山峡のせせらぎの音もまたききたいです。
こんどはおにぎり三個を持っていきます。
ムスカリとパンジー、アルストロメリアの入ったブーケを送ります
マリコさん。
お帰りなさ〜い。お母さまのふーちゃんとは目と鼻の先なのに、コロナのせいでお会いできないとか。ふーちゃんのお顔を写真でひさしぶりに拝見して懐かしく思い出しました。会いたいな〜。でもわたしのことはもう忘れられたと思いますが。
近所の人が先日持ってきてくれた椿の写真を送ります。
皆々様へ
コロナは否応なくすぐそばまできています。同級生の医師が今入院して、驚いています。どうぞ気をつけて元気でいてくださいね。
山茶花の季節がもうすぐ終わります。

アマゾン昭子 : はなさん 見事な一本桜 ですねぇ。 色々見て歩けたら愉しいでしょうね。一昨日はNHKの京都の ゴダイ寺の桜を映像で堪能しました。
私の桜の木15年近くなるのに私の背丈ほど毎年生え変わる葉だけが楽しみです。漬けて桜餅を作ったらといわれるけど。小さい木がやっと葉を甦らせたのにちぎってしまってはかわいそうと葉を眺めて楽しんでいます。桜の花はアマゾンでは映像でじゅうぶんです。きれいな桜 ありがとう!!!

出石: 和田さん マリコさん はなさん しゅく子さん &  みなさん 神戸、いずしです。
とうとう緊急事態宣言が出されました。
神戸市の「新型コロナウイルス感染症対策における神戸市の対応方針 第5弾」という長い名前のメールが届きました。
結果「海外移住と文化の交流センター」も4月末まで臨時休館が続くことになりました。
マリコさん お久しぶりです。
しゅくこさんと「マリコさん、どうされているかしらね?」と話しながら連絡もせずにごめんなさい。
でも元気に戻って来てくれて喜んでいます。肩が痛いでしょうに頑張って長いメールをW50に寄せていただいて嬉しく思っていました。(きっと何時間もかけて打ってくれたのでしょうね)
今年も4月末には1年ぶりでマリコさんにお会いできると楽しみにしていましたが残念です。
CBKさんから連絡ありましたか?
私もこれからCBKの長谷川さん(息子さんがサンパウロの『ラーメン 和』の専務さんです)に延期か中止か聞こうと思っています。是非ぜひお会いできる機会があればいいなと思っています。
はなさん 先日はたくさんの筍を送ってくださってありがとうございました。はなさんちのたけのこは本当に美味しくて感謝です。
福岡も宣言の対象になってしまいましたね。
何かと不自由だと思いますが、ご主人ともどもお身体に気を付けてお過ごしくださいね。
みなさんも「サンミツ」に気を付けてお過ごしください。

和田: 出石さん 緊急事態宣言が兵庫県でも出されたのですね。何か戦中の空襲警報発令みたいでサイレンでも鳴らすのですかね。防空壕に入る必要はないでしょうが家から出られないのは辛いですよね。ブラジルの世論調査では、この社会隔離政策で家から出ない様にとの事ですがこれを守って家を出ていない人はわずか18%とか。先週迄は、夕刻に抜け出して薬局に行くとの名目で医者の処方箋をポケットに入れて1時間半、1万歩は歩いていたのですが、純朴な市民として出歩かない様にと山の神から外出禁止令が出て家で蟄居しています。家の中をどんなに歩いても5千歩止まり昨日は、今年最低記録を更新し4716歩でした。この日曜日は、パスコア(復活祭)ですが、何処にも行けそうにありません。家で大人しくしていることにします。
「海外移住と文化の交流センター」も4月末迄臨時休業になったとの事、日曜日は、することが無くて困りますね。良い機会ですのでゆっくり休息して下さい。
マリコさんも4月末の神戸、7月のサンパウロの日本祭り、8月のポルトアレグレの日本祭りも中止、延期になり歌う場所がなくなりがっかりでしょうね。今年は、ブラジル行きも駄目になるのですかね?歌を忘れたカナリアになってしまいそうですね。気を付けましょう。

丸木で~す  帰国後14日経過したので外出して驚きました。スーパーでは入り口で6フィート置きで行列させられ、J タウンでは閑古鳥が鳴いており、食品店以外は条例で休業させられてるとか。まるで、何処も同じ秋の夕暮れですね。サンパウロでも日本人町の赤提灯が閉まって、移民仲間との交流の場がなくなってました。

広橋:バンデランテ州幹線サービスエリアでも何時もと違った様子に驚きました! 和田さん、村松さん 皆様
一昨日、サンパウロ市から382km離れたカッタンドゥーバ市の病院から医療器のメンテナンス要望があり日帰りで行ってきました。バンデイランテ州幹線(片方4車線)道路40km付近にあるサービスエリアの異様な様子にびっくりしました。いつも大変混雑している朝食(コーヒー・パン)のサービスは武漢コロナウイルスの影響でガラ空き(無人状態)でした。写真を添付します。パンデミックを物語る写真です。
その後の昼食・夕食(帰り)はいずれもマックドナルドのドライブスルーサービスのみでした。
訊ねた田舎町の病院では既にコロナウイルスの犠牲者が出ていました。消毒液、マスクを使用して作業していますが、やっぱり感染が心配です。

榎原:皆様 ブラジル国民も、やっとここに来て危機感を持ち始めました。しかし、政府は必ず近いうちに感染爆発が起こると警鐘を鳴らしています。にも拘らず、政府が計画していた医療機器や物資が中国の注文取消しにより手配不可能となりました。これは医療崩壊の可能性が高まったことを意味します。
日々コロナウイルス関連ニュースに目を通すと、今感染拡大で悪戦苦闘している大半は先進国ですが、ブラジルの様な発展途上国や後進国に一旦感染が拡大すると、残念ですがもう世界中が手を付けられない状況になりそうな気が致します。コロナウイルスもですが、それ以上に暴動略奪強盗等による社会的混乱を懸念します。終息には長期間を要することが予想されます。当面は焦らず気長に家で過ごすのが大事になると思われます。皆さん、「命あっての物種」の気持ちを持って過ごしましょう。

丸木で~す  2月には1ヶ月間パライバ州のカボブランコで午前中は海水浴、午後はクラブのプールでトレーニングと、コロナウイルスどこ吹く風ののんびりした暮らししてたのが、嘘のようです。カナダに帰国して12日目なりますが、警備員がテレビモニターで監視してますのでアパートのドアを開けて廊下にも出られない有様で、運動不足はともかく気疲れが重症です。あと2日で外出禁止期間が解禁されたら、早春の戸外に出てアパートの敷地内にあるジョッギングコースを走りたいです。

古谷:皆さん 「宮崎正弘の国際情勢解読」04月10日弐号を添付別紙でお送りします。ご一読下さい。
此処当分、寝ても覚めてもコロナ・ビールスのハナシばかり。他に言う事無いのか?と言いたくなります。

丸木で~す 懐かしい会社名が出て来ましたね。僕が東芝メディカルに居た頃には心電計のライバルが日本光電、三栄測器、福田エレクトロ、フクダ電子、福田医療産業でした。東芝は心電計部門を日本光電に売却、NEC(日本電気)が三栄測器を吸収合併、福田三兄弟は合併し業界再編成されました。今ではドイツのシーメンスと組んだフクダ電子が断トツになってます。僕がコネチカット州のノバメトリックスでインターナショナル セールス マネージャーの頃には、スイスのハミルトンのセールスマネージャーといつも一緒に世界中出張してました。人工呼吸器はそんなに数多く売れるものでなく、僕の取り扱ってたパルスオキシメーターととか呼気ガス モニターなんかが飛ぶ様に売れてたのを羨ましがってました。ノバメトリックスは一時サンパウロの代理店に身売りしマナオスで現地生産してましたが、現在ではオランダのフィリップスの傘下に入ってます。あの頃はよう儲かったものです。

松栄:皆さん パラグアイ在住の合田さんからのパラグアイの新型 コロナの状況をご参考に、転送させて頂きます。
皆さん、お元気なことと思います。 パラグアイの合田です、、世界的なコロナビールス騒動ですが、皆さんの町、家庭、職場でもそれぞれ対応されていることと思います。
日本のニュースを断片で見ますと、日本のマスコミは騒いでいますが、街はまだ普通の風景で驚かされます。
ヨーロッパやUSAの大都市の対応を見ますと、雲泥の差?を感じ、日本が良いのか、風前のともしびなのか良く分かりません、、
ただ、この一月間のヨーロッパ(イタリア、スペイン、イギリス、フランス、)、USA(サンフランシスコ、NY)などの感染の進展を見ますと、その以前から騒がれていた極東の日本、韓国、中国は別世界のように思えますね、、
ここパラグアイもさる18日現在で、感染37名、死者3名(総人口750万程度)とありますが、先週から今週末まで24時間の外出禁止令、4月12日まで準外出禁止令と言うことで、外出は生活必需品、薬品、銀行などに限り許可、スーパーも一人での買物を勧めています。
従来、私が毎週の買い物をしていましたが、子供・高齢者はダメということで、職場が休みの娘が代わりに行っています。
今日は、電気、水道代なども3ヶ月間、低額消費者には免除として限度額が示されていました、、
学校は全て小学校から大学まで休校で、学年によりメールで宿題が送られてくるようですが、このような南米の僻地・パラグアイの対応は大袈裟にも見えますが、パラグアイの病院施設数、健康保険受益者など健康管理の現状を知るものには、転ばぬ先の杖が良いのだ。もし、ヨーロッパのようになれば、阿鼻叫喚の混乱、多分、聞いているスペイン風邪に似た混乱になると思います。
私もいつまで傍観者でおれるか分かりませんので、身辺整理だけはしておこうと、心がけています。しかし、不思議なもので十分な時間があると、能率が上がらないものですが、気を引き締め直しているところです、、皆さんの、ご健康とご健闘を祈っています、、

三上:皆さん 9年前、6年前に滞在したエステ、イグアス移住地42kmに2月に3週間滞在しましたがコロナ禍は各地を覆っていますね。農家の人達が夜集うcopetinと称しているtabernaやもちろんカラオケもだめ。パークゴルフもだめ。アレダメこれダメでは。学校も当然休校、聖霊幼稚園の先生をしている元日語クラスの教え子たちも休職中かな〜滞在していたGarden Hotelは営業どうなのか。農家の方々とは直接連絡法が今ないので、別の筋から情報収集中ですが。エンカルでのカルナバル見物行きが嘘みたいな今の状況ですね。

出石:和田さん 多加代さん みなさん コロナ・コロナでため息しか出ない毎日です。ミュージアムも5月6日まで閉館が更に延びました。
CBKさんのマリコさんのイベントも中止になり、多加代さんにも久しぶりにお目にかかれなくなりました。お元気でお過ごしですか?
幸い都会から離れた裏六甲に住んでいますので極力散歩を楽しむようにしています。
以前、大好きなゴリラの写真を撮るために年に1度アフリカに行くのを楽しみにしていた獣医をしていた高校の同級生が、知人と2人で写真展を開きました。アフリカ行で知り合った2人が撮りためた写真展でした。
その中の1枚だけ、思わず足が止まった写真がありました。
キリンさんの何とも言えない「気持ちいい〜・幸せ〜・・」という表情にくぎ付けになったのです。野生の動物でもこんな表情をするのだと驚きでした。
友人(ゴリラの写真ばかりなので)に「あの写真が欲しい!頼んでみて」とお願いをして送ってもらった写真です。
もちろん額に入れて部屋に飾ってあり、時々チラッと眺めては癒されています。
みなさんの好みに合うかどうかわかりませんが癒しのお裾分けをしたいと思います。

和田:出石さん 癒しの写真お裾分け有難う。キリンってこんな表情をするのですね。幸せそう?目を細めて鼻をうごめかし幸せの匂いを嗅ごうとしているのですかね。暫し眺めました。有難う。
コロナウイルスには、参ってしまいますね。我が家は、戒厳令で今週の6日からは、家から1ッ歩も外に出して貰えません。昨日は、今年最低の4412歩でした。家の中で良くこれだけ歩けるなあと感心しています。今日は、聖金曜日、日曜日はパスコワ(復活祭)ですが、近くに住んで居る孫たちとも遊べません。早く正常に戻って欲しいですね。負けられません勝つまでは。。。我慢しましょう。

阪口: 出石さん 皆さん 随分とご無沙汰して申し訳無いです。
出石さん しゅくこさんには何回か名指しで頂いてましたが、冬眠に徹してました。と 言うのが 右肩腱板断裂と言われて、早一年が来てますが、中々治りそうも無くリハビリを頑張ってもダメで手術をと言われて、腐って引きこもってます。
とは言っても主人の食事や家事をこなさなければいけないので最低限の事はしてます。好きな事が出来ずに毎日病院とテレビのにらめっこです。
こんな時にキリンさんの写真で癒されて、しゃしゃり出て来ました。
又今日郵便で関西ブラジル人コミュニティCBKさんより4月のブラジル移民祭は中止との連絡が有り残念に思っていた矢先でした。
6月のフェスタジュニーナは何としても開催したいとも書いてました。
今コロナ騒ぎで何も出来ずにイライラの生活ですが、50年で癒されながら頑張って下さいませ。

富田:  和田さん&W50年の皆さん、お元気ですか?コロナウイリスは世界、特に米国を直撃しています。今、アメリカは15,000人もの死者を出した、コロナウイリスを真珠湾攻撃、9:11のハイジャックに比肩する歴史的出来事と位置付けています。さて、このような厳しい時期のひと時を小話、Jokesを読んでストレスを和らげてみてはいかがでしょう。
今週は一笑一若・アメリカ小話「イタリアの夫婦生活」 成人限定をお送りします。
長距離フライトで隣り合わせた、フランス、イタリアとオーストラリア男性3人が、酒の勢いで、各々の夫婦生活を語り始めました。続きは、下記のブログをお訪ねのうえ、一笑一若・アメリカ小話「イタリアの夫婦生活」をE N J O Y !!!
【蛇足的まえがき】アメリカ小話は他民族へのヘイト・スピーチが多い。この小話の主人公はイタリア人だが、珍しく「持ち上げられている」。小話に自国民が出て来ないので、こんなことが起こるのだろう。さて、イタリア男は世界で最もSexyだと言われる。そしてそんな男に愛されるイタリア女は、Hottestだと言う評価が定着している。
もちろん、美人が多い。イタリア美人と言えば、半世紀前、筆者が滞在した、リオデジャネイロのホテルに、同地でロケ中のイタリア女優クラウディア・カルデナーレも宿泊していた。在伯の弟博義が、クラウディアに挨拶に行こう、というので、部屋を訪ねたところ、歓待してくれて、帰りには両方の頬に「チュッツ、チュッツ」とキスしてくれた。遥か昔の良き思い出である。
閑話休題、そんなイタリア人たちの小話をお愉しみください。
フランス男とイタリア男は長距離フライトでオーストラリア男と隣合わせた。数杯のカクテルの後、男たちの話題は各々の家庭生活に及んできた。
「昨晩、俺は女房と4回メイクラブをしたよ」と自慢したフランス男は、こう続けた。
「今朝の朝飯に、女房は物凄く美味いクレープを作ってくれた上、どんなに俺を愛しているかと、うるんだ眼で何度も言ったもんだ」とのろけた。
「あぁそうかい。昨晩、俺は女房と6回メイクラブしたよ」と負けん気で反応した、オーストラリア男は、こう続けた。
「今朝の朝飯に、女房は素晴らしいオムレツを作ってくれた上、もう絶対に他の男は愛せないわ、と言ったもんだ」と鼻をうごめかした。
二人ののろけ話を聞いても、イタリア男は沈黙を保っていた。
すると、フランス男はさげすむような態度で、「君は昨晩、女房と何回メイクラブしたんだ?」とイタリア男に訊いた。
「1回だ」とイタリア男は答えた。
「たった1回?」。
オーストラリア男は軽蔑しきったという態度で、イタリア男に追い打ちをかけた。
「それで今朝、君の女房は君に何て言った?」
「Don`t stop」。
お後がよろしいようで……

村松:富田さん、 またまた面白いお話ありがとう存じます、コロナで沈んでいる時おもわず愉快になる投稿よかったです、続きを一筆書かせてください。
 後の席の日本人の叔父さんが、前の男達の話を静かに聞いていた。それを知った男達は叔父さんに向かって:イタリア男、” 叔父さん、我々の話を聞いていたね” と。
叔父さん、”アア、しっかり聴いていましたよ” と。
フランス男、”隣に寝ているお若い夫人は奥さんですか” と。
叔父さん、”いやこれは昨日知り合ったばかりの新しい彼女だよ” と。
オーストラリア男、”それじゃ彼女と昨晩のベッドと今朝の様子はどうだった” と。
叔父さん、”残念ながらダメだったよ” と。
三人の男達、”やっぱり歳にはかないませんか、残念でしたね” と。
叔父さん、”残念無念、見せただけで彼女失神してしまったのよ、朝起こすのに大変だったよ” と。
お後がよろしいようで!!

井川:村松さん、富田さん この暗い、不景気な土曜日に,愉しいお話ありがとうございます! 今夜から、ますます、ロスでも新宿でもトロントでもあちこちの飲み屋街でカンコ鳥が鳴きまくるでしょう。うちの近所の一杯飲み屋にも、早々と「本日休業」の貼り紙が朝から貼ってありましたが、多分明け方酔っぱらって書いたのでしょう。「本日体業」と汚い字で書いてあります。コラ、お前身体で何する気やねん?「ヤボなこと訊きなさんな! 黙って休んでられるかい!」と、怒鳴られそうな気もします。
そこで、私もスケベ小話続編を一席・・
イタリア男が横の席で酔っていた日本のじいさんにききました。「じいさん、あんた、昨夜は何回したの?」 じいさん「え? わしか? わしはいつでも一回・・・ムニャムニャ」「道理で,姐さん、さっきから不機嫌で、テキーラばっかり飲んでるね?」フランス男が、じいさんのとなりにいた色っぽい日本女性に声をかけました」「そうよ! このじいさん私の古いお客なんですけど、お歳のわりにひつこくってね、『抜かずの八五郎』て呼ばれるぐらいなのよ! まったく、一晩に八回もイカサレたら、あなた、もうちょっとであの世へ行きそうだったわよ!」 おあとがよろしいようで・・。

和田: 富田さん 相変わらず冴えますね。最近は、前書きがあり楽しみやすくなりました。大昔に弟さんの博義君とリオのホテルでクラウディア カルデナーレの部屋に挨拶に行ったとの事、良く部屋に入れて貰えましたね。これからも50年!!一同が楽しみにしています。宜しく。。。
村さん 余りの大きさで相手が気絶してしまう程の一物を納めるズボンは特注なのでしょうか?右か左でズボンのサイズを変える必要が出て来そうな一物をまさか飛行機の中で披露したのではないでしょうね?想像すると笑えます。
井川さんの古典落語抜かずの為五郎も面白いですね。漏らさずの為五郎でしょうか?一晩に一突きで8回も行かせる技、男子たるものが望む技量ですが、これは難しい。早漏では無理でしょうね。
何れにしても3人3様の面白い小話は、小人19災禍中の秀筆ですね。少し話題が話題ですが残して置こうかな?思案する所ですね。

丸木で~す 甲子園で子供の頃に野球が終わると選手にサインして貰ってました。球場を出ると駅に急いでたので風呂場にまで侵入してました。グレートリングの剛球投手 別所毅彦が巨大な逸物を重そうにして猿股に収まりきれないぐらいで、はみ出してました。サインの貰いにくいのが巨人の千葉茂でしたが貰えた時には やった~ の感じでした。ニコニコして列に並んでる子供全員にサインしてたのは、選手でなく審判の二出川延明(高千穂ちづるの父親)でした。

和田: 井川さん 古典落語の抜かずの八五郎を間違えてやらずの為五郎と書いてしまい申し訳ありません。これで9千語を超えましたので富田さん、村さん、井川さんの小話3人衆を含めて40年!!HPに掲載、残して置く事に決めました。



アクセス数 5931249 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1506 segundos.