HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




第42回バーチャル座談会【東京オリンピックに付いて語る】その6
東京オリンピックも8月8日に無事閉会式が終わり成功裏に終了しましたのでバーチャル座談会もこのその6で終了させる積りでしたが、まだ語り足りない部分もあり、榎原さんのご指摘の通り東京オリンピックは、24日から始まるパラリンピックをしっかり開催して身体障碍者にも目を向けてこそオリパラ一帯の成功を世界に示せるとの事でその成功を大いに期待するとのご発言がありバーチャル座談会も東京オリパラを語ると範囲と期間を延ばしパラリンピックの閉会迄延ばすことに決めましたのでご理解下さい。これでその10近くまで続けることになりニッケイ新聞のコメント等も収録できそうです。宜しくお願いします。写真は、女子ゴルフで銀メダルに輝いた稲見萌寧さんの東海林さんが送って呉れた写真です。


和田:ブラジルの男子サッカー金メダルを実況で見せて貰いました。何時も付けぱなしのNHKでは、同じ古い番組の再放送でつまらなく、スポーツTVで男子サッカーの決勝戦を実況放送で見ました。朝の8時半からで90分プラス延長の30分(後半9分にブラジル勝利の2点目のゴールが決まる)合計120分、2時間の見応えのある熱戦でした。ペナルテイ―で勝って居ればもっと面白かったのですが。。。良かった!良かった!! 日本も野球でアメリカを破り金に輝いたとの事で芽出度し!芽出度し!!です。ブラジルが金7になり順位を上げています。

丸木で~す コロナ オリンピックが終わりましたが、無事終了とは言えません。オリンピック期間中に東京だけでなく、日本国中がに感染者が急拡大し医療機関では対応できなくなってると聞き及びます。さてさて、パラリンピックはどうなるのか先が思いやられますが、決行するのでしょうか。

和田:丸木さん 東京オリンピックも無事閉会しましたね。良かったです。私もテレビの実況放送を見ました。豪華な演出でしたね。これで満員の観客が入っておりば良かったのですが。。。パラリンピックは、当然行われるでしょう。今更中止、延期はあり得ません。それにしても凄い数の選手が東京オリンピックに参加したものですね。ブラジルでは既に凱旋帰国した選手も多いようですが。。。
バーチャル座談会もこれで終了することにします。パラリンピックは、バーチャル座談会は、開催しないことにします。疲れました。何とかその5だけは、纏めてホームページに収録して置きます。有難うございます。

丸木:≪パリで会いましょう≫ 東京での聖火は消されました、次回のパリで再現再現 丸木で~す 前田、伊豆山、麻生の三賢人が居ないとバーチャル座談会も盛り上がりませんね。五十嵐、砂古、富田、徳力の各位も含めれば、竹林の七賢人かな。次回フランスのパリ大会を観に行きましょうか。現地から実況中継すれば盛り上がるかも。いずれにしても、和田さんと僕は天下の野次馬みたいなもんですわ。

和田:丸木さん ≪パリで会いましょう≫ ですか。お元気ですね。何時も前を向いて生きておられる丸木さんに拍手です。天下の野次馬に入れて頂いて感謝です。何時まで元気でいられるかどうかわかりませんが、来年の丸木さんの神戸と福岡には応援に行きたいですね、もう一度は訪日したいと思っていますので良い機会になりますが、自由に旅ができますかね???2024年のパリ行も元気ならもう一度はヨーロッパにも行きたいと願っていますので良い機会になりますね。元気な間は、毎日歩いてHPとBLOGの管理を続けたいと思いますので野次馬さんにも元気で泳ぎ続けて貰いたいですね。丸木頑張れ!!です。

松栄:和田さん  丸木さん みなさん ご苦労様でした。丸木さんが仰った3賢人・前田、伊豆山、麻生の三賢人、メールでは何も言っておられませんが、ご3人ともしっかりこの東京オリンピックを見て、興奮されていると思います。ご3人と共にワ―ワ―ワ―言い合ったこの前までの座談会が昨日の様に思い出されます。しかし、この現世界の現代人未遭遇の新型コロナ流行下でのオリンピック開催については、こちら(娑婆)に、ご3方がおられたら、また違った面白い感想を寄せられていたものと思います。それとも、みんな黙っていられたか、いろいろ想像しています。
日本も、このコロナ過、訳のわからない賢者とか医療関係者、異常な感覚のマスコミ関係者さん、の反対の中、よくやったと思います。
日本以外の大半の国で、今日の開催予定であれば、恐らくこのオリンピックは流れて(中止)いたように思います。菅さん、方向性が良く分かりませんが、良く開催を強行されたと思います。
世界が、このオリンピックでどれほど癒されたか、という価値が今後の世界に残ると思います。
これぞクーベルタン男爵が唱えられたオリンピックの意義、ではないかと考えます。
日本も不本意ではありますが、医療崩壊、というのがどの様に現れるか、経験、が出来て今後の体制立て直しの糧となるのではないか、と思います。
日本でも医療崩壊が既に始まっている、という報告もありますが、オリンピックが直接影響した、という証拠は証明できないのが、今回のコロナ感染ではないか、と思います。そんなことを思っています。和田さん、丸木さん 毎日ご苦労様です。今後ともよろしくお願いします。

丸木で~す それにしても無観客を主張された元WHOの尾見先生の達観には頭が下がります。オリンピックが影響した感染死者皆無は見事でした。これを機会にカナダを見習いロックダウンすれば日本に感染者は居なくなるでしょう。外出自粛でなく外出禁止と全ての交通機関運行停止、自動車も自転車も運転禁止が肝要です。人と人が会わなければ伝染病は感染しません。トロントの街から人がいなくなり一年半もゴーストタウンの様相でしたが、今では感染者は殆んど居ません。首相や大臣や知事が率先して外出を控え自宅勤務され模範を示す事です。

杉井:丸木さん オリンピック関係者のコロナ死者は出なかったものの感染者は436人、内選手が29名です。ギリシャ選手団ではクラスターで9名の感染者が出て出場出来なくなった選手もいます。全国から参加したボランティアは64歳以下でワクチン接種を受けられないままの人が多く、2週間後にデルタ株やガンマ株の感染者が急増すると思われます。また猛暑と高湿度で倒れる選手も出ており、気候が良くて安全、安心の大会との触れ込みで開催した日本は嘘つきだとの海外の批判もある様です。当初の予算は7,000億円で税金は使わないとのことでしたが、最終的には4兆円になり過去最高額の大会になりそうで、東京都だけでは処理できず国税からも負担することになるでしょう。儲けたのは竹中平蔵が会長のパソナで、国から日当20万円でスタッフ集めを委託され
実際には日当12,000円で募集してピンハネで9,000億円も稼いだとか。オリンピックが始まってから感染者が急増したのは多くの人の気が緩んで自粛を止めてしまったのが主因で、特に東京都は1日の感染者が5,000人を超えた日もありました。これは開催を強行した都の要請は聞く必要無いとして通常営業する飲食店が増加し、大勢の客がマスク無しで飲酒した結果と言われています。感染者は20歳代が最も多く、次いで30,40歳代です。いずれもまだワクチン不足で接種を受けられない年代の人が殆どです。それにしても開会式、閉会式ともショーとしてはしょぼかったですね。映像や開会式のドローンに依るシンボルマークなどは技術的に素晴らしかったものの、子供を含めた出演者たちの日常の遊びの演技などは一体何を言いたいのか意図が分り難くかったと思います。日本の祭りを映像で紹介するくらいなら祇園祭の山車や阿波踊りやねぶた祭などを出演させた方が海外へのアピールには効果的でした。次期開催地のパリの映像紹介の方が遥かに素晴らしかったと思います。

和田:≪東京オリンピック2020 各国メダル数速報≫ 吉田さん推薦の時事ドットより  8月8日現在(最終)8月8日17時40分更新のニュースのメダル獲得数の表です。毎日お世話になっていましたがこれが最後になります。東京オリンピックも閉会し各国獲得のメダル数の更新も無くなりましたのでこのBLOGによる速報通知もこれで終わりにします。
遅れて出る現地紙でフィナルの数字が9日、月曜日に発表されています。最終的には、メダル数では、アメリカ、中国、日本が上位を占めて終わりました。杉井さんが予想しておられた中国の独走は、最後にアメリカが意地を見せメダル獲得総数113で首位に収まりホットしています。日本も堂々3位に付け過去最高のメダル獲得を記録開催地としての意地を見せました。開催が危ぶまれた東京オリンピックですが、無事閉幕出来た事を喜びましょう。
ブラジルも過去最高のメダルを獲得、金メダル7個で12位に収まりました。丸木さんのカナダの後塵を拝しましたが、良く頑張ったと思います。選手の皆さんご苦労様でした。
感心が薄い?ラテンアメリカの中で唯一ブラジルが気を吐いた大会になりました。
9日付の地元紙では、次回大会の開催地フランスのパリ大会への期待が目立ちアリガトウの字もメルシー東京、MERCI JAPONに代わっていました。フィナルのメダル獲得数も一緒に貼り付けて置きます。オリンピック期間中毎日速報をお届けしましたがこれが最後になります。アリガトウ御座いました。

松栄:みなさん ここらへんで、悪い頭を駆使してちょっと考えてみました。
オリンピックを無観客でやった意味と効用と損得勘定みたいな 下ぜわ な話になりますが。
先日5月の報道では、オリンピックを中止したら、日本政府の損益はー5兆円に及ぶ、と計算されていたそうです。
そんな巨大損害を受けることになったら、国家存続の危機ですよね。
国民一人の命は地球より重い、という表現も納得していますが。そういう前提に立ってですが、無観客の被害は1500億円程度、と試算されていたようです。 しかし、中止に踏み込めば、損益が5兆円?。なにー!!! この数字はと思いました。
これでは、経済的に言っても開催することが日本の基本政策だったというのは、結果論ですが、証明できる訳です。
しかし、そういう論点から正確に言う、日本の大半のマスコミは日本経済を国家危機のクレバスに落として、這い上がれないような方向性、を打ち出していた、と私は思いました、
矢張り、ここにも反日の思想が支配的だった、ということを考えてしまいます。
今の時代、どこの誰が何をいつ言ったか、というのが全て記録されているようですから、ここを検証して行けば、どこに反日分子が沢山いるのか分かりそうです。
観客が居てもいなくても、アスリートの心理状況は正常だったと思えます。かえって動揺しないし、日本人独特の本番で上がってしまって、普段の実力が出せない、という弊害が無かったのかもしれない、と私個人の意見ですが思いました。それが、今回のメダル数に反映しているように思いました。無観客の効用を受けたのは、本元の日本だった、ということです。
今後も、開会式と閉会式は別にして、本大会実施は無観客でも差しさわりがないのではないか、と思いました。そして、大会全域に渡って、無用なトラブルも起こらなかった、という事実がありそうです。マー、どちらにしても無事に終えられて良かったですね。
そんな試算(去年3月 と 今年5月)を下に添付します。

村松:皆さん、 7月24日開催、8月8日閉幕、33競技、339種目を競った「東京オリンピック」があっという間に終わりました。当初は1年の延期で正常な状況で開始と言われて始まりましたが、時の経過と共に中止の声や観客限定での開催、そして最終的には無観客となり、やっと開催に漕ぎつけた。米国は最大の参加者を用意し、また大統領夫人が開会式出席を決定していた、本当に無観客ででも開催できた事は米国にとっては安堵した。そして結果は期待通り世界一のメダル数の確保ができ、放映チャンネルも閉会後に日本への感謝をされていました。
 米国では「217のチャンネル」を使って数多い競技を放映していましたが、此処ロスアンジェルス地区は日本との時差が16時間あり、東京での競技は午後5時頃から翌朝午前6時迄位の時間帯に観戦できました、日本人の参加する主要競技によっては9時頃に寝て2時頃起きて観戦する状況でした。日本人のメダル数は「金27、銀14、銅17」と記録され米国、中国についで世界第3位となっている事は万々歳です、よく頑張ってくれました、アスリートの活躍は勿論賞賛です、大会関係者にも感謝です、そして大勢の「ボランテア」の方々には心から感謝です。
 さて次はパラリンピックが始まります、8月24日開会式、9月5日閉会式、22競技、539種目と凄く多くの種目があるのですね驚きです、障害を抱えた方々世界の大会で活躍する状況は障害者にとっては大きな期待をされ一般人にとっても感動を与える事でしょう、長い歴史のオリンピックが圧倒的に華やかである反面パラリンピックは今一つ静かです、米国民にとってはオリンピックでの全放映チャンネルが同様に全米で放映します、私も日本人の出る主要な種目は早朝に観戦する予定位です、開会式翌日の最初の水泳での日本人の活躍を期待したいですね。
 台風のシーズンにも関わらず東京オリンピックは何ら支障なく終了し、また現在の2つの台風もパラリンピック開催までには何処かに消えて行く様です。世界中に在住する日系人にとって1世2世は日本応援でしょうか、3世4世達は誕生し教育を受けた関係で出征国民と同様の応援となるでしょう、米国の日系3世も数名競技しゴルフのMORIKAWAが銅でした、ブラジルからも日系数名が競技していましたね、日本からの1世の移住者が激減している今、我々の子孫の活躍をこれからも応援したいですね。パラリンピック終了後は時差の解消をしなくてはなりません。 村さん-CA

和田:村松さん 数字を交えての東京オリンピック、パラリンピックの総括を有難う。これで良く分かるようになりました。その6も順調に進み既に8000字を突破しました。一安心です。皆さんのお便りをお待ちします。

榎原:村松さん、皆さん 2016年のリオ大会では、オリンピックとパラリンピック共に予想以上の盛り上がりでした。開催前には、サッカーW杯程は盛り上がらないだろうと心配されていましたが、蓋を開けてみればどうしてどうして予想以上の盛り上がりとなりました。私は日本の友人の教え子が出場したり、五輪準備委員会の友人に会うために、オリパラそれぞれ1週間ずつリオに滞在していました。そして、白熱した試合以上に大会を盛り上げるのは、海外から自国のチームや選手を応援する為にやって来た観衆の応援合戦だとつくづく感じました。この応援合戦にブラジル人の陽気さが加わって、もう試合場もオリンピック村もお祭り騒ぎと言ったところでした。会場には工事が未完成の会場もありましたが、そんなことは全く気にもかけない雰囲気、その時思ったのは立派な試合会場よりも大会の雰囲気作りの重要さです。この精神を基本にすれば、資金の無い発展途上国や後進国でも開催国になれます。今の商業化された五輪のままでは、将来は開催国が自ずと限定されてしまうと思います。
さて、パラリンピックについてですが、リオ大会の時は当初パラリンピックのチケット売り上げが低迷していました。しかし、始まってみるとオリンピック同様の盛り上がりでした。当時、此の盛り上がりの理由として言われていたのは、「リオの実業家が基金を創りその資金で売れ残ったチケットを買い取り、これを貧しい子供達や身体障害者の子供達に無償で分け与えた」と現地では噂されていました。色々と欠点も有るブラジル人ですが、こういう人道的で優しさも兼ね備えている。中々、ブラジル人も捨てたものじゃ無いと感心しり嬉しくなってしまった記憶があります。先日、オリンピックをテレビ観戦していたら、リオ大会用に建てられた映像で観る限りは閑古鳥が鳴いている様な競技場を目にしました。確かに、リオ大会ではその後不要な競技場も建てられましたが、普通ならば開催中に会場に足を運べない貧しい家庭の彼らが善良な実業家の善意でパラリンピックを楽しめることが出来ただけでも、価値あるパラリンピックだったと思います。約2週間後に始まるパラリンピックは、海外からの観光客無しでの開催となります。世界中に放映されるパラリンピックが世界中の人にどう映るかは、日本の国民次第になってきます。オリンピックはそれなりに成功したが、一方誰がひいき目に見てもパラリンピックが感動の無いつまらない大会になってしまったら、世界中の日本を見る目が変わってしまいます。「普段は人権人権というくせに、日本人は口先だけなのか」との印象をもたれない様なオリンピック以上の感動的なパラリンピックになることを願っています。

和田:榎原さん 村松さんの返信を含めると9500字OVERに達しましたので東京オリンピックに付いて語るその6を終了させて頂きます。その6で終わらせる積りでしたが、榎原さんがおっしゃる通りパラリンピックが盛大に行われるかどうかがオリンピックの成功を世界がどう評価するか大事な出来事となるとのご指摘もあり東京オリンピックに付いて語るにパラリンピックを加えオリパラとしてパラリンピックが終了するまでバーチャル座談会を続けることにしました。明日その6を纏めて収録します。継続して皆さんのコメントをお待ちします。

村松:榎原さん、皆さん、 件:東京オリンピックと今後のオリンピックについて
 貴殿の的をついた発信のパラリンピックをオリンピック以上に盛り上げる事が大切と言うご発言に100%賛同です。先進国はこぞって障害、男女性、貧富等の差別に力を注いでいる、今日のこの問題を見るにつけ未だ遅れを取る日本国がその態度を表明する絶好の機会がやって来ました、障害者への大会観戦招待も含めて無観客を是正してほしいですね。ジェンダーについては差別はいけませんが唯一公式な大会でのスポーツだけは、生まれ付ホルモンの違いで骨格や筋肉の差によって力量が男女では大きく異なります、これを許可すると女性のスポーツは危険が加わり成り立ちません、IOCに影響ある米国の現大統領はジェンダーの差別禁止をIOCに働きかけ、今回初めて一名のアスリートが出現しました、次回は更なる参加者の数が激増するでしょう。
 今回の東京オリンピックは開会式、閉会式とも素晴らしいハイテクを駆使紹介した事で、TV観戦する世界中の人々に日本の先端技術が認められた事と思い感動でした。現在これらを評価しない報道もありますが、私は評価に値すると認めます。あれ程事前の中止を訴えた左翼の報道関係者、野党(維新を除)の国会議員が開催と同時にアスリートの応援に回り、終わってみると式典の企画にケチをつける。政策を持たない与党議員のオリンピック開催の中止騒動は、地元の選挙民への反応を知りたい、それでもやっぱり選挙になると、未だにおらが先生といって投票する構図には、選挙民の教育程度の低さに驚き残念に思う。
 勿論与党議員の中にも義務教育を受けたのかと疑いたくなる輩が大勢います、また国民全員の民主的選挙もない中国共産党一党独裁を支持する議員達は常識的に本心とは思われない、ただ「金と性のトラップ」で賛同せざるを得ないのではと思う、私も教育関係の仕事上で中国に2回、韓国にも2回訪問した経験があるが接待が用意されているのは当たり前、日本の接待はゴルや料亭、ナイトクラブが主ですが、あちらでは料亭やクラブで紹介された女性が必ず夜遅くホテルの部屋のドアーを叩く、「開けるか開けないか」でその後が決定する、開けなければ堂々と意見を述べ渡り合える。然し中韓どちらも二度と行きたくはありませんね。
 さて、オリンピックに就いては3年後にパリでの開催が決定しています、問題は、今回はコロナ禍の中で延期したがコロナは収束しない状況下の中で日本だから開催できた事、然し3年後にはデルタ株やそれ以上強烈なウイルスの出現も考えられる、そしてその後も継続できるだろかと疑える、勿論観戦を期待する我々海外で暮らす一世にとっては高齢化という条件がある、また中国、ロシア、北朝鮮、そしてイランやアフリカの中国傘下の国家と、自由主義陣営の国家との争い戦争も視野に入れて、益々激しくなるアフガンや中東のテロ組織、地球の気候変動問題、自由主義陣営内部に巣食う極左・リベラル組織の台頭等多くの問題をかかえて爆発状況の地球の延命を心配する、我々の時代が作ったこの問題を果たして次世代が修正できるか心配である。 村さん-CA

吉田:オリンピックのマラソンは札幌で行われました。大通公園から出発してテレビ塔から創成川沿いに北は走りました。この道は歩いて通学したので懐かしく思いました。北25条あたりで左に曲がり前方に手稲山の中腹が見えました。山は昔のままで懐かしく思いました。すこし走ると左に曲がり北海道大学の構内を走りました。白樺の木の白さが懐かしく思いました。次に赤レンガの道庁前を走り、更に南に走ると藻岩山が見えました。コースは豊平川の近くを走り北へ曲がり中島公園の中を走りました。私が住んでた家から500メートルのところを通りました。創成川の近くでは、いとこの家の近くを通りました。
札幌には小学校から高校まで住んだので懐かしい景色でいっぱいでした。山、川、公園、構内には一つ一つ思い出が懐かしく脳裏をよぎりました。

和田:ピンダの吉田さんは、札幌に住んでおられたのですね。マラソンが故郷の懐かしい街を駆け抜けるのを目を凝らして観戦されたとの事、住んでいた家の近くを選手が通り過ぎるのを見ておられたとの事、東京の加藤さんが自宅の窓から下を走る選手を見ながら動画を撮り送って呉れましたが、吉田さんの札幌マラソン観戦も感動的でした。有難う。

東海林:稲見萌寧選手が、オリンピック女子ゴルフで銀メダル獲得の快挙を成し遂げました。銀メダルを賭けたプレーオフで、元世界ランキング1位のリジア・コー(オーストラリア)を退けての快挙でした。東京都出身の稲見選手は、9才からゴルフを始めたとのことですが、その原点は荒川河川敷にある「新東京都民ゴルフ場」であるといいます。実は、私は1993年から2005年までの12年間、在日ブラジル人のためにポルトガル語新聞を発行するために東京に滞在しましたが、その間、毎週一回は必ず訪れていたのが正にこの「新東京都民ゴルフ場」でした。料金は、ドライビングレンジでの打ち放題が2000円、ラウンドは3000円とリーズナブルで、高価なゴルフ場会員権など縁遠い私にとっては、貴重な存在でした。シングルをキープするために、早朝から打ちっ放しで500球ほど練習し、それから18ホールを回って昼過ぎまでゴルフ場で過ごすのが常でした。コースは、9ホール・パー31で、フェアウエイが狭くてラフが深く、グリーンは直径10mと小さいので、真っすぐに打たないとパーオンができない難コースでした。私は同コースで日本の公式ハンディキャップを取得し、全国パブリックゴルフ場選手権にも出場した思い出深いコースです。私は2005年にブラジルに戻りましたが、1999年生まれの稲見選手は、それから3年後に同じコースで9才でゴルフを始め、毎日8時間欠かさず練習して基礎を培ったといいます。当時の支配人は、あまりにも練習熱心なので、ラウンド料金を無料にしてあげたそうです。2019年に全英オープンを制覇した渋野日向子(22)と、米ツアーで活躍する畑岡奈紗(22)が、オリンピック日本代表に有力視されていましたが、オリンピックが一年延期になったことで、その間に日本ツアーで5勝を挙げた稲見選手が、渋野選手を逆転する形で、畑岡選手と共に日本代表に選ばれた経緯があります。渋野日向子選手が、多弁で何かと目立つ存在であるのに対し、稲見選手は謙虚で、どちらかというと地味な性格ですが、無類の練習熱心で、ショットの正確さと勝負強さでは、渋野選手を凌ぐものがあります。同じゴルフ場で汗を流した稲見選手の快挙は他人事とは思えず、その感動もひとしおのものがありました。 

和田:東海林さんの日本出稼ぎ時代?12年の間もゴルフを遣っていたのですね。女子銀メダルの稲見選手と同じゴルフ場でプレイしていたとは奇遇ですね。日本滞在中のゴルフを通じての良い思い出が今回実を結びましたね。残して置く価値のある思い出になった良かったです。適当な写真が見つからなければその6に東海林さんが送って呉れた稲見選手の写真を使わせて思います。有難う。



アクセス数 6419050 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1942 segundos.