HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




第42回バーチャル座談会【東京オリパラに付いて語る】その7
バーチャルア座談会は、【東京オリパラに付いて語る】と改題しその7を収録します。オリンピックとパラリンピックを纏めて収録することにしたので途中に2週間弱期間が開くことになりその期間に話題になったアフガニスタン問題、コロナパンデミックの話題もこの期間の社会現象として残して置くことにしました。写真は、地元紙に掲載されたパラリンピックの聖火点火式の模様を伝えたCORREIO DO POVO紙の写真を使わせて貰いました。


丸木で~す オリンピックはほろびるのか。何事にも一言ケチつける僕のヘソは捻れるぐらい曲がってるのではないかと思います。何事であれ右にならえの人と同じが嫌いなのです。前置きはこれぐらいにして、オリンピックはアマチュア スポーツとして存続して欲しいです。プロ スポーツはプロに徹して興行効果をあげて欲しいです。プロとアマはお互いの領域を犯さず双方共に発展すれば理想的です。
今太閤と言われた偉大な首相の悪口を書いた馬鹿者が智の巨人と讃えられてる世の中、一体どうなってるのか理解に苦しみます。世の東西を問わず、政治に巨額の金が動くのは昔も今も変わりません。清廉潔白な者は政治家にはならないのが世の常です。実際に田中さんを消したのは立花なにがしではなくキッシンジャーらしいですけれど。
新神戸駅前のホテル オッパーに泊まった時に、ロビーをサンダルで歩くなと注意されました。ブラジル製の皮サンダルは革靴より高価で、サウジアラビア国王はウイーンのインペリアルホテルのロビーで皮サンダル履いてたと怒鳴りつけ、支配人を呼びつけ謝らせた事があります。
人が本を読まなくなり、本屋の数が少なくなってる現状では文学作品のレベル低下も、さもありなんと思います。改造や世界を愛読してた僕は通俗雑誌の現代や文藝春秋には見向きもしなかったのですが、今では文藝春秋をiPadで読んでますが現代は廃刊になってると聞き及びます。韓国の現代自動車はよく売れてますね、関係ないか。韓国製はエレクトロニクス、特に家電やエアコンやスマホも好調のようですね。日本に追いつけ追い越せが韓国の国是とか

松栄:丸木さーん  みなさん おはようございます。今朝も気温が10℃を下回っているようで、さぶーいです。プロとアマの違い、仰る通りと思います。
目には見えてこない様な感じですが、物差しで図れない差があるように思います。職業何とか、という世界と趣味が高じた世界。
難しい所はその差を誰が決めるか、みたいな所があって、ごっちゃにしても問題はない、という風潮が今のオリンピックみたいですね。
見せてもらう側から言うと、プロの世界にアマが入ってきてアマチュアがプロを席巻する場合も有りますが、ある部分で興ざめしてしまい、継続して見る心地が良くありませんよね。ゴルフで時々あるようですが、どうなんでしょうか。矢張りプロとアマチュアは別個にして、オリンピックはアマチュアの競技の最高峰、とした方が見る方も割り切って考えられそうです。野球、テニス、ゴルフ、…それぞれのコミッシュナーの考え方なのでしょうけど・・・(問題が放置されている)見る立場から考えると、分けた方がすっきりしないかと思って見ていました。

和田:丸木さん、松栄さん ≪東京オリパラについて語る≫と改題してその7を開始した途端に丸木さんが登場して松栄さんが答えると云ったパドロンが始まっています。その6は、早く1日で1万語を達成しました。継続することにしましたので宜しくお願いします。

丸木で~す 昔の取引先でニテロイ障害者協会のジョアン バチスタがブラジル選手団団長としてパラチームを率いて日本入りします。かつてロシア大会で好成績を残した実績のあるブラジルチームの活躍に期待します。

和田:丸木さん 情報が早いですね。パラリンピック団長は、丸木さんの古い知人ですか。私は、パラリンピックに付いては、ブラジル代表団のメンバー、競技そのものに疎く、辞める積りでしたが、続けることにしましたので色々教えて下さい。

富田: 和田さん&W50年の皆さん、Tokyo 2020も多くの感動と喜びを日本国民に残して、無事終了しました。内外の選手の皆さんが、「オリンピックの舞台を作ってくれた人たちに感謝したい」と異口同音に述べていたことが特に印象に残っています。そして、日本選手団は27の金を含む計58個のメダルを獲得しました。4月に実施された、産経新聞とFNNによる世論調査では実に74.4%が中止と再延期を求めていた中で開催されたオリンピックでしたが、いざ始まってみれば、我々国民は日本選手の活躍に大熱狂したのでした。中止しなくて良かったですなぁ。

和田: 富田さん 何時も楽しい小話アリガトウ。前半の東京オリンピックに付いてのコメントをバーチャル座談会に掲載させて頂きます。「我々国民は、日本選手の活躍に大熱狂したのでした」との事、知りたかった日本の様子です。ブラジルでは、前回の2016年のリオオリンピックでのメダル19個、世界ランキング13位から今回は、21個のメダル、12位に昇格したと喜んでおり2024年のパリ大会に期待を寄せているようです。覚えていないのですが、47年前の1964年の東京大会では、男子バスケットで銅メダル1個を獲得し35位に成っていたとの記録が残っています。
所で富田さんにお願いですが、今開催しておられる暑中小話大会が終わったら東京オリパラ大会を題材とした自前のオリジナル小話を是非ご披露頂けたらと期待しておりますので宜しくお願いします。

井川:ところでオリンピック! 日本国民もわずか17日前「実行反対!」非難ゴウゴウでしたのに、金メダルラッシュが始まると、もうコロナも自粛も忘れて有頂天! 呆れた「能天気」ぶりでしたね。おかげで、終わって三日もしないうちに、日本も「コロナ地獄」へ真っ逆さまに転げ落ちてしまいましたね。それでも国民の多くは、お盆だ、夏休みだ、帰省だ、旅行だと浮かれているようです。そのうえパラリンピックも始まるでしょう。「自宅療養」を強いられた患者たちとその家族が、これからどういう悲惨な運命を辿るか、考えただけで身の毛がよだちますね。 50年の皆様のご無事をお祈り申し上げます。富田さんも、お元気で!!

和田:井川さん コメント中のところで以下に東京オリンピックに付いて述べておられる個所がありますので座談会に収録させて頂きます。有難う。

和田: スペースがある内にニッケイ新聞のコラム欄からお借りしてブラジルでの東京オリンピックの評価を披露して置きたい。
ニッケイ新聞WEB版より:東京五輪でのブラジル勢活躍にリオ五輪の成果 ニッケイ新聞WEB版より
2021年8月6日  「始まる前は心配したが、いざ始まってみたら意外なほど盛り上がっている」。これはコラム子が感じた、東京五輪に関する日本人の反応ではない。同五輪に対するブラジル人たちの反応のことだ。
 時差が12時間違うというのは、本来、五輪観戦にとってはもっとも辛いはずだ。ブラジルの通常の生活で見ることのできるのは、せいぜい日本での午前中の試合か、夜遅くなってからの試合だ。
 それにもかかわらず、今回の東京五輪、SNS上などを見ても、かなり多くの人が夜更かしをしてテレビ観戦していることがわかる。しかもそれはサッカーに限ったことでなく、体操から、スケートボードから、セーリングやバレーまで、かなり幅広いスポーツを網羅しているから驚かされる。伯字サイトの五輪記事の独占も目立っている。
 この盛り上がりの理由として考えられるのは、この五輪が「パンデミック以降に多くの人が同時に盛り上がれる最初の国際イベントだから」というのがあるだろう。
 ブラジルの場合、ただでさえ自分の国のコロナの状況の方がひどいという考えがあるから、日本国内でコロナ悪化のリスクをめぐる国民の分断など気にせずに見ることもできている。そこも大きいだろう。
 だが、それ以上に「ブラジル勢が想像以上に大活躍していること」。これこそがやはり最大の理由だ。開催国の常として、ブラジルは前回のリオ大会で金メダル7個、獲得総メダル数19と、過去最高を記録した。
 その後、特に熱心なスポーツ振興が起こったとも、サッカー以外の別競技が国内の人気を得たとも思えない。東京五輪開始前に特に盛り上げを煽るようなこともなかった。
 だが、いざはじまってみると、残り2日の現時点で金メダル獲得数は史上3位の4個。しかもまだ、男子サッカーをはじめ、現時点で少なくとも3個増える可能性もある。さらに現時点でのメダル獲得見込みも18個で、リオ大会に迫っている。
 正直な話、ここまでやるとはコラム子でさえ思っていなかった。中南米の他の国はメダル獲得数5個を超えている国はないので、この地域ではダントツの強さだ。
 そう考えると、やはりリオ五輪を開催したことはブラジルスポーツ界にはプラスだったのだと思う。
あの大会を通じて、ブラジル人のスポーツの関心が多岐に広がり、それに選手たちも刺激された。このモチベーションの高まりは大きかったのだろう。
 しかも今回の場合、柔道や男子体操、ビーチバレーなど、大きな期待がかかっていた種目が力を出し切れない中、新種目のスケートボードやサーフィンをはじめ、他の種目が補ってこの結果だ。
スポーツの裾野の広がりはこうしたところにも感じる。
 リオ五輪の直前には「開催能力がない」「国の金の無駄遣い」などと散々な言われ方をしたが、今大会ではその成果を実感できた。(陽)

松栄:みなさん 今日はお昼には、摂氏30度を超える久々の暖かい日で、すこし体も緩んだような1日でした。
また ロジジオ、という車の間引き規制が元に戻り外出するのがオックーになって、新型コロナの状況と併せ、何かが足らない感じがしています。
日本の方たちも同じような環境みたいで、( ^ω^)・・・
47コラム、きょうもみていて、内容を読んで、今日は奈良新聞 さん のコラムを頂きました。
今のアフガニスタン状況を説明しているサイトがありましたので下に添付させて頂きます。
しかし、以下の論評では、日本もアフガンと同じ流れがある、という視点ではありません。そこが少し不満ですが。
そして、そんな国を作るのは農業で、国家樹立は農業が基本になる。そのことを強調する 杉野理論 が茲でも十分に活用できるのではないか、と思う。
そんなことを、レポート著者も結論として述べているようです。私も、そんなことを思いました。

杉井:松栄さん 米軍が撤退したらタリバンは同じイスラム教徒のウィグル人が弾圧されている中国にテロを仕掛けると思ってましたが、どうやら中国と手を結んだ様です。中国の甘言と金に目が眩んだのかも知れません。
中国は最近物騒なことを言い出しています。中国の台湾進攻に当たり日本が一兵,一機、一隻でも台湾支援すれば即座に日本に対してミサイル攻撃をして
原爆を落とし、無条件降伏をするまで交渉には応じないというものです。尖閣諸島と沖縄を奪回した後は日本列島をソ連と二分割して支配するとか。以前出回った中国外交部作成の「50年後のアジア地図」が次第に現実化して行くように感じます。
日本は核兵器やサイバー攻撃を含めた国防体制を作らないと抑止力にはならず、共産化されてしまう恐れがあると思います。

松栄:杉井さん みなさん 私、はなはだ勉強不足です。しかし、お話は強烈ですね。やはり、これから核開発してミサイルを仮想敵国向けて、強硬姿勢をとるような流れを作ってゆくべきなのでしょう。対等に話が出来ることが基本と思います。幸いに5000本分のプルトニウムを所持している事を皆さんご存じのようですから。

丸木で~す ロシアがアフガニスタンに侵入した際にアメリカが創設したタリバンがロシアを追い出しました。謂わばタリバンはアメリカ傀儡のアフガニスタン政府です。今回のアメリカ軍撤退によるタリバンの全土支配はアメリカの予定通りの撤退政策かも知れません。朝鮮動乱、ベトナム戦争に続いてアメリカの撤退が続き、又アメリカ ファーストの政府が復活して、いづれは日本からも撤退するでしょう。

松栄:丸木さーん 何の気なし、という感覚でアフガンをみていたのですが、物凄い流れが始まっているようですね。そういう具体的に日本のニュースになってこないというのが、非常に大事な点ですね。やはり可なり反日に牛耳られているのが、日本のマスコミ・・・というのが今回のオリンピックとコロナの鬩ぎあいで、よく分かってきました。日本に大損をさせてヤロウ、という意識が見えてなーんだ、こいつらは、と思う書き込みが氾濫していましたから。まずその点を消去しないと、一時でも早く、です。今の日本に何が大事か、ということを第一に自覚すべきですね。

丸木で~す ロシアによるアフガニスタン侵略では日本も含め各国がモスクワ オリンピックをボイコットし参加しませんでした。我が友、ニテロイ障害者協会のジョアン バチスタ、はオリンピックと政治はなんの関係もないと主張しモスクワでのパラリンピックにブラジル代表選手を率いて参加し成果をあげました。帰国後に両足のない夫人はリオデジャネイロ州議会議員に当選してます、為念。

都賀:イヤー  久しぶりに日本語でのコメントを読みました。近く地域紛争が起こりそうですね、新聞屋が喜んでいるでしょうね。 ブラジルから。

和田:東京オリンピックとパラリンピックの間に50年!!に上がって来たアフガニスタン問題、コロナ関係話題等もこの時期に起きた社会現象として残して置くことにしましたのでご了承下さい。

村松:≪コロナ パンデミックについて思う≫ カリフォルニアの村松さんのコメントです。皆さん、感染症コロナのパンデミックが新たな異変ウイルスとして再び世界で拡散されています、ここアメリカも同様にこの異変ウイルスが特に大都市での拡散が始まっています。ただワクチンの2回の接種者にはこの異変ウイルスの感染が抑えられ、感染しても重症には至らないとの事で安心はしていますが、気を付けるに越した事はありません。ブラジルでは相変わらず1千人を越す死者が毎日発生している様ですが、コロナでの死者以外も含まれている様で正確な数字が疑問視する関係者がいます。日本ではこの異変ウイルスが次第に拡散し毎日感染者数が大手メジアから発表され、国民の関心ある重傷者数や死者数は知らされず、医師や専門家の代表による解説が医療崩壊等の話で視聴者に恐怖心を煽っている状況には不信を抱く。
3カ国のコロナ状況比較:
  米国:感染者数-36,500,000人、死者数-620,000人、(8月10日の入院患者と重傷者数-17,000人、死者数- 225人)
  伯国:感染者数-20,300,000人、死者数-560,000人、(8月10日の入院患者と重傷者数- 8,300人、死者数-1,100人)
  日本:感染者数- 1,030,000人、死者数- 15,300人、(8月10日の入院患者と重傷者数- 1,200人、死者数- 13人)
 8月10日の東京都の状況:
  感染者数-5,100人、入院及び重症者数総数197人、死者数-6人
政府、専門家が医療崩壊と言う、然し日本の病院数を見れば一目瞭然?
  日本全国:入院患者数-7,250人(3−500人が日々退院)、
  日本全国病院数:8,372 診療所関係施設:102,000 、東京都病院数:646 診療関係施設:12,740
 何処で医療崩壊が発生するのでしょうか、日本医師会が全国の病院長、町医者に1名づつ重症患者を受ける(政府予算が付いている)を発信すれば良い、大病院や普通サイズの病院は10名を軽く受けられる、それだけでベッド数は有り余る。医師と言う職業の使命は患者を引き受け治療する事である。またPCR検査が陽性である事でコロナ感染者としてその数を発表するこは間違い、70%は普通の風邪の症状、25%は2−3日自宅で汗をかいてB -C、B -Dを服用すれば治る、残り.001%が入院数かもしれない。入院が必要な患者は上記の余っている病院、町医者が速受け入れれば良いだけの話。
 NHK始め大手のメジアの報道が国民に恐怖を煽り、国民はそれに従い自粛をする、経済活動は何時になったら復興できるのか先が見えない。欧州も米国も遥に日本を超える感染者数、重傷者数、死者が出ている、日本全国で昨日は13人の死者、東京都は6人この数字は交通事故、癌や他の病気での死者、高齢自然死者、自殺等に比べ比較にならない、何故このような報道がされないのか不思議である、そろそろコロナとの共生する政策に向かって欲しい。2年目に入って統計も確実な数字が出るはす、それを国民に示してこそ政府、専門家の仕事である、反対にTV出演の専門家は感染者数を最初に伝え、その上昇を持って恐ろしい事だけ伝え、正確な数字を出してこない。国民は何を信じて良いのかわからず自粛継続をさせられる、困ったものだ、訪日したくとも出国手続きや日本の入国審査・隔離規制があり自由な訪日ができない状況が続いている困ったものである。
 村さん-CA 
(写真:Disneyland が開いた、最新のStar-Wars-Galaxy’s に乗りコロナを宇宙に飛ばしてきた)

丸木で~す アメリカからカナダへの一方通行ですが1年半も閉鎖されてた国境が先週に開き、オンタリオ州では殆ど居なくなってた感染者が今日は五百人を超えました。ひょっとすれば又もや国境封鎖されるのかも。オーストラリアとニュージーランドでは再びロックダウンで空港閉鎖とか、検疫の水際作戦は難しいものですね。アメリカやイギリスに比べれば日本の感染者数など問題なさそうですが、どうしてテレビで毎日ワイワイ騒ぐのでしょうか。コロナ素人で自信なさそうな経済再生相はコロナ担当から離れて厚生省に任せ、専門の経済再生に専念すればいかがなものでしょう。いよいよ日本での新感染者数もブラジルに近ずいてきましたね。去年初めからロックダウンしておれば、この様な事態にはならなかったのに厚生省の手抜きが今頃になって悪効果をもたらしました。さらに悪化しない為にはカナダ、オーストラリアやニュージーランドを見習い今からでも遅くないからロックダウンすべきです。

杉井:丸木さん 日本でロックダウンが出来ないのはロックダウンを実施する法律が無いからです。
では法律を制定すれば良いのですが、個人や企業の私権制限や強権発動は憲法21条や22条に抵触するという意見があって中々法律制定が出来ないので、緊急事態宣言やまん延防止宣言をしても飽くまで自粛要請にすぎず、強制力がありません。従ってオリンピック期間中でも正常営業をする飲食店があったり、若者は感染しても死なないということで三蜜を避けないので、今20歳代の感染者が最多となっています。

村松: 杉井さん、丸木さん、皆さん 今日の「コロナ」の報道を見ていると、日本が「コロナ」で終わりを告げるような恐怖心を煽っている報道ばかりです。「コロナ」より大雨による災害が大事です、如何に日本の自然災害を最小限に食い止めるかです。「コロナ」に関しては20代の感染者が最も多く30代、40代、50代で全体の80%を占めているという、これはワクチンの摂取が行き渡っていない事で証明されています。しかしこの世代は健康であり80%は風邪の症状で収束しています、それだけ見ても若い世代は抗体が「コロナ」に打ち勝ち、抵抗力を備えていると言う事です、ワクチン接種が進めば何らかの疾患を抱えている20%の内の1−5%くらいが入院の必要があるのではないでしょうか。
 先日投稿したように日本の病院数は8千以上あり地方の町医者でベッドを用意できる病院を合わせれば1万件遥かに超える、医療崩壊などとよく言ったものです、これは全国の医者、日本医師会、厚生省、病院側の責任です、「コロナ」を特殊なウイルストして扱い入院を拒んでいるだけです、医者とは何かを履き違え金銭の計算ばかりを追求する勘違いの医者が多いこと、政治的な力を持ちすぎた医師会、厚生省のだらしなさから来ています。
 PGA検査が進めば陽性反応率が増えるのは当たり前、その陽性反応が「コロナ100%」だとは結論できません、又「風邪」や「インフルエンザ」の陽性者も「ウイルス反応」で陽性が出てきます、そして大切なことは重症患者に「コロナ以外」の「ウイルス感染者」が混入している事です、そして死者数が最も重要な数字です、全国の死者数は感染者の大幅な数値増加にかかわらず「全国で僅か20名以内」の数位が毎日報告されています、この使者の中には「コロナ以外のウイルスでの死者」も地方からの報告の中には含まれていると専門家内でも言われています、これまでの「コロナ死者は1年半で15,338名」と発表されています、毎年の「インフルエンザ死者は1年間で3万人」と言われています、今年は「インフルエンザゼロ」です、「コロナは1年半年の数値」です、その中には「コロナ以外」が含まれるので正式な「コロナの死者は数千人」となると言う正直な専門家がおります。どうしてこんなに毎日毎日恐ろしいほど「コロナ」で騒ぐのでしょうか、「コロナ感染」が始まって以来2年を迎えようとしています、統計的に正しい数字が出てくるはずですが、詳細にして正確な数字で納得できる内容を早急に出して欲しいですね。 村さん-CA

和田:パラリンピック「希望の灯り」が灯される。地元ポルトアレグレのCORREIO do POVO紙のスポーツ欄にパラリンピックの聖火リレーの話題が掲載されていました。オリンピック閉幕の4日後にパラリンピックの聖火が灯され13日後の24日の開会式まで各都道府県で交代に儀式が行われ20日に聖火の統一が行われ開会式に持ち込まれるそうです。
ブラジルは、総勢253人の選手を送り20種目に参加、世界10位までに入ることを目標とするそうです。

ニッケイ新聞WEB版より:《ブラジル》パラ五輪代表団からコロナ感染者=隔離経た選手らやっと練習開始 2021年8月14日
「水を得た魚」(初日の練習でのダニエル・ジアスwww.instagram.com/p/CSeGQlqp_gI/)">Ahttps://www.instagram.com/p/CSeGQlqp_gI/)
 ブラジル・パラリンピック委員会(CPB)が9日、日本に到着した選手団の中から新型コロナへの感染者が2人出た事を明らかにした。これにより、静岡県浜松市で事前合宿を行う予定だった選手達も自主隔離を強いられていたが、11日に練習開始が認められたと9〜11日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。
 最初の感染例確認は、5日に伯国を発ち、6日に成田に到着したグループの一員で、搭乗前の7日間に3回のテストを受けて陰性だったのに、成田到着後に受けたPCR検査で陽性反応が出た。また、8日には、7月末に日本に着き、浜松市にいた関係者の感染が判明した。浜松では9日間で5回のテストを受けていたが、8日になって陽性反応が出たという。どちらも感染者は無症状で、自主的に隔離に入った。
 CPBによると、日本にいる選手団は選手27人を含む52人で、一行はバスで浜松に移動。機内や宿舎で接触があったため、浜松市では、感染者以外のメンバーも隔離状態に置かれていた。
 事前合宿のために早々と日本に乗り込んでいるのは、水泳や卓球、重量挙げ、ゴールボールの選手達だ。10日には、金14個を含む24個のメダルの所有者で水泳選手のダニエル・ジアスが、「隔離のためにホテルの部屋から出る事さえできず、練習もできない」とこぼすビデオがインスタグラム上に流れ、多くの人の同情を集めた。
 ダニエル・ジアスは、隔離期間は7日から14日間で、パラリンピックが始まる3日前からしか練習が行えなければ、前もって浜松に来た意味はないとし、陰性の選手達まで隔離する必要はあるのかと訴えたのだ。水泳の選手は25日からの競技に間に合わせるため、18日に東京入りする事になっている。
 だが、翌11日、状況が動いた。CPBの関係者らが積極的に働きかけた事が功を奏したのか、ダニエル・ジアスの投稿で、CPB以外のところからも働きかけがあったのかは不明だが、当初は7日から14日間の隔離厳守と言い続けていた浜松市役所が、選手達の練習開始を認めたのだ。
 CPBによると、毎日の検査で陰性が確認されている選手達は感染者と接触があった人達とは違う時間帯で練習を行う事になる。ダニエル・ジアスは早速、支援者達への謝辞とプールで撮った写真を投稿。CPBも11日に、事情を察してくれた浜松市長への感謝を込めた声明を出している。

和田:松栄さんの投稿でバーチャル座談会その7を締める積りでしたが、1万語を500字程OVERしてしまったのでこの書き込みはその8のTOPに持って行くことにしました。東京オリパラに付いて語ると改題してオリパラが終わるまで続けることにしましたので宜しくお願いします。



アクセス数 6419057 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1603 segundos.