HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




第14回バーチャル座談会【新春放談 行く年、来る年2005/2006!!】後編
第14回バーチャル座談会【新春放談 行く年、来る年2005/2006!!】後編ですが、座談会と言うより『私たちの40年!!』MLに年末年始に寄せて頂いたお便りの収録と言ったものになりましたが、新しい年2006年の寄稿集の初めに記録として残して置くのも良いのではないかと思いMLを追って拾い集めて見ました。
今年はワールドカップもあり次回は、またサッカーに付いて語り合って見たいと思っています。皆さんの参加をお待ちします。
掲載時期が遅れてしまったことをお許しください。
写真は、1月2日の私の66歳の誕生日を迎えた夜の10時半(ブラジル時間では11時半)に撮った最果ての町ウシュアイアの強烈な夕暮れ風景を記念に採用する事にしました。桐井さんから国東半島に上る穏やかな初日の日の出を送って頂いていますが(画像掲示版)敢えて最果ての落日を使用しました。 


和田:ブラジルの皆さんには、また暑い暑いクリスマスと正月がやって来ましたが慣れてしまうと余り苦になりません。それでも12時間の時差と共に日本とは違ったクリスマス、お正月となりますね。毎年なら12月に入るとクリスマスカードの発送準備(今年は沢山のカードに署名しただけでした)、さわやか商会のお世話になっている皆さんへの日本語の業務報告等も兼ねたクリスマスの挨拶状を書き送るのですが、今年は、23日までサンパウロに出張しており、つい書きそびれてしまいました。今年最後の大きなテンダーで9回裏に逆転満塁ホームランを打たれて唖然とするような結果に終わってしまい8億円弱の押出機売り込みが駄目になりがっくりしていますが、家族が全員寄り添い今年もクリスマスイブのお祝いを出来る事は有難く感謝しております。
1月2日で66歳を迎えますが、未だに【売った買った】、千三つ(1000回に3度勝てばよい)の修羅場の仕事を続けており今年は、訪日、休暇を含めて107日間ポルトアレグレを留守にしました。丸紅ブラジル会社勤務時代と変わらない仕事をしていますが、少なくとも自分の裁量で自分の責任、判断でストレスを溜めることなく好きなように仕事の選択が出来ることから家族(特に女房殿)への皺寄せは大きいですが機嫌よく走り回って来ました。来年は少し速度を落としのんびりとマイペースでの生活を心がけたいと思っていますが実現するでしょうか?
忙中閑ありと言うか、忙しい仕事の合間、ややもすればストレスが溜まりそうな時にそれを解消させてくれるのがこの『私たちの40年!!』MLです。積極的なMLへの直接の書き込み以外にも何気ないDMでの連絡等も取捨選択して流させて頂いておりニッケイ新聞、サンパウロ新聞等の面白いニュース(私の主観での選択ですが)の転載、今年は月平均130通前後で推移しましたが、来る年もこのMLを拠り所にして『私たちの40年!!』HPの更新を続けて行きたいと思います。初年度2002年は200、2003年は120、2004年180、今年も120の寄稿集の収録を記録、合計620まで到達しましたが、目標の2008年までには1000の寄稿を記録出来そうです。
日本の皆さんは、ブラジルと反対で今年は大雪に見舞われ寒波が襲う寒い寒いクリスマスらしいクリスマスを迎えられたようですね。
後1週間で新年。皆さんの2005年は、如何だったのでしょうか。桐井先生の【古希を迎えた私の生活】にあるように平穏無事な日々であって欲しいと願っております。
仕事にかこつけて恒例のバーチャル座談会も中途半端になっていますが、MLを通してお寄せ頂いた書き込みは纏めてUPさせて頂く積りです。後数日、皆さんのお便りをお待ちします。
年の瀬の30日よりアルゼンチン南部のマゼラン海峡より南の南米大陸の南端の町USHUAIAに行き新年と66歳の誕生日を女房殿と二人だけで祝う嵐閧ノしております。TIERRA del FUEGOパタゴニア地方の写真を画像掲示版に唐阨tける嵐閧ノしています。PERITO MORENOに代浮ウれる氷河の町CALAFATEにも4日間滞在嵐閧ナ氷河の上の4時間半のトレッキングを目指しており体力を鍛えて置く積りです。チリ側の氷河見学もスケジュールに入れており楽しみにしていますが、ブエノスのTOMOKOさんの情報ではこの道路で日本の冒険家が事故を起こし同乗者が亡くなったとのことで夏とは言え危険が伴う16時間のバス旅行となりそうです。この旅行にはポルトアレグレからは4名だけですが1年で一番日が長いこの夏の時期に世界中から旅行者が集まり日本からも大挙してブエノスに集結して同じツアーに参加するとのことですので日本人旅行者も多いのかも知れません。12月30日にポルトアレグレを発ちブエノスで1泊、ウシュアイアで3泊、EL CALAFATEで4泊、更に帰路ブエノスで1泊1月8日にポルトアレグレに戻って来る9泊10日のツアーに参加します。通常は自分達でスケジュールを組む事が多いのですが、今回は総て旅行社任せのツアーを楽しむ嵐閧ナす。
書き出すと脱線する悪い癖が出てしまいましたが、『私たちの40年!!』MLの皆さんへの【クリスマスおめでとう!!】の挨拶状を書く積りでした。今年1年間お付き合い頂きまして大変有難う御座いました。これに懲りず新しい年2006年も宜しくお願いします。
FELIZ NATAL ! メーリー クリスマス !
PROSPERO ANO NOVO  謹賀新年 
桐井:おはようございます   kame@大分市です
私はマルキストでも科学的社会主義者でもありません。ただ、現在の日本の現実を憂えている者の一人です。
下記はその気持ちを詠んだものです。
第9回 全九州短歌大会 佳作に選ばれた作品
『マルクスを読みし昂り遠くして格差拡がる二処齔「紀』
選者日野正美先生評
マルクスの「資本論」は、社会科学分野での最高の著作と言われていた本だ。その理論に陶酔した若き日。あれから既に半世紀を経て、迎えた21世紀、そのマルクス・レーニン主義の思想・運動や、その理想を基幹とした国家・ャrエト始め、多くの共産主義の国々は既に崩壊した。そして、飽くなき自己の利益の追求に励む、自由主義経済全盛の世の中となった。と同時に、自由にはなったが、広がる貧富の格差。この現実を前にして思い惑う作者だ。思いを有りのまま述べて、作者の現世を憂う思いは深い。
次に昨夜、NHKの番組「We Love 九州コンサート」の中で武田鉄也が彼の作詞による「贈る言葉」を歌いました。その中に「人は悲しみが 多いほど人には優しく できるのだから」というくだりがありました。
この歌を聴いていて本当にそうだと思いました。いろんな不幸や辛酸ををなめたひとほど人の痛みがよく分かり優しくなれるのだと共感しました。
来年こそは「愛」のある優しい住みやすい社会になって欲しいものです。

丸木:また新しい年を迎えるにあたり、去り行く年の出来事を顧みて、人間のすることは進歩してるようで進歩していないと痛感します。
これだけ医学が進歩しても,病気がなくならないのが典型的な事実です。
韓国人初のノーベル医学賞と信じていた学者が、弟子に賄賂を渡し偽論文を書いてたとは、怒りよりも情けなくなります。その国が日本を目標にハイテク業界はじめスポーツや芸矧Eで韓流ブームをもたらしていたから尚更残念です。
桐井先生がマルクスの「資本論」に就いてカキコされてますが、僕も歌声運動に没頭した学生時代には原書「Das Kapital」を常に小脇に抱え、読めもせんのに旧制高校生気取りで闊歩してたのでした。
僕は見逃しましたがNHKの番組で武田鉄也の「贈る言葉」が昨日放映されたそうです。「人は悲しみが 多いほど 人には優しく できるのだから」,僕も身を持って体験しましたので共感します。
大学卒の学歴を隠し季節工として日産自動車の工場で働き、工員の気持ちが分るようになり、後日アメリカで工場経営した際に実践した体験を、私小説「繁田一家の残党」を書いた時には書かなかったと云うよりは書きたくなかった(隠しておきたかった)僕の空白の3年間を綴り、北九州市「自分史文学賞」に応募しました。
野口さんが映画「ミュンヘン」を薦めておられますが、ユダヤとアラブだけでなく、世界史は報復の歴史ですから、日本の植民地にされた朝鮮や満州からの報復に備えなければ日本は消滅すると、江沢民が中共の国家主席の頃,断言していました。着々とその準備をしているのはCIAはとっくにお見通しです。

和田:来伯された時の写真と共に宮崎憲之さんより下記お便りを頂きました。写真は画像掲示版に紹介したいと思います。

宮崎:30数年振りという雪に見舞われました。暖かいサンパウロを懐かしんでいます。
除夜会、修正会、御酒海の儀、御流盃の儀には初めて参席します。寒そうです。
奥様はじめ皆様によろしくお伝えください。

和田:何時も清々しい書き込みをして呉れる桐井さんの多分今年最後の書き込みです。「黄金の人生をつくるコツ」 
1.家庭こそオアシス
2.ユーモアは平和と長寿の源泉
3.旺盛な好奇心、豊かな感性、そして生きがい
4.怒るなかれ
来年の生活訓として大事に生かして行きたいと思います。皆さんもご一緒に如何ですか。桐井先生有難う御座いました。来る年も宜しくお願いします。

桐井:おはようございます   kame@大分市です
皆さまの今年一年の温かいご交誼に心から感謝いたします。
 最近、松木康夫著の「余生堂々」(祥伝社)を読みました。
下記はその要旨です。
 『第二の人生は、もう生存競争や出世競争に夢中になって、あくせすする必要はありません。いやなことはせず、会いたくない人に会う必要もありません。時間は自分の思うとおりに使え、夫婦で語り合ったり、趣味的なことや芸術的なこと、あるいは体によいことなど、自分自身の生活を中心として、マイペースで行動できます。第一の人生で蓄積した素晴らしい「資産」を、充分活用し、これを使うことができるのです。』と述べています。
「黄金の人生をつくるコツ」 
1.家庭こそオアシス
2.ユーモアは平和と長寿の源泉
3.旺盛な好奇心、豊かな感性、そして生きがい
4.怒るなかれ
どうぞ来る年が皆さまにとりまして、幸せ多き年となりますよう心より祈念垂オ上げます。

和田:ブラジリアの河野さん 和田です。今年の年末は如何お過ごしですか?
昨年は、12月20日過ぎには愛車三菱のパジェーロを駆って南米大陸縦断の1万8千キロの旅に出ておられたはずですが。
河野さんに影響され私も今日から南米大陸最南端の最果ての町USHUAIAにペンギンを見に行きます。(車でなく飛行機を使用します)マゼラン海峡より南の町で年越し新年と1月2日の66歳の誕生日を妻と二人で祝って来ます。
もう間に合わないかも知れませんが、なにか特別のDICAがあれば教えて下さい。インタネットの接続のに苦労されたようですね。一応PCは担いで行きますが上手く繋がるのでしょうか?

河野:南の和田さん、ご無沙汰しています。
そうですか、やっぱり地の果てまで行かれますか・・・
昨年とはうらはらに今年はブラジリアでゆっくりしています、日通の平野ご夫妻がお見えになっており、昨晩は我が家で大使館の小林書記官もご一緒いただき今年最後の忘年会を開きました。お寿司にシュラスコ、アラブの美人を勢ぞろいさせダンサ・ド・ベントレのショーを披露しました、お金もかからないしブラジリアの年末は悪くないと思いました。今日は皆でブラジル国会にある議員食堂で昼食をとり上院と下院議会を訪問嵐閧ナす。
ところで昨年の今頃はちょうどバリロッチ〜エースケウを走ってました、風邪を引いたのもこの頃です。和田さん気をつけてくださいね、南米だと思って馬鹿にしてはいけませんよ。
ウシュアイアにはいつ着かれる嵐閧ナすか?地の果てですが島巡りの遊覧船もあるしゴルフ場もありでなかなかにぎやかです。ただし天気が悪いと環境はガラリと地の果てに変わります、目の前のビーグル海峡は荒れ、周りを囲む雪をかぶった山々から吹き降ろされる風は氷のようです。ぜひとも見ておきたいのは地の果て鉄道の観光列車と刑務所、それと小さな地の果て博物館などです。
それからペンギンですが私はウシュアイアではペンギンを見かけませんでした、見たのはもっと北にあるプンタ・トンボの世界最大のピングイネイラです。そうですね1万匹(1万羽かな?)はいましたね。今回プンタ・アレーナスにはいかれないんですか?
ホテルによってはPCはつながると思います、ぜひウシュアイア便りくださいね、待ってます。
では天候に恵まれることをお祈りいたします。

和田:昨年の河野さんの大冒険には敵いませんが、経験談、見所等間にあって助かります。これから飛行場に向かいます。
風を引かないようにとの事、気を付けます。USHUAIAでの見所、【地の果て鉄道の観光列車と刑務所、それと小さな地の果て博物館などです。】との事、これは必ず見てきます。USHUAIAにもピングイネイラがあるとの事ですので遠出してピングイン島にも行く嵐閧ナす。
ウシュアイアに明日から3泊でその後氷河の町、EL CALAFATEに移動そこで4泊する事になっています。カラファッテから80km離れたPERITO MORENOの氷河を見に行きますが氷河のトレッキング(4時間半)のオプシオンを垂オ込んでおり楽しみにしています。歩けるかな?また16時間のチリ側の国立公園、PUERTO NATALESのTORRES DEL PAINEにもオプシオンで出かけます。石化した木の森は、立ち入り禁止となっているとのことで断念しました。パタゴニアの最高峰FLIZ ROY 3405mの遠望できる所まで行くのですが姿を出して呉れるでしょうか?
俗事を忘れひたすら女房孝行に徹する積もりです。インターネットが繋がらないと彼女は、機嫌が良いのですが、繋がれば皆さんに写真と共に送ります。

丸木:マゼラン海峡での年越しとは羨ましいですね。
磁気の影響で年越し蕎麦が逆立ちするかもしれませんね。
折角のMLですから、忌憚の無いご意見が聞けて参考になります。自己の偏見と独断に反省の機会を与えていただき、野口様のコメントには感謝すらしております。お会いになる機会があれば宜しくお伝えください。
あしたがあるさ、あすがある♪若い僕等にゃ夢がある♪

和田:『私たちの40年!!』ML メンバの皆さん
今年1年間お付き合い頂き有難う御座いました。来る年も宜しくご支援下さい。
暑いポルトアレグレからアルゼンチンに向かう為、これから飛行場に出向きます。
紅白歌合戦は、実況では見られませんので録画する事にしました。新年にはバーチャル座談会をUPしたいのですが、上手くいくでしょうか?
最悪、1週間は音沙汰なしとなる可柏ォもありますが、その場合は御容赦下さい。 来る年も皆さんにとって良き年となる事をお祈りしております。

山本:和田さん並びに皆さん 
遅れながら2006年[平成18年]の年始を、
下記に示しますYnotグリーティングカードの年賀にて挨拶いたします
www.ynot.co.jp/view/ynot/1139458189277665284">http://www.ynot.co.jp/view/ynot/1139458189277665284

吉祗:新年あけまして おめでとうございます。
南半球では真夏のお正月と思いますが、東京は(日本全体でも)久しぶりの寒い元旦を迎えました。
本年もよろしくお願いします。

山本(サンチャゴ):明けましておめでとうございます。
2006年が和田さんご一家にとって良い年でありますよう祈っています。 Ushuaia、
Torres de Paineは如何でしたか?  
サンチャゴに寄られ時は是非ご連絡下さい。 私の住所は下記の通りです。

相田:和田 好司 様
謹賀新年
昨年中は、「40年…」、その他で、色々とお世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願い垂オ上げます。
目下、マゼラン海峡へのご旅行中で、大いにエンジョイして下さい。
健康第一で、佳き2006年でありますように、お祈り致します。
相田祐弘 芳子

真砂:皆様いい年をお迎えのことと思います。
私は、相変わらず業務に追われ余裕のない毎日ですが、家内ともども元気に年を越すことができました。
本来は年末に日本に帰国の筈でしたが、土壇場になってJICAから任期再延長の要請があり、まだサンパウロに居ります。
これから行う健康診断をクリアーできれば、この8月までこちらに居ることになりそうです。最終確定しましたら連絡致します。
個人用パャRンがやっと動くようになりました。アドレスは前と同じです。
    masago@nethall.com.br

和田:明けましておめでとう御座います。
1月2日やっと最果ての町USHUAIAも通常の2006年度の営業を始めておりホテルの近くのインタネット接続店(PC6台にNOTE BOOK接続用のケーブルが1台分あります)でNOTE BOOKを持ち込み接続しています。
地理の勉強不足で最果ての町USHUAIAは、マゼラン海峡に面していると思っていたのですがそれより南のビーグル海峡にある町でした。マゼラン海峡に面しているのはチリ側のプンタ・アレナの町です。

徳力:真砂さま 開けましておめでとう御座います。
まだしばらくブラジルに滞在とのこと、おいやんのブラジル便り楽しみに読ましてもらいます。
本年のどうぞよろしく。徳力啓三

香西:私たちの40年!!グループの皆様、明けましておめでとうございます。
ブラジルの皆様は、暑いお正月ですね。日本は年末寒波に見舞われましたが、元日は穏やかなお天気でした。
今年も、日・伯の皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。
(追伸:バーチャル座談会のUPは、未だですかね〜?)

和田:香西 さま 皆さん
明けましておめでとう御座います。
今年は、バーチャル座談会をブラジルを発つ前にUPして置たかったのですが、整理が間に合わずそのまま飛び出してきました。従い8日にポルトアレグレに戻ってからになりそうです。ご発言頂いており、また香西さんのHPにもリンクして頂いており垂オ訳ありません。
最果てのまちから氷河の町へこれから移動です。暫くはアルゼンチン南部の旅行記で我慢して下さい。
今年も阪神優勝と日本一を目指して暑い日々を過ごしたいですね。
小鳥の写真等『私たちの40年!!』画像掲示版にも掲載してくださると嬉しいです。宜しくお願いします。

北川:今度は最南端にご旅行ですか。羨ましいばかりですね。
USHUAIAと聞いて教えて欲しいのですが。
僕は釣りを(フライフィッシング)をするのですが、そこの河には大きなブラウントラウトがいるらしいのですが?どのように行き何れくらいの時間と費用(釣りガイドも含めて)が掛かるのでしょうか?やはり最南端、遠くて大変でしょうか。

和田:釣りがご趣味とか。詳細は調べて見ないと分かりませんが。ビーグル海峡に面したUSHUAIAの町にはペンギン等、色んな動物が生息しており大きな魚もいそうでした。
大きな湖がありそこではTURUCHA(ブラジルではTURUTAと呼ばれる鱒)が釣れるようで14kgの鱒の剥製を見ました。(レストランの看板?)。ボリビアのチチカカ湖にいる紅鱒に似た赤い肉でとても美味しいものでした。
現地に行くには何時もお仕事で来られているサンパウロかブエノスからアルゼンチン航空の国内線で3時間半のUSHUAIAまで飛べば南極は目の前です。と言っても800km離れているそうで豪華客船で欧米人か奇特な日本人位しか経済的に乗船できない(15日間で1万ドル以上は掛かるそうです)とのことです。PATAGONIAのCALAFATEという町も飛行場が出来、便利になり氷河見学と近くの河、湖での釣りは人気があるそうです。
仕事でサンパウロかブエノスに来られた時に2−3日でも南に飛びTRYして見ると面白いでしょうね。実現しそうなら釣り専門の旅行社に調べさせます。

北川:早速のご返事ありがとうございます。南米に寄れるチャンスがある時にはチャレンジしてみます。釣りと言うのは国力がかなりものを言います。
アメリカ、(トラウト)アラスカ(キングサーモン)と釣りを楽しんできましたが日本では考えられない程の規律があります、あの車も入らないアラスカの果ての地にも警備員がいて獲り過ぎ(一日に一本)釣り方を規制しています。もし規律違反をするとタックル没収、罰金が課せられます。
アメリカも同じくライセンスの不所持、尾数、大きさ、車の駐車のし方まで大変です。だから自然も資源も残るのでしょうか。
反対に日本はと言うと漁協が河の権利を持ち、リバーキーパ適な事はあまりやっていなく、稚魚及び成魚放流にばかり気を使い死んだ様な養殖ばかり
、殆どネイティブの魚はみられません。
キャッチ&リリースの河でも獲り放題と釣り人もマナーは酷いのですが、リリースするのだからと放流はされず水だけ放流され魚は入って無いなど酷いものです。美しい自然と美しい魚を釣りたいと望んでも中々無理な日本、パタゴニアは憧れですね。

園田:新年をイグアス移住地で迎えました!
ブラジルではリオのイパネマ海岸に代浮ウれるへベリオンという大晦日の花火が有名ですが
規模の差こそあれ、イグアス移住地でも数年前から12月31日の24時〜からパークゴルフ場のある中央公園の湖の周りで年越しの花火大会が行われています。私も今回この大会に遭遇することができました。イグアス青年部が中心になって、一尺球を含め数百発の花火を20分間にわたり打ち上げます。
野口さんのパラグアイ思考にあるように、1970年全般のコロニアの状況からは想像もできないすばらしい大会(企画)でイグアス市はもちろん近隣の町、あるいはPirapoなどからも大勢の見物人が押し寄せていました。
将来は村おこしという意味も含め、イグアス移住地の名物行事になるような気がします。
浴衣のうら若き女性を眺め、シーバス(移住地ではチーバスという)と焼酎を飲みながら満足して2006年を迎えたという次第です。

越智:和田様、お元気ですか?日本時間では今年もあと6時間となりました。
今年はブラジル一色の年でした。ブラジルで見聞したことを日本の方々に伝えていけたらと思います。
来年も宜しくお願い致します。次はいつブラジルに行けるか未定ですが、2008年の100周年には是非行きたいと思います。ナタゥにはブラジルのケーキをもらい食べました。
荒木さんへ
PCがウィルスにやられて初期化したので、アドレスが消えてしまいました。またメール送ってください。
www2.odn.ne.jp/ryokouki/">http://www2.odn.ne.jp/ryokouki/

桐井:和田さんのご健康とご多幸を心からお祈り垂オ上げます。
旧年中の温かいご交誼に感謝しております。
年頭に当たり、真に「愛」のある社会になることを願って次のような短歌を詠んでみました。
「ゆく年を『愛』の漢字でしめくくる くる年こそは『愛』ある社会を」
本年もどうぞよろしくお願い垂オ上げます。
国東半島の海岸から望む朝日を添えて・・・
www.oct-net.ne.jp/~k-kirii/">http://www.oct-net.ne.jp/~k-kirii/

和田:神戸のMASAYOさんからの新年のご挨拶が画像掲示版に唐阨tけられています。
このMASAYOさんの謹賀新年の写真をバーチャル座談会の写真としてお借りすることにしました。

MASAYO: ことしもどうぞよろしくお願いいたします。
和田様にとりまして素晴らしい年でありますように。
ブラジルは真夏のお正月ですね〜
http://homepage2.nifty.com/kobeport/

丸木:神戸の街並みの写真ガ懐かしく、何度も繰り返し見せていただきました。
ヴィーナスブリッジは、僕達移民がオリエンテーションを受け祖国最後の一週間を過ごした
移民収容所の近くでしょうか?

和田:ヴィーナスブリッジは、諏訪山公園から二度(フタタビ)山に登る中腹にあるようです。錨山の直ぐ側にあるとの事で願い事を書いて結んで置くと叶えられるとの事で若い人たちのスポットになっているようです。次回には是非上って見て下さい。



アクセス数 4742557 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1349 segundos.