HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




5月4日(木)-5月19日(金)日本滞在13日の雨の訪日備忘録(その2)
今回の訪日は、日本滞在が13日と2週間に満たないこれまでの最短記録になりましたが、仕事も順調で『私たちの40年!!』ML関係者の多くの皆さんとお会い出来て大変嬉しく思いました。懐かしい知己を得た方、一期一会初めてお会いした方、会いたかったがお会いできなかった方、それぞれの思いが募りますが、神戸の鵯越にある母の墓参り、95歳に成る父との短い会話(今回は疲れるので外での食事は遠慮したいとのことで10分程の訪問となった)何時もこれが最後と覚悟して会っているが少しずつ確実に年を取っているが元気にしてくれている。近くで面倒を診て呉れている妹、多加代に感謝したい。まだチャリンコ(自転車)に乗っていると言うのでそこそこ元気なのでしょう。後何回会って話が出来るのでしょうか?何時も会話らしい会話にならない。色々聞いて置きたいことがあるようで聞けない。親子とはそんなものかも知れませんね。娘達3人には親父の背中を見せて遣れればと娘達とも会話は少ない。母親とはぺチャクチャしゃべっているようですが。
写真は、雨の別府、鬼石湯の展望浴場で歌が出てきそうなご機嫌の長湯を佐藤船が撮って呉れたものを使用しました。


5月16日
丸木 さん
情報が早いですね。昨日は阪神延長戦で日ハムに倉敷で勝ち甲子園に戻ってきます。午前中にまだ2社を訪問、ITAU銀行に立ちより12時06分の新幹線で大阪に向かい阪神ー日ハムの試合を観戦嵐閧ナす。
甲子園で私が負けるとその年は優勝する2003年、2005年と言うジンクスはありますが出来れば今回は甲子園で六甲颪を聞いて見たいと願っていますがどうでしょうか。負けても平気(優勝する?)ですので気が楽です。
明日午後の便で帰国しますが、風邪が抜けず苦しんでいます。鼻詰まりで発音が正しく出来ませんが大声を出しています。
昨日は7時京都発のひかりに乗る為に6時半には草津を出発しました。好きな駅弁を京都で買い車中で楽しみました。
9時半横浜、昼食後東京駅の近くにあるイタウ銀行に口座を開け、3時、5時半に2社を訪問。夜は蒲焼をご馳走になりました。日本は食事が美味しくて有りがたいです。持参のカイピリニアを毎晩飲むのでブラジルにいるような気がしますが食事は矢張り日本です。
一応毎朝血糖値を測定しているので昨日も新幹線の中で図ってみましたが、126と高くなっていました。今朝は蒲焼にも関わらず115と少し高め程度でした。新しく購入した漫歩計は、10777歩を記録していました。駅の上り降りでエスカレーターのない駅は大変です。明日には帰路に着きますがこれからまだ会社訪問と阪神ー日ハムが待っています。
ではまた。

5月17日 阪神は今年も優勝? 日本最後の前日の雨。

既報の通り昨夜無事帰国しました。ポルトアレグレも昨日来の雨が続き冷え込みが激しくなっています。
少し時間が経ってしまいましたが水曜日に書いた備忘録を下記して置きます。

阪神は今年も優勝? 日本最後の前日の雨。
日本での最後の仕事日は8時半に前夜夕食をご一緒させて頂いた日本紙パルプ商事にご挨拶に伺い取締役、海外営業本部長、副本部長、貿易2部部長、課長の皆さんと簡単な打ち合わせ、ご挨拶をさせて頂く。ブラジルのシーメンス現地会社向けに日本高度紙のカパシター用の絶縁紙を15年来収める仕事をお手伝いさせて頂いておりさわやか紹介の大きな収入源となっていることからご挨拶に伺った次第です。神田の駅の直ぐ近くの日本紙パルプ商事から最後の打ち合わせ箇所である有楽町の日本製鋼所までは、役員専用の車で送って頂きエスカレーターのない神田駅での移動を免れました。
日本製鋼所での最後の打ち合わせを終え東京駅まではタクシーで丸の内センタービル一階にあるイタウ銀行まで移動、昨日イタウ銀行の円とドル口座を開いたことから日本国内の円、ドルの送金、入金が可狽ニなり便利になる。日本での必要銀行口座が出来たことからりそな銀行経由ですがブラジルのBANNCO ITAUの使用口座と連結されインタネットで管理可狽ニなった。何かと役に立ちそう。
午前中で日本滞在の総ての仕事を終えて『いざ鎌倉!!』勇んで6時からの甲子園に於ける阪神ー日ハムの試合観戦のために新幹線で新大阪、西宮、甲子園をめざした。12時前のひかりに乗り3時前に関西に着いた。関西は今日も雨、西宮に付いたら雨足が激しくなり朝から降り続いている雨でグランドもびしょ濡れ?多分試合は中止になるだろうとの卵zが流れがっくり。4時過ぎには、試合中止の発票があり六甲颪を聞く機会を今回も失う。
西宮に住む池田孝行さん(叔母のご主人)の家に落ち着き野球を諦めて座り込む。既に仕事をリタイアーされシニアーのシニアー文化大学で習字を遣っておられるとの事で本屋で買えなかった貴重なお手本、解説書、辞書その他必要ならまた買えばよいとの事で大量に頂き小さな移動用ランクが一杯になる。筆、大型硯、墨、和紙、練習用の半紙その他お習字、水墨画、水彩画関連のブラジルでは入手困難な資材を大量に買い付けて来て欲しいとの依頼を受けていた品物を殆ど供給して頂いた。教材、指導者が少ないブラジルで始めた趣味のお習字、水墨画の日本に於ける指導者を得てけい子も大喜びするだろうとその喜ぶ姿を想像すると一刻も早く帰国したくなる。今後も日本の師匠として弟子入りさせて貰うようにお願いして置きました。身近な親戚にこうした同じ趣味の叔父さんがいることが分かり阪神戦が雨で流れたのも神の摂理?と大げさに喜びました。
さて今回の2週間弱の日本滞在中は、梅雨前線に似た気候配置に煩わされ連休明け以後日曜日に歩いた神戸の一日以外は、雨男の名を頂戴したように雨、雨、雨でした。広島では大雨、別府でも雨で温泉に浸かっただけ、西宮では、阪神ー日ハム試合中止。日本最後の今日も小雨模様です。雨と共に着き、雨と共に帰国となりそうです。
2003年、2005年の2度池田家をベースキャンプにして甲子園に阪神を応援に行きましたが、不思議と阪神は負け、その年は優勝するというパタンが続き今年も阪神ー日ハムに負ければ阪神は優勝するとジンクスを担いでいましたが、卵zもしない雨天中止となり今年の阪神の優勝を占うことが出来なくなりました。入場切符は払い戻しがあるそうですが、昨夜の倉敷の試合では延長に入りシーツの決勝打で勝っており余勢をかって連勝、引退を楓セしている新城も見れてと期待していただけに残念です。昨夜は、巨人、中日も勝っており一人置いてけぼりの気持ちが強く残念でした。
これから新幹線で東京経由、成田エクスプレッスで成田空港に向いUAの16時20分発で帰国の途に着きます。池田家ではPCを所有しておらずこの書き込みは、NYKかサンパウロ到着後の発信となりそうですが、備忘録として書き付けて置きました。日本での最後の血糖値測定は101となっており日本滞在中の血糖値管理は異常なしの結果がでました。 

5月18日 日本に於ける最後の日
日本最後の日5月18日(木)。西宮から新大阪経由新幹線のひかり号で東京に向う。嵐閧オていたひかりより1時間早めに乗車、東京駅からの成田エクスプレスも1時間前が掴め成田到着、1時過ぎとゆったりした時間で娘達にお土産を探したりしてから大阪の妹から宅急便で送って貰っていた大型とランクを受け取りUAのCHK INカウンターに行く。大型トランクが6kg重量オバーとの事でそれを小さい方のトランクに移すようにとの指導を受け重い本類を取り出す。本だけで10kg近く有ったようで詰め替え作業をして再度レントゲン照査を受けなおしたところ最初はパスしたのに2度目は瓶が見つかったので手荷物にするようにとの指導を受けまたトランクを開けチョウヤー梅酒の瓶を取り出す。何とか無事2個のトランクで一つが32kg以内に収まりサンパウロまで送って貰う手続きをする。手荷物用に布の手提げを購入した。スターアライアンスのVARIGカードでUAの赤い絨毯クラブとかに入れて貰うが無線LANが使えず電話のダイアルアップしかなくLANケーブルは使用環境になく成田での接続が出来ず。水曜日の朝以来のメールが溜まっている。
UA800便は、ANAとの共同運航で午後4時20分ほぼ定時に飛び立った。これまでで日本滞在最短の13日でNYK経由帰国の途に着く。席は18番のCでエコノミの前から2列目の真ん中の5人席の左端しの席で右端に一人いたが途中3席が空いており、3人分の席を利用横になって寝ることが出来たので大変楽な旅となりました。成田を発って帰路は、偏西風の関係か12時間とちょっとでNYKに着き4時半に出て到着が同じ日の午後4時前で時差11時間で日付変更線を超えた関係上前日に戻り時差を引いた分が現地時間となる。ブラジルとはまだ時差が1時間あり明日の朝10時まで都合18時間NYKに滞在することになる。入国手続きは、チップ入りの新しい旅券を取得しておいたせいか至って簡単、指紋だけで目の虹彩写真は撮られなかった。荷物を乗せるカートが3ドル、荷物をサンパウロまで送る嵐閧ナ連絡カウンターに行くが同じ日のトランジトしか受付ていないとの事でそのまカートにのせ飛行場内の無料連結トレンを利用、ターミナルCまでこの電車に乗りホテル向けシャトル便の到着を待つ。蘭していたBEST WESTERNは、マイアミでも家族で泊まったことがあるがそれ程高い建物でなく田舎風のホテルでブラジルでは3つか4つ星のホテル。インタネットはLAN接続の線はあるが通じず近くのHOLYDAY INNまで行けば繋がるよとの事でしたが諦める。マンハッタンまでタクシーで40ドル、電車もあるとの事でしたが疲れていたこともありホテルでのんびりすることにした。夕食は、タクシーで10分ほどのところに幾つかオプシオンがあるとの説明でしたが、電話で出前を頼むことにした。選んだのはT-BONE STECK配達料を含めて14ドル65セント、廊下にある自動販売機で水を購入、備え付けのコーヒーを沸かし野球の実況放送を見ながら寂しい夕食を摂る。これがアメリカでの一日、ポルトアレグレのようにのんびり散歩をする環境にない自動車社会、飛行場の傍には公園らしいものも見つからず歩き回ることが出来ず残念でした。

5月19日 旅行最終日のNYKにて。
旅行最終日NYKでの朝は、矢張り時差ボケも手伝ってか何度も目が覚め朝は、4時半に起き出し報告書作成等の帰国後やらないと行けない仕事の一部を片付ける作業をやり荷物の詰め替え作業、ブラジル入国に必要な書類等の点検を済ませて血糖値を測定したところ109を記録。食事が奔放になり殆ど毎晩飲酒を続けて来ただけに毎朝の測定は一つの目安として気休めとは言え役にたった。和食が多かったこと(日本では肉は到着日に広富さんの牧場で本式のシュラスコをご馳走になった以外食べなかった)、荷物を持っての移動(特にエスカレータのない駅とワシントンホテルのように駅から遠い場所にあった)、薬を忘れずに服用、夕食後の間食、飲み物(アルコール)を避けて8時間ほどの時間を空けた空腹時の測定のみに限った事もあり96から126までの許容範囲に収まり安心感を持つ。
7時半のホテルのシャトル便を使用する嵐閧ナあったが少し待ち時間があったのでタクシーに乗ることにしてVARIGのターミナル4までタクシーで移動する。運転手は、南米のギアナから5年前に移住して来たという屈強な運転手で色々話しながら15分ほどで第4ターミナルに到着する。タクシーを降りた直ぐ近くに例の3ドルのカートが並んでおりこれを借りてVARIGの出発カウンターまで行き大小のトランク二つをサンパウロまで送る手続きをする。2個で52キロ(一つが32キロを超えるといけないとの事)。出国手続きは、航空会社が入国カードをCHK取り上げるだけで航空会社が代行?しているようで旅券には出国日の判子は押されないシステムとなっている。手荷物の検査は、手荷物からPCを取り出させ別にして金属類(カメラ、携帯電話、硬貨、筆記用具)と上着、どうゆう理由か今回も靴を脱がされ照射機械に掛け問題なく通過する。10時出発で待ち時間が長くDUTY FREEの店を覗いて回る。長女の弥生だけがタバコを吸うが、タバコ、酒類の購入は気が進まずチョウヤ梅酒他を手荷物として入れられる布製の袋を1050円で買っていたがPCが入る手頃な鞄が特別価格で出ているのを見て購入する。携帯ラジオSET等を購入。今回のNYK18時間滞在ではカート代、シャトルバスの運転手へのチップ等も含め、ホテル代、出前の夕食、タクシー、買い物等250ドルほどを落として行くことになった。インターネットが繋がらずスカイピーでのブラジルとの会話も出来ずブラジルの携帯電話は通じず、プレペイドカードを購入するのも面倒で水曜日以来ブラジルと連絡が取れておらず心配しているのではないかと気になるが今晩にはサンパウロに到着するのでそれからと腹を括る。サンパウロの空港近くのホテルは電話接続ででもインターネット、メールが繋がることを祈っている。
VARIG便は、定刻より30分ほど遅れて飛び立ち帰路は2A席、10席あるファーストクラスは、50%のオキュパンシで半分は空席。正規の金額を払って乗っている人はいるのでしょうかね?直ぐに昼食が出たが、前菜、スープ、肉、デザートと結濠ャ狽ウせて貰う。機内の窓は総て締め切っているので夜行飛行と同じで真っ暗、日中の10時半から夜の8時半までの旅だが夜間飛行の感じが強い。昼食後3時半から5時半まで午睡を楽しむ。ほぼ180度のゆったりした座席で毛布を掛けて横になるとベッドに横になった感じで直ぐに寝込んでしまう。昼寝など最近は経験したことがなかったがなかなか乙なもの。明日からのブラジルでの時間帯による生活に慣れるようにしていく準備には昼寝はマイナスだとは思うがファーストクラスの座席を試す意味でも満足する。
VIDEO映画が放映されており慣れたポルトガル語での会話を聞きながらブラジルに帰って来たとの感を強くする。サンパウロに到着する前に夕食(軽食?)が出るとの事でこの備忘録を飛行機の中で叩いている。

5月20日 無事ポルトアレグレまで戻って来ました。
成田より51時間掛けて午前3時にポルトアレグレに辿り着きました。
今晩はもう1泊サンパウロに泊まり明日早朝のフライトでポルトアレグレに戻る嵐閧ナ舌が、フロリアノポリス経由の深夜便が週末でもあり飛んでいるとの事でそのウエイテイング・リストに入り何とか潜り込んで戻って来ました。
何とポルトアレグレでの今日から雨が降り出し冷え込んで来ているとの事でニューヨークでも雨、最後の最後まで雨に付き合って貰っての別府の佐藤さん命名の『雨男』となりました。
明日遅れている報告を纏めてだします。
昼寝をしたとは云え午前4時半、一寝入りすることにします。





アクセス数 4745532 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.0918 segundos.