HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




オールドブエノスアイレス 伊豆山 康夫さんの書き込みです。
伊豆山さんが若かりし頃、ブエノスアイレスに都合3年間御住みになったことがあるとのことで今回、私がブエノスアイレスに15日間滞在したことを知りオールドブエノスアイレスと題して昔の思い出をシャンソンででも歌えそうな愛の歌と共に『私たちの40年!!』MLに書き込んで下さっています。寄せられたコメントと共に掲載して置きます。
写真は、4月に東京で開催した『私たちの40年!!』東京OFF会に参加された時に撮らせて頂いた一枚です。


和田さん、 皆さん
和田さん、アルゼンチンへの出張ご苦労さまです。 もう私は何年も行っていないので、一寸うらやましくもありますが。  
ブエノスアイレスには、昔、昔、その昔に、単身で一年、その後、家族伴い二年過ごしました。 
色々な思い出がありますが、一つ書かせてもらいます。 長いですから、お閑な方のみお読み下さい。

当時勤務していた会社から、アルゼンチン市場開拓を命ぜられ、先ずは単身でブエノスに赴きました。 ホテル住まいも不便だし、お金ももったいないしで、
Corrientes 348ならず、2500番位だったか、Callaoの近くの、小さなアパートの一室に下宿いたしました。 家主は白系ロシア人、母、娘の二人暮らし。 娘さんの歳は、はっきりとは知りませんでしたが、多分(当時の若かりし)私より年上。 30台後半か40代前半。 スラリとした長身で、横顔は大変な美人でした。 、横顔と限定しなければならなかったのは、彼女はお気の毒に、片目が義眼で、前から見ると、表情が冷え切って、蝋人形のように見えました。 笑顔一つ見せない、生の人間が伝わって来ない人で、母親は、オバーちゃんで、娘さん一人で一家の生計をたてていました。
私は彼女に惹かれることもなく、彼女がちっぽけな東洋人の私に関心をもつはずもなく、下宿は、私には夜の寝床以外の何物でもありませんでした。
丁度、ものすごく寒い冬(マイナス5℃を下回る記録的寒さの年)でしたが、アパートは夜中にセントラルヒーターを切るので、明け方はかなり冷え込みます。 
ある夜、彼女は私の部屋に入ってきて、既にベッドにもぐっていた狸寝入りの私に、毛布の上に、自分の外出用コート(豹の毛皮のイミテーション)をそっとかけてくれました。 切り詰めた生活をしていたのでしょう、家主家族には、十分なスペアーの毛布がなかったのでしょう。 
娘さんが僕の部屋から出ていったら、何やら、母親のオバーちゃんが、小声で、娘さんを叱っているような気配でした。 多分、夜更に男の人の部屋に一人で入るものじゃないと注意したのでしょう。 (意外。 母親は僕を一人前の男と認めてくれてたようです。) 娘さんの声は小さく、聞きとれませんでしたが、『何をくだらない心配してるの?』とでも言ったのでははないかと、私には思えました。 以後、彼女はドアを少し開けて、コートを入り口に置き、部屋には入らなくなりました。  義眼のせいか、とても冷たい感じの人でしたが、コートは彼女の優しさと、微かな女性の匂いで私を包み、とても心地良かったことを今でも鮮明に覚えています。 
当時、私は、Edmundo Ribeiroの UNOを聴いて、ひどく惹かれまして、或る晩、珍しく、早めに家に帰っていた彼女に、もしUNOの歌詩を知っているなら教えてほしいと頼みました。 彼女は紙にすらすらと書いてくれたのですが、そのあと、母親のオバーちゃんが、私の処に来て、『こんな唄は、貴方の奥さんに、、、』と言いかけ、奥さんではまずい、(注、唄の文句が円満夫婦にそぐわない) と思ったのでしょう、そこで詰まってしまってしまい、 兎に角、私の娘とは、こんな唄で語り合わないで下さいと、強く念を押されてしまいました。 私は あ〜、この母親では、娘さんがオールドミスになるのもしかたがないなと思えるのでした。 
伊豆山@Heart in Old Buenos


Uno busca lleno de esperanzas
el camino que los suen(h)os
prometieron a sus ansieas.....
Sabe que la lucha es curel
y es mucha pero lucha y se desangra
por la fe que lo empecina
Uno va arrastrandose entre espinas
y en su afan de dar su amor
sufre y se destroza hasta entender
que uno se ha quedado sin corazon
Precio de castigo que uno entrega
por un beso que no llega
o un amor que lo engano
Vacio ya de amar y de llorar
tanta traicion !
Si yo pudiera como ayer
querer sin presentir...

Es posible que a tus ojos,
que me gritan su carrin(h)o
los cerrare con mis besos...
otros ojos, los perversos
los que hundieron mi vivir

Si yo tuviera el corazon,
el mismo que perdi....
Si olvidara a la que ayer
lo destrozo, y pudiera amarte
me abrazaria a tu ilusion
para llorar tu amor.

私のパソコンでは 〜のアクセントが付かないので、(h)を代用しました。

和田発言:伊豆山 さん
お若い頃のブエノスアイレスでの3年間、亡くなられた奥様とは新婚の頃かとも想像しますが充実した生活だったのでしょうね。
横顔の綺麗な下宿のお嬢さん、ほのぼのとした優しい心の方だったようですね。娘を盗られないようにとの細心の注意をしておられる御母さんがおられたので助かりましたね。
伊豆山さんの書かれた文が寄稿集に無いようですのでこの文を収録させて頂くことにしました。
スペイン語の愛の歌、出来れば一部だけで結構ですので日本語に訳して頂けないでしょうか。一緒に掲載させて頂きたいと思います。
また丸木さん始め皆さんのコメントもお願いしたいと思います。
永遠の万年慶応ボーイの伊豆山さんの躍如とする書き込み本当に有難うございました。

伊豆山 さん
書き込みを下記に収録させて頂きましたのでお知らせします。
スペイン語の愛の歌、一部でも翻訳して頂けませんか?お待ちしています。
http://40anos.nikkeybrasil.com.br/jp/biografia.php?cod=1253

オールドブエノスアイレス 伊豆山 康夫さんの書き込みです。
伊豆山さんが若かりし頃、ブエノスアイレスに都合3年間御住みになったことがあるとのことで今回、私がブエノスアイレスに15日間滞在したことを知りオールドブエノスアイレスと題して昔の思い出をシャンソンででも歌えそうな愛の歌と共に『私たちの40年!!』MLに書き込んで下さっています。寄せられたコメントと共に掲載して置きます。
写真は、4月に東京で開催した『私たちの40年!!』東京OFF会に参加された時に撮らせて頂いた一枚です。

伊豆山さん オランダのあや子です。

心に残る思い出の扉をひとつ開けて下さって、ありがとうございます。
歌詞の訳、私も知りたいのでよろしくお願いします。

和田さん
この歌詞の訳、難しいから、ブエノス在住のお仲間にお願いしたいですね。
どなたか、もっといい訳を、是非、教えて下さい!

勝手な想像なので、間違っていると思いますが、一部、Corazon(心臓部)
を訳してみました。 下宿の娘さんに書いてもらったのも、この箇所だけでした。
あとは覚えていないと言いました。

もし(又)愛を持てるなら、それは、もう捧げつくしたあの愛だろう。
もし過ぎし日に戻れるなら、その先を予期することを欲しないだう。

お前の瞳が私に愛を求め叫ぶなら、
その瞳が私の人生を打ち壊した、あの邪悪な瞳なのか、
別のものかを考えずに、口付けでふさぐだろう。

もし私に愛があるなら、それは、もう失ったあの愛だろう。
あの日々、壊れた瓦礫、お前を愛せたかも知れない思いを忘れ、
お前の愛に涙するため、お前の幻影を抱きしめるだろう。

Si yo tuviera el corazon,  
el corazon que di...
Si yo pudiera como ayer   
querer sin presentir...   
Es posible que a tus ojos  
que me gritan su carino
los cerrara con mis besos...
Sin pensar que eran como esos
otros ojos, los perversos
los que hundieron mi vivir...

Si yo tuviera el corazon,   
el mismo que perdi...
Si olvidara a la que ayer   
lo destrozo, y pudiera amarte,
me abrazaria a tu ilusion
para llorar tu amor.
伊豆山

伊豆山 さん
中々の労作、ご苦労様でした。詩の感じが掴めます。義眼のお嬢さんの母上が心配するのも無理のない愛の歌で盛り上がっては困ると注意されたのもサムありなんです。

こんにちは、ブエノスアイレスのTOMOKOです。今ちょっとバタバタしておりますので、ひと段落してからまたコメントさせていただきますので、少しお待ち下さい。
TOMOKO

静岡の松田です。
 
 伊豆山さんの思い出の曲 UNO は 私も好きな曲のひとつですが、最近発売されたもののひとつに、世界的に有名な LUIS MIGUEL のアルバム ROMANCES(かなりの国で同じものが発売されてます) の13曲目に挿入されています、レコード会社は ワーナーです。
以上参考までに。
UNO は i-Tunes を利用すれば、インターネット経由で購入できます。
但し、 Luis Miguel は Romance、 Romances、Miss Romances といった 似たようなアルバムを出していますので Uno が 挿入されてるアルバムは Romances です。
              松田
          
松田 さん
お元気のようですね。これから日本の暑い夏を過ごしまたブラジルに戻られると思いますが今年のブラジル滞在は何時頃からですか?何時もは10月か11月だと思いますが、もし11月末にブラジルにおられるようであれば是非アナポリスへのバス旅行(富田さん歓迎、忘年会)に参加されないですか。まだ大分先の話ですがご検討下さい。UNOの情報有難う御座います。

クリチバの石田さん
褒め過ぎですよ。 赤面です。  
『その先を予期することを欲しないだう。』 なんて、自分でも気に入りません。 Tomokoさん、何とかならないでしょうか?
私の勤めていたのは、製作所の子会社、当時、ブエノスではAvenida de Mayoの日立製作所事務所の中に机を一つもらって、まるまって座っていました。 sそれでも、ブエノスでは、製作所の皆さんには大変よくして頂きました。 石田さんには、何れ、お話しする機会もあるかと思いますが、当時、日立アルゼンチン事務所の応援を得まして、HMCコンプレッサーをTierra del Fuegoに売ることが出来、その延長線で、日立サンジョゼ工場進出へと繋がって行きました。 

静岡の松田さん、
情報ありがとうございました。 早速、インターネット検索をしました。 www.youtube.com/watch?v=hOtGUEbtJ-Y で、UNOの演奏がバッチリ聴けますね。">http://www.youtube.com/watch?v=hOtGUEbtJ-Y で、UNOの演奏がバッチリ聴けますね。 

あや子さん
CDいりません。 上記のサイトで聴いて下さい。 そして、感想を、是非、又、お知らせ下さい。 タンゴのお好きな方はこのサイトに接続して試して下さい。


伊豆山 さん
ONO若手の歌い手の歌とタンゴの華麗な踊りと共に見させて貰いました。何度聞いてもタダですか?便利なものが出来てきていますね。
皆さんのその後のコメント週末にでも纏めて1万語まで収録させて頂きます。伊豆山さんの話題提供に感謝します。
明日からサンパウロに出ます。金曜日の夜6時半頃からニッケイパラセホテルの隣の韓国料理店(シュラスカリアとか書いています)で『私たちの40年!!』の仲間が集まり年末の忘年会(アナポリス行きの詳細の説明会もあります)等に付いても話し合って置こうとのことで7-8人が集まるとのことですので出来れば参加頂けると嬉しいです。徳力さんも夕刻サンパウロに出ていれば一緒に一杯遣りましょう。サンパウロに御住みのメンバーの方は是非気軽に参加下さい。席は幾らでも追加可能だそうです。

伊豆山さん、
ブラジリア@河野です。
日本移民100周年いよいよ来週がクライマックスです。晩さん会の夜ブラジリア国会議事堂の前で弊社(ケンブリッジ日伯コンサルタント)および三菱自動車主催で500発の花火打ち上げ式を行います。

ブラジル大統領府から日本とブラジルの関係で最も貢献した方々の名前をあげよ、と依頼ありましたので。
私たちの40年の皆様の名前を4〜5名紹介させていただきました。ブラジル政府よりコンタクトがあったらお知らせください。18日のルーラ大統領および殿下との御接見です。ビシッと決めて来て下さいね。当日小職は無線機を持って走り回っています。

河野さん
相変わらずの精力的ご活動、改めて敬意を表します。
前回のブラジリアでのセレモニーの時、何故か私にも大変立派な招待状が来ましたが、招待される理由もないので行きませんでした。 
しかし、今回、万一、招待があれば、それは河野さんのご好意なので、喜んでお受けいたしましょう。  
私ごときは、ブラジルにも、日本にも何ら貢献をしていませんので、晴れ舞台の敷居は高いのですが。
昨年他界した女房が、ブラジルの教育を、根本的に変えるプロジェクトを立ち上げていましたので、そのまま、朽ちさせるのは如何にも惜しいと思い、マサチュセッツ在の娘と力を合わせ、弔い合戦のつもりで、女房のやりかけたプロジェクトを再起する準備を今しています。 
幸い、女房の教え子の一人 Paula Kitaさん(日系二世)が、東京学芸大学で、教育の修士課程を今年始めるのを知り、彼女の研究テーマにこのプロジェクト(先生の再教育を含めた、科学教育の教材の作成)を絡ませることにいたしました。 4月に、Paulaさんの指導教官、鎌田教授にお会いして、全面協力のお約束を頂きました。 
昨日は、USPに行き、FAC.EDUCACAOの女房と共通の教育理念を持つProfessorに会い、プロジェクトへの協力をお願いして参りました。
他、やはり女房の教え子、Politecnicaの先生、高校教師、元、サンパウロ日本人学校の理科の先生 等々、経験豊かなスタッフが勢ぞろいです。
既に、日本の教科書出版社、啓林館からも協力の約束をもらっていまして、船出準備完了です。
このプロジェクトの実現をなせば、私は、日伯の為、最も貢献した人間の一人だと自画自賛するでしょう。 ただし、万事、事がうまく事が運んでも、それは5〜6年後のことです。 現時点では、私は何ら貢献していない。 (これだけ沢山税金払っていれば、立派な貢献かな? いや、それは義務ですね。)
皆さんには申し訳ありませんが、100周年には、私は、お金も、労力も提供していません。 それは、この女房の弔い合戦に、私の僅かな余力を全部注ぎ込まなければならないからで、悪しからずご了承下さい。
伊豆山

和田さん
金曜夜のお招きありがとうございます。
明日、13日の金曜日であれば、残念ながら、竹中平蔵の講演会付きのJantarが商工会議所であります。
私は竹中平蔵さんの大々ファンなので、これに申し込んであります。
閉会が10時になっていますので、そのあと、(11時頃)何処かでお会い出来るなら行きます。
忘年会ですが、あまりハードなスケジュールでは、私には無理なので、河野農場を主とした、ハーフコースを作って頂けると助かります。
伊豆山 
伊豆山さん
100周年は単なる節目の行事です。したがって金、労力は出来る人がやればいいのです。問題は普通の日々をいかに生きてきたかが問題です、私は伊豆山さんは日本人の知恵と賢さをもってブラジルに貢献してきた立派な国民の一人だと思います。
思い出して下さい、裸一貫でブラジルに渡り住みいろんな苦労があったことと思います。貴殿のように何があってもめげず真面目にまっすぐに生きる民を持つ国は必ず栄えるのです、少なくとも私はそう思います。なにはともあれリストは今日セルソ・アモリン外務大臣のメ―ザにのりました。リストの中の誰を選ぶのか・・・あとはアモリンさん次第です。
では明日の夜、竹中平蔵さんのディナーでお会いしましょう。
カワノ

和田さんはCentro Norteの展示会ですか。 私はTransamericaの展示会で、今日まで、Banking Automationの展示会でした。
今夜は時間が遅いし、明日はゴルフのコンペなので、お会いするのは又に致しましょう。
Boa viagem!
伊豆山
伊豆山 さん
CENTRO NORTEの展示会は、医療器具の展示会で1100社以上のブースがあり大変な賑わいでした。昨年と比べて、韓国、中国の躍進にインド、パキスタ
ン等の参加と英国、フランス、ドイツ等ヨーロッパ勢に比べて日本は、東芝メヂカル、高岡等でさびしい限りでした。そんな中板垣社
長のPANAMEDICAL社は、初回から今年の15回まで継続して参加している36社に入っているとのことで運営組織委員会より表彰されたそうです。
夜の同船者会は6時半から9時半まで先に逝ってしまった龍川いく子さんを偲ぶ会としていくちゃんを偲んで(酒の肴?)にして話が盛り上がりました。参加者全
員の思い出を披露、笑ったりしんみりしたり何時も遅れて来ていたいくちゃんが今にも現れそうで今晩は遅いなと入口を何度も見たりして偲び合いました。
伊豆山さんとは次回、来聖時にでもお会いしたいと思います。
和田さん
金曜は失礼いたしました。 
Maksoud Plazaで、河野さんとお会い出来ました。
河野さんから、ブラジリアで、和田さんご一行のバスに乗せて頂くことをお勧め頂きました。
次回、サンパウロにお出での折には、是非、空いた時間をお知らせ下さい。 
旅行のスケジュール等々、お話致したく思います。
伊豆山
ご迷惑をかけ、申し訳ありません。
ショートカットコース、他のお仲間も希望されているようなので安心いたしました。
伊豆山




アクセス数 4560149 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.2180 segundos.