HOME  HOME ExpoBrazil - Agaricus, herbs, propolis for health and beauty.  Nikkeybrasil  編集委員会  寄稿集目次  寄稿集目次  通信欄  通信欄  写真集  リンク集  準会員申込  em portugues




杉村 濬(ふかし)第3代ブラジル駐伯弁理公使の「視察復命書」出石美知子書き改め集(その2)
出石美知子さんが明治38年の朝日新聞の記事を見付け現代風に書き改めた第3代ブラジル駐伯公使の杉村 濬(ふかし)さんの視察復命書は、笠戸丸移民募集中に新聞に掲載されたものでこれを読んで移住を決心した人もいるのではないかと思います。貴重な資料を見つけ出し読み易くWordに叩き直して呉れた出石さんに感謝します。その2は、コーヒーブームに沸くサンパウロ州が、奴隷解放後の新規労働力として移民を必要としている頃の視察復命書としては良くその視点を捉えての報告書のようです。ブラジルの移民収容所の様子は、前回の鈴木南樹さんの椰子の葉風での細述されており移住前史として一読するに値するものだと思います。
写真も当時のサンパウロのドンペードロ公園の写真を出石さんが送って呉れていますので使わせて貰いました。

杉村 濬(ふかし)第3代ブラジル駐伯弁理公使の「視察復命書」出石美知子書き改め集(その3)
杉村公使の「視察復命書」その3は、伯国移民状況(十)第五章 珈琲、耕地及び移民生活の状況から始まり(十一)続き(十二)第六章 新たに来るべき移民に関する注意事項で終わり結論に入り、気候、移民の衣食住、衛生、労働及び賃金、日本人移民が享受するはずの保護特権及びその他の権利、社交上の地位及び待遇、言語と七項目に分け細述し結論としてイタリア移民の禁止の為サンパウロ州は、新しい移民を必要としており渡航費の負担他好待遇を提供しており、オーストラリア、北米、カナダ、南洋諸国、ハワイ等に比べサンパウロ州の珈琲移民は有望であると結論している。またロシア移民の例も上げ、日本の海外企業家、有志家、移民会社等による日本植民地の創設も将来において有望事業と勧めている。
写真は、出石さんが送って呉れた当時のリオの写真をお借りしました。

『私たちの40年 ! !』発刊にあたって。
今年の5月11日で着伯40年を迎えます。『私たちの40年!!』をホームページに掲載にするにあたりその意義、意味するものを纏めてみました。
写真は、昨年4月に「笠戸丸」が1908年に出航した神戸メリケン波止場に建立された移民碑「希望の船出」を昨年6月初旬に神戸を訪ねた時に撮った写真です。我々のあるぜんちな丸第12次航もこの近くから出航しました。訪日の際には我々のスタート点として又子供たちにもルーツとして伝えて行きたい場所です。

渡伯40年後につくる“船内新聞” 62年5月11日着あるぜんちな丸 同船者どう歩んだか アンケートして記事集め 【ニッケイ新聞より転載】
昨年10月10日(水)付けニッケイ新聞に『私達の40年!!』に付いての記事が掲載されました。掲題の見出しと下記記事を参考に転載しておきます。
来年が着伯四十周年にあたる「あるぜんちな丸」第一二次航海初の同船者会実現に向けて、有志が動きだした。あるぜんちな丸がサントスに入港した日にちなみ、二〇〇二年五月十一日に記念式典を開催し、船内新聞の着伯四十年記念特別号を発行する。記念号作成にあたりアンケートを作成して同船者に配布、その回収を図る。

『おじちゃん達の60年!!』の資料作り開始。(20年後?)
『私たちの40年!!』は、使用語を日本語としておりますが、必要に応じてポルトガル語、スペイン語のと投稿分等も日本語に訳し記載していく積りです。これから20年後の『おじちゃん達の60年!!』作成計画では使用語がポルトガル語、スペイン語に変わり2世、3世のルーツ発見の形で受け継がれて行く事を願っており、2部作として完結する息の長い物として育てて行く積りです。写真は、昨年11月に結婚60周年を迎えられた北伯テメアスー移住地にお住まいの佐藤正一郎さん邦子さんのダイアモンド婚式に同じ移住地に住む同船者海谷ことさんの御三人で合計なんと255歳の熟年同船者です。

あるぜんちな丸第12次航同船者名簿からみえるもの。
681名のあるぜんちな丸第12次航同船者名簿(戦後移住者名簿=海外移住事業団作成)からなにが見えるか?出身県別では41%の279名が九州出身者で締め長崎県から実に160名が移住している。移住先国別では、ブラジル473名、ボリビア100名、アルゼンチン40名、パラグアイが68名となっている。移住形態別では、産業開発青年隊、コチア青年、花嫁移民、野球移民、単身呼び寄せ移民、海外協会連合会の計画移住地への入植者等多士済々を誇る戦後移民の一つの縮図を見る事が出来る。写真は岸壁のあるぜんちな丸で現在北海道夕張郡にお住まいの藤岡和弘さんが横浜出航前の1962年3月31日に撮られた写真をお借りしました。

あるぜんちな丸移住助監督上園義房さんの寄稿。
昨年6月に『私たちの40年!!』作成企画を始めて関係者の皆さんに原稿をお願いして逸早くそれに応じて原稿を送って下さったのが私たちの移住助監督官をして下さった上園 義房さんでした。嬉しくて嬉しくて何度も読み返し早速御礼の手紙を認めその後も何度も交信、励ましと助言等を頂いてきました。今後とも是非私たちの事を温かく見守って下さい。有難うございます。下記のとおり原文をタイプアップしておきます。写真は寄稿文と共に送って頂いたものです。

小雨のベレンで下船された同船者を訪ねての旅。
1月16日から21日まで北伯のベレンで下船された同船者31名の動向を訪ねてベレン、トメアスー(40年ぶりの訪問でした)、カスタニャール、アバエテツーバ等を訪ねました。記録映像作家の岡村 淳さんにも同行して頂き『40年目のビデオレター』北伯編として現在纏めて頂いていますが、トメアスー文化協会頴川会長宛の御礼の手紙の型で皆さんにもご紹介します。添付の写真は、和田が40年前に途伯送別会で皆から貰った日章旗への寄せ書きでこれがトメアスー文化協会の移民資料館に飾られていたものを撮ってきたものです。当時これを見た友人が『和田さんもいよいよ歴史上の人物に成った?』と冷やかしてきたもので40年振りの対面をして来ました。

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15
  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
  32  33  34  35  36  37  38  39  40  41  42  43  44  45  46  47
  48  49  50  51  52  53  54  55  56  57  58  59  60  61  62  63
  64  65  66  67  68  69  70  71  72  73  74  75  76  77  78  79
  80  81  82  83  84  85  86  87  88  89  90  91  92  93  94  95
  96  97  98  99  100  101  102  103  104  105  106  107  108  109  110  111
  112  113  114  115  116  117  118  119  120  121  122  123  124  125  126  127
  128  129  130  131  132  133  134  135  136  137  138  139  140  141  142  143
  144  145  146  147  148  149  150  151  152  153  154  155  156  157  158  159
  160  161  162  163  164  165  166  167  168  169  170  171  172  173  174  175
  176  177  178  179  180  181  182  183  184  185  186  187  188  189  190  191
  192  193


アクセス数 5899935 Copyright 2002-2004 私たちの40年!! All rights reserved
Desenvolvido e mantido por AbraOn.
pagina gerada em 0.1604 segundos.